FC2ブログ
    あなたは 人目のお客様です
    過去の主な日記 ◎はおすすめルート
    山スキー 2017: ◎雪倉岳  2014: ◎横前倉山  2013: ◎剱沢 白馬周回 蒲原山 乙妻山 鍋倉山 ◎大渚山 小日向山  2012: 白馬岳 鍋倉山 ◎船越の頭~金山沢  2011: 黒姫山 妙高前山 北信佐渡山 ◎戸隠五地蔵山 雨飾山 白馬大雪渓 妙高涸沢 6月立山 11月立山  2010: 白馬乗鞍岳 小日向山 黒姫山 乙妻山 ◎針ノ木岳 ◎栂池~蓮華温泉 火打山  2009: 雨飾山 針ノ木雪渓 ◎火打山  2009北信五岳: ◎戸隠山(乙妻山) 妙高山(三田原山) 斑尾山 黒姫山 飯縄山  2008三大雪渓: 針ノ木大雪渓 ◎剱沢大雪渓 白馬大雪渓
    沢登り 2015: ◎黒部赤木沢  2014: ◎巻機山ヌクビ沢  2013: ◎雑魚川外ノ沢  2012: ◎草津白根某温泉沢  2011: ◎笛吹川ヌク沢左俣 荒城川、沢上谷 ◎雑魚川外ノ沢 ◎沢上谷三大滝巡り 裏妙義烏帽子沢  2010: 火打黒沢 裏妙義烏帽子沢 ◎中ア西横川  2009: 沢上谷 火打山黒沢
    アルパイン、岩登り 2015: ◎剱岳八ツ峰Ⅵ峰 立山龍王岳東尾根Ⅰ峰北壁 ◎明星山P6南壁左岩稜  2014: 小川山ガマルート  2013: ◎伊豆城山南西カンテ 妙義筆頭岩 ◎妙義山星穴岳 ◎海谷山塊船浦山東壁
    日帰り
    トレラン
    2012: 丹沢山(蛭ケ岳)  2011: 岩菅山 燕岳  2010: ◎奥穂高 ◎槍ヶ岳 鳳凰三山  2009: ◎剣岳 ◎白馬三山7月 ◎白馬三山8月 空木岳 蓼科山 ◎塩見岳  2008: ◎常念岳-蝶ケ岳  2008北信五岳: 斑尾山 妙高山 黒姫山 戸隠山 飯縄山
    百名山 2014: 大朝日岳  2013: 安達太良山、磐梯山、西吾妻山  2012: 間ノ岳  2011: 越後駒ケ岳 浅間山 ◎飯豊山  2009: 光岳  2008: 鹿島槍岳 焼岳 ◎甲斐駒ケ岳,仙丈ケ岳
    山道具 熊対策 ハンディGPS ミシン自作道具 チューブ食糧 衛生用品 心拍計 Jetboil個人輸入 Jetboil使用感 つめかえ君

    海谷山塊-船浦山東壁:アルパインデビュー

    2013-11-02

    1週間ほど前に、所属山岳会のTさんから船浦山のアルパイン・クライミングにお誘いがあった。しかし、私はまだアルパインはやったことがないし、自分の登りに自信が持てないので、「私でも大丈夫?」とTさんに聞いたところ、「沢登り程度だから」ということなので参加することにした。今回の山行リーダーであるMさんにも確認したところ、それほど難しくないとのことなので、参加をお願いした。51歳にして初めてのアルパイン・クライミング・デビューである。(なお、クライミングをしていない人向けに、クライミング用語の後ろの[]に、その意味を付記しています。)

    5:30に新潟県高田ICに集合し、会の岩登り集団のうち、Mさん・Yさん・Tさん、と私の4人で車1台で船浦山への入山口に移動する。船浦山に登山口はなく、集落の農道の末端まで車で走り、発電所へ続く林道を歩き、発電所からは海川沿いのヤブの中の薄い踏跡をたどっていく。

    7:50 農道末端から45分ほど歩いて、船浦山東壁の基部に到着する。

    覆いかぶさるような高さ300mの壁を海川から見た瞬間、『沢登り程度じゃないよ。えらいところに来てしまった。。。』と思ったが、何事も弱気になると、縮こまって力が発揮できないので、『何とかなる』と自分に言い聞かせる。

    DSC04930_800

    今回は、私とベテランMさん、YさんとTさんがペアである。ルートは4人で下部の宝貝凹状壁AJルートを行き、途中から、私とMさんは第二岩稜ルート、YさんとTさんは第二スラブ中央稜ルートに別れる。

    最初はYさん・Tさんペアで登り始める。下から見ていると2ピッチ目のオーバーハングを避けて周りこんだため、ロープが流れなくなり、かなり苦労している。

    SANY0690_800

    次にMさんと私のペアで登り始める。厳しいピッチ[登る切れ目、通常ロープの長さ(40m前後)]はMさんにリード[先頭で登ること]してもらう。1ピッチ目は少しジトッと湿っていたが難無く登る。2ピッチ目は少しオーバーハングのところで苦労したが何とか登りきる。ボルト[カラビナをひっかかける金具]やハーケンなどの支点がほとんどないため、ブッシュで中間支点をとっていく。

    3ピッチ目のオーバーハングで、いいホールドがなく、ジタバタしているうちに腕がパンプ[疲れてしまうこと]してきてしまい、気持ちがあせってきて、しがみついているうちに握力も限界に達してきた。あっ!と思った瞬間、体が岩から剥がれてフォール!

