FC2ブログ
    あなたは 人目のお客様です
    過去の主な日記 ◎はおすすめルート
    山スキー 2017: ◎雪倉岳  2014: ◎横前倉山  2013: ◎剱沢 白馬周回 蒲原山 乙妻山 鍋倉山 ◎大渚山 小日向山  2012: 白馬岳 鍋倉山 ◎船越の頭~金山沢  2011: 黒姫山 妙高前山 北信佐渡山 ◎戸隠五地蔵山 雨飾山 白馬大雪渓 妙高涸沢 6月立山 11月立山  2010: 白馬乗鞍岳 小日向山 黒姫山 乙妻山 ◎針ノ木岳 ◎栂池~蓮華温泉 火打山  2009: 雨飾山 針ノ木雪渓 ◎火打山  2009北信五岳: ◎戸隠山(乙妻山) 妙高山(三田原山) 斑尾山 黒姫山 飯縄山  2008三大雪渓: 針ノ木大雪渓 ◎剱沢大雪渓 白馬大雪渓
    沢登り 2015: ◎黒部赤木沢  2014: ◎巻機山ヌクビ沢  2013: ◎雑魚川外ノ沢  2012: ◎草津白根某温泉沢  2011: ◎笛吹川ヌク沢左俣 荒城川、沢上谷 ◎雑魚川外ノ沢 ◎沢上谷三大滝巡り 裏妙義烏帽子沢  2010: 火打黒沢 裏妙義烏帽子沢 ◎中ア西横川  2009: 沢上谷 火打山黒沢
    アルパイン、岩登り 2015: ◎剱岳八ツ峰Ⅵ峰 立山龍王岳東尾根Ⅰ峰北壁 ◎明星山P6南壁左岩稜  2014: 小川山ガマルート  2013: ◎伊豆城山南西カンテ 妙義筆頭岩 ◎妙義山星穴岳 ◎海谷山塊船浦山東壁
    日帰り
    トレラン
    2012: 丹沢山(蛭ケ岳)  2011: 岩菅山 燕岳  2010: ◎奥穂高 ◎槍ヶ岳 鳳凰三山  2009: ◎剣岳 ◎白馬三山7月 ◎白馬三山8月 空木岳 蓼科山 ◎塩見岳  2008: ◎常念岳-蝶ケ岳  2008北信五岳: 斑尾山 妙高山 黒姫山 戸隠山 飯縄山
    百名山 2014: 大朝日岳  2013: 安達太良山、磐梯山、西吾妻山  2012: 間ノ岳  2011: 越後駒ケ岳 浅間山 ◎飯豊山  2009: 光岳  2008: 鹿島槍岳 焼岳 ◎甲斐駒ケ岳,仙丈ケ岳
    山道具 熊対策 ハンディGPS ミシン自作道具 チューブ食糧 衛生用品 心拍計 Jetboil個人輸入 Jetboil使用感 つめかえ君

    スポンサーサイト

    --------
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
    tag :

    乗鞍岳バックカントリー

    2016-04-23

    「乗鞍岳でバックカントリー(BC)」というと、白馬乗鞍岳も知名度が高いのだが、今回は松本市の乗鞍岳だ。乗鞍岳には14年前の3月に行っており、リフトを使ったはずだが、どんなコースで行ったのかあまり記憶になく、強烈な強風の印象だけが残っている。同僚のTさんからのお誘いがあり、Tさんの知人のSさんとともに、乗鞍岳にBCだ。

    朝4:30に起きると、少しめまい。ここのところずっと調子が悪いが、体を動かしているうちに治ってくるので、準備を整え、Tさん宅に5:30に集合する。

    Sさんの車で乗鞍の観光センターに7:30に到着する。乗鞍の春スキーバスは今日から運行開始だ。今シーズンは少雪で滑れる場所の選択肢がなく多くのBC愛好家が集中してかなりの混雑を予想していたが、200台は収容できそうな駐車場にざっとみて40台程度しかなく、まばらな感じだ。8:00になると始発バスが3台やってきたので乗り込み、定刻の8:30に出発する。途中の停留所でも乗客を拾っていくのでそこそこの人数となり、3台のバスは補助席も使い満杯状態となった。

    9:10 位ヶ原に到着する。バス3台分の乗客で山荘前はごったがえしている。

    DSCF0781_800

    9:40 2350m 除雪された道路を10分ほど歩くと階段状に雪かきされた場所から登り始める。今日は快晴で風もほとんどない。

    DSCF0785_800

    動いていなくても暖かいのでアウターも必要なさそうだ。Tさんは新しく購入したBCクロカン(エッジのついたクロカン)である。テレをやっている人には気になる一品らしい。

