FC2ブログ
    あなたは 人目のお客様です
    過去の主な日記 ◎はおすすめルート
    山スキー 2017: ◎雪倉岳  2014: ◎横前倉山  2013: ◎剱沢 白馬周回 蒲原山 乙妻山 鍋倉山 ◎大渚山 小日向山  2012: 白馬岳 鍋倉山 ◎船越の頭~金山沢  2011: 黒姫山 妙高前山 北信佐渡山 ◎戸隠五地蔵山 雨飾山 白馬大雪渓 妙高涸沢 6月立山 11月立山  2010: 白馬乗鞍岳 小日向山 黒姫山 乙妻山 ◎針ノ木岳 ◎栂池~蓮華温泉 火打山  2009: 雨飾山 針ノ木雪渓 ◎火打山  2009北信五岳: ◎戸隠山(乙妻山) 妙高山(三田原山) 斑尾山 黒姫山 飯縄山  2008三大雪渓: 針ノ木大雪渓 ◎剱沢大雪渓 白馬大雪渓
    沢登り 2015: ◎黒部赤木沢  2014: ◎巻機山ヌクビ沢  2013: ◎雑魚川外ノ沢  2012: ◎草津白根某温泉沢  2011: ◎笛吹川ヌク沢左俣 荒城川、沢上谷 ◎雑魚川外ノ沢 ◎沢上谷三大滝巡り 裏妙義烏帽子沢  2010: 火打黒沢 裏妙義烏帽子沢 ◎中ア西横川  2009: 沢上谷 火打山黒沢
    アルパイン、岩登り 2015: ◎剱岳八ツ峰Ⅵ峰 立山龍王岳東尾根Ⅰ峰北壁 ◎明星山P6南壁左岩稜  2014: 小川山ガマルート  2013: ◎伊豆城山南西カンテ 妙義筆頭岩 ◎妙義山星穴岳 ◎海谷山塊船浦山東壁
    日帰り
    トレラン
    2012: 丹沢山(蛭ケ岳)  2011: 岩菅山 燕岳  2010: ◎奥穂高 ◎槍ヶ岳 鳳凰三山  2009: ◎剣岳 ◎白馬三山7月 ◎白馬三山8月 空木岳 蓼科山 ◎塩見岳  2008: ◎常念岳-蝶ケ岳  2008北信五岳: 斑尾山 妙高山 黒姫山 戸隠山 飯縄山
    百名山 2014: 大朝日岳  2013: 安達太良山、磐梯山、西吾妻山  2012: 間ノ岳  2011: 越後駒ケ岳 浅間山 ◎飯豊山  2009: 光岳  2008: 鹿島槍岳 焼岳 ◎甲斐駒ケ岳,仙丈ケ岳
    山道具 熊対策 ハンディGPS ミシン自作道具 チューブ食糧 衛生用品 心拍計 Jetboil個人輸入 Jetboil使用感 つめかえ君

    スポンサーサイト

    --------
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
    tag :

    守門岳、大朝日岳

    2014-10-13

    この3連休には、日本百名山を目指している同僚H田さんと南アルプス南部縦走を考えていたが、台風が近づきつつあり、3連休後半の天候が悪そうだ。台風の影響が遅くなりそうな東北方面に切り替え、車で行ける距離にある朝日連峰に行くことになった。当初は山頂避難小屋で一泊を計画したが、夜中に天候が急変してしまうと、山から出られなくなる可能性が高い。マラソンもやるH田さんと私であれば休憩しながら行っても日帰りできそうなので、悪天候時撤退しやすいよう前夜泊で大朝日岳をピストン日帰りすることになった。せっかく遠出するので、途中でもう一山ということで、山スキーでも有名な守門(すもん)岳にも立ち寄ることになった。

    10月11日

    5:30に長野から出発する。台風の状況を確認すると、11日12日であれば東北方面への影響はなさそうだ。遠方の山は土地勘が無いため、登山口に至る効率的な道路やその道路状況が掴みにくい。守門岳の二口(ふたくち)登山口を目指し、カーナビで設定しようとしても、そもそもの登山口がカーナビの地図上では分かりづらく、道路の案内標識をたよりに車を走らせる。

    8:30に、車が10台ほど停まっている登山口に着いた。準備をしている人に聞いたところ、ここは保久礼(ほっきゅうれ)登山口であり、二口登山口への車道は工事しているとのこと。地図でコースを再確認し、保久礼コースを登り、頂上に着いたあと、二口コースを下って周回することにした。

    8:55 785m 駐車場を出発して、数分で保久礼小屋に着く。無雪期は登山口からあまりにも近いので、避難小屋としての役割は薄いが、春先はここをベースに滑りまくるのも楽しいかもしれない。

    DSC_20141011_0004_800

    保久礼コースは、ブナの樹林帯でほとんど展望がなく、急かつ粘土質で滑りやすい。H田さんと世間話をしながら登る。久しぶりにひたすら登る登山のせいか、最初のうちは息があがってしまうが、体が温まってくるとともに調子もあがってくる。

