あなたは 人目のお客様です
    過去の主な日記 ◎はおすすめルート
    山スキー 2017: ◎雪倉岳  2014: ◎横前倉山  2013: ◎剱沢 白馬周回 蒲原山 乙妻山 鍋倉山 ◎大渚山 小日向山  2012: 白馬岳 鍋倉山 ◎船越の頭~金山沢  2011: 黒姫山 妙高前山 北信佐渡山 ◎戸隠五地蔵山 雨飾山 白馬大雪渓 妙高涸沢 6月立山 11月立山  2010: 白馬乗鞍岳 小日向山 黒姫山 乙妻山 ◎針ノ木岳 ◎栂池~蓮華温泉 火打山  2009: 雨飾山 針ノ木雪渓 ◎火打山  2009北信五岳: ◎戸隠山(乙妻山) 妙高山(三田原山) 斑尾山 黒姫山 飯縄山  2008三大雪渓: 針ノ木大雪渓 ◎剱沢大雪渓 白馬大雪渓
    沢登り 2015: ◎黒部赤木沢  2014: ◎巻機山ヌクビ沢  2013: ◎雑魚川外ノ沢  2012: ◎草津白根某温泉沢  2011: ◎笛吹川ヌク沢左俣 荒城川、沢上谷 ◎雑魚川外ノ沢 ◎沢上谷三大滝巡り 裏妙義烏帽子沢  2010: 火打黒沢 裏妙義烏帽子沢 ◎中ア西横川  2009: 沢上谷 火打山黒沢
    アルパイン、岩登り 2015: ◎剱岳八ツ峰Ⅵ峰 立山龍王岳東尾根Ⅰ峰北壁 ◎明星山P6南壁左岩稜  2014: 小川山ガマルート  2013: ◎伊豆城山南西カンテ 妙義筆頭岩 ◎妙義山星穴岳 ◎海谷山塊船浦山東壁
    日帰り
    トレラン
    2012: 丹沢山(蛭ケ岳)  2011: 岩菅山 燕岳  2010: ◎奥穂高 ◎槍ヶ岳 鳳凰三山  2009: ◎剣岳 ◎白馬三山7月 ◎白馬三山8月 空木岳 蓼科山 ◎塩見岳  2008: ◎常念岳-蝶ケ岳  2008北信五岳: 斑尾山 妙高山 黒姫山 戸隠山 飯縄山
    百名山 2014: 大朝日岳  2013: 安達太良山、磐梯山、西吾妻山  2012: 間ノ岳  2011: 越後駒ケ岳 浅間山 ◎飯豊山  2009: 光岳  2008: 鹿島槍岳 焼岳 ◎甲斐駒ケ岳,仙丈ケ岳
    山道具 熊対策 ハンディGPS ミシン自作道具 チューブ食糧 衛生用品 心拍計 Jetboil個人輸入 Jetboil使用感 つめかえ君

    スポンサーサイト

    --------
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
    tag :

    蓮華温泉:温泉三昧山スキー

    2010-04-25

    今シーズンの山スキーは日帰りのピストンもしくはラウンドルートが多かったので、たまにはのんびりツアーをすることにした。登り楽チン、温泉小屋あり、景色もいい、ということで、新潟県の蓮華温泉で一泊するクラシック・ツアー・ルートに同僚のW貫さんも誘って、出かけることにした。

    栂池スキー場が出発点で、終着点はそこから約24km離れた木地屋集落なので、車2台で出発し、木地屋に1台をデポ(荷物や車を留め置くこと)し、もう一台で栂池スキー場に移動して出発し、蓮華温泉に1泊、翌日木地屋に滑り降り、栂池スキー場に車でまた戻るという計画だ。

    4月24日

    9:00 木地屋集落まで2台で車で到着。バス道は集落のちょっと上まで除雪されている。除雪の末端まで車を乗り入れ、路肩に1台デポする。もう1台に2人乗りこみ、栂池スキー場へ出発。

    10:40 1824m 栂池スキー場に到着し、ゴンドラとロープウェイを乗り継ぎ、自然園の入り口まで楽々到着。下界は晴れていたが、雪がちらつきだした。

    PIC_0109_320.jpg

    斜面を登っていくと、だんだん風も強くなり、少し吹雪っぽい。立ち止まってしまうと寒いが、登っているとちょうどいい寒さなので汗をかくことなく、いいペースで登っていける。

    11:30 2204m 天狗原に到着。風雪が強いので、ツェルトを張って、その中でお湯を沸かし、ラーメンを食べる。2人用の小さなツェルトだが、この薄い1枚があるだけで中は暖かい。

    計画では乗鞍岳に登るつもりでいたが、風雪が強い上、ガスで乗鞍岳は見えない。天狗原がすでにガチガチのアイスバーンなので、乗鞍岳はあきらめて、このまま蓮華温泉に下ることにした。

    PIC_0111_320.jpg

    12:20 シールをはずし、滑降準備をして出発だ。広い天狗原を真北に進み、振子沢の降り口に入る。春のザラメ雪を期待していたが、かなり固く、上にうっすら雪が乗っている。私の板は軽く少し柔らかめなので、固い雪では板がバタバタしてしまい、滑りにくい。