    DSCF0782_800

    出発地点から標高2000mを超えていて空気が薄いせいなのか、Tさんのペースが早いせいなのか、息苦しく感じる。2800mあたりから徐々に風が強くなりだした。風速20mくらいの風が絶え間なく吹き付けてくる。

    DSCF0787_800

    稜線に出て空を見上げると、雲の一部が「彩雲」となっている。

    DSCF0789_800

    11:26 3026m 乗鞍岳頂上に到着し、御嶽山をバックに記念撮影をする。先ほどの強烈な風は治まり、それほど寒さは感じない。頂上直下の岩場で30分ほど食事休憩をする。

    DSCF0793_800

    12:00 さあ、滑降開始だ。かつて競技スキーをやっていたSさんは滑りはうまく軽やかに滑っていく。BCクロカンお初のTさんも徐々に安定した滑りになった。私も久しぶりの滑りだったが、適度に固く適度にザラメになった雪で、気持ちのいい滑降だ。

    vlcsnap-2016-04-24-02h01m46s652

    自分たちの滑ってきたコースを振り返りながら、写真を何度かとりながら滑っていく。

    DSC_1868

    12:30 あっという間に登山口に到着。13:30出発の帰りのバスに乗り、走り出すと暖かさと揺れで気持ちよくなり早起きもあって眠り込んでしまう。

    好天と暖かい陽気と快適な雪面があまりにも気持ちよく、何度も滑るためにテント泊で定着したくなってしまった。でも、天気が少しでも崩れたらテント泊は最悪なんだろうけど。

    少々交通費はかかるが、天気のいい日を狙って行けば、行動時間は3-4時間でも満足感いっぱいのBCが楽しめる。

    スポンサーサイト
    tag :

    新版日本の岩場

    2016-04-18

    昔の白山書房「日本の岩場」は図書館や所属山岳会の先輩の所持品でちょくちょく目にしたことがあり、数年前からアルパインクライミングに目覚めた私は、かねてより手に入れたいと思っていたが、絶版となっており中古市場にもほとんど出回っていなかった。そんな折、昨年に新版の上巻が発売され、今年その下巻が発売された。復刻版というわけではなく、現在の岩や支点の状態や人気度から各ルートの再評価がなされている。

    DSCF0776_800

    自分自身はもう歳なので、アルパインクライミングに新たな1ページを加えるなんてとてもできないので、先達が開拓したルート、それもグレードの低いルートを後追いするぐらいしかできない。しかし、多くの先人が登っていようと、自分にとっては初めての場所であり、登り切ったときの感動はそれなりに大きい。また、それぞれ開拓されたルートには、開拓した人の『何としてでもこの岩壁を登るんだ』という思いが詰まっており、それを後追いすることでその思いを共有できる。

    人間の能力の限界を使いつくし、あらゆるルートが開拓されてしまった現在、我々はそれを後追いすることぐらいしかできない。そういう点では、アルパインクライミングで開拓されたルートは先鋭的なスポーツの場所というより、継承していき多くの人が楽しむべき「文化」だと、私は思っている。先人が創造した音楽や文学を楽しむように、先人の残したアルパインルートを楽しんでいきたい。

    なんて小難しいことは抜きにして、読んでいると、行きたくなってウズウズしてしまう!

    tag :

    刈羽黒姫山:遭難救助搬出訓練

    2016-04-17

    今日は所属山岳会での新潟県柏崎市の刈羽黒姫山(標高891m)にて遭難救助の搬出訓練だ。

    朝8:30にメンバー総勢16名が登山口に到着。今日の想定は刈羽黒姫山でメンバーが滑落し足首骨折により動けなくなり捜索・救出しにいくという想定だ。

    今日は強風予報であり下界は風が強くなりだしていた。風下の谷のためそれほど風は強くないが、雨がパラパラしはじめてきたので、レインウェアを着込み準備をする。

    登山口から標高150mほど登ったところで、トランシーバーを持った遭難者役がさらに上に登る。遭難者役はみんなから見えないところまで登り、それから捜索開始だ。トランシーバーで交信しながら、残雪が残る斜面を残りのメンバーが横一列になって登りながら捜索を行う。

    DSCF0763_800

    ほどなく発見し、担架上で添木で固定し手当てを行う。

    DSCF0768_800

    DSCF0770_800

    そこから残雪の急斜面を8人がかりで担架で標高差50mほど降ろしていく。過去何回も搬出訓練を行っているが、8人かけても一人の人間を運ぶというのは重労働だとつくづく感じる。

    その後、山スキーをやらないメンバーを対象に、ビーコン・トレーニングを行う。

    山での遭難救助は、登山パーティでのセルフレスキューが基本であるが、救助の素人がどんな状況でもセルフレスキューで対応できるわけではない。自分たちでできる救助活動の限界を知ることで、プロの救助隊を呼ぶまでもないような事故を自分たちで対応したり、自分たちの能力を越えプロの救助隊を呼ばざるを得ない状況の見極めができたり、プロの救助隊が駆けつけスムーズな救助活動の手伝いができる。

    tag :

