FC2ブログ
    あなたは 人目のお客様です
    過去の主な日記 ◎はおすすめルート
    山スキー 2017: ◎雪倉岳  2014: ◎横前倉山  2013: ◎剱沢 白馬周回 蒲原山 乙妻山 鍋倉山 ◎大渚山 小日向山  2012: 白馬岳 鍋倉山 ◎船越の頭~金山沢  2011: 黒姫山 妙高前山 北信佐渡山 ◎戸隠五地蔵山 雨飾山 白馬大雪渓 妙高涸沢 6月立山 11月立山  2010: 白馬乗鞍岳 小日向山 黒姫山 乙妻山 ◎針ノ木岳 ◎栂池~蓮華温泉 火打山  2009: 雨飾山 針ノ木雪渓 ◎火打山  2009北信五岳: ◎戸隠山(乙妻山) 妙高山(三田原山) 斑尾山 黒姫山 飯縄山  2008三大雪渓: 針ノ木大雪渓 ◎剱沢大雪渓 白馬大雪渓
    沢登り 2015: ◎黒部赤木沢  2014: ◎巻機山ヌクビ沢  2013: ◎雑魚川外ノ沢  2012: ◎草津白根某温泉沢  2011: ◎笛吹川ヌク沢左俣 荒城川、沢上谷 ◎雑魚川外ノ沢 ◎沢上谷三大滝巡り 裏妙義烏帽子沢  2010: 火打黒沢 裏妙義烏帽子沢 ◎中ア西横川  2009: 沢上谷 火打山黒沢
    アルパイン、岩登り 2015: ◎剱岳八ツ峰Ⅵ峰 立山龍王岳東尾根Ⅰ峰北壁 ◎明星山P6南壁左岩稜  2014: 小川山ガマルート  2013: ◎伊豆城山南西カンテ 妙義筆頭岩 ◎妙義山星穴岳 ◎海谷山塊船浦山東壁
    日帰り
    トレラン
    2012: 丹沢山(蛭ケ岳)  2011: 岩菅山 燕岳  2010: ◎奥穂高 ◎槍ヶ岳 鳳凰三山  2009: ◎剣岳 ◎白馬三山7月 ◎白馬三山8月 空木岳 蓼科山 ◎塩見岳  2008: ◎常念岳-蝶ケ岳  2008北信五岳: 斑尾山 妙高山 黒姫山 戸隠山 飯縄山
    百名山 2014: 大朝日岳  2013: 安達太良山、磐梯山、西吾妻山  2012: 間ノ岳  2011: 越後駒ケ岳 浅間山 ◎飯豊山  2009: 光岳  2008: 鹿島槍岳 焼岳 ◎甲斐駒ケ岳,仙丈ケ岳
    山道具 熊対策 ハンディGPS ミシン自作道具 チューブ食糧 衛生用品 心拍計 Jetboil個人輸入 Jetboil使用感 つめかえ君

    スポンサーサイト

    --------
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
    tag :

    白馬大雪渓山スキー:吹雪敗退、その後雪崩

    2011-04-29

    白馬大雪渓は、昨年は2回行ったが、1回目は雨で中止、2回目は強風で敗退している。山岳会のTさんとその友人のMさんとで、白馬大雪渓にリベンジだ。

    6:00に猿倉の駐車場に到着。連休初日であるが、それほど車は混雑していない。

    SANY0001_400.jpg

    6:40 1249m 駐車場より出発。天気は曇りだ。

    7:40 1550m 登山道を1時間ほど行くと、大雪渓の末端に出る。かなりガスがたちこめている。数日前に雪が降ったためか、ザラメではなく、少しクラストしている。滑りはあまりよくなさそうだ。日中に少し緩むのを期待しよう。

    SANY0003_400.jpg

    単調な雪渓をひたすら登る。私は、日頃の生活や仕事のことを忘れ、無心になれるから、この単調さが好きだ。

    9:40 2200m このあたりから斜度が増してきた。雪が降り出し、風も強くなってきた。そのため雪が少し硬くなってきて、スリップしやすくなり、慎重に登るせいか、標高も稼げなくなってきた。

    アイゼンのほうが楽かと思い、アイゼンに履き替えてツボ足で登るが、意外に雪が柔らかく、足が潜ってしまう。しばらくツボ足で登るが後続のシール登行の人たちにどんどん抜かされてしまう。

