あなたは 人目のお客様です
    過去の主な日記 ◎はおすすめルート
    山スキー 2017: ◎雪倉岳  2014: ◎横前倉山  2013: ◎剱沢 白馬周回 蒲原山 乙妻山 鍋倉山 ◎大渚山 小日向山  2012: 白馬岳 鍋倉山 ◎船越の頭~金山沢  2011: 黒姫山 妙高前山 北信佐渡山 ◎戸隠五地蔵山 雨飾山 白馬大雪渓 妙高涸沢 6月立山 11月立山  2010: 白馬乗鞍岳 小日向山 黒姫山 乙妻山 ◎針ノ木岳 ◎栂池~蓮華温泉 火打山  2009: 雨飾山 針ノ木雪渓 ◎火打山  2009北信五岳: ◎戸隠山(乙妻山) 妙高山(三田原山) 斑尾山 黒姫山 飯縄山  2008三大雪渓: 針ノ木大雪渓 ◎剱沢大雪渓 白馬大雪渓
    沢登り 2015: ◎黒部赤木沢  2014: ◎巻機山ヌクビ沢  2013: ◎雑魚川外ノ沢  2012: ◎草津白根某温泉沢  2011: ◎笛吹川ヌク沢左俣 荒城川、沢上谷 ◎雑魚川外ノ沢 ◎沢上谷三大滝巡り 裏妙義烏帽子沢  2010: 火打黒沢 裏妙義烏帽子沢 ◎中ア西横川  2009: 沢上谷 火打山黒沢
    アルパイン、岩登り 2015: ◎剱岳八ツ峰Ⅵ峰 立山龍王岳東尾根Ⅰ峰北壁 ◎明星山P6南壁左岩稜  2014: 小川山ガマルート  2013: ◎伊豆城山南西カンテ 妙義筆頭岩 ◎妙義山星穴岳 ◎海谷山塊船浦山東壁
    日帰り
    トレラン
    2012: 丹沢山(蛭ケ岳)  2011: 岩菅山 燕岳  2010: ◎奥穂高 ◎槍ヶ岳 鳳凰三山  2009: ◎剣岳 ◎白馬三山7月 ◎白馬三山8月 空木岳 蓼科山 ◎塩見岳  2008: ◎常念岳-蝶ケ岳  2008北信五岳: 斑尾山 妙高山 黒姫山 戸隠山 飯縄山
    百名山 2014: 大朝日岳  2013: 安達太良山、磐梯山、西吾妻山  2012: 間ノ岳  2011: 越後駒ケ岳 浅間山 ◎飯豊山  2009: 光岳  2008: 鹿島槍岳 焼岳 ◎甲斐駒ケ岳,仙丈ケ岳
    山道具 熊対策 ハンディGPS ミシン自作道具 チューブ食糧 衛生用品 心拍計 Jetboil個人輸入 Jetboil使用感 つめかえ君

    スポンサーサイト

    --------
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
    tag :

    妙義山星穴岳:穴か肉か

    2013-11-17

    本日は、所属山岳会のY越さんの企画で、妙義山塊のひとつでバリエーションルートである星穴岳へ行く。ここはなぜ有名かというと、薄い稜線の直下40mほどの山腹に「射抜き穴」「結び穴」の2つの吹き抜け大穴が開いているからだ。この大穴のところで焼肉をやろうという山行だ。会の岩登りの精鋭のY越さん、M山さん、M木会長、S原さんに混じり、僭越ながら私も参加だ。

    7:30に更埴IC近くで集合し、8:30妙義山中ノ岳神社の駐車場に到着する。駐車場から表妙義を見ると、ギザギザの稜線の壁が屏風のように迫ってくる。ここからは星穴岳の穴は見えない。

    SANY0709_800

    9:00 720m 用意を整え中ノ岳神社から出発。長い階段を登り、神社の祠の裏手に回り、急な登山道を

    登って行く。

    SANY0710_800

    9:45 1008m 稜線にでてしばらく進むと、「この先は危険、入るな!(一般道に非らず)」の看板がでてきた。

    SANY0714_800

    ごめんなさい!とばかり、縄張りを越えていく。

    SANY0713_800

    ひたすら木の枝や根をつかんで登って行くと、やがて目の前に最初のピークである西岳が見えてくる。

    SANY0716_800

    10:10 10mほどの壁を登り、西岳に到着し、さらに先に見える星穴岳を目指す。

    SANY0719_800

    一旦下降するための30mほどの懸垂下降ポイントにやってきた。50mロープ2本で懸垂下降して一旦下る。足手まといになってはいけないので、申し訳ないと思いながらロープワークは先輩諸氏におまかせし、そのやり方を見て勉強させてもらう。みなさん、手早い!

