FC2ブログ
    あなたは 人目のお客様です
    過去の主な日記 ◎はおすすめルート
    山スキー 2017: ◎雪倉岳  2014: ◎横前倉山  2013: ◎剱沢 白馬周回 蒲原山 乙妻山 鍋倉山 ◎大渚山 小日向山  2012: 白馬岳 鍋倉山 ◎船越の頭~金山沢  2011: 黒姫山 妙高前山 北信佐渡山 ◎戸隠五地蔵山 雨飾山 白馬大雪渓 妙高涸沢 6月立山 11月立山  2010: 白馬乗鞍岳 小日向山 黒姫山 乙妻山 ◎針ノ木岳 ◎栂池~蓮華温泉 火打山  2009: 雨飾山 針ノ木雪渓 ◎火打山  2009北信五岳: ◎戸隠山(乙妻山) 妙高山(三田原山) 斑尾山 黒姫山 飯縄山  2008三大雪渓: 針ノ木大雪渓 ◎剱沢大雪渓 白馬大雪渓
    沢登り 2015: ◎黒部赤木沢  2014: ◎巻機山ヌクビ沢  2013: ◎雑魚川外ノ沢  2012: ◎草津白根某温泉沢  2011: ◎笛吹川ヌク沢左俣 荒城川、沢上谷 ◎雑魚川外ノ沢 ◎沢上谷三大滝巡り 裏妙義烏帽子沢  2010: 火打黒沢 裏妙義烏帽子沢 ◎中ア西横川  2009: 沢上谷 火打山黒沢
    アルパイン、岩登り 2015: ◎剱岳八ツ峰Ⅵ峰 立山龍王岳東尾根Ⅰ峰北壁 ◎明星山P6南壁左岩稜  2014: 小川山ガマルート  2013: ◎伊豆城山南西カンテ 妙義筆頭岩 ◎妙義山星穴岳 ◎海谷山塊船浦山東壁
    日帰り
    トレラン
    2012: 丹沢山(蛭ケ岳)  2011: 岩菅山 燕岳  2010: ◎奥穂高 ◎槍ヶ岳 鳳凰三山  2009: ◎剣岳 ◎白馬三山7月 ◎白馬三山8月 空木岳 蓼科山 ◎塩見岳  2008: ◎常念岳-蝶ケ岳  2008北信五岳: 斑尾山 妙高山 黒姫山 戸隠山 飯縄山
    百名山 2014: 大朝日岳  2013: 安達太良山、磐梯山、西吾妻山  2012: 間ノ岳  2011: 越後駒ケ岳 浅間山 ◎飯豊山  2009: 光岳  2008: 鹿島槍岳 焼岳 ◎甲斐駒ケ岳,仙丈ケ岳
    山道具 熊対策 ハンディGPS ミシン自作道具 チューブ食糧 衛生用品 心拍計 Jetboil個人輸入 Jetboil使用感 つめかえ君

    雨飾山P2山スキー:重い雪に大苦戦

    2009-03-28

    前年の4月に雨飾山P2へ山スキーに行ったが、時間切れで敗退している。リベンジということで、雨飾山P2を再び目指した。前日は黒姫山がパウダーだったので、再びパウダーの可能性大である。

    5時に起床したが、準備にもたついたのと、一度出発した後で、携帯電話を持っていくのを忘れ、取りに帰ったたため、長野を発ったのは6:20になってしまった。ところどころ前日の雪が道路に凍りつき、車がスリップしそうになりながら、8:00に小谷温泉に着いた。

    去年の4月上旬には、小谷温泉から2km先の栃の木亭まで行けたのだが、道路の除雪が完了しておらず、小谷温泉の下部の広めの道路の脇に車を停めるしかなかった。すでに、神戸ナンバーや多摩ナンバーの車が数台停まっており、出発していた。今日からETCで高速料金が休日千円なので、県外から長野に多くの人が来ているようだ。

    P1010867_400.jpg

    8:15 847m 車の駐車場所より出発。数百m歩き、舗装道路の未除雪部分の末端でスキーを履き、道路をシール登行開始だ。すでに除雪してあったところに、前日までに20cm程度積もったようだ。先行者がラッセルしてくれており、楽に登っていける。栃の木亭を過ぎたところで道路をショートカットし、雨飾山キャンプ場へと続く林道に繋がる。林道は全く除雪された気配がなく、50cmの固い雪の上に新雪が30cm程度積もっている。先行者が結構いるらしく、ラッセルされ踏み固められているので、歩きやすい。

