FC2ブログ
    あなたは 人目のお客様です
    過去の主な日記 ◎はおすすめルート
    山スキー 2017: ◎雪倉岳  2014: ◎横前倉山  2013: ◎剱沢 白馬周回 蒲原山 乙妻山 鍋倉山 ◎大渚山 小日向山  2012: 白馬岳 鍋倉山 ◎船越の頭~金山沢  2011: 黒姫山 妙高前山 北信佐渡山 ◎戸隠五地蔵山 雨飾山 白馬大雪渓 妙高涸沢 6月立山 11月立山  2010: 白馬乗鞍岳 小日向山 黒姫山 乙妻山 ◎針ノ木岳 ◎栂池~蓮華温泉 火打山  2009: 雨飾山 針ノ木雪渓 ◎火打山  2009北信五岳: ◎戸隠山(乙妻山) 妙高山(三田原山) 斑尾山 黒姫山 飯縄山  2008三大雪渓: 針ノ木大雪渓 ◎剱沢大雪渓 白馬大雪渓
    沢登り 2015: ◎黒部赤木沢  2014: ◎巻機山ヌクビ沢  2013: ◎雑魚川外ノ沢  2012: ◎草津白根某温泉沢  2011: ◎笛吹川ヌク沢左俣 荒城川、沢上谷 ◎雑魚川外ノ沢 ◎沢上谷三大滝巡り 裏妙義烏帽子沢  2010: 火打黒沢 裏妙義烏帽子沢 ◎中ア西横川  2009: 沢上谷 火打山黒沢
    アルパイン、岩登り 2015: ◎剱岳八ツ峰Ⅵ峰 立山龍王岳東尾根Ⅰ峰北壁 ◎明星山P6南壁左岩稜  2014: 小川山ガマルート  2013: ◎伊豆城山南西カンテ 妙義筆頭岩 ◎妙義山星穴岳 ◎海谷山塊船浦山東壁
    日帰り
    トレラン
    2012: 丹沢山(蛭ケ岳)  2011: 岩菅山 燕岳  2010: ◎奥穂高 ◎槍ヶ岳 鳳凰三山  2009: ◎剣岳 ◎白馬三山7月 ◎白馬三山8月 空木岳 蓼科山 ◎塩見岳  2008: ◎常念岳-蝶ケ岳  2008北信五岳: 斑尾山 妙高山 黒姫山 戸隠山 飯縄山
    百名山 2014: 大朝日岳  2013: 安達太良山、磐梯山、西吾妻山  2012: 間ノ岳  2011: 越後駒ケ岳 浅間山 ◎飯豊山  2009: 光岳  2008: 鹿島槍岳 焼岳 ◎甲斐駒ケ岳,仙丈ケ岳
    山道具 熊対策 ハンディGPS ミシン自作道具 チューブ食糧 衛生用品 心拍計 Jetboil個人輸入 Jetboil使用感 つめかえ君

    スポンサーサイト

    --------
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
    tag :

    再び沢上谷で滝巡り

    2011-09-19

    今日は、信州トレマンのYUKIさん、同僚のWさん、同じくHさんとともに岐阜県上宝町にある沢上谷(そうれだに)に沢登だ。Hさんは沢登りが初めてであり、沢オヤジのデビューである。沢上谷はほとんどがナメであり、特徴的な滝が3つあり、その滝を巡る観光沢登だ。私は過去2回沢上谷に来ているが、勘違いにより五郎七郎滝を見逃しているので、今回はしっかり見にいくことにした。

    朝5:00より長野市よりみんなを車で拾い、松本・安房トンネルを経て、8:20に沢上谷の入渓点に到着する。

    9:00 駐車場より沢に入る。

    SANY0133_320.jpg

    15分ほど沢を歩くと、左手に10mほどの滝がある。その支沢の奥に五郎七郎滝がある。最初の滝は左側より巻く。次に15mほどの滝は右側の水流を登る。

    9:27 斜度のあるスラブを登ると、不思議な滝が現れる。左上の鼻の大きな顔っぽいのが五郎で、右下の少しつぶれた顔が七郎という噂もあるが定かではない。今日は水流が少なめのようだが、素晴らしい景色だ。

