FC2ブログ
    あなたは 人目のお客様です
    過去の主な日記 ◎はおすすめルート
    山スキー 2017: ◎雪倉岳  2014: ◎横前倉山  2013: ◎剱沢 白馬周回 蒲原山 乙妻山 鍋倉山 ◎大渚山 小日向山  2012: 白馬岳 鍋倉山 ◎船越の頭~金山沢  2011: 黒姫山 妙高前山 北信佐渡山 ◎戸隠五地蔵山 雨飾山 白馬大雪渓 妙高涸沢 6月立山 11月立山  2010: 白馬乗鞍岳 小日向山 黒姫山 乙妻山 ◎針ノ木岳 ◎栂池~蓮華温泉 火打山  2009: 雨飾山 針ノ木雪渓 ◎火打山  2009北信五岳: ◎戸隠山(乙妻山) 妙高山(三田原山) 斑尾山 黒姫山 飯縄山  2008三大雪渓: 針ノ木大雪渓 ◎剱沢大雪渓 白馬大雪渓
    沢登り 2015: ◎黒部赤木沢  2014: ◎巻機山ヌクビ沢  2013: ◎雑魚川外ノ沢  2012: ◎草津白根某温泉沢  2011: ◎笛吹川ヌク沢左俣 荒城川、沢上谷 ◎雑魚川外ノ沢 ◎沢上谷三大滝巡り 裏妙義烏帽子沢  2010: 火打黒沢 裏妙義烏帽子沢 ◎中ア西横川  2009: 沢上谷 火打山黒沢
    アルパイン、岩登り 2015: ◎剱岳八ツ峰Ⅵ峰 立山龍王岳東尾根Ⅰ峰北壁 ◎明星山P6南壁左岩稜  2014: 小川山ガマルート  2013: ◎伊豆城山南西カンテ 妙義筆頭岩 ◎妙義山星穴岳 ◎海谷山塊船浦山東壁
    日帰り
    トレラン
    2012: 丹沢山(蛭ケ岳)  2011: 岩菅山 燕岳  2010: ◎奥穂高 ◎槍ヶ岳 鳳凰三山  2009: ◎剣岳 ◎白馬三山7月 ◎白馬三山8月 空木岳 蓼科山 ◎塩見岳  2008: ◎常念岳-蝶ケ岳  2008北信五岳: 斑尾山 妙高山 黒姫山 戸隠山 飯縄山
    百名山 2014: 大朝日岳  2013: 安達太良山、磐梯山、西吾妻山  2012: 間ノ岳  2011: 越後駒ケ岳 浅間山 ◎飯豊山  2009: 光岳  2008: 鹿島槍岳 焼岳 ◎甲斐駒ケ岳,仙丈ケ岳
    山道具 熊対策 ハンディGPS ミシン自作道具 チューブ食糧 衛生用品 心拍計 Jetboil個人輸入 Jetboil使用感 つめかえ君

    ウルトラライトハイキング

    2012-05-26
    山岳雑誌はその本自体の売り上げもさることながら、広告収入も重要なので、必然的に登山道具記事が多い。当然中立性はないので、「登山するには専用のアレ・コレが必要!」とあおっている。私が最初に山をやりはじめたころは、単独だったし、今みたいにインターネットも普及していなかったので、情報は山岳雑誌だった。そのため、登山の道具を買いこむことも登山の楽しみのひとつとなってしまった。

    最近山岳雑誌でも「軽量化」が特集されることが多い。中身は軽量化された最新グッズ特集で「売らんかな」根性がミエミエなのは相変わらずだ。

    そんな状況の中「ウルトラライトハイキング」という本が出版された。

    内容は、アメリカの長距離トレイルを発祥とした軽量化した装備で何日も屋外で泊まりながら歩くスタイルを紹介している。本書では荷物は5kgになるよう推奨されていた。日本には、すぐに急峻で奥深い山にぶちあたるので、何日もかけて歩くような広くアップダウンの少ないトレイルは少ないため、紹介されたスタイルをそのまま適用もできないが、軽量化したうえでの屋外泊の登山スタイルの参考になる。

    登山を始めた10年くらい前は、テント泊となると20kg以上の荷物を背負い、辛い思いをしながら登った。しかし、荷物をあとで振り返ってみると、最後まで使わない物や、あるからとりあえず使ったが無くても特に困らない物が、荷物の半分を占めていた。最近は必要十分な装備が分かってきたので1泊ぐらいであれば水・食料込みで10kgを切るようになった。

    山岳雑誌を見ると、あまり必要性がないと分かっていても、新しい道具が欲しくなってしまう。買うとついつい山に持って行って使いたくなる。余分な荷物を持っていかないためには、日ごろから新しい道具への物欲を捨て去ることが大事だ。「ウルトラライトハイキング」の達成は、日常の物欲との戦いでもある。
    関連記事
    tag :
    コメント:














    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック:
    トラックバック URL:

    http://wonderski.blog.fc2.com/tb.php/422-77aa7695

    • まとめtyaiました【ウルトラライトハイキング】[まとめwoネタ速neo]
      > 山岳雑誌はその本自体の売り上げもさることながら、広告収入も重要なので、必然的に登山道具記事が多い。当然中立性はないので、「登山するには専用のアレ・コレが必要!」とあおっ...
    [2012/05/26 12:36]
    << topページへこのページの先頭へ >>