FC2ブログ
    あなたは 人目のお客様です
    過去の主な日記 ◎はおすすめルート
    山スキー 2017: ◎雪倉岳  2014: ◎横前倉山  2013: ◎剱沢 白馬周回 蒲原山 乙妻山 鍋倉山 ◎大渚山 小日向山  2012: 白馬岳 鍋倉山 ◎船越の頭~金山沢  2011: 黒姫山 妙高前山 北信佐渡山 ◎戸隠五地蔵山 雨飾山 白馬大雪渓 妙高涸沢 6月立山 11月立山  2010: 白馬乗鞍岳 小日向山 黒姫山 乙妻山 ◎針ノ木岳 ◎栂池~蓮華温泉 火打山  2009: 雨飾山 針ノ木雪渓 ◎火打山  2009北信五岳: ◎戸隠山(乙妻山) 妙高山(三田原山) 斑尾山 黒姫山 飯縄山  2008三大雪渓: 針ノ木大雪渓 ◎剱沢大雪渓 白馬大雪渓
    沢登り 2015: ◎黒部赤木沢  2014: ◎巻機山ヌクビ沢  2013: ◎雑魚川外ノ沢  2012: ◎草津白根某温泉沢  2011: ◎笛吹川ヌク沢左俣 荒城川、沢上谷 ◎雑魚川外ノ沢 ◎沢上谷三大滝巡り 裏妙義烏帽子沢  2010: 火打黒沢 裏妙義烏帽子沢 ◎中ア西横川  2009: 沢上谷 火打山黒沢
    アルパイン、岩登り 2015: ◎剱岳八ツ峰Ⅵ峰 立山龍王岳東尾根Ⅰ峰北壁 ◎明星山P6南壁左岩稜  2014: 小川山ガマルート  2013: ◎伊豆城山南西カンテ 妙義筆頭岩 ◎妙義山星穴岳 ◎海谷山塊船浦山東壁
    日帰り
    トレラン
    2012: 丹沢山(蛭ケ岳)  2011: 岩菅山 燕岳  2010: ◎奥穂高 ◎槍ヶ岳 鳳凰三山  2009: ◎剣岳 ◎白馬三山7月 ◎白馬三山8月 空木岳 蓼科山 ◎塩見岳  2008: ◎常念岳-蝶ケ岳  2008北信五岳: 斑尾山 妙高山 黒姫山 戸隠山 飯縄山
    百名山 2014: 大朝日岳  2013: 安達太良山、磐梯山、西吾妻山  2012: 間ノ岳  2011: 越後駒ケ岳 浅間山 ◎飯豊山  2009: 光岳  2008: 鹿島槍岳 焼岳 ◎甲斐駒ケ岳,仙丈ケ岳
    山道具 熊対策 ハンディGPS ミシン自作道具 チューブ食糧 衛生用品 心拍計 Jetboil個人輸入 Jetboil使用感 つめかえ君

    光岳(てかりだけ):稜線にてランナー膝

    2009-09-21

    同僚と光岳・聖岳(ひじりだけ)の1泊2日縦走を7月8月2回計画し、悪天で流れていたため、シルバーウィークに再スケジュールしたところ、好天が続きそうなので、同僚のH田さんと実行へ!

    19日は息子の運動会なので、20-21日でスケジュール。20日光岳、茶臼小屋泊、21日聖岳の予定だ。20日は朝6時半から光岳登山口である易老渡(いろうど)から出発する計画だが、当日から長野市から出発すると未明2時起床となるので、前日の19日夜に登山口の近くの矢筈(やはず)公園キャンプ場で車中泊をすることにした。

    矢筈公園キャンプ場に21時ころ到着。入口に熊出没注意の看板がでている。車中泊の準備を終え、少し離れたトイレへ行くと5-6対の光る目が一斉に目の前に現れた。ヒエー!熊集団発生!。と思いきや、鹿の群れであった。

    20日

    4時に目を覚まし、朝食を食べ、易老渡に車で向う。

    6:30 易老渡の近くの20台程度停まれる駐車スペースは既に満杯。登山口の林道の路肩のスペースもあちこち埋まっているが、1台分スペースがあり車を停める。

    7:00 880m 易老渡より出発。最初から急な登りであるが、いいペースで登って行く。テント泊の人も多く、この急な登りは辛そうだ。

    P1020505_320.jpg

    9:50 2354m 易老岳(いろうだけ)に到着。ここから光岳へはピストンとなるので、重い荷物はデポしていく。

    P1020507_320.jpg

    樹林帯をいったん2150mあたりまで下る。再び登り返して樹林帯を抜けると気持ちのいい草原が広がる。

    P1020511_320.jpg 

    光岳小屋はこじんまりとしたきれいいな小屋である。ここはもともと50歳未満は自炊だが、予約した登山者の話では、シルバーウィークは混んでいるため、宿泊条件にシュラフ持参が追加されて予約を受け付けてくれたらしい。

