あなたは 人目のお客様です
    過去の主な日記 ◎はおすすめルート
    山スキー 2017: ◎雪倉岳  2014: ◎横前倉山  2013: ◎剱沢 白馬周回 蒲原山 乙妻山 鍋倉山 ◎大渚山 小日向山  2012: 白馬岳 鍋倉山 ◎船越の頭~金山沢  2011: 黒姫山 妙高前山 北信佐渡山 ◎戸隠五地蔵山 雨飾山 白馬大雪渓 妙高涸沢 6月立山 11月立山  2010: 白馬乗鞍岳 小日向山 黒姫山 乙妻山 ◎針ノ木岳 ◎栂池~蓮華温泉 火打山  2009: 雨飾山 針ノ木雪渓 ◎火打山  2009北信五岳: ◎戸隠山(乙妻山) 妙高山(三田原山) 斑尾山 黒姫山 飯縄山  2008三大雪渓: 針ノ木大雪渓 ◎剱沢大雪渓 白馬大雪渓
    沢登り 2015: ◎黒部赤木沢  2014: ◎巻機山ヌクビ沢  2013: ◎雑魚川外ノ沢  2012: ◎草津白根某温泉沢  2011: ◎笛吹川ヌク沢左俣 荒城川、沢上谷 ◎雑魚川外ノ沢 ◎沢上谷三大滝巡り 裏妙義烏帽子沢  2010: 火打黒沢 裏妙義烏帽子沢 ◎中ア西横川  2009: 沢上谷 火打山黒沢
    アルパイン、岩登り 2015: ◎剱岳八ツ峰Ⅵ峰 立山龍王岳東尾根Ⅰ峰北壁 ◎明星山P6南壁左岩稜  2014: 小川山ガマルート  2013: ◎伊豆城山南西カンテ 妙義筆頭岩 ◎妙義山星穴岳 ◎海谷山塊船浦山東壁
    日帰り
    トレラン
    2012: 丹沢山(蛭ケ岳)  2011: 岩菅山 燕岳  2010: ◎奥穂高 ◎槍ヶ岳 鳳凰三山  2009: ◎剣岳 ◎白馬三山7月 ◎白馬三山8月 空木岳 蓼科山 ◎塩見岳  2008: ◎常念岳-蝶ケ岳  2008北信五岳: 斑尾山 妙高山 黒姫山 戸隠山 飯縄山
    百名山 2014: 大朝日岳  2013: 安達太良山、磐梯山、西吾妻山  2012: 間ノ岳  2011: 越後駒ケ岳 浅間山 ◎飯豊山  2009: 光岳  2008: 鹿島槍岳 焼岳 ◎甲斐駒ケ岳,仙丈ケ岳
    山道具 熊対策 ハンディGPS ミシン自作道具 チューブ食糧 衛生用品 心拍計 Jetboil個人輸入 Jetboil使用感 つめかえ君

    スポンサーサイト

    --------
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
    tag :

    佐渡山で待ち伏せ

    2011-02-11

    10月末からずっと左膝がランナー膝になり、7km以上走ったり、足を10分組んでいるだけでも、痛みだしてしまっていた。回復に専念するため、この数週間は走るのを止めていた。何もしないと体力が落ちるので、毎日ストレッチし、膝の痛みがでない山スキーや往復7kmを歩いて通勤していた。昨日そろそろどうだろうと15km走ってみたら、全く痛みがでなくなっていた。4月の長野マラソンに向けて、なんとかなりそうだ。

    故障前に時々参加していた「信州トレイルマウンテン」のツアーにも、そろそろ参加できそうかな?と思い、HPを見てみると、2月11日に佐渡山スノーシューツアーがあり、30名近い人数が参加するとのこと。私はスノーシューを持っていない。山スキーとスノーシューではどうしても足並みが揃わないので、迷惑がかからないように別行動で行ってみるかな。店長やツアーの常連さんにも長らく会っていないので、ちょっとみんなをサプライズで待ち伏せしてみよう。

    6:00 戸隠大橋についてみると、工事で狭くなった駐車場所は満杯。私の車はなんとか停めることができた。

    P1030237_320.jpg

    6:23 1140m 戸隠大橋を出発。数日降雪があったのでラッセルを予想していたが、しっかりしたトレースがついており、いいペースで進む。

    黒姫山と佐渡山の分岐に到着した。ここを左に行って3つ目の尾根が、佐渡山への通常のコースだ。しかし、ここは狭い尾根かつ薮が多くて滑るにはあまり快適ではない。地図を見ると1つ目の尾根が広そうなので、今回はこの尾根を登り下りで使ってみることにした。

    P1030238_320.jpg

    まあまあ広く滑りやすそうだ。固く締まった層の上に15cmくらいの新雪が積もっている。昨日の滑った跡だろうか、ボードの跡が残っている。途中急な斜面が一か所だけあったが、大したことはない。

    P1030239_320.jpg

    稜線にでると、雪庇が連なる先に佐渡山が見える。

    P1030241_320.jpg

    雪庇にヘタにのって崩れて埋まってはいけない。雪庇から少し離れた場所にずっと鹿の足跡が点々とついている。野生の動物は、危険個所と歩きやすい場所を知っているのだろうか。この足跡を追っかけて行った。

    P1030240_320.jpg

    8:49 1827m 佐渡山頂上に到着。少し遅れて関西から来たという女子大学生のパーティがやってきた。昨日は黒姫山の脇の大ダルミでテントを張ったとのこと。彼女らを山ガールなんて呼んではいけなさそうだ。若い人も本格的に頑張っているんだね。

    sadoyama_512.jpg

    彼女らのカメラで写真を撮ったお返しに、妙高山をバックに私も撮ってもらった。

    P1030246_320.jpg

    さて、信州トレイルマウンテンのツアーはまだ来る気配がない。少し日が射しているものの寒くなってきた。10分ほどすると稜線上にスノーシュー集団が見えてきた。今日の雪はそれほどもぐらないので、どんどん近づいてくる。

    先頭のお二人が頂上に登って来たので、「こんにちはー!」と言うと「あれ!」とびっくり。その後もどんどん登って来る常連さんや店長と言葉をかわす。佐渡山頂上はトレラン・スノーシュー軍団に完全に征服された。

    P1030247_320.jpg

    9:40 ゆっくりみんなと話をしたかったが、頂上に1時間近くいたので、体が冷えてきた。みんなに「お先にー」と声をかけ、滑り降りる。

    少々木が密だが、まあまあいい雪なので滑りやすい。あっというまに林道にでて、踏み固められた林道を滑り下る。

    10:04 戸隠大橋の駐車場所に帰着。3連休の初日なので、20台以上の車が道路脇にまで駐車していた。

    P1030248_320.jpg

    膝も回復したし、スキーも快調に登り滑降し、久しぶりにトレラン仲間にも会え、実質行動時間が3時間に満たない山行だったが、満足度の高い山行だった。

    (ちなみに、下図の青い波線が通常のコース。)

    sadoyama_map_2.jpg

    おまけ:
    家に帰ると、妙高市観光協会からカレーセットが届いている。HPから応募していて抽選で当たったようだ。今年は、オーストリアのレルヒ少佐が日本にスキーを伝えて、百年になるとのこと。レルヒ少佐、楽しい遊び伝えてくれて、ありがとう!

    P1030236_320.jpg

    関連記事
    tag :
    コメント:














    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック:
    トラックバック URL:

    http://wonderski.blog.fc2.com/tb.php/293-ce262148

    << topページへこのページの先頭へ >>
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。