あなたは 人目のお客様です
    過去の主な日記 ◎はおすすめルート
    山スキー 2017: ◎雪倉岳  2014: ◎横前倉山  2013: ◎剱沢 白馬周回 蒲原山 乙妻山 鍋倉山 ◎大渚山 小日向山  2012: 白馬岳 鍋倉山 ◎船越の頭~金山沢  2011: 黒姫山 妙高前山 北信佐渡山 ◎戸隠五地蔵山 雨飾山 白馬大雪渓 妙高涸沢 6月立山 11月立山  2010: 白馬乗鞍岳 小日向山 黒姫山 乙妻山 ◎針ノ木岳 ◎栂池~蓮華温泉 火打山  2009: 雨飾山 針ノ木雪渓 ◎火打山  2009北信五岳: ◎戸隠山(乙妻山) 妙高山(三田原山) 斑尾山 黒姫山 飯縄山  2008三大雪渓: 針ノ木大雪渓 ◎剱沢大雪渓 白馬大雪渓
    沢登り 2015: ◎黒部赤木沢  2014: ◎巻機山ヌクビ沢  2013: ◎雑魚川外ノ沢  2012: ◎草津白根某温泉沢  2011: ◎笛吹川ヌク沢左俣 荒城川、沢上谷 ◎雑魚川外ノ沢 ◎沢上谷三大滝巡り 裏妙義烏帽子沢  2010: 火打黒沢 裏妙義烏帽子沢 ◎中ア西横川  2009: 沢上谷 火打山黒沢
    アルパイン、岩登り 2015: ◎剱岳八ツ峰Ⅵ峰 立山龍王岳東尾根Ⅰ峰北壁 ◎明星山P6南壁左岩稜  2014: 小川山ガマルート  2013: ◎伊豆城山南西カンテ 妙義筆頭岩 ◎妙義山星穴岳 ◎海谷山塊船浦山東壁
    日帰り
    トレラン
    2012: 丹沢山(蛭ケ岳)  2011: 岩菅山 燕岳  2010: ◎奥穂高 ◎槍ヶ岳 鳳凰三山  2009: ◎剣岳 ◎白馬三山7月 ◎白馬三山8月 空木岳 蓼科山 ◎塩見岳  2008: ◎常念岳-蝶ケ岳  2008北信五岳: 斑尾山 妙高山 黒姫山 戸隠山 飯縄山
    百名山 2014: 大朝日岳  2013: 安達太良山、磐梯山、西吾妻山  2012: 間ノ岳  2011: 越後駒ケ岳 浅間山 ◎飯豊山  2009: 光岳  2008: 鹿島槍岳 焼岳 ◎甲斐駒ケ岳,仙丈ケ岳
    山道具 熊対策 ハンディGPS ミシン自作道具 チューブ食糧 衛生用品 心拍計 Jetboil個人輸入 Jetboil使用感 つめかえ君

    スポンサーサイト

    --------
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
    tag :

    クライマー養成教室 初日

    2015-03-29

    所属している妙高市の山岳会「アスターク同人」では、アルパインクライミング技術の継承のため、会の活動として、クライマー養成教室を今年開いている。会員は勿論無償だが、会員ではない人にも無償で行っている。全部で計6回で最終的には剱岳の八つ峰を目指す。今日はその初日だ。

    8:20に長野市郊外のクライミングゲレンデ「謙信物見の岩」の下部に集合する。今日は養成対象の会員5名・会員外3名および講師役5名の13名が集まった。ちなみに私は養成対象の一人である。

    まずは、アルパインクライミングの概要を理解してもらうため、メイン講師Mさんより「Yさんと私でAルートを登って」とクライミングデモを仰せつかる。Yさんリード・私フォローでクライミングデモを行う。AルートⅤ級程度だが、シーズン始めで体は硬いし高さに慣れていないので、おっかなびっくりだ。

    次に、ロープワーク。ロープのさばき方、束ね方、8の字結びなどのロープワークの基本を行う。ロープワークは日ごろから地道に練習していないと忘れてしまう。

    DSC_20150329_0003_800

    Ⅲ-Ⅳ級の岩場で、岩場の登り、リードと確保、懸垂下降の練習だ。メイン講師のMさんの厳しい注意もあったが、普通の登山よりさらに上を目指そうという人ばかりなので、慣れないながらも、みんな着実に課題をこなしていく。

    DSC_20150329_0007_800

    15時くらいになり、雨がぱらつきだしたところで、ちょうどひととおりの課題を終えると、本日の教室は終了となった。

    会員外の3名は、会うのも初めての人や習うことも初めてのことが多く、精神的にも肉体的にも大変だったと思うが、アルパインクライミングの一端に触れることができ、充実した初日になったのではないだろうか。

    。。。などと傍観者的なことを言ってもいられない。私も精進するぞ!

