あなたは 人目のお客様です
    過去の主な日記 ◎はおすすめルート
    山スキー 2017: ◎雪倉岳  2014: ◎横前倉山  2013: ◎剱沢 白馬周回 蒲原山 乙妻山 鍋倉山 ◎大渚山 小日向山  2012: 白馬岳 鍋倉山 ◎船越の頭~金山沢  2011: 黒姫山 妙高前山 北信佐渡山 ◎戸隠五地蔵山 雨飾山 白馬大雪渓 妙高涸沢 6月立山 11月立山  2010: 白馬乗鞍岳 小日向山 黒姫山 乙妻山 ◎針ノ木岳 ◎栂池~蓮華温泉 火打山  2009: 雨飾山 針ノ木雪渓 ◎火打山  2009北信五岳: ◎戸隠山(乙妻山) 妙高山(三田原山) 斑尾山 黒姫山 飯縄山  2008三大雪渓: 針ノ木大雪渓 ◎剱沢大雪渓 白馬大雪渓
    沢登り 2015: ◎黒部赤木沢  2014: ◎巻機山ヌクビ沢  2013: ◎雑魚川外ノ沢  2012: ◎草津白根某温泉沢  2011: ◎笛吹川ヌク沢左俣 荒城川、沢上谷 ◎雑魚川外ノ沢 ◎沢上谷三大滝巡り 裏妙義烏帽子沢  2010: 火打黒沢 裏妙義烏帽子沢 ◎中ア西横川  2009: 沢上谷 火打山黒沢
    アルパイン、岩登り 2015: ◎剱岳八ツ峰Ⅵ峰 立山龍王岳東尾根Ⅰ峰北壁 ◎明星山P6南壁左岩稜  2014: 小川山ガマルート  2013: ◎伊豆城山南西カンテ 妙義筆頭岩 ◎妙義山星穴岳 ◎海谷山塊船浦山東壁
    日帰り
    トレラン
    2012: 丹沢山(蛭ケ岳)  2011: 岩菅山 燕岳  2010: ◎奥穂高 ◎槍ヶ岳 鳳凰三山  2009: ◎剣岳 ◎白馬三山7月 ◎白馬三山8月 空木岳 蓼科山 ◎塩見岳  2008: ◎常念岳-蝶ケ岳  2008北信五岳: 斑尾山 妙高山 黒姫山 戸隠山 飯縄山
    百名山 2014: 大朝日岳  2013: 安達太良山、磐梯山、西吾妻山  2012: 間ノ岳  2011: 越後駒ケ岳 浅間山 ◎飯豊山  2009: 光岳  2008: 鹿島槍岳 焼岳 ◎甲斐駒ケ岳,仙丈ケ岳
    山道具 熊対策 ハンディGPS ミシン自作道具 チューブ食糧 衛生用品 心拍計 Jetboil個人輸入 Jetboil使用感 つめかえ君

    スポンサーサイト

    --------
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
    tag :

    クライマー養成教室自主練習@物見の岩

    2015-05-30

    所属山岳会「アスターク同人」のクライマー養成教室では、先週のアブミトレーニングで、ひととおりの技術的な講習は終えた。6月末には明星山でのホンチャンが予定されているため、それまでに各自で教えてもらったことを身につける必要がある。ホンチャンではスピーデイかつ確実に行うことが要求されるため、マルチピッチ・クライミング・システム(手順)の反復練習が必要だ。私自身も手順や技術面では不安な面も多いため、物見の岩での自主練習を企画した。本日の参加者はYさん、Fさん、Tさん、Wさん、私の5名だ。しかしながら、私は週の頭からひどい夏風邪にかかり半病人状態での参加となってしまった。ちょっと自分自身が登攀するのはきつそうなので、説明に徹することにした。

    朝9時前より、物見の岩に向かうが、体調が悪いせいと暑さのせいで、すぐに息があがり、普段と比べ汗がどんどん噴き出してくる。物見の岩に到着すると、60歳台と思われる10数名の集団が懸垂下降の練習をしている。下の駐車場に「岩場講習会と戸隠山・飯縄山に登る4日間」と張り紙をした広島のマイクロバスがあったので、そのご一行のようだ。しかし、ここで覚えた懸垂下降を戸隠山・飯縄山のどこで使うのだろう?

