あなたは 人目のお客様です
    過去の主な日記 ◎はおすすめルート
    山スキー 2017: ◎雪倉岳  2014: ◎横前倉山  2013: ◎剱沢 白馬周回 蒲原山 乙妻山 鍋倉山 ◎大渚山 小日向山  2012: 白馬岳 鍋倉山 ◎船越の頭~金山沢  2011: 黒姫山 妙高前山 北信佐渡山 ◎戸隠五地蔵山 雨飾山 白馬大雪渓 妙高涸沢 6月立山 11月立山  2010: 白馬乗鞍岳 小日向山 黒姫山 乙妻山 ◎針ノ木岳 ◎栂池~蓮華温泉 火打山  2009: 雨飾山 針ノ木雪渓 ◎火打山  2009北信五岳: ◎戸隠山(乙妻山) 妙高山(三田原山) 斑尾山 黒姫山 飯縄山  2008三大雪渓: 針ノ木大雪渓 ◎剱沢大雪渓 白馬大雪渓
    沢登り 2015: ◎黒部赤木沢  2014: ◎巻機山ヌクビ沢  2013: ◎雑魚川外ノ沢  2012: ◎草津白根某温泉沢  2011: ◎笛吹川ヌク沢左俣 荒城川、沢上谷 ◎雑魚川外ノ沢 ◎沢上谷三大滝巡り 裏妙義烏帽子沢  2010: 火打黒沢 裏妙義烏帽子沢 ◎中ア西横川  2009: 沢上谷 火打山黒沢
    アルパイン、岩登り 2015: ◎剱岳八ツ峰Ⅵ峰 立山龍王岳東尾根Ⅰ峰北壁 ◎明星山P6南壁左岩稜  2014: 小川山ガマルート  2013: ◎伊豆城山南西カンテ 妙義筆頭岩 ◎妙義山星穴岳 ◎海谷山塊船浦山東壁
    日帰り
    トレラン
    2012: 丹沢山(蛭ケ岳)  2011: 岩菅山 燕岳  2010: ◎奥穂高 ◎槍ヶ岳 鳳凰三山  2009: ◎剣岳 ◎白馬三山7月 ◎白馬三山8月 空木岳 蓼科山 ◎塩見岳  2008: ◎常念岳-蝶ケ岳  2008北信五岳: 斑尾山 妙高山 黒姫山 戸隠山 飯縄山
    百名山 2014: 大朝日岳  2013: 安達太良山、磐梯山、西吾妻山  2012: 間ノ岳  2011: 越後駒ケ岳 浅間山 ◎飯豊山  2009: 光岳  2008: 鹿島槍岳 焼岳 ◎甲斐駒ケ岳,仙丈ケ岳
    山道具 熊対策 ハンディGPS ミシン自作道具 チューブ食糧 衛生用品 心拍計 Jetboil個人輸入 Jetboil使用感 つめかえ君

    スポンサーサイト

    --------
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
    tag :

    斑尾山山スキー:薮山修行

    2009-01-25

    北信五岳を山スキーで登ろう!と思い立ったのはいいが、斑尾山はどうやって登ろうか迷ってしまう。斑尾山の北にある斑尾高原スキー場のリフトトップから登れば、おそらく20分程度で着いてしまい、ちょっと物足りない。

    そこで、いろいろルートを探すと、現在は営業されていない斑尾高原豊田スキー場から登れば、標高差600mでちょっとしたトレーニングだし、無人の無圧雪ゲレンデを滑るという楽しみもある。豊田スキー場のゲレンデ最高点から斑尾山までつなぐコースの最大斜度を確認すると25度程度で危険も少なそうなので、とりあえず行ってみることにした。

    9:50 796m 豊田スキー場の広大な旧駐車場は全く除雪しておらず、車数台分のみ除雪した場所があり、そこに駐車。ひっそりとした豊田スキー場から出発。

    P1010784_400.jpg

    コースを歩いていくと、スノーモービルの通った跡が5-6本ほど、ゲレンデにつけられている。昨日スノーモービルを持ちこんで遊んだ人達がいるようだ。トレースがないゲレンデを滑降して自分のシュプールをつける楽しみは奪われてしまったが、全面的に荒らされていないので、帰りに楽しもう。