    11:00 2400m 斜度が落ちてきたので、シールに切り替えて登る。温度も-10℃くらいになり、さらに風雪もひどくなり、ガスも立ち込めホワイトアウト状態である。

    11:30 2500m ときおり突風が吹くため、立ち止まりながら進む。ここまでMさんと同じペースで進んできたが、Tさんが遅れ気味である。無線でTさんと連絡をとり、Tさんを待つため、岩影で待つことにした。

    しかし、とてつもない風雪と低温で凍えてきて、動いていないと耐えられない。あと300mで稜線だが、稜線にでても、風雪がさらにひどいと予想されるし、何か不安になったので、ここで下山することにした。Tさんにも無線で下山を伝える。

    12:00 滑降の身支度を整え、滑降開始!と意気込んだが、ホワイトアウトではまともに滑ることができない。ホワイトアウトの中では真白な雪面のため、自分が止まっているのか進んでいるのか全く分からずターンするたびに転倒しそうになる。斜度は30度以上あるので、変な体勢で転倒すると滑落するので、慎重に横滑りしながら斜度を落とす。

    2000mでガスが薄くなりやっと雪面が見えるようになってきた。しかし、雪面はクラストしており、普通に滑ることができない。転倒しないようにストックを両方ついてジャンプターンをしながら下る。標高が落ちると雪も緩みだし、快適に滑れるようになってきた。

    13:30 駐車場に到着。今日は登りも滑りも修行モードで、途中敗退になり残念だ。GW中の白馬大雪渓でいい状態で登り・滑りをするのはなかなか難しい。

    帰宅し道具の片付けを済まし、18:30ころテレビを見てみると、緊急ニュースがとびこんできた。「本日午後4時頃、白馬大雪渓で雪崩があり10人程度が巻き込まれ、1人心肺停止、2人ケガで病院に搬送された。」とのこと。

    私たちは稜線まであと300mだったが、何か不安があり下山し、雪崩に遭遇することがなかった。負傷された方たちの回復を祈るばかりである。

    【追記】

    同行されましたMさんの記録です。

    http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-107489.html

    ニュースによると、病院に搬送された心肺停止の方は残念ながら死亡が確認され、さらに、翌日にはお一人の遺体が発見されたとのこと。ご冥福をお祈りします。

    2500mで休憩のための風避けの穴を掘ったときに、ザラメ層の上に60cmの比較的やわらかい層があったが、パウダーではなかったので、その表層が雪崩になるとはその時はまったく予想していなかった。

    新雪が降ったのは分っていたので、本来であれば、30度の急斜面の手前の2100mあたりでピットチェックを行い、60cmの新雪層があることを気づいて、引き返すべきだった状態だった。他の多くの登山者がいた安心感もあり、なんとなく危険地帯に入り込んでしまい、同行メンバーも危険な状態にしてしまった。

    30度斜面の危険な状態を認識せず、入り込んでしまい、今回は反省すべき山行であった。 

    関連記事
    tag :
    コメント:
    Re:白馬大雪渓山スキー:吹雪敗退、その後雪崩(04/29)
    間一髪でしたね。
    [2011/04/29 20:56] | Golf三昧 #79D/WHSg | [edit]
    Re[1]:白馬大雪渓山スキー:吹雪敗退、その後雪崩(04/29)
    Golf三昧さん、
    家に帰って、ニュースを見てびっくりです。
    [2011/04/29 22:00] | dersu62 #79D/WHSg | [edit]
    まさに!
    大雪渓雪崩のニュースはショックでした。
    師匠も行ってらしたとは。
    木曜日は長野市内でも雹が降ったくらいですから山は雪だったのでしょうか。今年はなかなか安定しませんね。
    [2011/04/30 06:15] | kuro #79D/WHSg | [edit]
    Re:まさに!(04/29)
    kuroさん、
    昨年よりも支沢からデブリが大量に流れ込んでいましたので、少し不安でした。雪崩が数時間ずれていれば、巻きこまれていたかと思うとゾッとします。
    2500mで待機中に掘ってみましたが、雪はザラメではなく、表面がクラストし、その下にやわらかい層が50cmくらいあったので、数日間にかなりふったようです。
    [2011/04/30 08:19] | dersu62 #79D/WHSg | [edit]














    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック:
    トラックバック URL:

    http://wonderski.blog.fc2.com/tb.php/311-3795f1ab

    << topページへこのページの先頭へ >>
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。