    確保してもらっているので数10cm落下した程度だが、これがリードだったりすると数m落ちるので、ちょっとしたケガでは済まない。『一回死んで、再び蘇ったんだ!』と一旦気持ちをリセットし、新たな気持ちで再びトライ!少し右側に20cmほど移動することで、適度なホールドがあり、ハングを乗り越す。3ピッチ目にくると、これから登る第二岩稜(右端の突き出た岩稜)と中央稜ルート(中央に突き出た岩稜)が真正面に見えてくる。

    DSC04938

    4ピッチ目は中間のブッシュ帯を進み、途中で4人で小休止。

    IMGP0397

    5ピッチ目からは60度程度の壁となり、リーダーMさんからリードを仰せつかる。51歳にして生まれて初めてのアルパインのリードだ。50mいっぱい登ったところでピッチを切る。ここで確保支点を作るが、ゲレンデでやったのも数回しかないのと緊張のため、もたついてしまうが、Tさんに指導してもらいながら、フォロー[下からリードを確保し、後から登る人]となるMさんの確保を行う。

    登ってきたMさんから、「ブッシュでの中間支点の作り方が100点満点で20点」と厳しい評価。ブッシュの根元ではなかったり、スリング[輪になったロープや布テープ]の巻き方も緩いとのこと。いい勉強になります。

    SANY0694_800

    ここから、私とMさんは直上の第二岩稜ルートをいくが、YさんとTさんは100mほど隣の第二中央稜ルートに行くためトラバースする。

    6ピッチ目は、いよいよ第二岩稜ルートの核心だ。ここはMさんがリード。核心部を登るMさんを中央稜ルートのYさんたちが撮影。

    DSC04971_800

    7ピッチ目8ピッチ目は斜度は60度程度に緩み快適に登る。少し緊張もほぐれ周囲を見渡すと、爽快な青空のもと紅葉した山々が見渡せ、爽快な気分だ。

    IMGP0411

    PB020055

    途中でMさんはボルトを追加する。ボルトの穴を岩にあけるためのジャンピングドリルをハンマーで打つ音が静かな海川の谷に響き渡る。

    CI-14624280030333049

    私もその上部でジャンピングドリルを使って穴をあけさせてもらい、ボルトを追加した。これもなかなか面白い経験だ。写真が私の初ボルト。

    SANY0705_800

    いよいよ最終ピッチ。ここは私がリードである。途中少しハングした箇所は手こずったが、何とかブッシュ帯の大きな松の根元にとりついた。

    PB020067_800

    15:10 Mさんが到着し、クライミング終了!登り始めて7時間だったが、終わってみるとなんだかあっけない感じだ。ここからは、以前Mさんがつけた赤テープを目印にヤブの中を進む。

    SANY0706_800

    中央稜に行ったYさんとTさんと途中で合流し、30分ほどヤブこぎすると、送水管にあたる。延々と続く送水管の中央についたハシゴを下の発電所まで下って行く。ひたすら同じ動作の繰り返しで、汗がダラダラ流れ落ちる。

    DSC04989_800

    16:30 発電所からは林道を歩いて、農道末端の駐車した場所まで戻ってきた。

    好天・登りやすい岩盤のもと、初アルパイン・初リードを事故なく楽しむことができた。これはひとえに、会の先輩諸氏のサポートのおかげだ。今回、『アルパインについては、まだまだ勉強すべきことはたくさんある』と思い知らされた。アルパイン、やみつきになりそうだ。

    関連記事
    tag :
    コメント:
    アルパインデビューおめでとう?ございます。
    登山スタイルはいろいろあるけれど、岩登りは爽快感が最高です。
    岩登りをしない人たちからは「そんな危険なことするなんて信じられない!」と非難されることもありますが、あの充実感、爽快感は病み付きになります。
    今年はあんまり岩登りをしなかったのですが、常に岩に触っていないとなかなか上達しませんね。
    来年はもう少し頑張ろうと思っていますので、よろしくお付き合いください。
    [2013/11/04 20:34] | anego #- | [edit]
    「もっと早くやっていればよかったー」という感じです。
    今回は会のみなさんにフォローしてもらい、無事に登ることができて、ここ数年で最も強烈で楽しい経験になりました。
    来シーズンはあちこちのアルパインルートに余裕を持っていけるように、雪が降るまでは鍛錬したいと思います。
    こちらこそ、よろしくお願いします。
    [2013/11/04 20:48] | デルスー #- | [edit]














    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック:
    トラックバック URL:

    http://wonderski.blog.fc2.com/tb.php/557-c98132b1

    << topページへこのページの先頭へ >>