あなたは 人目のお客様です
    過去の主な日記 ◎はおすすめルート
    山スキー 2017: ◎雪倉岳  2014: ◎横前倉山  2013: ◎剱沢 白馬周回 蒲原山 乙妻山 鍋倉山 ◎大渚山 小日向山  2012: 白馬岳 鍋倉山 ◎船越の頭~金山沢  2011: 黒姫山 妙高前山 北信佐渡山 ◎戸隠五地蔵山 雨飾山 白馬大雪渓 妙高涸沢 6月立山 11月立山  2010: 白馬乗鞍岳 小日向山 黒姫山 乙妻山 ◎針ノ木岳 ◎栂池~蓮華温泉 火打山  2009: 雨飾山 針ノ木雪渓 ◎火打山  2009北信五岳: ◎戸隠山(乙妻山) 妙高山(三田原山) 斑尾山 黒姫山 飯縄山  2008三大雪渓: 針ノ木大雪渓 ◎剱沢大雪渓 白馬大雪渓
    沢登り 2015: ◎黒部赤木沢  2014: ◎巻機山ヌクビ沢  2013: ◎雑魚川外ノ沢  2012: ◎草津白根某温泉沢  2011: ◎笛吹川ヌク沢左俣 荒城川、沢上谷 ◎雑魚川外ノ沢 ◎沢上谷三大滝巡り 裏妙義烏帽子沢  2010: 火打黒沢 裏妙義烏帽子沢 ◎中ア西横川  2009: 沢上谷 火打山黒沢
    アルパイン、岩登り 2015: ◎剱岳八ツ峰Ⅵ峰 立山龍王岳東尾根Ⅰ峰北壁 ◎明星山P6南壁左岩稜  2014: 小川山ガマルート  2013: ◎伊豆城山南西カンテ 妙義筆頭岩 ◎妙義山星穴岳 ◎海谷山塊船浦山東壁
    日帰り
    トレラン
    2012: 丹沢山(蛭ケ岳)  2011: 岩菅山 燕岳  2010: ◎奥穂高 ◎槍ヶ岳 鳳凰三山  2009: ◎剣岳 ◎白馬三山7月 ◎白馬三山8月 空木岳 蓼科山 ◎塩見岳  2008: ◎常念岳-蝶ケ岳  2008北信五岳: 斑尾山 妙高山 黒姫山 戸隠山 飯縄山
    百名山 2014: 大朝日岳  2013: 安達太良山、磐梯山、西吾妻山  2012: 間ノ岳  2011: 越後駒ケ岳 浅間山 ◎飯豊山  2009: 光岳  2008: 鹿島槍岳 焼岳 ◎甲斐駒ケ岳,仙丈ケ岳
    山道具 熊対策 ハンディGPS ミシン自作道具 チューブ食糧 衛生用品 心拍計 Jetboil個人輸入 Jetboil使用感 つめかえ君

    スポンサーサイト

    --------
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
    tag :

    伊豆城山クライミングキャンプ

    2013-12-22

    所属している山岳会アスターク同人で、伊豆城山へ1泊2日でクライミングキャンプ企画がY越さんからあがった。これは行かねば!と思い参加表明。そこにM木代表、S原さんが参加することとなった。

    12月20日(金)

    21日(土)を丸1日クライミングにあてるため、長野から前夜出発だ。新潟からのM木代表とS原さんとは長野ICで23:00に落ち合い、車1台で伊豆城山に向かって出発だ。車の運転を交代しながら夜の高速を走る。運転の順序が終わった人からアルコールが入る。この時間帯は全く渋滞はなくスイスイと走る。

    深夜3:00に城山の近くを流れる川の堤防に到着する。堤防はウォーキング・ランニングができるよう整備されており、トイレも設置されている。風は少々強いが、ここでテントを張り、就寝。

    12月21日(土)

    7:00 起床。天気予報どおり快晴で、絶好のクライミング日和だ。一晩中風が強く熟睡ができなかったが、この青空で多少の寝不足はふっとんでしまう。

    DSC_2031221_0008_800

    お湯を沸かし、朝食を食べて、テントを撤収して、車で登山口に移動する。

    8:25 城山は市民のハイキングコースとなっており、登山口には立派な看板がある。登山道はよく踏まれて歩きやすく、走りたくなるほどだ。長野の里山だと広葉樹は全て葉がおちて寒々しいが、ここ伊豆はやはり暖かいので、常緑樹が青々している。

    SANY0763_800

    8:40 15分ほどの歩きで南壁に到着。横に幅広な壁は何本でもルートがとれる。

    SANY0764_800

    今日は私とY越さんは南西カンテ(5.7)、M木代表とS原さんはエキスカーション(5.10c)に向かう。

    9:10 南西ルートに向かうには、南壁をクライミングし、斜上バンドを伝って西に100mほど進まないといけない。一番簡単そうなトントン拍子(5.8)にとりつく。下から見ると簡単そうだったが、リードのY越さんから「しょっぺー!」との言葉が漏れる。ホールドが少ないので、フリクションを利かせて登る必要があるようだ。私はセカンドで取り付くが、フリクションがうまく利かせられずに最初はズリズリ落ちてしまう。

