あなたは 人目のお客様です
    過去の主な日記 ◎はおすすめルート
    山スキー 2017: ◎雪倉岳  2014: ◎横前倉山  2013: ◎剱沢 白馬周回 蒲原山 乙妻山 鍋倉山 ◎大渚山 小日向山  2012: 白馬岳 鍋倉山 ◎船越の頭~金山沢  2011: 黒姫山 妙高前山 北信佐渡山 ◎戸隠五地蔵山 雨飾山 白馬大雪渓 妙高涸沢 6月立山 11月立山  2010: 白馬乗鞍岳 小日向山 黒姫山 乙妻山 ◎針ノ木岳 ◎栂池~蓮華温泉 火打山  2009: 雨飾山 針ノ木雪渓 ◎火打山  2009北信五岳: ◎戸隠山(乙妻山) 妙高山(三田原山) 斑尾山 黒姫山 飯縄山  2008三大雪渓: 針ノ木大雪渓 ◎剱沢大雪渓 白馬大雪渓
    沢登り 2015: ◎黒部赤木沢  2014: ◎巻機山ヌクビ沢  2013: ◎雑魚川外ノ沢  2012: ◎草津白根某温泉沢  2011: ◎笛吹川ヌク沢左俣 荒城川、沢上谷 ◎雑魚川外ノ沢 ◎沢上谷三大滝巡り 裏妙義烏帽子沢  2010: 火打黒沢 裏妙義烏帽子沢 ◎中ア西横川  2009: 沢上谷 火打山黒沢
    アルパイン、岩登り 2015: ◎剱岳八ツ峰Ⅵ峰 立山龍王岳東尾根Ⅰ峰北壁 ◎明星山P6南壁左岩稜  2014: 小川山ガマルート  2013: ◎伊豆城山南西カンテ 妙義筆頭岩 ◎妙義山星穴岳 ◎海谷山塊船浦山東壁
    日帰り
    トレラン
    2012: 丹沢山(蛭ケ岳)  2011: 岩菅山 燕岳  2010: ◎奥穂高 ◎槍ヶ岳 鳳凰三山  2009: ◎剣岳 ◎白馬三山7月 ◎白馬三山8月 空木岳 蓼科山 ◎塩見岳  2008: ◎常念岳-蝶ケ岳  2008北信五岳: 斑尾山 妙高山 黒姫山 戸隠山 飯縄山
    百名山 2014: 大朝日岳  2013: 安達太良山、磐梯山、西吾妻山  2012: 間ノ岳  2011: 越後駒ケ岳 浅間山 ◎飯豊山  2009: 光岳  2008: 鹿島槍岳 焼岳 ◎甲斐駒ケ岳,仙丈ケ岳
    山道具 熊対策 ハンディGPS ミシン自作道具 チューブ食糧 衛生用品 心拍計 Jetboil個人輸入 Jetboil使用感 つめかえ君

    スポンサーサイト

    --------
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
    tag :

    乙妻山:今季最高のパウダー!

    2013-03-03

    今日は上越の山岳会のY越さんとK林さんと3人で乙妻山だ。乙妻山の北東斜面は、立木が少なく30度程度の標高差900mの大きな斜面が広がり、山スキーにもってこいの場所だ。

    夏であれば、日本百名山である高妻山のさらに奥にあり、足を延ばす人も多い。冬は、戸隠大橋~佐渡山(さどやま)のコル~氷沢川(こおりさわがわ)~乙妻山北東斜面というコースが一般的だ。

    往復9時間程度かかるが、大好きな場所なので、過去3回行っている。しかし、ここのところ、仕事が忙しい中マラソンの練習もやっていて疲れ気味なので、今日は行けるところまで行って、苦しくなったら頂上はパスするつもりで参加だ。

    6:00 1137m まだ薄暗い中、戸隠大橋を出発。いつもの単調な林道を40分ほど歩く。

    7:30 1590m 結構いいペースで佐渡山のコルに到着。ここでシールをはずし、氷沢川へ滑り込む。沢は結構埋まっているが、適当に進むと進退極まる箇所が多い。

    いつもなら乙妻山北東斜面の登り口まではスキーで滑りこめるのだが、新雪が多く、シールをつけて歩く。

    9:15 1400m 乙妻山北東斜面の登り口に到着。ここで3人組パーティと単独行1人の方と一緒になった。

    樹林帯を進み抜けると、うっすらガスの中、北東斜面が広がる。戸隠大橋からここまで4時間かかるが、苦労が報われる瞬間だ。

    SANY0449_800

    新雪は深く膝下ラッセルだ。特にしめしあわせたわけではないが、我ら3人と3人組パーティと単独行1人で一列になり交代でラッセルを続ける。7人の中で一番若いK林さんはガンガンラッセルしてくれる。途中30分ほど休憩をはさむ。

    CI29778867230283768

    斜面の木々に雪が凍りつき、花が咲いているようだ。

    SANY0451_800

    稜線の詰めのところで、K林さんはシールの接着面に雪が付着してしまい何度かシールがはずれだした。稜線についたころにはシールはまったくつかない状態だ。K林さんは板をかついでツボ足で登り、私とY越さんはシールで頂上を目指す。

    12:30 2318m 私とY越さんは乙妻山頂上に到着。今日は私は途中敗退覚悟できたが、何とか頂上を踏むことができた。

    SANY0455_800

    高妻山が美しい。

    SANY0454_800

    K林さんは頂上はあきらためようで、稜線の途中で休憩している。

    お待ちかねの滑降だ。稜線のガチガチアイスバーンを慎重に下り、北東斜面に入る。

    今季は何度かパウダーに当たったが、今日は最高のパウダーだ!吹きだまりに入ると、滑って舞い上がる雪が胸元まで上がってくる。

    13:30 30分で北東斜面を滑り下りる。3時間かけて登った斜面をわずか30分で滑り下りてしまい、山スキーをやらない人から見ればバカバカしいかもしれないが、ゲレンデでは味わえないパウダーと広大な斜面を経験すると、3時間の苦労は何ということもない。

    しかし、ここから佐渡山コルへの長い登り返し。一歩一歩足をだすたびに、体に乳酸がたまっていく気分だ。

    15:00 佐渡山コル到着。佐渡山コルからは、滑って下るだけだ。

    15:30 出発場所である戸隠大橋到着。

    3月上旬からは温度があがり天気もよくなるので、パウダーは長野近辺では難しくなってしまうので、今回が今季最高のパウダーなるだろう。

    関連記事
    tag :
    コメント:
    今シーズン一番の会心の山行でしたね。ありがとうございました。
    [2013/03/03 22:06] | うっかり八兵衛 #- | [edit]
    乙妻山
    最後の二人組の者です。
    ラッセルありがとうございました。
    乙妻山は初めてでしたがおかげさまで頂上を踏むことができました。
    北東斜面素晴らしかったですね。
    [2013/03/04 13:19] | sinoyosi #- | [edit]
    うっかり八兵衛さん、
    シーズン初めは、大ハズレの天狗原と小日向山でしたが、その後はパウダーに恵まれましたね。また、よろしくお願いします。
    [2013/03/04 22:18] | デルスー #- | [edit]
    sinoyosiさん、
    ゆっくりお話できませんでしたが、sinoyoshiさんのブログ拝見いたしました。
    私は乙妻山は今回で4回目でしたが、今までで一番のパウダーでした。きつかったですが、また行きたくなる斜面です。
    [2013/03/04 22:28] | デルスー #- | [edit]














    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック:
    トラックバック URL:

    http://wonderski.blog.fc2.com/tb.php/497-3aa580a9

    << topページへこのページの先頭へ >>
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。