    10:45 1152m スキー場の最高点から樹林帯に入っていく。木々の間から中野市方面が見渡せる。

    P1010785_400.jpg

    これから登る斜面は疎林だが、ここのところあまり雪が降らなかった上、風の通り道らしく、雪は固めだ。稜線に向けて尾根を進んでいくと、だんだんと薮が濃くなってきた。後ろを振り返ると、薮だらけで滑り降りるのはかなり困難そうだ。

    P1010786_400.jpg

    11:20 1302m 山頂に続く稜線にでた。夏道と思われる幅1m程度の切り開きが続くが、雪でうねっている。

    11:40 1382m 斑尾山山頂に到着。ここは夏にも来ているが、木がじゃまして見晴らしが良くない。吊尾根を渡って、大明神岳まで足を延ばすことにした。

    P1010800_400.jpg

    大明神岳への吊尾根は一旦下るがシールをつけたまま進む。吊尾根に雪庇(せっぴ)ができており、端によりすぎると危険だ。足元を見ると大明神岳に向かって鹿の足跡が点々と残っている。歩きやすく危険が少ないところを歩いているので、この足跡を追って行った。

    P1010795_400.jpg

    12:00 1342m 大明神岳に到着。こちらは見晴らしがよく、右から妙高山、黒姫山、戸隠山、飯縄山と野尻湖が正面に見える。気温は-1℃だが天気もよく日があたり気持ちがいい。

    pano_512.jpg

    しばらく休憩したのち、再び、斑尾山に戻る。

    12:30 斑尾山でシールをはずし、滑降開始だ!。。。といっても、細い夏道と濃い薮に阻まれ、ターンのしようがない。ボーゲン、横ずらし、斜滑降、キックターンを駆使し下って行く。

    薮の濃い尾根を途中まで下ったが、どこを向いても薮だらけになり、これ以上スキーで滑るのは無理と判断し、スキーをはずし70mを歩いて下る。やっと疎林の場所に着いたが、木がじゃまで、3-4ターンしては止まり、キックターン、再び3-4ターンして、キックターンを繰り返して下って行く。

    スキー場ゲレンデの最高点に戻った。お楽しみの無圧雪ゲレンデ滑降だ!

    。。。と、ゲレンデを見ると、ほぼ全面スノーモービルの跡だらけ!遠くでスノーモービルのエンジン音がブンブン唸っている。2m程度わずかに端のほうが荒らされず残っているのみだ。こちらも勝手に入らせてもらっている身なので、あまり贅沢も言えないか。。。ゲレンデの端だが、固いバーンの上にうっすら雪がつもり、いい感じで滑り下りて行く。

    13:30 駐車しているゲレンデの下まで降りると、スノーモービル2台が走りまわっている。よく見ると小学生くらいの子供も乗っている。向こうの方で大人数人が見守っている。どうも地元のファミリーが仕事用のスノーモービルを持ちこんで遊んでいるようだ。家族サービスなら仕方ないですね。

    今回のコースは薮が濃く、山スキーには不向きであった。営業をやめたスキー場を滑る楽しみもスノーモービルで荒らされてしまい、残念であったが、とりあえず登頂目標のひとつは達成した。

    20090125斑尾山map_512.jpg

    関連記事
    tag :
    コメント:
    スノーモービル!!
    スノーモービルなんて楽しそうでしょう^^
    でも敵なのですね。。。
    アイズバーンにうっすら雪だと滑りやすいのでしょうか(??)コケたら・・・
    スピードが出ていたら、やはり痛そうです。
    [2009/01/28 12:07] | 森の。。。 #79D/WHSg | [edit]
    Re:スノーモービル!!(01/25)
    森の。。。さん、
    にっくきスノーモービル!ていう感じですが、山はみんなのものですから、仕方がないです。
    「アイスバーンにうっすら雪」は、スキーのエッジが噛んで、割と滑りやすいです。気持ちよさはパウダーに負けますが。
    [2009/01/28 21:17] | dersu62 #79D/WHSg | [edit]














    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック:
    トラックバック URL:

    http://wonderski.blog.fc2.com/tb.php/72-0fc3df4a

    << topページへこのページの先頭へ >>
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。