あなたは 人目のお客様です
    過去の主な日記 ◎はおすすめルート
    山スキー 2017: ◎雪倉岳  2014: ◎横前倉山  2013: ◎剱沢 白馬周回 蒲原山 乙妻山 鍋倉山 ◎大渚山 小日向山  2012: 白馬岳 鍋倉山 ◎船越の頭~金山沢  2011: 黒姫山 妙高前山 北信佐渡山 ◎戸隠五地蔵山 雨飾山 白馬大雪渓 妙高涸沢 6月立山 11月立山  2010: 白馬乗鞍岳 小日向山 黒姫山 乙妻山 ◎針ノ木岳 ◎栂池~蓮華温泉 火打山  2009: 雨飾山 針ノ木雪渓 ◎火打山  2009北信五岳: ◎戸隠山(乙妻山) 妙高山(三田原山) 斑尾山 黒姫山 飯縄山  2008三大雪渓: 針ノ木大雪渓 ◎剱沢大雪渓 白馬大雪渓
    沢登り 2015: ◎黒部赤木沢  2014: ◎巻機山ヌクビ沢  2013: ◎雑魚川外ノ沢  2012: ◎草津白根某温泉沢  2011: ◎笛吹川ヌク沢左俣 荒城川、沢上谷 ◎雑魚川外ノ沢 ◎沢上谷三大滝巡り 裏妙義烏帽子沢  2010: 火打黒沢 裏妙義烏帽子沢 ◎中ア西横川  2009: 沢上谷 火打山黒沢
    アルパイン、岩登り 2015: ◎剱岳八ツ峰Ⅵ峰 立山龍王岳東尾根Ⅰ峰北壁 ◎明星山P6南壁左岩稜  2014: 小川山ガマルート  2013: ◎伊豆城山南西カンテ 妙義筆頭岩 ◎妙義山星穴岳 ◎海谷山塊船浦山東壁
    日帰り
    トレラン
    2012: 丹沢山(蛭ケ岳)  2011: 岩菅山 燕岳  2010: ◎奥穂高 ◎槍ヶ岳 鳳凰三山  2009: ◎剣岳 ◎白馬三山7月 ◎白馬三山8月 空木岳 蓼科山 ◎塩見岳  2008: ◎常念岳-蝶ケ岳  2008北信五岳: 斑尾山 妙高山 黒姫山 戸隠山 飯縄山
    百名山 2014: 大朝日岳  2013: 安達太良山、磐梯山、西吾妻山  2012: 間ノ岳  2011: 越後駒ケ岳 浅間山 ◎飯豊山  2009: 光岳  2008: 鹿島槍岳 焼岳 ◎甲斐駒ケ岳,仙丈ケ岳
    山道具 熊対策 ハンディGPS ミシン自作道具 チューブ食糧 衛生用品 心拍計 Jetboil個人輸入 Jetboil使用感 つめかえ君

    スポンサーサイト

    --------
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
    tag :

    白馬周回山スキー

    2013-05-26

    急遽25日と26日が空いたので、同僚W貫さんと白馬大雪渓と白馬鑓ヶ岳の沢を山スキーで周回することになった。

    5月25日

    8:20 1200m 今日は白馬山荘で一泊なので、猿倉からのんびり出発だ。

    SANY0541_800

    猿倉から大雪渓まではほとんど雪がなく、ザックにスキーを担いで歩く。重さ全体は変わらないが、重心が上にくるので、上半身への負荷が高く、足につけているときより疲れる。

    9:10 1380m 白馬大雪渓の末端にでる。ここからシールをつけて歩く。スキーは足で運ぶほうがやっぱり楽!

    DSC_0001 (2)_800

    11:30 2200m 斜度35度以上になり、雪が固いせいかスリップしやすくなってきた。昨年はシールのまま行けたが、スリップして転倒すると体力を大きく消耗するので、アイゼンに切り替える。

    標高差150mをキックステップで行くのもかなり疲れる。ところどころ雪ではなく氷のせいで、爪先しかささらないところもあり、ふくらはぎが攣りそうだ。

    急斜面を過ぎ、杓子岳の前峰がかっこよく見える、斜度が緩んだ2400m地点にある大岩で小休止。

    SANY0542_800

    再びシールをつけて登る。標高が上がり空気も薄くなり、かなり足を使ったせいか、一歩一歩踏み出すのがやっとだ。

    14:20 2840m ヘトヘトになりながらも、白馬山荘に到着。宿泊手続きを済ませてから、白馬岳に向かう。

    SANY0543_800

    15:00 白馬岳に到着。上半身はウェア1枚でちょうどいいくらいの気温だ。

    DSC_0003 (2)_800

    下山途中、白馬2号雪渓から滑りおりる準備をしている女性がいた。斜度は50度くらいあるだろうか。ジャンプターンしながら、確実に高度を下げていく。お見事!