    10:00 1432m 大岳に到着。ここからは稜線歩きとなり、ところどころ細い稜線を130mほど下り、再び登り返す。

    DSC_20141011_0006_800

    長野近辺でこの標高だと、樹木が背丈以上に生い茂り、眺望はよくないのだが、守門岳の稜線は腰程度の灌木と草しか生えておらず、周囲の景色を見ながらの稜線歩きを楽しめる。

    DSC_20141011_0011_800

    11:06 1537m 青雲(あおくも)岳を経て、最高峰の袴岳に到着する。山頂は10数名の人たちで賑わっている。 上空は天気がいいのだが、周囲はガスがでてきて、遠方の山は見え隠れしている。秋とはいえ太陽の日が温かく、汗で濡れた背中を乾かしながら休憩する。

    DSC_20141011_0015_800

    11:18 下山開始。稜線を青雲岳まで戻り、青雲岳より少しくだった分岐より二口コースに入る。二口コースは緩く歩きやすい道である。

    13:23 480m 二口登山口の駐車場に到着する。ここから車道を1kmと沢沿いの登山道を1kmの標高差300mを登り返す。

    14:00 最後の登り返しがきつかったが、保久礼登山口に到着。

    ここから車で、朝日連峰の麓の古寺鉱泉を目指す。日本海東北自動車道を通り、胎内ICより東を進む。「道の駅関川」の温泉施設「ゆーむ」で汗を流したあと、更に東に進んだところで、当初予定の道路が通行止めになっているのが分かり、少し迷ってウロウロしながら、21:30に古寺鉱泉駐車場に到着する。路肩を含め50台以上の車が停まっている。H田さんは車中、私は車の後にテントを張り就寝。

    10月12日

    朝4:00ころ、駐車場に車が入ってくる音で目が覚める。外は4℃程度だろう。ここは標高660m程度だがかなり冷え込む。起きて湯を沸かし食事をとり、テントを撤収する。

    DSC_20141012_0022_800

    6:00に一旦、古寺鉱泉から出発したものの、裏の斜面を15分ほど登ったところで、昼食を車においてきたことに気づき、取りに行くため再び下る。

    DSC_20141012_0024_800

    6:25 660m 再び古寺鉱泉から登り始める。最初はゆったりとしたアップダウンのある尾根道だが徐々に急になってきて、前日の疲れがあるせいか足が重い。

    8:00 1501m 古寺山に到着すると、左に子朝日岳と右の奥に大朝日岳が現れる。遥か遠くに見える大朝日岳へ続くたおやかな稜線を見ると、気持ちよさそうな稜線歩きの期待と本当に日帰りできるのか?という不安が入り混じる。子朝日岳を巻く道もあるのだが、せっかくなので、子朝日岳を目指す。

    DSC_20141012_0025_800

    8:29 1647m 子朝日岳到着。大朝日岳が少し近くなったものの、周囲が見渡せて、さらに朝日連峰の大きさを感じる。

    子朝日岳からの急斜面をくだり、大朝日岳への稜線を進む。標高1600mの稜線は、ちょうど森林限界を越えているせいか展望が開け、気持ちのいい稜線歩きが楽しめる。

    DSC_20141012_0032_800

    秋とはいえ日差しが暑く、水がなくなりそうだったが、途中の銀玉水で水を補給する。10℃前後の水温のおいしい水に生き返る。

    DSC_20141012_0031_800

    10:08 1870m 頂上に到着。H田さんとがっちり握手だ。頂上は、ツアー客、山ガール、トレイルランナーで賑わっている。登山道以外はいっさい人工物はない連峰を形成している山々を見ると、次回来る機会があれば連泊して歩きたいという気持ちにさせられる。東北の山々を山座同定しながら20分ほど休憩する。

    DSC_20141012_0035_800

    10:30 今日は長野に帰らなければいけないので、残念ながら下山開始だ。帰りに銀玉水でもう一度水を補給し、子朝日岳は巻いて下っていく。

    13:05 古寺鉱泉に到着。

    帰りに大江町の柳川温泉の日帰り温泉施設で汗を流し、車で400kmを走り、長野市には22:00に到着した。

    2年前に行った飯豊山と同様に、今回の朝日連峰も人の手垢がついていない「山深さ」を感じた。何かのついでがない限り、車を6時間以上運転して飯豊山や朝日連峰に再び行くことはないだろう。近辺で、森林限界を越えた1800m程度の稜線をゆったり歩くことができ、自然の真っただ中を実感できる場所があれば、連泊で縦走を楽しみたいものだ。

    関連記事
    tag :
    コメント:














    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック:
    トラックバック URL:

    http://wonderski.blog.fc2.com/tb.php/623-d39889e5

    << topページへこのページの先頭へ >>
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。