あなたは 人目のお客様です
    過去の主な日記 ◎はおすすめルート
    山スキー 2017: ◎雪倉岳  2014: ◎横前倉山  2013: ◎剱沢 白馬周回 蒲原山 乙妻山 鍋倉山 ◎大渚山 小日向山  2012: 白馬岳 鍋倉山 ◎船越の頭~金山沢  2011: 黒姫山 妙高前山 北信佐渡山 ◎戸隠五地蔵山 雨飾山 白馬大雪渓 妙高涸沢 6月立山 11月立山  2010: 白馬乗鞍岳 小日向山 黒姫山 乙妻山 ◎針ノ木岳 ◎栂池~蓮華温泉 火打山  2009: 雨飾山 針ノ木雪渓 ◎火打山  2009北信五岳: ◎戸隠山(乙妻山) 妙高山(三田原山) 斑尾山 黒姫山 飯縄山  2008三大雪渓: 針ノ木大雪渓 ◎剱沢大雪渓 白馬大雪渓
    沢登り 2015: ◎黒部赤木沢  2014: ◎巻機山ヌクビ沢  2013: ◎雑魚川外ノ沢  2012: ◎草津白根某温泉沢  2011: ◎笛吹川ヌク沢左俣 荒城川、沢上谷 ◎雑魚川外ノ沢 ◎沢上谷三大滝巡り 裏妙義烏帽子沢  2010: 火打黒沢 裏妙義烏帽子沢 ◎中ア西横川  2009: 沢上谷 火打山黒沢
    アルパイン、岩登り 2015: ◎剱岳八ツ峰Ⅵ峰 立山龍王岳東尾根Ⅰ峰北壁 ◎明星山P6南壁左岩稜  2014: 小川山ガマルート  2013: ◎伊豆城山南西カンテ 妙義筆頭岩 ◎妙義山星穴岳 ◎海谷山塊船浦山東壁
    日帰り
    トレラン
    2012: 丹沢山(蛭ケ岳)  2011: 岩菅山 燕岳  2010: ◎奥穂高 ◎槍ヶ岳 鳳凰三山  2009: ◎剣岳 ◎白馬三山7月 ◎白馬三山8月 空木岳 蓼科山 ◎塩見岳  2008: ◎常念岳-蝶ケ岳  2008北信五岳: 斑尾山 妙高山 黒姫山 戸隠山 飯縄山
    百名山 2014: 大朝日岳  2013: 安達太良山、磐梯山、西吾妻山  2012: 間ノ岳  2011: 越後駒ケ岳 浅間山 ◎飯豊山  2009: 光岳  2008: 鹿島槍岳 焼岳 ◎甲斐駒ケ岳,仙丈ケ岳
    山道具 熊対策 ハンディGPS ミシン自作道具 チューブ食糧 衛生用品 心拍計 Jetboil個人輸入 Jetboil使用感 つめかえ君

    スポンサーサイト

    --------
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
    tag :

    針ノ木岳山スキー:やっと登頂

    2010-04-10

    4月10日に立山黒部アルペンルートが部分開通した。開通とともに扇沢へのゲートが開くので、雪がいいうちに、お金がかからない針ノ木雪渓で山スキーだ。過去4度来ているが、登頂する気がなかったり、体調不良やルートミスなどで、針ノ木岳頂上を踏めていないので今回こそ登頂だ!(というほど困難な山ではないが)

    7:00 駐車場に到着。扇沢ターミナルに近い舗装された駐車場はいつも満杯だが、まだ完全開通ではないせいか、お客さんが少なく、空きがたくさんある。

    P1020831_320.jpg

    7:20 1410m 扇沢の事務所裏より出発。篭川はほとんど埋まっており、わずかに水流がでているだけだ。

    P1020832_320.jpg

    はるか向こうに針ノ木岳が見える。4月は天候が安定している日が多い。過去4回来たときも、天気を見て来ているせいもあるが、いつも安定した好天に恵まれている。

    P1020833_400.jpg

    1700mを超えたあたりから、いつもながらの両サイドの谷からのデブリ(雪崩の雪ブロック)のテンコ盛りだ。デブリ帯はマヤクボ沢出合あたりまで続くが、全面が埋め尽くされているわけではないので、帰りの滑りはそれほど苦労はなさそうだ。