    岩場の上部の確保支点のある場所で手順のシミュレーションだ。ダブルロープでリードし、確保支点の構築、フォローの引き上げを一人ずつ行う。リードした人が次の人に教えることで、理解を深めてもらった。

    R0013171_800

    次に「信大ルート」を、4人2組で、リード&フォローが登り、懸垂下降をしてもらうことにした。私は、核心部分のハングの越え方の補助と確保支点の構築の確認を行うため、終了点で待機だ。しかし、終了点には木陰が全くなく、5月とは思えない日差しのせいで、岩場はフライパン状態で、待っているだけで熱中症になりそうだ。みんな、核心部分は手がかりがなくフリーでは無理そうだったので、A0で越えていく。

    DSC_20150530_0008_800

    Yさんは昼から仕事があるとのことなので、やむなく抜けていった。2組登り懸垂下降を終えたところで、昼食だ。今日のお昼はジンギスカン。

    DSC_20150530_0012_800

    食事をしっかりとり、今度は岩場の下部に移動し、アブミの練習だ。Wさんは前回のアブミトレーニングには参加できなかったので、私が実際やってみせることになった。1支点目を何とか登り、2支点目に乗り移り、3支点目をかけようとしたが、体調が悪いせいで上半身に全く力が入らず、2支点目までとなった。その後、TさんWさんにもやってもらったが、苦労しながらも、持ち前のの運動能力を発揮し登っていく。女性のFさんは筋力不足のせいか、なかなか上から2段目に立ちこめないようだ。

    DSC_20150530_0014_800

    時間を見ると16:00で、予定終了時刻の15:00を1時間過ぎている。クライミングをしていると時間があっという間にたってしまう。今日はこれで終了とし下山し帰途についた。

    私自身は体調不良でほとんどクライミングはできなくて心残りだったが、他のメンバーは各自の今の自分の力を確認できたと思う。6月末のホンチャンに向けて、私自身もまだまだ課題も残っているので、来週と再来週も自主練習する予定だ。最終的にどこまで実力がつくか定かではないが、できる限りの準備はしたいものだ。

    スポンサーサイト
    tag :

    アブミ・トレーニング

    2015-05-24

    「アブミ」とは、アルパインクライミングで使用する縄バシゴのことである。今日は所属山岳会アスターク同人でクライマー養成教室の一環であるアブミのトレーニングである。クライミングをやらない人からすると「単なるハシゴなのにトレーニングなんて必要あるの?」と思うかもしれない。アルパインクライミングでは4-5段ステップのアブミを2台用いて、交互に岩壁の支点にかけかえながら登る。上の段に行くほど不安定になり、独特のテクニックが必要となってくるため、トレーニングが必要となる。

    場所は糸魚川市の山中にあるアスターク同人で開拓した岩場である。林道を5分ほど車で走り、ヤブ漕ぎ10分ほどの場所にその岩場がある。今日は指導役と養成対象者あわせて15名の大所帯である。

    DSC_20150524_0005_800

     

    DSC_20150524_0004_800

    指導役Mさんからリード(先頭で登ること。落ちると落下距離が長いので怖い)を仰せつかる。アブミは遊び程度でセカンド(2番手でロープにぶらさがっており落ちても落下距離が短いのであまり怖くない)で短い距離をやったことはあるが、これだけの高さをアブミのリードでやるのは初めてである。実際やってみると、落ちることが怖いので、大きな動作ができない。それで縮こまった動作となり、余計に不安定になってしまう。指導役Mさんからの注意を何度も受けながらも、何とか登り切った。今日は気温が高く、登っている途中で喉がカラカラになってしまったが、セカンドを確保する場所は日差しが厳しく、熱中症になりそうであった。

    午後からは、少し簡単なルートをセカンドで登らせてもらったが、やはりセカンドは楽チンである。人数が15人と多いこともあり一度に大勢は登れず、17:00まで岩場で練習をした。

