FC2ブログ
    あなたは 人目のお客様です
    過去の主な日記 ◎はおすすめルート
    山スキー 2017: ◎雪倉岳  2014: ◎横前倉山  2013: ◎剱沢 白馬周回 蒲原山 乙妻山 鍋倉山 ◎大渚山 小日向山  2012: 白馬岳 鍋倉山 ◎船越の頭~金山沢  2011: 黒姫山 妙高前山 北信佐渡山 ◎戸隠五地蔵山 雨飾山 白馬大雪渓 妙高涸沢 6月立山 11月立山  2010: 白馬乗鞍岳 小日向山 黒姫山 乙妻山 ◎針ノ木岳 ◎栂池~蓮華温泉 火打山  2009: 雨飾山 針ノ木雪渓 ◎火打山  2009北信五岳: ◎戸隠山(乙妻山) 妙高山(三田原山) 斑尾山 黒姫山 飯縄山  2008三大雪渓: 針ノ木大雪渓 ◎剱沢大雪渓 白馬大雪渓
    沢登り 2015: ◎黒部赤木沢  2014: ◎巻機山ヌクビ沢  2013: ◎雑魚川外ノ沢  2012: ◎草津白根某温泉沢  2011: ◎笛吹川ヌク沢左俣 荒城川、沢上谷 ◎雑魚川外ノ沢 ◎沢上谷三大滝巡り 裏妙義烏帽子沢  2010: 火打黒沢 裏妙義烏帽子沢 ◎中ア西横川  2009: 沢上谷 火打山黒沢
    アルパイン、岩登り 2015: ◎剱岳八ツ峰Ⅵ峰 立山龍王岳東尾根Ⅰ峰北壁 ◎明星山P6南壁左岩稜  2014: 小川山ガマルート  2013: ◎伊豆城山南西カンテ 妙義筆頭岩 ◎妙義山星穴岳 ◎海谷山塊船浦山東壁
    日帰り
    トレラン
    2012: 丹沢山(蛭ケ岳)  2011: 岩菅山 燕岳  2010: ◎奥穂高 ◎槍ヶ岳 鳳凰三山  2009: ◎剣岳 ◎白馬三山7月 ◎白馬三山8月 空木岳 蓼科山 ◎塩見岳  2008: ◎常念岳-蝶ケ岳  2008北信五岳: 斑尾山 妙高山 黒姫山 戸隠山 飯縄山
    百名山 2014: 大朝日岳  2013: 安達太良山、磐梯山、西吾妻山  2012: 間ノ岳  2011: 越後駒ケ岳 浅間山 ◎飯豊山  2009: 光岳  2008: 鹿島槍岳 焼岳 ◎甲斐駒ケ岳,仙丈ケ岳
    山道具 熊対策 ハンディGPS ミシン自作道具 チューブ食糧 衛生用品 心拍計 Jetboil個人輸入 Jetboil使用感 つめかえ君

    スポンサーサイト

    --------
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
    tag :

    塩見岳:ピストン日帰り

    2009-08-30

    8月29日-30日で光岳と聖岳を周回する予定だったが、前日に天気図を見ると29日に南信を前線が通過するようだ。雨の登山はできれば行かないことにしている。というのは、景色が見えない、レインウェアが蒸れて暑い、休むと冷えて寒い、外でゆっくり食事ができない、家に帰ってから道具の手入れが大変、と、悪いことしかないからだ。同行のH田さんも同様の考えなので、光岳と聖岳は中止して、前線通過後の30日に南アルプスの塩見岳へ行くこととなった。

    塩見岳は1泊か2泊の山としてガイドブックで紹介されており、ガイドブックのコースタイムでは鳥倉林道から往復16時間だ。いつものペースで行ければコースタイムの6割なので、9時間でピストンできるはずだ。ちなみに「塩見岳」の名前の由来であるが、麓に鹿塩温泉という塩辛い湯が湧く温泉地がある。そこから塩見と名付けられたとのことだ。