    DSC05143_800

    足も手もフリクションがかなり利く岩質なのが分かり、何とか斜上バンドに到着する。ここからスラブ状のバンドを20mほどトラバースをしなければいけない。確保してもらっているが、落ちたら思いっきり振られてしまうので、慎重にトラバースをする。

    SANY0766_800

    スラブ状のバンドを過ぎると、灌木が生えた歩きやすい道となり、100mほど進むと、南西カンテに到着する。

    DSC05150_800

    10:30 1ピッチ目は、ホールドが豊富なⅢ級程度のルートだ。快晴で12月でもポカポカしているので、スポーツシャツ1枚で十分だ。

    DSC05155_800

    2ピッチ目は灌木の生えた緩いルートだ。3ピッチ目は、ハングを乗り越えたあと、崩れやすい草付きを越える。足元の乾いた草付きが根っこごとボトっと落ちヒヤヒヤしながら登る。

    DSC05156_800

    4ピッチ目は凹角を登る。張りだした岩の間をかがみながら、バランスに気をつけて抜けていくと、稜線だ。

    SANY0768_800

    12:30 稜線に着き、二人で「お疲れ様!」と労をねぎらい、休憩する。

    しばらくすると、後続パーティのリードの方がきた。お話をすると埼玉の山岳ガイドさんで、「稜線をたどれば、南壁への登山道にあたりますよ」とのこと。下降は懸垂するつもりでいたが、後続パーティもいるし、そこそこ灌木があり懸垂下降しづらい。登山靴は持ってこなかったが、登山道を行ったほうが楽そうなので、クライミングシューズのまま登山道に向かう。

    SANY0769_800

    クライミングシューズなので、下りは若干爪先があたって少し痛いが、私のはアルパイン向シューズなのでそれほど苦ではなかったが、Y越さんはダウントゥのシューズのため、かなり痛いようであまり早いペースでは下れないとのこと。途中の樹林の切れ間から南壁が臨め、M木代表がトラバースしている姿がよく見える。

    SANY0772_800

    20分ほどの歩きで、もとの南壁に到着した。M木代表とS原さんは戻ってきていないので、5.8~10a程度の数ルートをクライミングする。

    SANY0773_800

    15時を過ぎてみんな合流し下山。

    下山後、修善寺温泉の共同浴場の筥湯(はこゆ)350円で汗を流し、スーパーアピタで夜の宴会用の焼肉食材やアルコールを買出しする。

    すっかり暗くなった18時から再び堤防の駐車場にテントを張り、その横で焼肉宴会開始!

    DSC_2031221_0010_800DSC_2031221_0011_800

    0℃近くでかなり寒いけど、話をしながら、おいしい焼肉や海鮮を食べながら、ビールやワインを飲み、21時まで楽しい時間を過ごす。

    その後、テントに入り、シュラフにくるまり、就寝。寝不足・クライミング疲れ・満腹・アルコールですぐにZzzz…..

    12月22日(日)

    7時に目覚めると、少し雲がでているが、晴れそうな感じだ。テントにはびっしり霜がついていて、かなり冷え込んだようだ。

    今日は、フリークライミングをしに、城山の南東面のクッキングワールドに向かう。城山の南東側の登山口に車で移動する。

    8:30 登山口からまずは頂上を目指す。

    8:45 頂上到着。眼下に伊豆の町が広がる。

    DSC05168_800

    残念ながら富士山の頭には雲が覆いかぶさっている。

    DSC05170_800

    頂上から10分ほど下ると、クッキングワールドに到着。5.8から5.10程度のルートをみんなでワイワイ言いながら登って遊ぶ。

    SANY0780_800SANY0783_800

    私は5.10aのルートをリードをしていたら、頭を下にしてフォールし、逆さ宙づりとなってしまった。どこにも打ちつけられなくて良かったが、初めて逆さになってしまい少々ビビってしまった。しかし、このままだと恐怖感が残るので、少し休んだあと、トップロープでフォールした箇所をリトライし、何とかクリアし、恐怖感を克服だ。抜けた壁の上からの眺めは格別だ。

    SANY0781_800

    昨日の疲れもあり、13時を過ぎると手足の力もなくなってきたので、14時くらいに下山を開始だ。

    下山後は、大仁温泉の一二三荘で格安300円で入浴し、帰途についた。途中の山梨の双葉SAで熱々のほうとうをみんなで食べポカポカ。

    DSC_2031222_0015_800

    長野には21時に到着。

    丸二日間、同じ目的を持ったメンバーと一緒に行動し、クライミング・温泉・焼肉を堪能した。私はクライミングの技量は大したことないが、他のメンバーからサポートしてもらい、楽しい時間を過ごすことができた。一人で同じことをしても楽しくないが、仲間と一緒だと楽しくなる。そんな仲間に感謝!

    関連記事
    tag :
    コメント:
    また、来年も行きましょう!
    そろそろ山スキーがシーズンインですね。
    どこか行く際にはお誘いください。
    [2013/12/25 23:43] | うっかり八兵衛 #- | [edit]
    楽しい企画ありがとうございました。
    来年も冬は伊豆で楽しみましょう。その際はテントで鍋がいいですね。
    スキーちょっと出遅れました。始動しないといけませんね。
    [2013/12/26 01:12] | デルスー #- | [edit]














    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック:
    トラックバック URL:

    http://wonderski.blog.fc2.com/tb.php/570-4a1199cc

    << topページへこのページの先頭へ >>
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。