    林道から雨飾山本峰とP2が見える。手前のドーム状のピークがP2である。通常山スキーはP2までで、P2から本峰は岩稜地帯であるため、登攀道具が必要である。

    雨飾山P2.jpg

    9:50 1147m キャンプ場から大海川に少しくだったあたりで、休憩している十数名の先行者に追いつく。お話を聞くと、東京の山岳会の方たちであった。

    10:04 1153m 他の先行グループのラッセル跡がついた雨飾山の尾根にとりつく。普通は更に先にある尾根の夏道からとりつくのであるが、ラッセルが大変なので、トレースを有り難く使わせてもらう。30cmのラッセルなので、単独ラッセルだったら引き返していただろう。

    11:21 1505m P3に到着。目の前にドーム状のP2が現れる。

    P1010871_400.jpg

    12:30 1757m P2の斜面をラッセルする8名程度の先行グループに追いつく。車のナンバーとメンバー数人がストックにくくりつけた山岳会の小旗から、兵庫の山岳会の方たちらしい。ラッセルのお礼を言う。

    12:51 1838m P2に到着。今まで天気が良かったのだが、急にガスがかかり、雪も少しちらつきだした。本峰をバックに記念写真。

    P1010875_400.jpg

    兵庫と東京の山岳会の方たち総勢20名でP2は満杯状態。ラッセルに敬意を表し、兵庫の山岳会の方たちに先にシュプールを刻んでもらう。

    13:20 私も準備を済ませ、滑り始める。上部100mくらいは、軽い雪でターンもしやすい。しかし、気温も高めになり日当たりのいい南面の無木立のバーンにくると、途端に雪が重くなってきた。深雪は両足均等荷重が基本だが、雪が重くバランスを崩すと、片足に荷重がかかり、重い雪の下にもぐりこんで引っかかってしまい、大転倒だ。一度転ぶと、スキーと靴が転んだ勢いで重い深雪に埋まり、それがコンクリートのように固まり、脱出に一苦労する。兵庫の山岳会のリーダーらしき人は軽やかに滑って行く。うーん、うまい人はどんな雪でもうまいんだねー。

    樹林帯ならあまり日が当たっていないので、雪が柔らかいかと思いきや、状況は変わらない。斜度20度以下だと重い雪のため滑らず、下りなのにラッセルを強いられる。トップを浮かしながらラッセルしないと、スキーが重い雪の下にもぐって固まり身動きがとれなくなってしまう。

    15:00 1156m 尾根とりつき地点まで下ってきた。14:20くらいには戻れると予想していたが、重い雪の下りラッセルに苦労し、時間がかかってしまった。ここからは来たときのトレースをたどって行く。

    林道のトレースは行きの際に踏み固められているので、直立で立ったままでもスキーが滑り進んでいく。このまま駐車した小谷温泉まで行けるかと思いきや、林道が終わり舗装道路に入ったところから除雪されており、アスファルトがむき出しになりスキーで下れない。日中に除雪してしまったらしい。小谷温泉まで、あと2kmは楽々でスキーで下れると思ったが残念である。

    スキーをかつぎ、とぼとぼ舗装道路を歩きながら、地図をみると、小谷温泉の上部に登山道があるのに気がついた。「昔スキー場だった」と何かでみたことがある。2km歩くのはいやだったので、途中でスキーを履き、林に入って行き、小谷温泉の上部にある旧スキー場を目指し、トラバースした。しかし、途中に沢がでており、行くことができず、結局舗装道路戻って歩くはめになってしまった。

    16:58 駐車した場所に到着。私が旧スキー場へのトラバースに失敗している間に、東京の山岳会の数名は戻っていた。

    前日のパウダー一転、好天と高めの気温で重くなった雪に大苦戦であった。悪雪でも滑れるように練習したいが、ゲレンデで似たような状況はなかなかないので、練習は難しい。山で数日泊まり込みで練習するしかないかな。

    20090328雨飾山P2map2.jpg

    関連記事
    tag :
    コメント:
    ETC
    ETC効果がさっそく!
    [2009/03/29 12:41] | ZEKE #79D/WHSg | [edit]
    Re:ETC(03/28)
    ZEKEさん
    >ETC効果がさっそく!
    -----
    当の私は、ETC手に入りそびれて、持ってないんです。かつは無料配布もあったETC。しばらくは様子見です。
    [2009/03/29 15:27] | dersu62 #79D/WHSg | [edit]














    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック:
    トラックバック URL:

    http://wonderski.blog.fc2.com/tb.php/88-f9698237

    << topページへこのページの先頭へ >>