    物見の岩:アルパイン・クライミング・トレーニング

    2016-04-16

    先週の10日の朝起きたら突然回転性めまいを発症し、それから毎朝回転性めまいが続いた。4年前にも発症しエプリー法という対処方法は分かってはいるが、フラフラはするし吐き気も伴い、体力的にも精神的にも参ってしまっていた。

    そんな中、今日は所属山岳会でGWのアルパインクライミング山行の事前練習である。GWに剱の源次郎や八ツ峰や唐松岳不帰キレットなどに行くための練習なのだが、私は家庭の都合で参加できないが、日々のトレーニングは機会があればやっておくに越したことがない。今朝も少しめまいがあり平衡感覚がおかしいので参加を迷っていたが、4年前医師から『この種のめまいは安静にしすぎると固定化するので望ましくない』と言われていたので、参加することにした。

    いつもの長野市郊外の大峰山中腹にある謙信物見の岩に10:00頃に、リーダーのSさん、その友人のIさん、Yさん、女性Fさん、新人のKさん、Wさんと私の7名が集合した。

    上部のⅢ級程度の岩場で、冬靴での下降・登攀、アイゼンを履いて登攀・懸垂下降を行う。皆この冬は少雪と天候不順でそれほど冬山に入っていないので、最初は動きがぎこちなかったが、徐々に慣れてきたようである。私は、冷や汗をダラダラ流して練習しているうちに、平衡感覚ももとに戻りつつあった。

    DSCF0753_800DSCF0755_800

    朝は吐き気で食欲がなかったのだが、1時間半ほどやっていると、さすがにお腹が減ってきたところで、昼食となった。Kさんから富山名産のマスずしの振る舞いがあり、おいしくいただく。

    DSCF0756_800

    昼からは下の岩場でクライミングシューズを履いてのクライミングだ。

    新人Kさんは、スポーツクライミングを学生時代やっていたとのことで、ルート「400」も難なく登って行ってしまう。うーん、うらやましい。私は、平衡感覚に少し不安があったが、Aルートから猫の耳をリードする。猫の耳は少々苦労してA0で登り切った。昨シーズンはフリーで登れていたので、また今シーズンに鍛えなおしだ。

    DSCF0760_800

    ここで、私は昼から下界での約束があったので、私だけ下山となった。

    今シーズン初めての生岩だったし、めまいが心配だったので、動きは悪かったのだが、登っているうちに平衡感覚も取り戻してきたので、ひと安心である。

    tag :

    自作ポケットベルト

    2016-04-14

    昔の登山用チェック柄のボタンシャツだと、だいたい全面の胸部分にポケットがついていたが、最近のファッショナブルな登山用のミドルウェアにはポケットが全くついておらず、カメラ、スマホ、コンパスなどのような頻繁に取り出す小物を入れる場所がない。

    ウェストポーチは稜線歩きにはいいが、クライミングでは岩にへばりつくような動きをする際にウェストポーチがひっかかり邪魔になったり、山スキーでは滑走の際に揺れて気が散ってしまう。トレッキングベストも考えたが、暑苦しく、お腹のポケットはウェストポーチ同様に物を入れると邪魔になる。

    やはり、胸周辺に小物をいれるポケットが欲しい。最近はトランシーバーも持つことが多くなり小物だらけとなり、何かいい製品がないかネットで探したが案外ないものである。こうなるともう自作しかない!

    DSCF0740x

    ということで、最近の山行中に頻繁に使用する小物をすべて収納できるポケットベルトを自作した。

    以下のとおりの工夫をした。

    • ポケット:ザック用生地で縫い、蓋はマジックテープをとりつける。
    • ベルト:ナイロンベルトを縫い合わせ、ベルトはバックルで脱着できるようにした。これにポケットを縫い付る。
    • ワイヤーリール:スマホ、ホイッスル、ナイフ、カメラは手が滑って落としやすいので、ワイヤーリールのリングにストラップなどをかけて、落ちていってしまわないようにした。
    • マップケース:地図は丸めることができるマップケースにいれ、脇の下あたりにぶら下げ、ベルトに挟みこむ。見た目邪魔になりそうだが、脇の下は案外邪魔にならない。

    見た目は手作り感満載で少々スポーティな感じではなくなるが、小物取り出しの時間ロスや手が滑っての紛失や破壊が防げる。自画自賛だが、実用性は十分だ。どこかのメーカーでおしゃれなモノ作ってないかなー。

    tag :
    << topページへこのページの先頭へ >>
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。