あなたは 人目のお客様です
    過去の主な日記 ◎はおすすめルート
    山スキー 2017: ◎雪倉岳  2014: ◎横前倉山  2013: ◎剱沢 白馬周回 蒲原山 乙妻山 鍋倉山 ◎大渚山 小日向山  2012: 白馬岳 鍋倉山 ◎船越の頭~金山沢  2011: 黒姫山 妙高前山 北信佐渡山 ◎戸隠五地蔵山 雨飾山 白馬大雪渓 妙高涸沢 6月立山 11月立山  2010: 白馬乗鞍岳 小日向山 黒姫山 乙妻山 ◎針ノ木岳 ◎栂池~蓮華温泉 火打山  2009: 雨飾山 針ノ木雪渓 ◎火打山  2009北信五岳: ◎戸隠山(乙妻山) 妙高山(三田原山) 斑尾山 黒姫山 飯縄山  2008三大雪渓: 針ノ木大雪渓 ◎剱沢大雪渓 白馬大雪渓
    沢登り 2015: ◎黒部赤木沢  2014: ◎巻機山ヌクビ沢  2013: ◎雑魚川外ノ沢  2012: ◎草津白根某温泉沢  2011: ◎笛吹川ヌク沢左俣 荒城川、沢上谷 ◎雑魚川外ノ沢 ◎沢上谷三大滝巡り 裏妙義烏帽子沢  2010: 火打黒沢 裏妙義烏帽子沢 ◎中ア西横川  2009: 沢上谷 火打山黒沢
    アルパイン、岩登り 2015: ◎剱岳八ツ峰Ⅵ峰 立山龍王岳東尾根Ⅰ峰北壁 ◎明星山P6南壁左岩稜  2014: 小川山ガマルート  2013: ◎伊豆城山南西カンテ 妙義筆頭岩 ◎妙義山星穴岳 ◎海谷山塊船浦山東壁
    日帰り
    トレラン
    2012: 丹沢山(蛭ケ岳)  2011: 岩菅山 燕岳  2010: ◎奥穂高 ◎槍ヶ岳 鳳凰三山  2009: ◎剣岳 ◎白馬三山7月 ◎白馬三山8月 空木岳 蓼科山 ◎塩見岳  2008: ◎常念岳-蝶ケ岳  2008北信五岳: 斑尾山 妙高山 黒姫山 戸隠山 飯縄山
    百名山 2014: 大朝日岳  2013: 安達太良山、磐梯山、西吾妻山  2012: 間ノ岳  2011: 越後駒ケ岳 浅間山 ◎飯豊山  2009: 光岳  2008: 鹿島槍岳 焼岳 ◎甲斐駒ケ岳,仙丈ケ岳
    山道具 熊対策 ハンディGPS ミシン自作道具 チューブ食糧 衛生用品 心拍計 Jetboil個人輸入 Jetboil使用感 つめかえ君

    スポンサーサイト

    --------
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
    tag :

    奥穂高日帰り

    2010-07-25

    本日は信州トレマンさんのツアーで奥穂高日帰りである。上高地~岳沢~前穂高~奥穂高~涸沢~横尾~上高地というルートである。通常コースタイムでは16時間だが、それを日帰りする。

    沢渡の駐車場に到着し、今日のツアーの参加人数を店長に確認すると、なんと22人!。ちょっと多すぎやしないか?みんな普通のトレランの格好で軽装だし。。。心配症の私は、レインウェア、お助けロープ、スリング、カラビナ、ツェルトまで持ってきたので、少し荷物が重い。

    6:14 1508m タクシー3台で上高地に到着。岳沢の登山道に入る。荷物の重さと前日の飯綱山での熱中症が残っているのか、登りが少し辛い。

    P1020935_320.jpg

    7:43 2163m 数年前雪崩で流され、今年新築した岳沢ヒュッテに到着。

    P1020937_320.jpg

    ここから急な岩場だ。最近はクライミングと沢登りばかりやっていたので、岩場はやはり楽しい。せっかくの岩場なので、鎖場でも鎖を掴まず、ひたすら岩を掴んで登る。それにしても、今日の参加者は日ごろから体を鍛えて運動能力の高い人ばかりなので、山慣れしていない人でもグイグイ登って行ってしまう。驚きだ。

    9:43 3090m 前穂高に到着。少し雲がでているものの、よく晴れていて気持ちいい。真夏のきびしい日差しがあっても、3000mともなると涼しい。遅れたメンバーを待っているとどんどん体が冷えてくる。

    P1020943_320.jpg

    11:17 3190m 前穂高を下り、吊尾根を通り、奥穂高頂上に到着。5年前に来たときはガスで全く周囲が見えなかったが、今日はジャンダルムがよく見える。かっこいいーねー。

    P1020944_320.jpg

    奥穂高の急な尾根を下る。ここまでくると高度感には十分慣れたので、恐怖感は全くない。

    涸沢ヒュッテまでザイテングラードを一気に降りて行く。涸沢ヒュッテの手前の雪渓を滑りながら下って行く。あー!面白い!

    P1020951_320.jpg

    13:16 2334m 涸沢ヒュッテで休憩後、めいめい自分のペースで横尾まで走って下る。

    14:20 1620m 横尾に到着。ここまでくると標高も下がったため、日差しが暑い!頭から水をかぶり体を冷やす。ここから上高地までの11kmは私の嫌いな平坦な道となる。荷物の重さと前日の疲労のため、既に足が終わってしまっており、足がだるく、足が前にでない。歩いては走り、走っては歩きで何とか前に進む。他のメンバーにどんどん抜かれてしまう。

    16:08 1508m 最後の11kmはかなり苦痛だったが、上高地に到着。

    雷雨もありそうな天気予報だったが、天気に恵まれた1日だった。大勢で行くのは楽しいが、ランナー系の人は誰よりも速く行くのが身についているせいか、全体的にペースが早く、体力的に私自分はきつかった。来週は自分が企画した槍ヶ岳日帰りだ。これは自分のペースで楽しもう。

    関連記事
    tag :
    コメント:














    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック:
    トラックバック URL:

    http://wonderski.blog.fc2.com/tb.php/244-9b9a029c

    << topページへこのページの先頭へ >>
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。