    朝4時に長野更埴ICでH田さんと待ち合わせる。車1台で高速道路を進み、松川ICで降りる。鳥倉林道に行く途中のダム湖の橋で工事をしており、迂回することになり大きく時間をロスし、鳥倉林道ゲート6:30着の予定が7:30になってしまった。

    7:45 1646m 鳥倉林道ゲート手前の駐車場に車を停め出発。舗装された3kmの道路を走って行く。

    CIMG1377_320.jpg

    8:11 1775m 登山口から急斜面にとりつく。苔むした樹林帯を登って行く。

    CIMG1380_320.jpg

    9:37 2560m 三伏峠小屋に到着。昨日の宿泊者の大半はすでに出発したのか、人がほとんどおらず静かな佇まいだ。

    200908300940000.jpg

    CIMG1384_320.jpg

    上空は晴れているのだが、塩見岳周辺は雲が湧いてきている。一旦樹林帯にくだっていく。

    10:34 2657m 本谷山に到着。ここからわずかに塩見岳の一角が雲の間から見える。案内版や道標には「東海パルプの社有林」とある。家に帰ってから調べると、北は間ノ岳、南は聖岳を含む広い地域を所有しているようだ。

    CIMG1388_320.jpg

    11:38 2766m 再び下り、水平の長い樹林帯を行くと、急斜面となり、明るく開けた場所に塩見小屋にでる。雲がちょうど切れて、塩見岳の双耳峰がよく見える。

    CIMG1394_320.jpg

    ハイマツ帯を過ぎると、ザレた道となり、やがて登りやすい岩場となる。岩場好きの私にはたまらない。20名くらいの中高年の団体がちょうど西峰から降りてきた。私も60過ぎてもこんな山奥に来れるくらいの体力は維持したいものだ。

    200908301217000.jpg

    12:25 3046m 西峰に到着。こちらには三角点があるが、東峰のほうが標高が高い。

    CIMG1402_320.jpg

    12:34 3052m 東峰に到着。北岳、間ノ岳は雲に隠れて見えない。農鳥岳らしき山がちらっと見える。白根三山へと続く雄大な美しい稜線を見ていると、あの稜線を歩きたくなってきてしまう。

    200908301246000.jpg

    最近は日が落ちるのが早いので、あまりゆっくりしていられない。往路を戻る。走り易い平坦なところはできるだけ走って行く。南アルプスは北アルプスと異なり、人がほとんどおらず、静かだ。

    本谷山と三伏峠で2回ほど登り返す。ガスが濃くなり、薄暗くなってきた。

    15:16 三伏峠小屋で休憩し、H田さんがジュースを買う際、小屋のご主人に日帰りである旨を話をしたところ、ご主人は「みんな日帰りじゃ商売あがったり」みたいな話をしたようだ。登山道の整備は小屋に依存しているところが大きく、日帰りの私たちはお金を落とさずに楽しませてもらっているのはありがたいことだ。60過ぎたら日帰りは無理だろうから、恩返ししますね。

    三伏峠からの下り坂は小走りで下る。

    16:38 登山口に到着。ここからは舗装された林道だが、二人とも疲れきって、アスファルトの道を走る元気はもう無く、歩いて行く。

    17:10 ゲート脇の駐車場に到着。

    帰りに松川IC近くの松川町営の巨大レジャー施設「清流苑」で汗を流す。立派な施設のわりに、400円と値段も安い。8月とはいえ気温がグッと下がり、温泉につかるにはちょうどいい。

    ガスが絶えず下から湧いてくる天候だったが、頂上付近に来たときにちょうどガスが消え、塩見岳の美しい双耳峰を見ることができたのは幸運だった。奥深い山なのでなかなか来れる山ではないが、今度来る時は小屋に泊ってのんびりと行きたいものだ。

    ちなみに、光岳聖岳は9月20-21日に延期したので、行けそうな方ご連絡ください。

    関連記事
    tag :
    コメント:














    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック:
    トラックバック URL:

    http://wonderski.blog.fc2.com/tb.php/133-2dcaed48

    << topページへこのページの先頭へ >>
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。