FC2ブログ
    あなたは 人目のお客様です
    過去の主な日記 ◎はおすすめルート
    山スキー 2017: ◎雪倉岳  2014: ◎横前倉山  2013: ◎剱沢 白馬周回 蒲原山 乙妻山 鍋倉山 ◎大渚山 小日向山  2012: 白馬岳 鍋倉山 ◎船越の頭~金山沢  2011: 黒姫山 妙高前山 北信佐渡山 ◎戸隠五地蔵山 雨飾山 白馬大雪渓 妙高涸沢 6月立山 11月立山  2010: 白馬乗鞍岳 小日向山 黒姫山 乙妻山 ◎針ノ木岳 ◎栂池~蓮華温泉 火打山  2009: 雨飾山 針ノ木雪渓 ◎火打山  2009北信五岳: ◎戸隠山(乙妻山) 妙高山(三田原山) 斑尾山 黒姫山 飯縄山  2008三大雪渓: 針ノ木大雪渓 ◎剱沢大雪渓 白馬大雪渓
    沢登り 2015: ◎黒部赤木沢  2014: ◎巻機山ヌクビ沢  2013: ◎雑魚川外ノ沢  2012: ◎草津白根某温泉沢  2011: ◎笛吹川ヌク沢左俣 荒城川、沢上谷 ◎雑魚川外ノ沢 ◎沢上谷三大滝巡り 裏妙義烏帽子沢  2010: 火打黒沢 裏妙義烏帽子沢 ◎中ア西横川  2009: 沢上谷 火打山黒沢
    アルパイン、岩登り 2015: ◎剱岳八ツ峰Ⅵ峰 立山龍王岳東尾根Ⅰ峰北壁 ◎明星山P6南壁左岩稜  2014: 小川山ガマルート  2013: ◎伊豆城山南西カンテ 妙義筆頭岩 ◎妙義山星穴岳 ◎海谷山塊船浦山東壁
    日帰り
    トレラン
    2012: 丹沢山(蛭ケ岳)  2011: 岩菅山 燕岳  2010: ◎奥穂高 ◎槍ヶ岳 鳳凰三山  2009: ◎剣岳 ◎白馬三山7月 ◎白馬三山8月 空木岳 蓼科山 ◎塩見岳  2008: ◎常念岳-蝶ケ岳  2008北信五岳: 斑尾山 妙高山 黒姫山 戸隠山 飯縄山
    百名山 2014: 大朝日岳  2013: 安達太良山、磐梯山、西吾妻山  2012: 間ノ岳  2011: 越後駒ケ岳 浅間山 ◎飯豊山  2009: 光岳  2008: 鹿島槍岳 焼岳 ◎甲斐駒ケ岳,仙丈ケ岳
    山道具 熊対策 ハンディGPS ミシン自作道具 チューブ食糧 衛生用品 心拍計 Jetboil個人輸入 Jetboil使用感 つめかえ君

    スポンサーサイト

    --------
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
    tag :

    白根三山(北岳、間ノ岳、農鳥岳)1日目

    2012-10-06

    数年前から会社の同僚のH田さんと白根三山縦走の話はでていたが、今回やっとスケジュールがあい、行けることになった。ルートは、広河原~北岳~間ノ岳~農鳥小屋(泊)~農鳥岳~奈良田だ。

    6日の奈良田始発5:30のバスに乗り広河原まで行くため、前日5日の18:30に長野市を車で出発し、隣の市のH田さんをピックアップし、23:00に奈良田の駐車場に停める。H田さんは車中泊、私は車の後ろにテントを設営してテント泊だ。

    6日の4:30に起きると30台ほど停められる駐車場は一杯だ。バス停にもちらほら人が並び始めている。急いで荷物を置いて、順番とりだ。全部で70人くらいの人が2台のバスに乗り、広河原まで行く。

