FC2ブログ
    あなたは 人目のお客様です
    過去の主な日記 ◎はおすすめルート
    山スキー 2017: ◎雪倉岳  2014: ◎横前倉山  2013: ◎剱沢 白馬周回 蒲原山 乙妻山 鍋倉山 ◎大渚山 小日向山  2012: 白馬岳 鍋倉山 ◎船越の頭~金山沢  2011: 黒姫山 妙高前山 北信佐渡山 ◎戸隠五地蔵山 雨飾山 白馬大雪渓 妙高涸沢 6月立山 11月立山  2010: 白馬乗鞍岳 小日向山 黒姫山 乙妻山 ◎針ノ木岳 ◎栂池~蓮華温泉 火打山  2009: 雨飾山 針ノ木雪渓 ◎火打山  2009北信五岳: ◎戸隠山(乙妻山) 妙高山(三田原山) 斑尾山 黒姫山 飯縄山  2008三大雪渓: 針ノ木大雪渓 ◎剱沢大雪渓 白馬大雪渓
    沢登り 2015: ◎黒部赤木沢  2014: ◎巻機山ヌクビ沢  2013: ◎雑魚川外ノ沢  2012: ◎草津白根某温泉沢  2011: ◎笛吹川ヌク沢左俣 荒城川、沢上谷 ◎雑魚川外ノ沢 ◎沢上谷三大滝巡り 裏妙義烏帽子沢  2010: 火打黒沢 裏妙義烏帽子沢 ◎中ア西横川  2009: 沢上谷 火打山黒沢
    アルパイン、岩登り 2015: ◎剱岳八ツ峰Ⅵ峰 立山龍王岳東尾根Ⅰ峰北壁 ◎明星山P6南壁左岩稜  2014: 小川山ガマルート  2013: ◎伊豆城山南西カンテ 妙義筆頭岩 ◎妙義山星穴岳 ◎海谷山塊船浦山東壁
    日帰り
    トレラン
    2012: 丹沢山(蛭ケ岳)  2011: 岩菅山 燕岳  2010: ◎奥穂高 ◎槍ヶ岳 鳳凰三山  2009: ◎剣岳 ◎白馬三山7月 ◎白馬三山8月 空木岳 蓼科山 ◎塩見岳  2008: ◎常念岳-蝶ケ岳  2008北信五岳: 斑尾山 妙高山 黒姫山 戸隠山 飯縄山
    百名山 2014: 大朝日岳  2013: 安達太良山、磐梯山、西吾妻山  2012: 間ノ岳  2011: 越後駒ケ岳 浅間山 ◎飯豊山  2009: 光岳  2008: 鹿島槍岳 焼岳 ◎甲斐駒ケ岳,仙丈ケ岳
    山道具 熊対策 ハンディGPS ミシン自作道具 チューブ食糧 衛生用品 心拍計 Jetboil個人輸入 Jetboil使用感 つめかえ君

    スポンサーサイト

    --------
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
    tag :

    八方尾根~押出沢~ガラガラ沢

    2015-04-26

    所属山岳会アスターク同人でGWに幕営で剣沢周回が計画され、予行練習として八方ガラガラ沢に行くことになった。当初私も剣沢周回には参加予定だったが、家庭の事情で行けなくなってしまった。とりあえずガラガラ沢には参加だ。

    長野市内でTさんをピックアップし、7:30に八方第5駐車場に上越からの3名Sさん、Wさん、Iさんと落ち合う。Iさんは本日初めての山スキーだ。八方ゴンドラ駅で荷物を下ろし、車1台を下山口の二股にデポをする。

    ゴンドラとリフト2本を乗り継ぎ、八方池山荘に到着し、登りの準備をする。

    9:14 1837m 八方池山荘から稜線は雪が融けて夏道がでているので、雪がついた斜面を登っていく。Iさんに歩き方やキックターンの仕方を教えながら進む。

    0008125M

    今日は高気圧に覆われ、雲ひとつない快晴だ。今シーズンは山スキーを計画すると、強風や悪天でことごとく中止となることが多かったが、今日は最高の天気だ。景色を楽しみながら、八方山と八方池の中間地点の夏道まで登り、そこにスキーをデポをする。

    10:30 2070m 八方池に到着し、少し早いが昼食だ。最高の景色をおかずにここで1時間ほど過ごす。

    0008125_2M

    11:45 スキーデポ地点まで戻り、押出沢を滑走開始だ。斜度25~30℃程度のザラメ雪が延々と続く。雨溝がところどころあり滑りにくく、斜滑降でやりすごす。途中よりガラガラ沢に合流する。

    0008127_2M

    0008123_3M

    12:20 1160m ガラガラ沢の末端は土と岩だらけデブリとなり、そこで板をザックにくくりつけ歩く。この下は南股入の沢となり、水流がでている。ここから渡渉し、左岸に渡ろうと考えていたが、右岸伝いに雪が続いて滑っていけそうなので、板を履いて滑っていく。ところどころ岩と土のデブリとなり、板のソールが傷つかないようそーっと滑る。