    スポンサーサイト
    tag :

    山スキーでのナビゲーション(その2)

    2015-03-25

    前回からの続きだ。しつこいようだが、山スキーでのナビゲーションのためには地図が読めることが大前提だ。「地図読みができる」=「頭の中で地形を思い浮かべることができる」なので、地図読みができなければどんなナビゲーションツールを持っていても、意味をなさない。

    4.ナビゲーションツール

    4-1 ナビゲーションツールの変遷

    私が山スキーを始めたころから現在に至るまで、技術の進歩に伴い、私が使っているナビゲーションツールは次のとおり変遷してきた。

    紙の地図+コンパス+高度計 → ガーミン登山用ハンディGPS → スマホアプリ「地図ロイド」。

    それぞれの利点があり併用しているので、「変遷してきた」というより「追加してきた」というのが正しいかもしれない。それぞれの特徴は以下のとおりである。

    4-1-1 紙の地図+コンパス+高度計

    紙の地図は国土地理院の25,000分の1地図だ。電子国土WEBの地図をカシミール3Dから印刷しているが、そのままだと最近は老眼で見えにくいため、カシミール3Dで12,500分の1に拡大して印刷している。持ち歩く際はチャック付きのビニール袋に入れ防水し、マップケースに入れている。

    P1040004_800P1040005_800P1040006_800

    コンパスは、進行方向をセットできるプレートは必須だ。

    P1040007_800

    紙の地図とコンパスにプラスして、現在地の高度が分かることで、現在地の特定がかなり確実になる。私はカシオの腕時計タイプの高度計を併用している。

    P1040009_800

    上:十数年のカシオのツインセンサー 下: ツインセンサーが壊れたので、数年前購入したプロトレック

    4-1-2 ガーミン登山用ハンディGPS

    一番最初はもっとも安価だが地図が表示されない初代eTrexを使用していた。その後、ベクトル地図を表示できるeTrex Vistaを購入した。ベクトル地図とは等高線や登山道をベクトルで表しており、縮尺が無段階に変化しても、表示される地図だ。縮尺が大きくなると、すべてを表示すると雑然として見にくくなるので、ハンディGPSで縮尺に応じて勝手に表示から間引く機能がある。縮尺が小さい場合は10m単位の等高線、縮尺が大きい場合は10m単位等高線は省略し50m単位の等高線のみを表示するといった具合だ。しかし、普段見ている国土地理院地図とは表現が異なっており見づらいため、地図として積極的に利用することはなかった。パソコンソフトのカシミール3Dで設定したルートを転送し、そのルートをハンディGPSで確認し、ルートの正しさを判断していた。

    P1040011_800

    4-1-3 スマホアプリ「地図ロイド」

    「地図ロイド」は電子国土WEBの国土地理院の地形図を事前にスマホにダウンロードし、スマホのGPSで現在地を示してくれるソフトだ。こちらはビットマップ地図だが、縮尺が複数あるので、不便は感じない。それに普段見ている地図なので、一瞬にして地形が把握できる。現在地確認には非常に便利なツールだ。

    P1040014_800

    4-2 ナビゲーションツール要件の評価

    以上のツールにおいて、山スキーのナビゲーションツールとして必要な要件として、「地形把握」、「現在地把握」、「ルート判断」、「耐久性」などが挙げられるが、それぞれについて考えてみた。

    4-2-1 地形把握

    地形把握には大きく2つの視点がある。数km四方の広い範囲で山全体の位置関係を把握する視点と100m四方程度の狭い範囲でルートや地形を把握することだ。

    ハンディGPSやスマホなどのデジタルツールだと画面の大きさの制約があるため、切り替えを手動で行う必要がある。しかし、紙の地図であればそれを同時に行えるの。広い範囲を把握するのも狭い範囲を詳細に見るのも、紙の地図を広げれば、見る側で瞬時に切り替えることができる。範囲の狭い・広いに瞬時に対応できるのは、紙の地図の大きな特徴だ。

    4-2-2 現在地把握

    地図とコンパスだけでも、理論的には遠くの2目標物との交点から現在地を把握できる。しかし、ガスなどで遠くの目標物が見えない状況では、現在地を割り出すのは困難だ。そこで高度計でおおよその高度を知ることで現在地の特定がしやすくなる。通常、山スキーでは主に尾根筋を使うことが多い。よほどのことが無い限り尾根を間違えることはないので、高度計により高度が分かることで、「この尾根の1520m」を地図で見ることでおおよその位置が把握できる。