    SANY0721_800

    その後、滑ったらアウト!の少し湿った岩場のトラバースが続く。S原さんが先頭で行くが、こういうバリエーションは慣れていて、軽い足取りで進んでいく。私はトレランシューズを履いてきたのだが、このシューズのソールは湿った岩場では滑るため、ヒヤヒヤしながら進む。

    やがて南面にでると、岩が乾いてきて、トラバースも楽になってきた。

    SANY0722_800

    星穴岳への6m登りであるが、両端切れ落ちているので、高度感はかなりある。岩自体はホールドが豊富なので確保なしで登って行く。

    SANY0723_800

    11:47 1073m 星穴岳頂上に到着!雪をまとった浅間山をバックに記念撮影。

    SANY0725_800

    稜線を少し戻り、直下の「射抜き穴」への空中懸垂下降ポイントに到着すると、ここで先行パーティの懸垂下降待ちが発生しており、先行パーティの手際の悪さもあり、下り終えるまで30分ほど待つ。

    さていよいよ40mの空中懸垂下降だ!映像はM木会長の空中懸垂下降。

    私はあまり周囲を見る余裕はなかったが、なかなか楽しい。

    「射抜き穴」のある場所につくが、「射抜き穴」が開いていなかったので、私が落ちていたミニショベルで穴を開けると。。。。

    SANY0736_800

    大穴が開いた!

    SANY0737_800

    。。。。そんなわけはない。でも、ミニショベルは射抜き穴の横に本当に落ちていた。

    ここで焼肉の予定だったが、風化による砂が人が通るたび舞い上がるので、さらに少しくだったところで行うことになった。ここで再び40mの空中懸垂下降し、日陰になった窪地に下りる。

    ここで時間をみると14:00。もうひとつの大穴である「結び穴」に行くには往復1時間ほどかかる。下山時間や渋滞の状態や日没のことを考えると少し時間が足らない。それに、みんなほとんど何も食べていないので、お腹がかなり空いている。

    「穴か、肉か」という究極の選択で、「肉!」ということになり、落着いて食べることができる場所に着いてから焼肉をすることになった。

    ここから約300m下の道路に向かって下りて行くのだが、ルートが不明瞭だ。不明瞭というより、大量の落ち葉で何の痕跡もない。こんな状況では、大御所M山さんのルートファインディング能力発揮だ。

    凡人には分からないわずかな痕跡を見つけ、迷うことなく薄い藪や小さなルンゼをドンドン進んでいく。私は落ち葉でズルズル滑りそうになりながら着いていくのがやっとだ。

    1時間ほど下ると、やがて傾斜も緩み、下の車道が近づいてきたせいか、車の音がよく聞こえるようになってきた。

    15:00 落着ける場所に到着し、焼肉開始!

    SANY0740_800

    SANY0742_800

    ここで1時間ほど、おしゃべりしながら、トントロに始まり、カルビ、ソーセージ、ビールと飲み食いし、もうお腹いっぱいだ。

    その後、急な斜面を下ると車道に出る。

    16:20 車道を歩き、駐車場に到着。日没前に戻ることができた。

    「結び穴」は見損なったものの、空中懸垂と焼肉をたっぷり堪能し、十分に満足だ。やはり山では、肉に限る。

    それにしても、所属山岳会の精鋭の方達の山での総合能力の高さには恐れ入った。悪路での足さばき、ルートファインディング、ロープワークなどなど、今日はおまかせ状態で本当に申し訳ない気持ちだが、今回は勉強させていただいた。今の自分の年齢でどこまで到達できるか分からないが、まだまだ覚えるべきことはたくさんある。

    関連記事
    tag :
    コメント:
    楽しかったです
    さすが、ブログアップの速さはすごいですね。
    この秋は、神様、仏様だの温泉だと、とぼけたことばっかしやっており、真面目な山登りから遠ざかっていたのに、皆さんのおかげで楽しい山を満喫できました。
    いよいよスキーの時季になり、下手は下手なりに楽しもうと思っていますがどうなりますことやら・・・。遊びすぎの昨シーズンもあって「山ノ神」の眼が光っています。
    [2013/11/18 12:27] | AJ920 #mQop/nM. | [edit]
    お世話をおかけしました
    ルートに緊張しながらも、みなさんに気づかっていただき、楽しい時間を過ごすことができました。ありがとうございます。
    ロープワーク見てるばかりで、お役に立てなかったのが残念ですが、これから勉強させていただきます。
    そろそろスキーシーズンです。スキーも一度お手合わせをお願いします。
    [2013/11/18 19:36] | デルスー #- | [edit]














    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック:
    トラックバック URL:

    http://wonderski.blog.fc2.com/tb.php/563-38793bae

    << topページへこのページの先頭へ >>
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。