    渡渉できそうな場所がないか何度か沢をのぞきながら進むと、やがて大きな堰堤に行く手を阻まれた。ここで渡渉をするためにそれぞれシューズを履き替えたり防水の準備をする。しかし、深さを測ると結構あるので、ここでの渡渉は止めて、堰堤に登りこの先の様子を偵察すると、この先は沢幅が広まり、流れがゆるやかになっていそうなので、堰堤を越えてから渡渉することにした。

    堰堤に登ると高さは5mほどあり、堰堤の端まで行き、先に2人が空身でブッシュをつかんで下に降り、全員の荷物を下ろしてから、あとの3人も下る。

    流れがゆるやかな場所まで行き、足元を整え、スクラムを組んで渡渉をする。

    0008127_3M

    無事に渡渉を終え、一安心だ。足元をスキーブーツに履き替え、左岸の林道を二股まで歩いていく。

    0008124_2M

    15:15 二股の車デポ地点に到着。渡渉に苦労したが、全員無事で何よりだ。

    今回は私がパーティのリーダーだったが、多々反省点があった。

    • 事前の準備不足で渡渉地点にあたりをつけていなかったので、現地に来ると、ベストな渡渉地点を判断できなかった。
    • そもそも自分の足周りの準備が足らず、積極的な渡渉ができなかった。
    • 安全確保のため各自スリング・カラビナを持参させるべきだった。
    • ロープは10m1本しかなく、渡渉や下降にもう1本あれば。。。という状況だった。他のメンバーにも用意させるべきだった。

    リーダーとしての反省点はいろいろあったが、自分のあいまいな判断のみで動くことなく、ベテランSさんWさんの意見も確認し、事故なく山行を終えることができた。メンバーの意見を尊重しつつ判断するのもリーダーの役目!と前向きに考えることにしよう。

    スポンサーサイト
    tag :

    高社山で搬出訓練

    2015-04-25

    セルフレスキューという言葉自体は広範囲な意味を持つが、登山では主に「事故が起こった際に第三者の手を借りずに登山パーティや山岳会の仲間で救出する」ことを意味する。今日は所属山岳会アスターク同人で、滑落したり怪我したメンバーを、山から搬出する訓練を長野県北信の高社山(こうしゃさん)で行った。

    メンバー8人が登山口である谷厳寺(こくごんじ)に集まる。最初に高社山頂上に登り、下山途中で搬出訓練を行う予定だ。

    今日の搬出訓練は、山中で滑落したメンバーを救出しに山に入る想定である。そのため担架による搬出訓練もあり、10kg近い担架を稜線まではリーダーYさんと若手Kさんで運び上げる。

    稜線に出るまでの登山道には全く雪はないが、稜線上の一部には少し雪が残っている。唯一の鎖場には一面雪がべったりと張り付き、鎖が雪で埋まり取り出せない状況なので、キックステップで足場を確保しながら、滑落に注意して攀じ登る。滑落してしまったら、訓練が本番になってしまうところだ。

    P1040028_800

    ここを過ぎると雪のついた緩い稜線となり、残雪の北アルプス気分で気持ちがいい。

    P1040024_800

     

    P1040025_800

    高社山は低い山ながら360度の展望が楽しめ、のんびり1時間ほど休憩する。

    P1040027_800

    休憩後は来た道を戻り鎖場の近くの急な斜面で引き上げ訓練だ。ロープ、スリング、プーリー(滑車)、カラビナ、ユマール(登高器)を使って引き上げシステムを作り滑落者を引き上げる。1:1、2:1、3:1の比率の引き上げシステムで引き上げて、それぞれの効率の良さや引き上げるのに必要な力について試してみた。やはり3:1のシステムでは力が少なくて済む。

    P1040031_800

    次に担架による搬出訓練だ。担架を組み立て、人を一人乗せて、他の7人で担架を支えながら急な登山道を下る。足元がふらつきながらも、下っていく。数十メートル下ったあと、そこを上り返すことになった。担架を担いでの急坂の登りは、とてつもなく大変で、登り返したあとみんなバテバテだ。

    P1040037_800

    ひととおり訓練メニューをこなし、下山となった。私は1月に捻った左足首の後遺症のせいか徐々に痛くなりだし、この下山の1時間が今日一番辛かった。

    谷厳寺に着くと、桜は満開を過ぎて散り始めているが、それでも残った花の淡いピンクに一面染まり、春の真っ只中にいることを感じさせてくれる。

    P1040040_800

    実際に搬出しなければならないような事故が起きないのが望ましいが、救出・搬出の知識を持っておいて損は無い。たまたま居合わせた所属山岳会以外の人が事故に見舞われた場合も役立つし、自分自身が事故に見舞われた場合でも、どのように助けられるかが分かっているだけに精神的に楽であるし、救助者に対応した効率的に動きができるはずである。

    tag :

    栂池~山ノ神尾根 山スキー

    2015-04-12

    栂池~山ノ神尾根は昔からのツアーコースだが、コンパクトで地味な印象があり、今まであまり興味をそそられることがなかった。所属山岳会で初心者でも行けてルートファインディングの練習になりそうなコースを探したところ、山ノ神尾根がよさそうと考え、今年過去2回計画したが、生憎天候が悪く中止してきた。三度目の正直とばかり、天候が確実な本日に決行だ。所属山岳会の山行として計画したが、私と非会員のWさんとTさんの3人で行くこととなった。