    GPSであれば、GPS電波を捕捉できれば、正確な位置が得られる。しかし、谷筋などではGPS電波が捕捉できず、数100m離れたとんでもない位置を指し示すこともあるので、注意が必要だ。

    4-2-3 ルート判断

    ハンディGPSの地図はベクトル地図であるため、普段は家のPCで国土地理院の地図を見ている私にとっては、地形を読み取るのが困難だ。そのため、カシミール3Dトで事前にルート設定を行い、それをハンディGPSに転送して、ハンディGPSの地図の分かりにくさを補っていた。この方法は、設定したルートを確実に追っていれば問題ないが、大きな崖崩れが発生していたり、けが人がでてルートをショートカットするときなどのように当初設定したルートとは異なるルートを進まざるをえない場合、対応が困難である。紙の地図やスマホであれば、見慣れた地図であるため、予定になかった緊急のルート変更も可能だ。

    4-2-4 耐衝撃性

    アウトドアで使うためツールとしての耐久性は重要だ。水濡れや衝撃などの耐久性としては、スマホは最もも弱い。その点、紙+コンパスは衝撃には強い。ハンディGPSや腕時計兼高度計は何度か岩にぶつけたことがあるが壊れたことはない。耐久性という点では、デジタル機器は電池のもちが課題となる。スマホとハンディGPSは機種にもよるが最大2日程度しか電池がもたない。そのため、長期の山行には予備のバッテリーを持ち歩くことになる。最近の腕時計兼高度計はソーラーなので、電池切れとは無縁となったので安心だ。

    4-2-5 防水性(防滴性)

    春の山スキーでは雪が融けて濡れることがあり、防水性は重要な機能だ。少しの水没であれば、高度計、ハンディGPSは問題ない。国内メーカーのスマホであれば防水といかなまでも防滴まではしているので、少し水がかかるくらいであれば問題ない。

    4-2-6 電池のもち

    高度計はソーラーなので電池の心配はいらない。ハンディGPSは新品のアルカリ電池で約18時間、スマホは約2日間だ。長期の山行には、少々こころもとないので、新品のアルカリ電池予備やスマホの充電器を持っていっている。

    4-2-7 価格

    カシオ高度計1.7万円、ガーミン地図付きハンディGPSは2万円、国内メーカースマホは4万といったところか。

    上記の内容をざっとまとめると、以下のとおりだ。

    ツール 地形把握 現在地把握 ルート判断 耐衝撃性 防水性 電池のもち 価格
    紙地図+コンパス+高度計
    ハンディGPS
    スマホ

    4-3 結局何を持っていっているか?

    結論からいうと、紙地図+コンパス+高度計とスマホだ。スマホは、携帯電話として利用するので、どんな山にも絶対に持っていっている。数日にまたがる長期の山行で電池切れの懸念がある場合や地形を見ながらのルートファインディングが必要な場合、紙地図は持参している。山スキーでルートファインディングをしないことはないので、結局紙地図は必ず持っていく。ハンディGPSはスマホを所有するまでは使っていたが、その座はスマホに奪われ、「スマホの予備」程度の位置づけとなってしまった。

    次回は実際の山中でのナビゲーション方法を紹介。

     

    tag :

    妙高前山~滝沢尾根でマラソン疲労抜き

    2015-03-22

    3/21はハーフマラソン出場なので、本日3/22は体を休めるつもりでいたが、天気予報は昨日に続き高気圧に覆われて晴れ予報。これは休んではいられない。太ももの筋肉痛が残る中、山スキー友達のYさんを誘って、お手軽な妙高前山に行くこととなった。

    8時少し過ぎに赤倉観光スキー場に着くと、すでに日差しが強く春のポカポカ陽気だ。駐車場で以前所属していた山岳会の方3名も準備をしていたのでお話すると、やはり前山へいかれるとのことだ。

    装備の準備をし、ゴンドラとリフトを乗り継ぎゲレンデトップに到着。

    9:25 1490m ゲレンデトップより、登り始める。マラソンで使う筋肉と山スキーで登るときに使う筋肉は違うせいか、筋肉痛の影響もなく、登っていく。しかし、体全体は疲労が残っているし、初心者のYさんも同行しているので、ゆっくり登る。

    10:30 1932m 前山頂上に到着。ゆっくり登ったつもりだったが、そこそこのペースだった

    sanx0126_800

    名前のとおり妙高山の「前山」なので、妙高山を間近に眺めることができる。ときおり地獄谷からの硫化水素ガスの臭いが風にのって漂ってくる。40分ほど頂上で食事をとりながら休憩する。

