FC2ブログ
    あなたは 人目のお客様です
    過去の主な日記 ◎はおすすめルート
    山スキー 2017: ◎雪倉岳  2014: ◎横前倉山  2013: ◎剱沢 白馬周回 蒲原山 乙妻山 鍋倉山 ◎大渚山 小日向山  2012: 白馬岳 鍋倉山 ◎船越の頭~金山沢  2011: 黒姫山 妙高前山 北信佐渡山 ◎戸隠五地蔵山 雨飾山 白馬大雪渓 妙高涸沢 6月立山 11月立山  2010: 白馬乗鞍岳 小日向山 黒姫山 乙妻山 ◎針ノ木岳 ◎栂池~蓮華温泉 火打山  2009: 雨飾山 針ノ木雪渓 ◎火打山  2009北信五岳: ◎戸隠山(乙妻山) 妙高山(三田原山) 斑尾山 黒姫山 飯縄山  2008三大雪渓: 針ノ木大雪渓 ◎剱沢大雪渓 白馬大雪渓
    沢登り 2015: ◎黒部赤木沢  2014: ◎巻機山ヌクビ沢  2013: ◎雑魚川外ノ沢  2012: ◎草津白根某温泉沢  2011: ◎笛吹川ヌク沢左俣 荒城川、沢上谷 ◎雑魚川外ノ沢 ◎沢上谷三大滝巡り 裏妙義烏帽子沢  2010: 火打黒沢 裏妙義烏帽子沢 ◎中ア西横川  2009: 沢上谷 火打山黒沢
    アルパイン、岩登り 2015: ◎剱岳八ツ峰Ⅵ峰 立山龍王岳東尾根Ⅰ峰北壁 ◎明星山P6南壁左岩稜  2014: 小川山ガマルート  2013: ◎伊豆城山南西カンテ 妙義筆頭岩 ◎妙義山星穴岳 ◎海谷山塊船浦山東壁
    日帰り
    トレラン
    2012: 丹沢山(蛭ケ岳)  2011: 岩菅山 燕岳  2010: ◎奥穂高 ◎槍ヶ岳 鳳凰三山  2009: ◎剣岳 ◎白馬三山7月 ◎白馬三山8月 空木岳 蓼科山 ◎塩見岳  2008: ◎常念岳-蝶ケ岳  2008北信五岳: 斑尾山 妙高山 黒姫山 戸隠山 飯縄山
    百名山 2014: 大朝日岳  2013: 安達太良山、磐梯山、西吾妻山  2012: 間ノ岳  2011: 越後駒ケ岳 浅間山 ◎飯豊山  2009: 光岳  2008: 鹿島槍岳 焼岳 ◎甲斐駒ケ岳,仙丈ケ岳
    山道具 熊対策 ハンディGPS ミシン自作道具 チューブ食糧 衛生用品 心拍計 Jetboil個人輸入 Jetboil使用感 つめかえ君

    大渚山山スキー:歓喜のパウダー

    2013-02-03

    今日は親交のある上越の山岳会の方4名と一緒に大渚山(おおなぎやま)へ山スキーだ。昨日は長野市内では温度が高く、この季節めずらしく雨が降った。今朝は冬型の気圧配置となり少し冷え込み小雪がちらつく天気で、雪がガリガリであまり快適じゃなさそうという予想だが、とりあえず行ってみよう。

    長野組3人は朝5時に長野を出発し、小谷村の道の駅で上越組2人と7時に落ち合い、車2台で小谷村の大草連(おおぞうれ)集落へ向かう。

    小谷温泉へ行く途中の石原橋を渡り、大草連への標識がある細い道に入る。ここでトラブル発生。途中に小さな雪崩跡があり、なんとか車で乗り越えていけそうだったが、先行車が固い雪に乗り上げ、スタックしてしまった。山スキーで携帯スコップは常備しているので、10分かけて車の下の雪を掻きだし、何とか動き出した。

    大草連集落に着き、細い道の路肩のスペースに車を停める。

    SANY0425_800

    ここでトラブル発生。Yさんがストックを忘れたのに気がついた。ストックを借りることができるような店は近くに無いし、木の枝の代用品も無い。何か無いか探したら、各車それぞれに車用の雪払いブラシ1本ずつ計2本あり、ちょうどいい長さなので、これで代用!ということになった。

    8:00 786m 駐車場所から出発。畑と思われる中を通る夏道沿いに登って行く。雲の隙間から少し日が差してきた。

    SANY0427_800

    ちなみにYさんのストックは見ての通りブラシである。

    SANY0426_800

    9:00 970m 夏道がトラバース気味になるあたりで斜面にとりつく。来る前はガリガリの雪だろうと予想していたが、固いバーンの上に20cmの新雪がのっている。おそらく昨日の日中の雨が夜半に雪に変わったのだろう。

    登るにつれ、気温も下がりガスに包まれだした。ところどころ急な斜面をトラバースしながら、登って行く。

    SANY0431_800

    11:00 1566m 大渚山山頂に到着。周囲はまっ白で全く何も見えない。

    SANY0432_800

    頂上は風が強かったので、風を避けるために少し下がったところで30分ほど休憩する。

    11:30 ガスで周囲がよく見えないので、来たトレースを戻ることになった。準備を整え、いざ滑降!

    底突きはするが、快適なパウダーだ!みんな歓喜の声を上げながら滑って行く。ちなみにメンバー一名のストックに注目!

    大渚山1
    大渚山2
    大渚山3

    雪がいいため、みんなテンションが高く、パウダーの気持ちのいい斜面を100mほど登り返して、再び滑る。

    標高が下がると、雪が重くなりだしたが、それでも十分楽しめる。

    13:30 駐車場所に到着。このあと、小谷温泉「山田旅館」でひと風呂浴びて、帰途についた。

    固いバーンの上にパウダーがのっており、予想外に滑りやすく、みんな上機嫌だ。私も久しぶりのいい雪に気分がいい。これだから山スキーはやめられない。

    oonagi_map_400.jpg
    関連記事
    tag :
    コメント:
    私は13時間行動でヘロヘロ
    大汝山も行ったことないんだけど、いつかは行かないととは思っている。

    一週間運動不足だと、ガツン!とした山行がしたくなるが、13時間のうち、滑った時間はわずか20分だが、あーあという感じ、でも満足です。
    [2013/02/03 22:55] | abu8kg #- | [edit]
    お疲れ様でした!今回もお待たせして済みませんでした。
    動画もアップしていただき感謝!です。
    また、近いうちにご一緒下さい。
    それにしても今日の大渚山はとっても良かったですね!
    予想外の好条件で久々に滑りを楽しむことができました。

    [2013/02/04 01:27] | anego #- | [edit]
    今日は、ストックを忘れたり、温泉に腕時計を置き忘れたりと、何かとお騒がせしました。またよろしくお願いします。
    [2013/02/04 06:36] | うっかり八兵衛 #- | [edit]
    abu8kgさん、人気コースはやはり人気がある理由がありますね。大渚山北面はもっと雪がよさそうなので、ぜひ行ってみてください。
    anegoさん、今回もご一緒させていただきありがとうございました。上部のパウダーでみんなニコニコ顔でハイテンションになっちゃいましたね。
    うっかり八兵衛さん、「ブラシ・ストック」というネタを提供いただき、ありがとうございました。滑るときが心配でしたが、「弘法、筆を選ばず」という感じの滑りはさすがですねー。
    [2013/02/04 21:05] | デルスー #- | [edit]














    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック:
    トラックバック URL:

    http://wonderski.blog.fc2.com/tb.php/491-9e2c8069

    << topページへこのページの先頭へ >>