FC2ブログ
    あなたは 人目のお客様です
    過去の主な日記 ◎はおすすめルート
    山スキー 2017: ◎雪倉岳  2014: ◎横前倉山  2013: ◎剱沢 白馬周回 蒲原山 乙妻山 鍋倉山 ◎大渚山 小日向山  2012: 白馬岳 鍋倉山 ◎船越の頭~金山沢  2011: 黒姫山 妙高前山 北信佐渡山 ◎戸隠五地蔵山 雨飾山 白馬大雪渓 妙高涸沢 6月立山 11月立山  2010: 白馬乗鞍岳 小日向山 黒姫山 乙妻山 ◎針ノ木岳 ◎栂池~蓮華温泉 火打山  2009: 雨飾山 針ノ木雪渓 ◎火打山  2009北信五岳: ◎戸隠山(乙妻山) 妙高山(三田原山) 斑尾山 黒姫山 飯縄山  2008三大雪渓: 針ノ木大雪渓 ◎剱沢大雪渓 白馬大雪渓
    沢登り 2015: ◎黒部赤木沢  2014: ◎巻機山ヌクビ沢  2013: ◎雑魚川外ノ沢  2012: ◎草津白根某温泉沢  2011: ◎笛吹川ヌク沢左俣 荒城川、沢上谷 ◎雑魚川外ノ沢 ◎沢上谷三大滝巡り 裏妙義烏帽子沢  2010: 火打黒沢 裏妙義烏帽子沢 ◎中ア西横川  2009: 沢上谷 火打山黒沢
    アルパイン、岩登り 2015: ◎剱岳八ツ峰Ⅵ峰 立山龍王岳東尾根Ⅰ峰北壁 ◎明星山P6南壁左岩稜  2014: 小川山ガマルート  2013: ◎伊豆城山南西カンテ 妙義筆頭岩 ◎妙義山星穴岳 ◎海谷山塊船浦山東壁
    日帰り
    トレラン
    2012: 丹沢山(蛭ケ岳)  2011: 岩菅山 燕岳  2010: ◎奥穂高 ◎槍ヶ岳 鳳凰三山  2009: ◎剣岳 ◎白馬三山7月 ◎白馬三山8月 空木岳 蓼科山 ◎塩見岳  2008: ◎常念岳-蝶ケ岳  2008北信五岳: 斑尾山 妙高山 黒姫山 戸隠山 飯縄山
    百名山 2014: 大朝日岳  2013: 安達太良山、磐梯山、西吾妻山  2012: 間ノ岳  2011: 越後駒ケ岳 浅間山 ◎飯豊山  2009: 光岳  2008: 鹿島槍岳 焼岳 ◎甲斐駒ケ岳,仙丈ケ岳
    山道具 熊対策 ハンディGPS ミシン自作道具 チューブ食糧 衛生用品 心拍計 Jetboil個人輸入 Jetboil使用感 つめかえ君

    くのいち

    2016-06-11

    本日ちょっとした進歩があったので、他の人にはどうでもいい個人的な記録です。

    クライミングを始めて5-6年が経つが、ルートグレード的には一向に向上していない。グレードを上げようと努力をしているわけではないので当然である。クライミングジムでは5.10c、外岩では5.9が限度だ。長野市郊外の物見の岩には練習のため何度か足を運んでいるのだが、Ⅵ-(デシマルグレード5.9)の「くのいち」がなかなか登れない。少しかぶり気味の初めの2手ほどがどうしても克服できず、壁からはがされてしまう。「いつか登れるだろう」とそれほど努力しないまま、5-6年経ってしまっていた。

    そんな中、先週「くのいち」クライミングの夢を見た。わずかな岩の突起を右手で掴んでぶら下がり、これまたわずかなくぼみに左足をかけ、体の全体の反動で伸びあがり、右手で次のガバをとる。そこで再びぶら下がり、再び反動をつけて左手で次のホールドをとり、夢の中で難しい最初の2手を登ってしまった。

    「おお!これは正夢か!」ということで、早速試すために、一人で「物見の岩」に朝8:00に行ってみた。まだ誰もおらず貸し切り状態だ。「くのいち」上部に登り、ロープを垂らし、懸垂下降で降り、アッセンダをハーネスのビレイループに取りつけ、登り始める。

    最初の1手は夢で見たとおり、簡単に登れた。次の2手目は、夢で見たとおりに伸びあがっても届きそうもないので、できるだけ左足を高いステップに持っていき、右手をひきつけながら左足で伸びあがり、届くことができた。そのあとは難なく完登できた。

    厳密には自分でヌンチャクをかけながら登ったわけではないので、ルートグレードどおりではないのだが、今までどうやっても登れなかったので、とても嬉しい結果となった。

    脳のニューロンは寝ている間に伸びて神経細胞の情報伝達網を広げてくれるという。「いつか登りたい」という気持ち、他の人が登った様子の記憶、クライマーに必要な運動能力が少し向上したこと、これが夜寝ている間につながり、「登れる夢を見る」ということになり、現実で登ることができたのだろう。

    終了点で達成感に浸っていると、所属山岳会のWさんと知人のJさんもクライミングしにやってきた。(写真はお二人がAルートを登る様子)

    IMG_20160611_100222_800

    お二人としばらく世間話をし、「くのいち」を登ったことを話した。その後、もう一回「くのいち」にトライしたが、なぜか力尽きて登ることができなかった。これじゃ、本当に登ったのか疑われちゃうよ。ジタバタしても往生際が悪いので撤収。寝ている間に回復することに期待だ。

    登れたのは、実は白日夢なんてオチではないので、悪しからず。

    関連記事
    tag :
    コメント:
    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    [2018/07/31 00:20] | # | [edit]
    HSさんへ
    ブログを放置気味だったので、コメントを見るのが遅くなってしまいました。
    お問い合わせの件OKです。
    「非公開コメント」(管理者のみ閲覧)で、本文にメルアドを記載いただければ、お送りします。
    [2018/08/08 22:52] | デルスー #- | [edit]














    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック:
    トラックバック URL:

    http://wonderski.blog.fc2.com/tb.php/691-f88869e5

    << topページへこのページの先頭へ >>