    P1020513_320.jpg 

    11:30 2591m 光岳山頂に到着。山頂は樹林が多く展望が利かない。頂上の少し先に展望台があり、こちらのほうが見晴らしがいい。しばらくここで休憩し、また易老岳に戻る。

    P1020518_320.jpg

    13:17 再び易老岳に戻り、ザックを詰め直し、本日の宿泊地となる茶臼小屋に向かう。右膝の外側側面に少し違和感があり、足が重くなってきた。

    14:42 2500m 希望峰に到着。この手前が急な登りだったのだが、右膝がかなり痛む。ゆっくりとしたペースで進む。

    P1020522_320.jpg

    希望峰の樹林を抜けると、素晴らしい稜線が広がる。右から富士山、茶臼岳、明日登る上河内岳と聖岳が連なっている。調子がよければ快適な稜線だが、過酷な歩きになってきた。

    pano_640.jpg

    15:20 2604m 足の痛みをこらえながら茶臼岳に到着。

    P1020530_320.jpg

    ゆっくりでしか歩けないので、H田さんに先に小屋の受付をしにいってもらう。

    15:50 2420m 茶臼岳を下り、鞍部からさらに100mほど下ると茶臼小屋に到着だ。今日は満員で80名ほど宿泊だ。寝るスペースは肩幅程度は確保された。

    食事は一度に食べる場所がないので、4回に分けて夕食だ。あまり食事は期待していなかったのだが、食事は何と刺身!

    P1020532_320.jpg

    南アルプスの山小屋で刺身が食べれるとは思ってもみなかった。小屋番さんだけでは手が足らないので、常連のお客さんがボランティアで食事の配膳などを手伝っていた。

    さて、足の痛みだが、なかなか取れず、平地歩行は何ともないが、階段の昇降がひどく痛む。痛みが少ない歩き方は分ったが、普通の歩きの半分程度のペースでしか歩けない。マラソンをやるH田さん曰く「ランナー膝(腸脛靭帯炎:ちょうけいじんたいえん)」ではないか?とのこと。長距離の歩きや走りでなるらしい。今回の山行はそれほど負荷ではないが、足の疲れが溜まっているのかな?

    明日回復してなければ、聖岳登頂は無理そうだ。H田さんには申し訳ないが一人で行ってもらおう。でもどうやって下山しよう?緊急のケガということで、ヘリで下ろしてくんないかな?でも、この程度だったら、小屋で数日安静にして下山しろと言われるな。でも、帰りの交通手段はどうする?タクシーだと1万8千円かかるらしい。やはり明日自分の足で下山するしかなさそうだ。聖平経由で帰るか易老岳経由で帰るかだが、標高差が少ない易老岳経由で帰ろう。

    昼も快晴であったが、夜も快晴で天の川が雲のようにくっきり見え、美しい夜空だった。しかし、かなり寒く数分で凍えてしまう。

    21日

    朝、目覚めるとやはり足が痛い。易老岳経由で戻ろう。

    富士山の肩からご来光だ。9月23日はちょうど富士山の頂上から朝日が昇るらしい。

    P1020537_400.jpg

    5:47 食事を終え小屋を出発。

    P1020538_320.jpg

    右膝を屈伸すると痛いので、左足のみで屈伸し、登り降りをする。先が長いので杖が必要だが、あいにくストックを持ってきていない。茶臼岳の頂上あたりで周囲を見渡すと、天からの授かりもののように杖にするのに手頃なハイマツの枝が落ちていた。

    8:30 100m程度のアップダウンが数回あったが、杖をつきながら、あまり足の痛みもなく、易老岳に到着。

    さあ、ここから長い1460mの下りだ。30分ほど下ったところで、右足が強烈に痛みだしてきた。急斜面で右足を地面に下ろすたびに激痛が走る。左足がスリップしても右足でかばいきれず何度か尻もちをついてしまう。ハイマツの枝をつきながら、とにかく小股でゆっくり下って行く。

    「登山は自己責任」。足が痛いくらいで人の助けを借りることもできないし、助けましょうと言ってもらっても、登山道では歩くことの補助はお願いしようがない。高度計付きの時計で何度も登山口までの標高差を確認しながら、下って行く。

    12:43 標高差1460mを4時間かけて下り、易老渡に到着した。そういえば杖にできそうな木って、あまり落ちていなかった。偶然見つけたハイマツの枝のおかげでなんとか下ることができた。ハイマツの木に感謝し、再び誰かに使ってもらえるよう登山口のそばに置いた。

    駐車した場所まで戻り、聖岳へ行ったH田さんを迎えに、聖岳の登山口である便ヶ島(たよりがしま)に続く林道の奥へと車を走らせる。便ヶ島で待ちながら降りてくる登山者と世間話をしていると、14時くらいに無事にH田さんが到着。

    今回は聖はあきらめ、登ったのは「光(てかり)だけ」となってしまった。聖岳であれば、便ヶ島から日帰りピストンできそうだ。山は逃げないので、今回のアクシデントに懲りず来年再チャレンジだ!