    標高2000mあたりにくると、雪も緩みだし、滑りやすくなってきた。沢筋を気持ちよく滑っていく。

    20100425-201014_320.jpg

    1700mあたりで沢を離れ、左側にトラバースする。小さな谷と尾根が入り組み、地形が複雑だが、ツアールートには看板や赤テープが頻繁につけられているので安心だ。

    PIC_0115_320.jpg

    このあたりでガスも取れ、太陽があたり気温が上がってきた。あまり早く温泉に着いてもやることがないので、ここで20分ほど休憩。

    トラバース後、中の沢に入り下って行くと、蓮華温泉に続く雪に埋まったバス道に架かる橋の脇に着き、そのままバス道をたどっていく。

    13:44 1475m 蓮華温泉ロッジに到着。夕飯まではかなり時間がある。ロッジの裏の斜面を100mほど登ると露天風呂があるので、そこでのんびりとすることにした。

    PIC_0118_320.jpg

    昨年の夏にも息子と一緒に来たが、残雪たっぷりの時期も最高だ。ぬるめの天空の露天風呂に貸切状態でのんびり1時間ほどつかる。

    PIC_0124_320.jpg

    20100424蓮華温泉 018_400.jpg

    正面に雪をかぶった朝日岳が見える。山の露天風呂ではベスト1の眺めじゃないだろうか。

    PIC_0117_320.jpg

    その後、100mほど滑り下り、ロッジにチェックイン。GW前のせいか、シーズンの土曜だというのにお客は10人ほどだ。4月上旬とGWは混み、その前後は空いているようだ。

    64歳の山スキー40年のベテランの方と相部屋となり、3人で楽しくお話ができた。これも山小屋の楽しみの一つだ。

    食事前に内湯に入る。私にはちょっと熱く、湯船に入るとピリピリする。

    食事後、20時には就寝。

    4月25日

    本日の行程は3時間なので、この日ものんびりだ。朝5時に起床し、朝風呂に入り、6時から食事をとる。外を見ると朝焼けに染まった朝日岳が美しい。

    PIC_0126_320.jpg

    7:00 ロッジから出発だ。バス道をたどり、2番目の橋の手前から弥兵衛川に滑りこむ。気温は-4℃。まだ斜面はカチカチだ。滑り下り、弥兵衛川にかろうじて残っているスノーブリッジを渡る。落ちたらかなり冷たそうだ。

    PIC_0127_320.jpg

    スノーブリッジを渡って、シールをつける。ヤッホー平を登り、雪に埋まったバス道に合流する。バス道には熊の足跡がくっきりと残っている。もう、熊の活動時期なんだね。

    PIC_0129_320.jpg

    栂平を進むと角小屋峠への斜面につきあたる。行程の最後の登りだ。北西斜面なので、雪は固く上部は30度くらいありスリップするとヒヤヒヤする。

    PIC_0130_320.jpg

    8:51 1607m 角小屋峠に到着し、シールをはずし、ここから木地屋まで滑り下りる。

    雪で埋まったウド川上部を渡り、小さな沢をいくつか越える。気温が高くなり雪は緩みだし、斜度もそれほどないので、林の中を快適に下っていく。再びバス道に合流し、ショートカットしながら、滑り降りて行く。

    20100425-200722_0_320.jpg

    10:06 732m 昨日車をデポした場所に到着。周囲にはフキノトウが出ており、しばらく二人でフキノトウ採りに専念する。

    PIC_0136_320.jpg

    栂池スキー場に戻る途中で、道の駅小谷に併設されている「深山の湯」に寄って再び入浴だ。温泉に入り過ぎだね。

    栂池スキー場でもう一台の車を回収後、白馬のガストに寄り、「ハミ出る、ビーフステーキ」をいただく。鉄板から本当にはみでているわけではないが、かなりのボリュームで大満足だ。

    二日間で、温泉に4回入り、休憩時間などを除く行動時間は5時間ほどだ。決してストイックなのが好きなわけではないが、のんびりしすぎかな?

    20100425map_400.jpg

    関連記事
    tag :
    コメント:
    仙気の湯
    タイトル違ったでしょうか?

    いいな、いいな、山の湯っていいですよね。山登って温泉なんて贅沢そのもの、いつもそんな山行を望んでいます。

    今年もいろんな温泉めぐりしたいと思っていますが、信州はたくさんの温泉があってうらやましい限りです。
    当地もいろいろあるのですが、ちょっと新鮮味にかける現在で悩ましいところです。

    スキーシーズンも残念ながらそろそろラスト、雪のない妙高の山へも是非おいでくださいませ。

    [2010/04/27 20:12] | AJ920 #79D/WHSg | [edit]
    Re:仙気の湯(04/25)
    AJ920さん、
    そうです。「仙気の湯」です。夏は湧水を入れないと熱いのですが、残雪時は気温が低いため、ぬるめが好きな私にはちょうどいい湯加減でした。

    いつもアスタークさんの温泉紀行も楽しく拝見させていただいてます。なかなか渋い場所が多いですね。

    ザラメ雪が気持ちいい山スキー・シーズンもあとわずか。北アもいいですが、火打あたりもちょうどいいころですね。
    [2010/04/27 21:17] | dersu62 #79D/WHSg | [edit]














    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック:
    トラックバック URL:

    http://wonderski.blog.fc2.com/tb.php/207-5581c76c

    << topページへこのページの先頭へ >>
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。