    日ごろの生活の中では行わない動きなのと、50代という年齢だと言われたとおりの動きがスムーズにできないこともあり、今日のトレーニングでは、かなり苦労したが、何とかなりそうという自信が少しついた。体が忘れないうちに近所の岩場で復習をしておこう。

    tag :

    山雑誌リッピング

    2015-05-16

    「岳人」や「山と渓谷」は気になる特集があると購入し、資料として残しておきたい記事が含まれている冊子は捨てずにとっておいていた。しかし、それが数年たまると、それなりのボリュームになってしまい、限られた本棚のスペースを無駄に占有してしまうので、必要部分のみを残すことにした。数ページであれば、スキャンしファイルとして保存という手もあるが、ページ数が多くなると、スキャンも手間がかかる。そこで、必要な部分のみ切り離す(Ripping)することにした。

    カッターナイフの刃を伸ばし、背面に刃を入れ、のこぎりのように刃を入れては引いて切っていく。

    P1040044_800

    40冊ほどの山雑誌は幅40cmほど本棚を占有していたが、必要部分を切り取ると4cmほどになり10分の1に減量できた。あらためて必要部分の量を見てみると、自分が欲しかった情報が案外少ないのに驚いた。

    P1040042_800

    インターネット経由で一部の記事だけファイルとして買えるサービスをしている雑誌もある。すべての記事について分割してファイルサービスをやってもらえると経済的だし、物理的な場所をとらなくて済む。欲しい記事はある程度割高になってもいいし、山道具メーカーの広告を掲載することでも利益をあげているならば買った記事のファイルにメーカーの広告が入っていても構わない。私自身は紙の本には愛着があるほうだが、単に情報を得るということであれば、ITの利便性を享受したいものだ。

    tag :

    山スキーでのナビゲーション(その3)

    2015-05-14

    (あらら。「その3」をアップする前に山スキーを片付けてしまった。とりあえずアップ。)

    「その2」からの続きだ。現在山スキーで主に使っているのは、紙地図+コンパス+高度計とスマホ。では、どのようにナビゲーションをするのか。

    5.家での予習・準備

    5-1.じっくり地図の観察

    まずは、家で地図をじっくり見ることから始まる。フリーソフト「カシミール3D」で電子国土WEBの地図を表示し、ガイドブックやほかの人の記録を参考にしてルートを確認していく。その際、登山口の位置・尾根・谷・目的地の位置関係を確認し山の全体を把握して頭にいれておく。それから、ルートの詳細を「その(1)」でも記載したとおりの以下の観点で確認する。
    (1)登れる(または、滑降できる)傾斜か? 
    (2)雪崩が起きない場所か? 
    (3)滑ることができる植生か? 
    (4)行く手を阻む崖や沢はないか?

    5-2.スマホに地図をダウンロード

    携帯電波がつながれば、山の中でも地図ロイドで地図を見ることは可能だが、事前に地図をダウンロードをしておいたほうが無難だ。ダウンロードしたい範囲をスマホで指定して、電子国土WEBの縮尺レベルが「15」と「16」の2種類をスマホのメモリーにダウンロードしておく。

    5-3.地図の印刷

    数km四方の主なランドマーク(ピーク、尾根、沢、小屋、送電線など目印となる特徴的な地形や人口物)の位置関係を把握するには、スマホの小さな画面では不便だ。紙の地図が必要となる。また、「山中でスマホを見ればいいや」などと安易な気持ちで山に入ったときほど、「スマホの充電をし忘れて電池が切れた」とか「ダウンロードしたつもりだったがしていなかった」などいうアクシデントがおこりがちだ。紙という現物を所持していることは一番確実な地図の所持方法なので、必ず地図は印刷している。

    5-4.資料の印刷

    複雑な地形や長い行程の場合は、ガイドブックのコピーやWEBサイトの印刷を行う。人のルートを単に追うのは、冒険的要素を損なう行為ではあるが、いざというときのお守りとして持っていっている。

    6.登山口にて

    6-1.気圧高度計の補正

    登り始める際には、出発地点の標高に高度計を補正しておく。駐車場、リフト終点、小屋など登り始める場所付近で人工物から標高を地図で読み取る。気圧高度計では、ベースとなる地点からの気圧変化により標高を求めているので、標高が明確である出発地点で補正しておく必要がある。