    6:30 広河原に到着。このあと、バスがあちこちから一度に来たためか、多くの人がトイレの順番待ちで大行列となった。

    P1030584_800

    7:00 1629m 支度をして、いざ出発!だが、私はふらつき・のぼせ・目のかずみがあり、何だか具合が悪い。

    左俣の大樺沢沿いに登って行くが、登山道は大混雑だ。ペースが遅すぎて、イライラしてしまう。ときおり登山道が広くなるところでダッシュして、抜かしていく。

    P1030586_800

    2000m あたりでやっと、混雑が解消したが、思ったほどペースが上がらず、沢沿いの急な登りをゆっくりと登る。一部雪渓も残っている。

    P1030589_800

    10:00 2740m 八本歯のコルの手前あたりから梯子が連続しだす。空気が薄くなり、体調はすこぶる悪い。

    P1030592_800

    途中から見えるバットレス。

    P1030591_800

    11:10 3020m 北岳に行く登山道と北岳山荘にトラバースする登山道の分岐点まで来た。北岳山頂まであと標高差170mなのだが、体調が悪すぎるし、北岳は10数年前に登ったことがあるので、北岳はパスして、本日の宿泊地の農鳥小屋へ先に行くことにした。北岳未登頂のH田さんには北岳に行ってもらい、途中で追いついてもらうことにした。

    P1030593_800

    11:45 北岳直下をトラバースし北岳山荘に到着。北岳山荘で小休止。

    P1030594_800

    北岳山荘からは稜線歩きとなる。なだらかな稜線歩きを期待していたが、アップダウンが意外とある。それにだんだんとガスが出始め、風も強くなってきた。10月とはいえ山は冬が始まりかけている。天候が悪くなり、さらに体調が悪くなってきた。前後には誰もおらず、とても不安で最悪の登山だ。今からでも下山したいくらいだ。

    P1030595_800

    12:30 3055m 間ノ岳に行く途中の小ピークの中白根山に着いた。ここで小休止する。

    小休止した後、冷たい風に吹かれながら、間ノ岳を目指して歩いているとなぜか体調が戻ってきた。ふらつき・のぼせが無くなり、登山やジョギングしているときのピリッとした感覚が戻ってきた。

    ペースはそれほど上がらないが、ゆっくり確実に間ノ岳に向かう。

    13:30 3189m 間ノ岳到着。百名山71座目だ!運よくガスもちょうど周囲だけ晴れてきた。

    P1030597_800

    少し進むと稜線にめざす農鳥小屋が見えてきた。あとは下るだけだ。ひと安心。

    P1030599_800

    でもH田さんはまだ追いつかない。下る途中の中腹で休んで、後ろを振り返ってみるが、H田さんらしき人は降りてこない。

    14:45 2803m 農鳥小屋に到着。

    ここの小屋番さんは、山のルールに対してきびしいことで有名だ。ネットで検索しても多くの報告がたくさんある。特に15:00以降の小屋の到着に対してはきびしい。雷雨や夕暮れなどにより15:00以降の行動はリスクが高いためである。宿泊を申し込む際に、まだ来ないH田さんのことをどういうか思案したが、ヘタなウソを言ってもしょうがないので、「もう一人あとで来ます」と言ったところ、「パーティだったら、ともに行動するもんでしょ」と予想通りの言葉があり、「そのとおりですね。」と返事したところ、それ以上は言われなかった。小屋番さんは正しいことを言っているので、変に言い訳してもしかたない。

    15:30ころに一人の青年がやってきて、農鳥小屋がいっぱいで泊まれないと勘違いして、今から大門沢小屋へ行くという。小屋番さんが「何時間かかるか知っているの?」と聞くと、「2時間くらい」と返事があった。健脚の人でも3-4時間くらいかかる道程である。かなり危険な岩場をヘッドランプで行くことになるため、青年に対して小屋番さんが説教を始めた。結局、青年は農鳥小屋に泊まることになった。

    16:00ころにH田さんが到着した。H田さんは小屋番さんの評判は知っていたので、謝りながら受付である。

    しかし、この小屋番さん、気難しいわけではなく、気さくで話し好きだ。お湯やコーヒーの提供などランプの用意など一生懸命である。

    お客を説教するなんて何という小屋番だ!と思う人がいるかもしれないが、登山者に迎合せず、しっかりと山のルールを諭すというのは、山を生業とする人の義務ではないかと思われる。

    私とH田さんは17:00くらいに自炊をし、小屋の食事も18:00くらいに終わり、19:00にはみんな床に就いた。

    (つづく)

    関連記事
    tag :
    コメント:














    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック:
    トラックバック URL:

    http://wonderski.blog.fc2.com/tb.php/453-18f2f759

    << topページへこのページの先頭へ >>
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。