    さあ!滑走。山スキー暦1年のYさんは、以前はオフピステを怖がっていたが、最近慣れてきてSAJ1級の本領発揮だ。

    20150322_2_800

    スキーについては何も資格はない私もそれなりに滑る。

    20150322_1_800

    ブナ林に入ると斜度も緩くなり楽しいツリーランだ。標高が下がるほどに雪がベタついてきてストップスノーとなりはじめる。

    12:10 雪で埋まった沢を渡り、ゲレンデにでる。

    前山はもう4-5回来ているだろうか。初めて細い尾根を滑るときはドキドキしながら滑ったものだが、今やハイキング程度の感覚になってきた。とはいえ、今シーズンここで滑落事故があったので、慣れによる慢心を招くことなく用心したいものだ。

    tag :

    春の松本ランニングフェスティバル2015 in 信州スカイパーク

    2015-03-21

    昨年も出場したこの長い名前のレースに再び出場した。自分自身のフルマラソン能力にも限界を感じたので、フルマラソンはやめて、昨年からハーフだけに専念することにしていた。といっても、ハーフマラソンに対して何か目標を持っているわけではなく、登山のトレーニングとしてランニングは有効なので、ランニングへのモチベーション維持のためだ。

    アスファルトの平地を走るフルマラソンの能力は、斜度のついた不整地を歩く登山にはあまり必要がない。フルマラソンに向けた練習では足周りにさまざまな故障がでるし、かなりの練習時間を費やさなければいけない。そんな時間があれば、クライミングやスキーの練習に振り向けたほうが自分の目標に合致している。それに、ハーフレース自体は完走してダメージが少なく気持ちよく終われるので、日々の練習が楽しくなり、登山で必要な心肺能力、足や体幹の筋力、バランス力、持久力が鍛えられる。

    言い訳っぽい前置きが長くなったが、このレースは松本空港の周囲役10kmのコースを2周するレースだ。昨年は雪がちらつく中でのレースだったが、今日は暖かい日差しの中、ときおり吹く冷たい風が心地よい日となった。

    10:15にレーススタート。
    DSC_20150321_0001_800
    1月初旬にスキーリフトで足首を捻挫し、1ヶ月以上練習ができなかったし、足首に痛みが残っているので、最悪途中でリタイアも覚悟だ。レース展開は昨年同様16kmあたりでペースダウンしてきたが、何とか完走!昨年より1.5分程度遅い1時間50分4秒だ。
    DSC_20150321_0005_800
    ここ数ヶ月の月の平均走行距離が20km程度の割にはまあまあの結果だった。

    やはりハーフは楽しい。苦しさや厳しさを追求する人も多いが、快楽主義の私にはハーフがあっているようだ。

    tag :

    ヘルメット

    2015-03-18

    今までは、スキー用ヘルメットと、沢登り用に水切れのいいカヤック用ヘルメット(写真の左ヘルメット)を使っていた。アルパイン・クライミングの際にもカヤック用ヘルメットを使っていたのだが、少し深めで視界が悪い、アジャスターがないので安定しない、ヘッドランプ・クリップがないためヘッドランプを装着できない、という不具合があった。アルパイン用ではないのでいたしかたないが、所属山岳会アスターク同人でクライマー養成教室が始まることもあり、アルパイン用ヘルメットとしてモンベルのアルパインヘルメット#250(写真の左のヘルメット)を購入した。

    P1040001_800

    「#250」とは重さを表しており、重さ250gである。カヤック用ヘルメットは350gであり、わずか100gほどの違いであるが、実際に被ってみると、かたや羽毛帽子!かたや鉄兜!というほどの大きな差である。

    山仲間からは「ブログの写真で普通の帽子を被っているのを見るのは珍しい」と言われるほど、ヘルメットばかり被っているが、あまりヘルメットに気を使っていなかった。

    新しいヘルメットはデザインもまあまあ。デザインとその機能性は比例するわけではないが、カッコだけの「なんちゃってクライマー」としては身に着ける装備のカッコ良さは重視したいものだ。

    tag :

    山スキーでのナビゲーション(その1)

    2015-03-11

    道の無い真っ白な斜面を登り滑り降りる山スキーではナビゲーション(ルートファインディング)は欠かせない技術である。リーダーのあとをついていくだけや人のトレースばかり追っていると、なかなか身につかない技術だ。山スキーの単独行は薦められないが、たとえ単独であっても行って帰ってこれるだけのナビゲーション技術は必要である。他の人の参考になればと思い、必要な技術やツールについて、自分自身の経験を数回に分けてまとめてみる。