    6-2.地図での確認

    現在地の地形や目的とする場所の地形と地図を照らし合わせて、実際の地形と自分が地図から思い描いた地形が一致するかを確認する。地図と実際の地形をあわせることで、山の全体図が把握しやすくなるし、地図を見ながら進む癖をつけるには、まず出だしで見ることが効果的だ。

    7.行程途中にて

    7-1.「迷ったら地図を見る」はアウト

    「迷ったかな?」と思ったところで地図を見るのは、まったく意味がない。すでに地図上で自分がどこにいるのか分かっていないからだ。道迷いを防ぐには、以下の手順を繰り返す。
    ①数100mの範囲で、人工物がある場所や小ピークなど着いたら確実に分かる目的地点を決める。
    ②目的地点までの行程を地図と目視で確認し、特徴的なポイントを数箇所覚えておく。
    ③実際に進んでいく際に、特徴的なポイントがあることを確認しながら進む。
    ④目標地点に着いたら、次の目標地点を定める。
    絶えず地図を広げて歩いたり滑ったりはできないので、行程を分けて進んでいく。

    7-2.見えない目標物に向かって進むには

    樹林帯で地形が複雑だったり、ガスでホワイトアウトとなり、目標地点が見えない場合は、コンパスを使用する。GPSを見ながら進むと、滑っては補正、滑っては補正して、進むので、ジグザグに進むことがしばしばある。結果的に到着するが、アナログコンパスで方向を定め、ある程度滑ったら、現在地をGPSで再確認するのが確実だ。

    7-3.GPS過信は禁物

    現在地の把握にGPSは最高のツールだ。しかし、GPSは谷筋など電波状態が悪い場所では現在位置が誤っている場合がある。また、一部のハンディGPSは転倒などの衝撃により現在位置が狂うことがある。GPSは正確だと信じきってしまうのは危険だ。やはり地図とコンパスと高度計から現在位置を判断するのが基本だ。判断した現在位置が正しいかどうか確信が持てない場合のみ、「答え合わせ」としてGPSで確認している。そうすることでナビゲーションの感覚をつけることができる。

    7-4.気圧式高度計を活用

    谷筋ではときどきGPSがとんでもない位置を示していることがよくある。しかし、気圧式高度計は標高をしっかり指し示しているので、地図で入った谷筋を追いかけながら、示している標高を等高線から確認すれば、現在地を特定できる。低気圧や高気圧の移動による気圧の変化に備え、三角点や人工物などがある確実に標高が分かっている場所で、こまめに高度計を補正する必要はある。

    8.最後に

    結論としては、「使えるツールはすべて使え」である。私が山スキーを始めたころハンディGPSが普及しはじめた。そのころ、以前から山スキーや沢をやっているベテランはデジタルツールに拒否感があるのか、頑なにコンパスと地図のみでナビゲーションをしようとする傾向があった。山スキーの道具自体が時代とともに進化している。山スキーを補佐するナビゲーションツールも時代とともに進化していく。過去の成功例にのみに固執していると、いつのまにか時代遅れの遺物になりがちである。私が今やっている方法がこれからもベストであるかどうかは分からない。山スキーは所詮は「遊び」。自分でいろんなツールを嗜好錯誤しながら試すのも、楽しい「遊び」である。
    tag :

    蓮華温泉山スキーツアー:楽あれば苦あり

    2015-05-05

    積雪期の蓮華温泉には栂池~蓮華温泉~木地屋集落のルートを過去2回行ったことがあるが、いずれも蓮華温泉に1泊しての行程だった。過去の経験から、休憩こみで6-7時間で行けそうなので、所属山岳会アスターク同人のメンバーと知人の4名で日帰りで行くこととなった。