    白馬山荘に戻り、外が暖かいので、W貫さんはビール、下戸の私はコーラで祝杯をあげる。W貫さん持参のサバミソ缶をつまみながら、雄大な白馬三山や剱岳を眺めながら日向ぼっこだ。贅沢なひとときだ。

    DSC_0009 (2)_800

    18:00の夕食のメインはチキンソテーだ。北アルプスの山小屋の食事がうまくなったのは、この白馬山荘からのはずである。豪勢というほどではないが、飽きのこないよう、副菜がいろいろついている。

    20:30 談話室が消灯したので、部屋に戻り、就寝。

    5月26日

    今日は白馬鑓ケ岳まで行き、その下の沢を滑る予定だ。最初は富山側へ2300m付近まで滑り込み、シールで登り返して鑓ケ岳まで行く予定だったが、雪のつながり具合が分からなかったので、稜線の夏道をスキーを担いで歩くことにした。

    6:00 朝食。オーソドックスな日本の朝食だが、品数が多いので飽きない。

    DSC_0010 (2)_800

    7:20 スキーを担いで白馬山荘をあとにする。

    振り返ってみると、白馬山荘の大きさにあらためて驚く。

    SANY0546_800

    スキーを担いでいくのはそれほど苦ではないが、スキーブーツは山用といえども足首の曲りが制約され、岩場や急な登りなどの足場の不安定な場所では苦戦する。

    白馬鑓の手前で来た道を振り返る。白馬は雄大だ。

    SANY0547_800

    10:11 2740m 白馬鑓ケ岳を過ぎ、ドロップできそうな場所に到着し、準備をして飛び込む。広大な斜面は気持ちいい!

    CI156988627230300668

    10:55 今シーズン3回目の白馬鑓温泉に到着。入浴し1時間ほどのんびり過ごす。

    DSC_0016_800

    11:55 白馬鑓温泉を出発。小日向のコルに登り返し、猿倉に向かう。小日向のコルの下の台地はヤブだらけとなり、途中でスキーを担いで下る。

    14:20 猿倉に到着。

    スキーを担いで歩く時間が多く疲れたが、両日ともに好天に恵まれ、白馬の雄大な景色を堪能できた。スキーとテントを担いで長時間の山行はきつすぎるので、山小屋を利用したが、余裕を持った行動ができるのは、ありがたい。

    関連記事
    tag :
    コメント:
    ワンダーさんの小屋利用スキーは初めて拝見しました。
    白馬鑓温泉の映像も徐々に雪解けが進んでゆくのが分かり楽しいです。
    まだしばらくスキーを楽しまれるのでしょうか?
    私はすっかり山菜モード、でもそろそろ岩に本腰を入れなくてはと思っているところです。
    ところで、6月16日に春の古道整備を行うのですが、いかがでしょう?
    春は特製タケノコ汁での慰労会が好評です。
    ご参加お待ちしています。
    [2013/05/26 23:54] | anego #- | [edit]
    歳には勝てません
    白馬大雪渓をテントとスキーを担いで登る元気はもうないので、体力の衰えは道具とお金でカバーするしかありません。
    スキーはまだまだです。6月立山、7月乗鞍で山スキー仕舞いする予定です。
    古道整備にまたおじゃまさせてもらっていいでしょうか。このコメントで参加申し込みということでお願いします。
    [2013/05/27 21:48] | デルスー #- | [edit]
    さすがですね!7月まで滑るとは…。
    その時期滑る腕が無いです。昨年6月中旬に滑った大毛無では嫌というほど尾骶骨を強打し、しばらくつらい思いをしましたもの…。

    古道整備へのご参加たまわりました。
    秋とは違った南葉山の魅力をお楽しみください。
    詳細はブログにてご確認いただけますとありがたいです。
    会の長野チームと同乗してお越しいただけますよう手配いたします。
    ご不明な点はお知らせください。
    当日はよろしくお願いいたします。
    [2013/05/28 23:41] | anego #- | [edit]














    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック:
    トラックバック URL:

    http://wonderski.blog.fc2.com/tb.php/518-afda23a4

    << topページへこのページの先頭へ >>
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。