    (ちなみに、私は山を登ることが主体なので、ゲレンデではないエリアでのスキーには「バックカントリー」という言葉は使わず、「山スキー」で通します。)

    1.まずは読図力

    やはり、山スキーでのナビゲーションの一番の重要な能力は「読図」につきる。現在地を判断するのは当然だが、これから進む先の地形の状況を「読図」により判断し、ルートを選択できなければ、コンパスがあろうが、GPSを持っていようが、意味をなさない。私が山スキーのルートを選択する上で読図により判断するのは以下の4点だ。
    (1)登れる(または、滑降できる)傾斜か?
    (2)雪崩が起きない場所か?
    (3)滑ることができる植生か?
    (4)行く手を阻む崖や沢はないか?

    (1)登れる(または、滑降できる)傾斜か?
    ルートを選択する上で最も気を使うのが斜度だ。斜度38度以上になってくると、登るにも滑るにも恐怖感がある。斜度38度を地図で判断するには、25000分の1の地図上で1cm(250m)の間に等高線が20本(200m)並ぶ地形である。目的地点のルートは、できるだけ沢は避け尾根沿いで30度未満の傾斜を選択するようにしている。

    上手では赤い線は、水平距離125m:標高差100m=250:200となり、斜度38度である。
    image

    (2)雪崩が起きない場所か?
    雪崩が発生する可能性のある斜度は18度以上といわれている。雪崩リスクは雪の状態もあわせて判断する必要があるが、降雪直後で雪の状態が不安定な場合、斜度が30度程度だとかなり雪崩リスクがある。自分が今いる位置の傾斜が緩いからといって安心はできない。その先が30度を超えているかもしれないからだ。

    (3)滑ることができる植生か?
    杉などの針葉樹林の森は木が密集しており滑るには楽しくない。ブナの広葉樹林帯であれば樹間が広く快適に滑れる。また、ハイマツ地・笹地・荒地も積雪が2mもあればハイマツ・笹・潅木が埋まり障害物の無い真っ白な斜面となる。

    地図の凡例
    image

    飯綱山の南峰(1909m)の周囲は、実際行ってみると、標高差200mは一面の雪で滑りやすいけど、それより下は針葉樹と広葉樹の藪。地図を見てみると標高差200mまでは「荒地」となっている。
    image

    (4)行く手を阻む崖や沢はないか?
    斜度が45度以上となると、登るにも滑るにもスキーではかなり困難である。その斜度になると地図上では崖マークとなる。沢も雪で埋まっていればいいが大きく割れて水流が出ていると渡渉も困難である。尾根を滑っていって、両側とも大きく開いた沢となり、先に進めなくなるなんてこともありえる。

    2.読図力の強化

    読図力の強化には、山行中に地図と実際の地形を照らし合わせるのがもっとも効果的だろうが、山行中はこまごまやることも多く登ったり滑ったりするのに集中してしまい、地図をゆっくり見るという行為がなかなかできない。

    また、読図力が無い状態で、どのような風景か知らない場所の地図を、行く前に一生懸命みたところで、読図力は強化されない。実際の地形が頭の中に無いので、地図との照らし合わせができないからだ。

    山から戻った帰宅後、家で苦労した急斜面や楽しかった斜面を思い返しながら、地図を落ち着いて見ることができた。印象的だった場所はよく覚えているので、地図と照らし合わせて、思い返すのは比較的簡単だし、何といっても楽しい。ニヤニヤと楽しい思いにひたりながら、地図を反復してみることで読図力が強化されたように思う。

    そうこうするうちに、地図を見るだけで地形が思い浮かぶようになってきた。やはり実際の地形と地図を反復しているうちに、そんな能力が身についたのかと思う。

    3.無償で地図を見る

    私は地図が見るのが大好きだ。中年になってから山をやりはじめたが、それ以前から、引越し先や旅行先の地図を眺めて、どこに何があるのかを把握するのが好きだった。インターネット普及以前は、書店で地図を買い求めるしかなかったので、地図に対する出費はバカにならなかった。

    しかし、現在、地図はインターネットでアクセスし放題となり、地図を買うことは皆無となってしまった。主に使っているのは、フリーウェアの「カシミール3D」だ。単に地図を見るだけであれば、国土地理院の電子国土WEBで地形図が公開されている。

    無償で地形図が見れる現在、それを活用して読図の強化が簡単にできるようになったのは、うれしいことだ。

    tag :
    << topページへこのページの先頭へ >>
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。