    7:30ころに、下山口である木地屋集落から延びる林道の除雪終了地点まで車をデポしに行くと、朝早くから下山している単独山スキーヤーに出会った。お話したところ「下山中に道に迷い、昨日はビバークした」とのこと。栂池高原スキー場に車を停めているとのことなので、一緒に乗って行く。栂池高原スキー場からゴンドラとロープウェイを乗りついで、自然園駅に到着する。

    sanx0168_800

    9:40 シールをスキーに貼り登り始める。未明には雨が降っていたが、雲もすっかりとれ快晴となった。

    sanx0176_800

    11:12 2204m 天狗原に到着し、シールを剥がし、あとはここから蓮華温泉に滑り込むだけだ。出だしは滑りごたえのある広いカール状の斜面だ。

    20150505FR1_800

    12:40 蓮華温泉に到着すると、外に小屋のご主人が外にみえたので、露天風呂入浴をお願いする。ご主人とお話したところ、GWの最終2日間はお客さんはほとんどいないとのことだ。

    sanx0200_800

    13:10 ツボ足で登り、最上部の薬師の湯に到達する。過去2回は最上部に女性やカップルがいたので入れなかたっが、今日は私達のパーティだけなので、ゆっくり入ることができそうだ。

    sanx0194_800

    14:00 温泉に浸かりながら、好天のもと残雪の山々眺め、昼食をほおばる。天国のような時間はあっという間に過ぎてしまう。名残惜しいが、下山が日没にならないよう、行動開始だ。

    14:40 蓮華温泉前でシールを貼り出発。以前は一旦沢に下り、ショートカットしたが、沢が割れて渡れないとのことなので、バス道を伝っていく。バス道は日当たりのいいところは全く雪がなくなってしまい、2度ほど板をはずして歩く。

    sanx0203_800

    2時間ほどバス道を延々と歩くと、目の前に角小屋峠の斜面が見えてきた。

    sanx0206_800

    温泉に浸かったあと、散々歩いてきたため、急な角小屋峠の斜面は足にこたえる。

    16:50 急な角小屋峠を登りきると、あとは滑り降りるだけだ。

    sanx0208_800

    斜度を落とさずに延々と斜滑降しなければならないのだが、雪が重く滑らないため、横歩きして高度下げないようにするため、足に徐々に疲労が溜まってくる。

    樹林帯に入り、複雑な地形になってくると、割れた沢の急斜面のトラバースがところどころあり、慎重に滑っていく。

    sanx0209_800

    18:30 日没がそろそろ近づき、あせりだしたころ、木地屋集落の林道駐車地点に到着した。

    sanx0212_800

    天狗原からの広い斜面を滑り蓮華温泉の露天風呂でまったりとしているまではパラダイスだったが、そのあとの木地屋まではきつーい滑り(歩き)となった。今年は積雪は多かったが、この数日の好天でかなり雪が汚れて悪くなり、スキーの滑りが悪かったせいかと思う。雪質さえよければ、もっとお気楽なツアーとなったことだろう。この時期の蓮華温泉は最高の景色が楽しめるので、これに懲りず、また来たいものだ。

    tag :

    鍋倉山山スキー

    2015-05-03

    GWの好天まっただ中、いろいろ事情があり、泊りがけの遠出ができないので、山友WさんとTさんを誘い、ピクニック気分で行ける飯山市の鍋倉山へ行くことにした。

    いつもこの時期は、温井から関田峠への林道は、鍋倉山登山口となる駐車場まで除雪されている。駐車場に8:20に着くと、すでに10台以上の車が停まり、そこから見上げる山は、ブナの新緑の柔らかな緑と雪の白さと空の青さが目にまぶしい。

    SANX0154_800

    8:40に登り始める。山慣れた3人なので、1時間かからず頂上に着く。あまりの天気のよさに、ザックを背もたれにして横になってしまう。

    SANX0163_800

    30分以上、暑いくらいの日差しの中、のんびり休憩したあと、北向き斜面に滑り込む。

    20150503N_800

    20150503WT_800

    駐車場に降り立つと10:30となり、往復2時間のピクニックだ。以前なら「もう1本!」というところだが、3人とももう五十台。気負わずに、帰りに中野市の「もみじの湯」に立ち寄り、うっすらかいた汗を流し、帰途に着いた。

    tag :
    << topページへこのページの先頭へ >>
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。