    朝7:50に栂池高原スキー場の駐車場に到着すると、バックカントリーとゲレンデスキーを楽しむ人たちで大混雑だ。装備を装着したあと、リフト券購入の行列に並び、買うのに30分ほどかかってしまう。

    9:54 1824m ゴンドラとロープウェイを乗り継いで自然園駅に到着し、スキーにシールを貼り登り始める。今日は天候がいいせいか、多くのスキーヤーやボーダーが登ってきて、ゲレンデ状態だ。

    20150412_2_800

    11:00 2165m 滑りだしの地点である天狗原の北東200mあたりの斜面で昼食休憩だ。ちょうど目の前の木にツアーコースの標識が打ち付けられている。

    sanx0137_800

    11:30 30分ほど昼食をとりながら休憩したのち、滑り始める。最近はGPSに頼りっぱなしなので、GPSは使わず、地図とコンパスで方向を定めながら、進んでいく練習だ。平坦な尾根筋にところどころ現れる気持ちいい急斜面では調子よく滑っていく。

    20150412_1_800

    20150412_3_800

    1900あたりから複雑な地形の樹林帯に入り、気を抜いてコンパスのセットをせずに滑りだし、数分滑ったところで、何だかルートをはずしている気がしたため、GPSで確認したところ、やはりルートをはずしてしまっていた。ルート修正を行い、再び滑り始める。

    1500m 日本三大崩れである「稗田山崩れ」が見える。

    sanx0144_800

    このあたりも地形が複雑で、ルートが判然としなくなったが、木に打ち付けられた標識が見つかり、それを目印に滑っていく。

    13:00 1730m 黒川沢の源頭に到着する。出だしは狭い沢で滑りにくかったが、やがて幅が広くなり、快適な滑りが楽しめる。

    sanx0147_80020150412_4_800

    13:10 1110m 堰堤が現れたので、左岸から巻き、すぐ次にでてくる堰堤を越えたあと、右岸に渡る。

    sanx0149_800

    川沿いの林道を滑ってくと白馬乗鞍温泉スキー場に到着する。

    sanx0150_800

    13:30 880m ゲレンデを滑りおり、道路にでて、滑走終了だ。

    sanx0151_800

    スキーをかつぎ、道路2kmほどを30分歩き、栂池高原スキー場の駐車場に戻った。

    sanx0152_800

    4-5時間で周回できてしまうコンパクトなツアーコースだが、尾根・樹林帯・沢と変化に富んだ滑りが楽しむことができた。コンパスと地図によるナビゲーションで周りきろうと思っていたが、以前は適当に進んではGPSを見て補正するということが多かったため、その癖が途中ででて、迷いそうになってしまった。GPSを使えば道迷いをしたことをないが、故障や電池切れを考慮し、コンパスで進む癖をつけないといけなさそうだ。

    20150412山ノ神尾根map

    tag :

    夜の光

    2015-04-11

    先日、会社の飲み会のビンゴ大会で、「大人の科学マガジン」の卓上プラネタリウム・キットが当たった。組み立てキットは、昔は大好きだったのだが、老眼で目が衰えてから組み立てるのは億劫になってきたので、高校生の息子に委ねたところ、外出中の数時間で組み立ててくれた。

    P1040019

    夜、部屋を真っ暗にして、点けてみたところ、そこそこリアルな感じとなった。

    P1040018

    部屋がドーム状であれば、もっとリアルなのだろう。

    思い返すと、子供のころはほとんど夜空や星には興味はなかった。昼が「有」「活動」「明」などの正のイメージに対し、夜は「無」「停止」「暗」などの負のイメージが強く、興味が無いというより「夜そのものが無い」に等しいものであった。

    しかし、山をやるようになってからは、夜を強く意識するようになった。

    17年ほど前初めて立山でテント泊をした際に、夜空に白い帯がかかっていること気づいた、最初は雲かと思っていたが、空の端から端まで横断していたので、それが天の川だと気づいた。三十台半ばで生まれて初めて、天の川を意識して見た瞬間だ。

    何かの番組で、「夜空を30分眺めていれば、流れ星を見ることができる」というのを知り、やはり別の日に立山テント泊した際に、テントから顔をだして仰向けに寝て、夜空を眺めていると、30分に1回どころか5-6回見ることができた。これも生まれて初めてみた流れ星だった。

    また、別の日に立山テント泊し、夜中に尿意をもよおしてテントから起きだし、トイレに行く際にヘッデンがなくとも歩くことができた。「あれ夜なのに明るいなー」と思ったら、それは月明かりだった。「月明かり」という言葉は知っていたが、ここまで明るいものだとは知らなかった。

    街中に住んでいると電灯があるせいか、星や月などの夜の自然の光はかきけされてしまい、日常生活の中でそれらを意識することはほとんど無い。山で自然の夜を経験することで、微弱ながらも美しい夜の光を意識して楽しむことができる。

    tag :
    << topページへこのページの先頭へ >>
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。