    SANY0136_320.jpg

    斜度のあるスラブをおそるおそる下り、再び本流に戻る。沢は赤い岩のナメとなり、快適に歩いていける。30分くらい進むと、水量が1:2くらいの二又に到着する。右が本流である。左に進み岩洞滝に向かう。

    10:31 岩洞滝に到着。この滝は裏側に入ることができる。

    SANY0138_320.jpg

    ザレた急坂をのぼり、滝の裏側に入る。滝の向こうにYUKIさんが見える。

    SANY0140_320.jpg

    滝のしぶきを避けられる場所に移動し、少し休憩である。

    再び本流に戻り、蓑谷大滝をめざす。ところどころ淵があり、ほとんどの淵でイワナらしき魚が素早く動き隠れるのを見た。

    11:37 急な流れを過ぎると、蓑谷大滝が現れる。高さは40mくらいあるだろうか。立派なナメ滝だ。

    SANY0145_320.jpg


    この滝は右側に巻き道がしっかりある。巻き道を右方向に登り切ると、しっかりした杣道にあたり、それをさらに登ると、フィックスロープが張った下降点に着く。フィックスロープをたよりに下ると、ナメが続く蓑谷大滝の落ち口である。お助けロープを木に固定して、それを頼りに滝を上から覗き込む。めまいがしそうなほどの高さだ。

    ナメを登ると、幅が広がり舗装道路のようになってくる。自然は不思議だ。

    SANY0146_320.jpg

    12:20 さらに登ると、左右にスラブを持った釜がでてくる。ここで恒例のスラブ登り大会だ。左側の急なスラブを一番高いところまで登る競争だ。まず私がやってみるが、3分の1あたりで落ちてしまう。次にYUKIさんが挑戦。慎重に登り完登した。さすが!Wさんが挑戦するも出だし付近で落ちてしまう。再び私が挑戦するもやはり3分の1あたりで落ちてしまった。Hさんは棄権。

    写真は私です。

    230919沢上谷(新穂高) 016_320.jpg

    落ちて、頭まで水没。。。

    230919沢上谷(新穂高) 018_320.jpg

    12:34 天気が下降気味なので、あまり遊び過ぎてもいけないので、右側のスラブを登り、先を進む。

    SANY0147_320.jpg

    13:00 ナメを進むと、道路にあたる。沢はまだ続くが、ここが終了点だ。

    沢靴をトレランシューズに履き替え、道路をくだる。とうとう雨がポツポツ降り出した。

    14:00 ちょうど大雨になり始めたとき、駐車場所に到着。温度が下がり雨にあたって体が冷え切っている。 

    帰りは日帰り温泉施設の「ひらゆの森」でゆっくり暖まり、帰途についた。

    沢上谷に来るのは、私はこれで3回目だが、危険個所が少なくナメと滝が美しく、飽きることがない。また来年も来たいものだ。

    関連記事
    tag :
    コメント:
    登り納めの?
    沢登りありがとうございました。あれだけナメばかりの沢は初めてでした。最後も橋(道路)で終点というところがまた気に入りました!
    [2011/09/20 17:50] | YUKI #79D/WHSg | [edit]
    Re:登り納めの?(09/19)
    YUKIさん、
    私は3回目ですが、いつ行っても壮観です!五郎七郎滝は初めて見ましたが、実に美しい曲線ですね。
    まだまだ「沢登り納め」には早いですよ!10月中旬までに群馬あたりの沢に行こうかと思っています。
    [2011/09/20 20:53] | dersu62 #79D/WHSg | [edit]














    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック:
    トラックバック URL:

    http://wonderski.blog.fc2.com/tb.php/345-fe117fd2

    << topページへこのページの先頭へ >>
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。