FC2ブログ
    あなたは 人目のお客様です
    過去の主な日記 ◎はおすすめルート
    山スキー 2017: ◎雪倉岳  2014: ◎横前倉山  2013: ◎剱沢 白馬周回 蒲原山 乙妻山 鍋倉山 ◎大渚山 小日向山  2012: 白馬岳 鍋倉山 ◎船越の頭~金山沢  2011: 黒姫山 妙高前山 北信佐渡山 ◎戸隠五地蔵山 雨飾山 白馬大雪渓 妙高涸沢 6月立山 11月立山  2010: 白馬乗鞍岳 小日向山 黒姫山 乙妻山 ◎針ノ木岳 ◎栂池~蓮華温泉 火打山  2009: 雨飾山 針ノ木雪渓 ◎火打山  2009北信五岳: ◎戸隠山(乙妻山) 妙高山(三田原山) 斑尾山 黒姫山 飯縄山  2008三大雪渓: 針ノ木大雪渓 ◎剱沢大雪渓 白馬大雪渓
    沢登り 2015: ◎黒部赤木沢  2014: ◎巻機山ヌクビ沢  2013: ◎雑魚川外ノ沢  2012: ◎草津白根某温泉沢  2011: ◎笛吹川ヌク沢左俣 荒城川、沢上谷 ◎雑魚川外ノ沢 ◎沢上谷三大滝巡り 裏妙義烏帽子沢  2010: 火打黒沢 裏妙義烏帽子沢 ◎中ア西横川  2009: 沢上谷 火打山黒沢
    アルパイン、岩登り 2015: ◎剱岳八ツ峰Ⅵ峰 立山龍王岳東尾根Ⅰ峰北壁 ◎明星山P6南壁左岩稜  2014: 小川山ガマルート  2013: ◎伊豆城山南西カンテ 妙義筆頭岩 ◎妙義山星穴岳 ◎海谷山塊船浦山東壁
    日帰り
    トレラン
    2012: 丹沢山(蛭ケ岳)  2011: 岩菅山 燕岳  2010: ◎奥穂高 ◎槍ヶ岳 鳳凰三山  2009: ◎剣岳 ◎白馬三山7月 ◎白馬三山8月 空木岳 蓼科山 ◎塩見岳  2008: ◎常念岳-蝶ケ岳  2008北信五岳: 斑尾山 妙高山 黒姫山 戸隠山 飯縄山
    百名山 2014: 大朝日岳  2013: 安達太良山、磐梯山、西吾妻山  2012: 間ノ岳  2011: 越後駒ケ岳 浅間山 ◎飯豊山  2009: 光岳  2008: 鹿島槍岳 焼岳 ◎甲斐駒ケ岳,仙丈ケ岳
    山道具 熊対策 ハンディGPS ミシン自作道具 チューブ食糧 衛生用品 心拍計 Jetboil個人輸入 Jetboil使用感 つめかえ君

    スポンサーサイト

    --------
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
    tag :

    湯檜曽川東黒沢白毛門沢 単独沢登り

    2017-08-27

    この週末は諸事情あり同行者を募って山行ができないため、初級の沢で人気ということで単独でもそれほど困ることはなさそうな白毛門沢に行くことにした。

    早朝4時少し前に長野を出発し、十日町経由で、水上の土合駅近くで白毛門登山口脇の駐車場に7時前に到着し、沢装備を整える。

    DSCF2230_800

    7:10 683m 駐車場脇から延びる東黒沢左岸の沢沿いの登山道を歩いていく。

    7:25 15分ほど歩くとナメ床が広がり始めたので、沢靴に履き替えて入渓する。最初何気なしに数歩歩いたところで、流心以外の場所は赤コケがつき、やたらと滑るのに気がついた。「フリクション」なんて言葉が世の中に存在しないくらいに、磨かれたナメの赤コケは滑る。注意せずに斜面に足を置いて体重をかけようもんなら、ツルッといってしまう。流心は流れが強すぎて入れないので、赤コケのナメを慎重に歩いていくと、10分ほどで「ハナゲの滝」に到着する。

    DSCF2233_800

    先っちょが二手に分かれてそれが鼻毛のように見えるからついた、名前なのだろうか。美しいナメにもかかわらず、少々残念な名前だ。来る前はこの滝を登る気満々だったが、あまりの滑り加減に登るのは断念し、右岸の巻き道を選択した。かなりよく踏まれた巻き道だ。