    P1020834_400.jpg

    9:20 2170m マヤクボ沢出合で休憩。今日は調子がすこぶるよく、休憩なしでここまで来てしまった。でも標高差からするとやっと半分だ。

    P1020835_400.jpg

    10:30 2500m 針ノ木岳直下の斜面まで来た。30度前後のおいしそうな斜面が広がる。去年は右から行って岩場+新雪+アイスバーンのため敗退したので、今回は左からだ。

    P1020836_400.jpg

    急斜面になってくるため、シールからアイゼンに切り替え、スキーを担ぐ。足につけているときは苦痛ではないが、重いしバランスが悪く、体力を消耗する。先行者の踏跡があるが、みんなてんでばらばらのステップのため、雪が崩れてしまっており余計歩きにくい。もうしばらくシール登行すべきだったかな。アイゼンに切り替えるのが少し早過ぎたようだ。

    11:40 2750m 稜線にでた。あと頂上までわずかだか、本日一番の核心、頂上手前の急な雪壁だ。

    P1020848_400.jpg

    高さ15mたらずだが滑り落ちたら、どこに落ちるか分からない。稜線やマヤクボ沢側であれば雪が多いので止まるだろうが、黒部湖側に落ちたら岩がかなりでているので、激突してケガだけでは済まない。

    一歩一歩雪をしっかり2回蹴り込んで足場を作って登る。私のストックにはピッケル代わりにセルフアレストをつけているので、セルフアレストもしっかり雪に喰い込ませながら登る。

    img10183974685[1].jpg

    12:00 2820m 5度目にしてやっと登頂だ。三角点の前で記念写真。

    P1020847_320.jpg 

    ぐるり360度北アルプスの山々が見渡せる。

    登ってきた針ノ木雪渓方面。

    harinoki_512.jpg

    槍、穂高方面。

    hodaka_512.jpg

    立山方面。黒部湖が灰色なのは雪のせい?

    tateyama_512.jpg

    さて、どこから滑ろうか。頂上よりちょっと10mほど下ったところに、出だしよさそうな斜面がありボーダーが滑って行ったが、先がよく見えない。ちょっと危険かな。無理せず、登ってきた急な雪壁を降りたところの稜線から滑ろう。

    しかし、いざ雪壁を下ってみると、登るときよりはるかに怖い。自分が登ってきたステップをそのまま使えばいいのだが、足元をよく見ようとしても見えない。その割に下の景色はよく見えるので高度感に圧倒される。登りの時は一歩につき2回蹴り込んだが、下りは一歩につき3回蹴り込んで下って行く。

    12:37 2750m 冷や汗かきながら、ドロップポイントの稜線に到着。滑りの支度をして、35度程度の斜面からドロップイン。ザラメ雪でターンもしやすく気持ちいい!この斜面最高だ!

    P1020849_320.jpg

    途中で頂上直下の斜面を見てみたが35度程度なので、急な雪壁をキックステップで下るより、頂上直下の斜面をスキーで滑りおりたほうが楽そうだった。

    途中のデブリ地帯は、気温が高いせいでデブリが柔らかくなり、それほど苦労せずに通過できた。

    13:10 出発地点の事務所の裏に到着。滑るとあっという間だ。

    針ノ木岳は、眺めよし、斜面よしで楽しい山だ。体力が耐えられる限り、毎年この時期に来たいものだ。

    20100410針ノ木岳map_512.jpg

    関連記事
    tag :
    コメント:
    良い天気でしたね
    独りだったんですね。見えないとやっぱり恐いですよね。
    私は、テニスの練習(顧問)でした。5月中旬を過ぎないとスキーは難しいかも?
    [2010/04/12 01:39] | abu8kkkk #79D/WHSg | [edit]
    Re:良い天気でしたね(04/10)
    abu8kkkkさん、
    デブリ地帯通過や雪壁登降の際には、万が一のことを考えると、パートナーが欲しいところでした。
    5月中旬を過ぎると滑れるところが限られてきますが、北アはまだまだシーズンですね!
    [2010/04/12 21:03] | dersu62 #79D/WHSg | [edit]














    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック:
    トラックバック URL:

    http://wonderski.blog.fc2.com/tb.php/203-92d91909

    << topページへこのページの先頭へ >>
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。