あなたは 人目のお客様です
    過去の主な日記 ◎はおすすめルート
    山スキー 2017: ◎雪倉岳  2014: ◎横前倉山  2013: ◎剱沢 白馬周回 蒲原山 乙妻山 鍋倉山 ◎大渚山 小日向山  2012: 白馬岳 鍋倉山 ◎船越の頭~金山沢  2011: 黒姫山 妙高前山 北信佐渡山 ◎戸隠五地蔵山 雨飾山 白馬大雪渓 妙高涸沢 6月立山 11月立山  2010: 白馬乗鞍岳 小日向山 黒姫山 乙妻山 ◎針ノ木岳 ◎栂池~蓮華温泉 火打山  2009: 雨飾山 針ノ木雪渓 ◎火打山  2009北信五岳: ◎戸隠山(乙妻山) 妙高山(三田原山) 斑尾山 黒姫山 飯縄山  2008三大雪渓: 針ノ木大雪渓 ◎剱沢大雪渓 白馬大雪渓
    沢登り 2015: ◎黒部赤木沢  2014: ◎巻機山ヌクビ沢  2013: ◎雑魚川外ノ沢  2012: ◎草津白根某温泉沢  2011: ◎笛吹川ヌク沢左俣 荒城川、沢上谷 ◎雑魚川外ノ沢 ◎沢上谷三大滝巡り 裏妙義烏帽子沢  2010: 火打黒沢 裏妙義烏帽子沢 ◎中ア西横川  2009: 沢上谷 火打山黒沢
    アルパイン、岩登り 2015: ◎剱岳八ツ峰Ⅵ峰 立山龍王岳東尾根Ⅰ峰北壁 ◎明星山P6南壁左岩稜  2014: 小川山ガマルート  2013: ◎伊豆城山南西カンテ 妙義筆頭岩 ◎妙義山星穴岳 ◎海谷山塊船浦山東壁
    日帰り
    トレラン
    2012: 丹沢山(蛭ケ岳)  2011: 岩菅山 燕岳  2010: ◎奥穂高 ◎槍ヶ岳 鳳凰三山  2009: ◎剣岳 ◎白馬三山7月 ◎白馬三山8月 空木岳 蓼科山 ◎塩見岳  2008: ◎常念岳-蝶ケ岳  2008北信五岳: 斑尾山 妙高山 黒姫山 戸隠山 飯縄山
    百名山 2014: 大朝日岳  2013: 安達太良山、磐梯山、西吾妻山  2012: 間ノ岳  2011: 越後駒ケ岳 浅間山 ◎飯豊山  2009: 光岳  2008: 鹿島槍岳 焼岳 ◎甲斐駒ケ岳,仙丈ケ岳
    山道具 熊対策 ハンディGPS ミシン自作道具 チューブ食糧 衛生用品 心拍計 Jetboil個人輸入 Jetboil使用感 つめかえ君

    スポンサーサイト

    --------
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
    tag :

    斑尾山トレラン

    2008-07-12

    昨晩は会社の飲み会だったのだが、飲めない私は飲み会では食べるほうに専念してしまう。おかげで2kg近く体重が増えてしまった。これは運動しなきゃ。今日はトレランするぞ。

    しかし、先週の岩登り講習会のせいかアキレス腱周辺が少し痛むので、軽めのところがいいかなー。ゆっくり起きて日も昇り気温も上がってきたので、近所の里山では暑いので、ちょっと標高の高いところがいいかなー。よし、標高差が400m程度で、出発点の標高が高く涼しそうな斑尾山にしよう。

    去年も行ったが、信濃町の林道を入り、10分ほど行ったところから登り始めよう。 

    去年は林道入口がわからず探しまわったが、今回は目印になる小屋がすぐにわかったので、すんなり林道にはいることができた。

    20080712斑尾山林道入口

    10分ほど行くと、登山道標と信州トレイルの案内板があらわれた。ここから登り始めだ。斑尾山も信州トレイルの一部だが、全部を少しずつ走るのもおもしろそうだ。

    20080712斑尾山登山道入口

    ところどころ急登があるが、大体なだらかで歩きやすい。途中「蟻のと渡り」の道標が。戸隠山にも同じ名前の場所があり、幅20cm程度で両側が絶壁であるが、こちらは全くスリルのない普通の登山道だ。

    20080712斑尾山蟻のと渡り

    登っていく途中、2-3m先でごそごそ音がした。あっ、蛇だ!。模様がマムシっぽい。噛まれてはかなわないということで、そーっと迂回しながら登る。 

    大明神岳にでると視界が開け、野尻湖が眼下に見える。北信や頚城の山々がいつもならきれいに見えるが、今日は少し雲が多いためあまりよく見えなかった。

    20080712斑尾山大明神岳

    ここから吊尾根を走り、頂上に到着。頂上は木々に囲まれ、眺望はよくない。自然のままっていうのも大切かもしれないが、観光推進のために、行政のほうで頂上のほんの少しだけ木を切るっていうわけにもいかないもんだろうか。やはり自然破壊かな。

    20080712斑尾山頂上

    などなど考えながら、おやつを食べたり写真を撮ったりして少し休憩し、ここから走って下っていくが、適度な斜度で走りやすい。このコースは標高が高く木も茂っているので、あまり暑くない。往復1時間の軽いトレランコースでした。

    20080712斑尾山地図

    関連記事
    tag :
    コメント:














    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック:
    トラックバック URL:

    http://wonderski.blog.fc2.com/tb.php/21-dc14c62e

    << topページへこのページの先頭へ >>
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。