    難なくハナゲの滝の落ち口に到着すると、ここで少々不安材料が頭をよぎる。もっと人が入ってくるかと思ったが、後続が来る気配は全くない。この先携帯電波も入らなさそうだ。かなり滑りやすいので万が一滝で滑って滑落し怪我でもしようもんなら、救助を求める手段は無線ぐらいしかなさそうだ。うーん、引き返そうか。。。でも、もう少し先も見てみたいし。。。もう少し先に行って判断しよう!ということで先に進む。

    その後も美しいナメと5m前後の滝が次々と現れ、数手で登れそうな滝は直登し、滑落の危険性の高い滝は巻いていく。巻く人もかなり多いのかほとんどの滝には巻き道がついている。滑って滑落する不安を感じながらも、先へ先へと進んでいく。

    DSCF2240_800

    10mの滝と15mタラタラノセン(下の写真:巻き道より)は、一目で登るのは危険と判断し、巻き道を進む。巻き道は滑落のリスクは低いが、大滝の巻き道は急な斜面を灌木を掴みながら登るので、滝の直登よりも体力を使う。

    DSCF2243_800

    タラタラノセンの後の滝をいくつか越えると、特徴的な巨石が現れる。小太りの四角い顔でリーゼントヘアーしているみたいで、どことなくユーモラスだ。

    DSCF2244_800

    ここを過ぎると赤コケが少なくなってきて、あまり滑らなくなってきた。水量も減ってきたのもあり、次から次へと現れる小滝は直登していく。「もう小滝はいいよー」と思っていると、やがて水は涸れ、頂上下のスラブ帯に突入する。ホールドは豊富だがそこそこ斜面が立っているので、気を落ち着けるため小休止をとる。

    DSCF2248_800

    残念ながら白毛門頂上はガスに覆われ、まったくその姿は見えない。スラブ帯が永遠に続いているように見えてしまう。標高差50m先で動く人影が見える。どうやら先行者がいるようだ。

    どこを登っても頂上に続く稜線にでそうだが、できるだけ頂上近くに出られるようにスマホのGPSで位置確認を行う。やがてスラブ帯は草付きに変わり、人の話声が聞こえるようになってきたかと思ったら、ドンピシャで頂上直下の登山道にひょっこりと出た。

    12:30 1720m 頂上には、沢登りや縦走者が10名ほど休んでおり、賑やかだ。見ず知らずの人たちだけど、人がいるっていうのは安心する。頂上で沢装備を解除し、行動食を食べる。(下の写真:頂上の標識)

    DSCF2251_800

    12:50 下山靴に履き替えて下山開始だ。登山道からはタラタラノセンやハナゲの滝が見え、沢中での不安を思い出す。立派な大きなユリの花が咲いていた。そういえば沢の中では花を見る余裕もなかった。

    DSCF2255

    お腹も空いたし冷たいアイスコーヒーも飲みたい!と思うと下山スピードは増し、標高差1000mの急な斜面を1時間20分で駆け降りていく。

    14:10 駐車場に到着。

    車で帰る途中、何か肉っぽいものを食べたいと思い、食事処の看板を見ながら水上ICまでの道を車を走らせていると、もつ煮定食の看板が目に入る。知らなかったが、もつ煮はこのあたりのご当地グルメらしい。店に入ると店員2名以外誰もいない。食事はもうやっていないのかと思い、「もつ煮定食、まだありますか?」と聞くと、「ごはんが一食分しかないので、一人分だったら大丈夫ですよ。」とのこと。これは運がいいのかな?

    DSCF2261_800

    その後、3時間車を走らせ、自宅に到着した。

    怪我のリスクが高く人けが全くないバリエーションルートを一人で行くというのは心理的な不安が大きいとつくづくと感じる山行であった。結果的に一人で乗り切ったことに自信は持てたが、ナメ・オンパレードの美渓を不安だらけで登り、やたら巻き道を選択するのは、あまり楽しいものではなかった。やはりある程度の技量を持ったパートナーが一緒だと安心できて、沢登りそのものを楽しむことができそうだ。

    スポンサーサイト
    tag :
    << topページへこのページの先頭へ >>
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。