    20090920光岳map.jpg

    ちなみに、家に帰って一晩明けても痛みはなくならず、右膝の屈伸が一苦労で、予定していた家の用事ができない。アルプスの少女ハイジ、ならぬ、アルプスの中年ハイジン(廃人)になってしまった。

    関連記事
    tag :
    コメント:
    お疲れ様でした
    21日は天気よかったですね。私のほうは、二男の調子により22日はブナ立て尾根下山となってしまいました。
    私の予定も直前にならないと何ともならず、なかなかご同行できないのが残念です。機会がありましたら、よろしくお願いします。
    [2009/09/22 16:43] | abu8kkkk #79D/WHSg | [edit]
    Re:お疲れ様でした(09/21)
    abu8kkkkさん
    稜線でのアクシデントは辛いですね。でも、天気がよく何よりです。
    >機会がありましたら、よろしくお願いします。
    こちらこそ、お願いします。
    [2009/09/22 20:08] | dersu62 #79D/WHSg | [edit]
    Re:光岳(てかりだけ):稜線にてランナー膝(09/21)
    両日とも天候に恵まれましたね。
    私は日帰りで唐松と五竜を回りました。
    自分も徐々に膝にダメージが来るようになりました。コンドロイチン摂取が必要かな?
    [2009/09/23 06:20] | kuro #79D/WHSg | [edit]
    Re[1]:光岳(てかりだけ):稜線にてランナー膝(09/21)
    kuroさん、
    ブログ拝見しました。風忍弐号さんもご一緒だったんですね。
    膝痛は今までなったことなかったんですが。。。歳ですかね?
    [2009/09/23 08:26] | dersu62 #79D/WHSg | [edit]
    芋煮会メイン(?)の登山道整備へのご案内
    光岳お疲れ様でした。膝の痛みはいかがですか?お大事になさってください。
    いつも当会のブログをご覧頂有難うございます。来る10月25日に、当会恒例秋の南葉山古道整備を予定しています。作業は来春に向けた軽いものですがその後に予定しているきのこ汁が絶品です。これを肴に、冬のスキーのお話ができたら…と思いお声掛けさせていただきました。ご都合が付きましたら是非ご参加下さい。お待ちしております。
    [2009/09/23 09:15] | アスターク  #79D/WHSg | [edit]
    Re:芋煮会メイン(?)の登山道整備へのご案内(09/21)
    アスタークさんの近隣の山での活動を楽しく拝見させていただいています。
    10月25日お誘いいただきありがとうございます。実は山での下枝刈りとか笹刈りとか結構好きなんです。おまけにキノコ汁ですか!行きたい!でも、残念ながら既に予定が入ってしまってるんです。何度かお誘いいただいていて、行けずに申し訳ありません。また楽しい企画ありましたらお誘いください。
    [2009/09/23 09:48] | dersu62 #79D/WHSg | [edit]
    Re[1]:芋煮会メイン(?)の登山道整備へのご案内(09/21)

    -----
    了解しました。また、お誘いいたしますのでそのときはよろしくお願いします。これから待ちに待ったスキーシーズン。膝が早く良くなることをお祈りしています。
    [2009/09/23 21:17] | アスターク #79D/WHSg | [edit]
    Re:光岳(てかりだけ):稜線にてランナー膝(09/21)
    師匠!膝は大丈夫ですか?
    私も鹿島槍からの下りで膝が痛み出し、最後1時間はほぼ横向きで下りました。
    先日の唐松~五竜でむしょうにテント泊してみたくなり、真剣に悩んでいます。まあ、来年になりそうですが‥。
    [2009/09/24 08:23] | 弐号 #79D/WHSg | [edit]
    Re[1]:光岳(てかりだけ):稜線にてランナー膝(09/21)
    弐号さん、
    お気づかい、ありがとうございます。結構重症で2日経った今でもまだ痛みます。
    ところで、弐号さんはどんどんパワーアップしてますね。こちらが師匠とお呼びしなければいけないかも。
    テント泊いいですよー。満天の星を眺めながら、眠りにつくのは最高です。
    [2009/09/24 20:10] | dersu62 #79D/WHSg | [edit]














    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック:
    トラックバック URL:

    http://wonderski.blog.fc2.com/tb.php/139-e0fe80ef

    << topページへこのページの先頭へ >>