あなたは 人目のお客様です
    過去の主な日記 ◎はおすすめルート
    山スキー 2017: ◎雪倉岳  2014: ◎横前倉山  2013: ◎剱沢 白馬周回 蒲原山 乙妻山 鍋倉山 ◎大渚山 小日向山  2012: 白馬岳 鍋倉山 ◎船越の頭~金山沢  2011: 黒姫山 妙高前山 北信佐渡山 ◎戸隠五地蔵山 雨飾山 白馬大雪渓 妙高涸沢 6月立山 11月立山  2010: 白馬乗鞍岳 小日向山 黒姫山 乙妻山 ◎針ノ木岳 ◎栂池~蓮華温泉 火打山  2009: 雨飾山 針ノ木雪渓 ◎火打山  2009北信五岳: ◎戸隠山(乙妻山) 妙高山(三田原山) 斑尾山 黒姫山 飯縄山  2008三大雪渓: 針ノ木大雪渓 ◎剱沢大雪渓 白馬大雪渓
    沢登り 2015: ◎黒部赤木沢  2014: ◎巻機山ヌクビ沢  2013: ◎雑魚川外ノ沢  2012: ◎草津白根某温泉沢  2011: ◎笛吹川ヌク沢左俣 荒城川、沢上谷 ◎雑魚川外ノ沢 ◎沢上谷三大滝巡り 裏妙義烏帽子沢  2010: 火打黒沢 裏妙義烏帽子沢 ◎中ア西横川  2009: 沢上谷 火打山黒沢
    アルパイン、岩登り 2015: ◎剱岳八ツ峰Ⅵ峰 立山龍王岳東尾根Ⅰ峰北壁 ◎明星山P6南壁左岩稜  2014: 小川山ガマルート  2013: ◎伊豆城山南西カンテ 妙義筆頭岩 ◎妙義山星穴岳 ◎海谷山塊船浦山東壁
    日帰り
    トレラン
    2012: 丹沢山(蛭ケ岳)  2011: 岩菅山 燕岳  2010: ◎奥穂高 ◎槍ヶ岳 鳳凰三山  2009: ◎剣岳 ◎白馬三山7月 ◎白馬三山8月 空木岳 蓼科山 ◎塩見岳  2008: ◎常念岳-蝶ケ岳  2008北信五岳: 斑尾山 妙高山 黒姫山 戸隠山 飯縄山
    百名山 2014: 大朝日岳  2013: 安達太良山、磐梯山、西吾妻山  2012: 間ノ岳  2011: 越後駒ケ岳 浅間山 ◎飯豊山  2009: 光岳  2008: 鹿島槍岳 焼岳 ◎甲斐駒ケ岳,仙丈ケ岳
    山道具 熊対策 ハンディGPS ミシン自作道具 チューブ食糧 衛生用品 心拍計 Jetboil個人輸入 Jetboil使用感 つめかえ君

    スポンサーサイト

    --------
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
    tag :

    雪崩レスキュー・トレーニング

    2015-01-12

    ビーコン・ゾンデ・スコップは、「バックカントリーの三種の神器」と言われ、バックカントリーを行う者は雪崩を想定して持っていることが常識になってきている。今日は所属山岳会「アスターク同人」での雪崩レスキューのトレーニングだ。朝8:30に赤倉観光スキー場に参加メンバー9人が集合した。半数以上は「三種の神器」所持者である。早朝からの降雪のため、ゲレンデの整備が追い付かず、しばらくリフトが動きそうもない。その間、レストハウスで、担当のK林さんから、雪崩に関する注意事項、本日のトレーニングメニュー、ビーコン動作の説明を行う。

    ベテランM山さんから「時々『ビーコンを持っているから雪崩にあっても大丈夫』と勘違いしている人がいるが、基本的には雪崩に会わないこと避けることが重要である。」、M木代表からは「最近は、入山にビーコン着用を義務付けたり、冬山でのビーコン装備が常識化しているので、会としてもトレーニングをを行っている」との補足がある。

    9:00ころからリフトが動き出したので、リフトを2本乗り継ぎ、山の神(祠)のある樹林帯に集まる。

    ビーコンの入ったザックを探索する練習を行うので、場所が特定しにくいように、まずは全員で樹林帯の新雪面を荒らす。しかし、スキーを脱ぐと腰まで沈む雪なので、荒らすにも一苦労だ。

    その後、数班に分かれ、ビーコンチェック、深雪の中でのビーコンによる探索、ゾンデによる探索を2時間強かけて行う。

    ビーコンチェック

    sanx0057_800

    ビーコンによる探索、

    sanx0061_800

    ゾンデによる探索

    sanx0063_800

    2時間深雪の樹林帯を歩きまわり、かなり疲れてきたところで、12時になった。本日は昼から新年会を開くということで、ゲレンデを下りて妙高駅前の蕎麦屋に移動した。

    その後、15:30まで蕎麦と焼酎のみの新年会を行い、山談義を交わした。メインはこちらの新年会だったかもしれない。

    三種の神器のうち、スコップは時々利用することはあっても、雪崩事故に遭遇しないかぎり、ビーコン・ゾンデは本来の使用目的として使う機会が全くない。私の持っているビーコンは最近購入し、機種としては新しいが安価であるので、探索時の実用性には不安があったが、本日のトレーニングで実用に耐えうるものであることが確認できた。道具は、宝の持ち腐れにならないよう、その使用を想定された状況で実際に使えないと意味がない。会として行うのは年に一度しか行わないが、、リマインドのためにはトレーニングは必要である。

    スポンサーサイト
    tag :

    ヤマボク・ワイルドスノーパーク~笠岳~タコチ

    2015-01-11

    「ヤマボク・ワイルドスノーパーク」とは、長野県高山村にあり、かつて「山田牧場スキー場」と呼ばれていた。このスキー場のトップからは昔からのツアールートでタコチコースというのがある。標高1700mのヤマボクから標高900mの山田温泉スキー場までの全長13kmを林道沿いに滑るコースだ。「タコチ」とは、この一帯をタコチ原と呼ぶことから、その名をとられているが、そもそもタコチとは何かは不明らしい。以前からこのコースが気になっていたものの、行く機会がなかったが、リフト券が抽選であたったので、興味があると言っていたT島さんに声をかけ、一緒に行くこととなった。タコチコースは斜度がなく林道滑りが多く、面白みに欠けるということで、少し足を延ばして志賀の笠岳にも登ることにした。

    天気予報は曇りだったが、9:30にヤマボクに到着すると、晴れだした。リフトが3本のゲレンデだが、タコチコースがあるおかげか盛況で、リフト券購入の行列待ちができ、当選券と交換するのに30分かかった。

    SANY0040_800

    10:30 1770m  リフト2本を乗り継ぎ、ゲレンデトップより笠岳を目指す。林道を伝ってシールで歩いて行くと、笠岳が現れる。

    SANY0045_800

    笠岳の麓のレストハウス(冬期閉鎖)から木がまばらな斜面をシール登行していく。

    11:50 1980m 笠岳の頂上まであと標高差90mというところで、木が密になり斜面もうねりが大きくなりだした。シール登行は無理そうなので、スキーをデポして、ツボ足で登ることにした。

    無雪期に登ったことがあり、上部は手すりと階段がしっかりと設置されていて全く困難ではなかったと記憶しているが、今日は雪が締まっておらず、吹き溜まりに入りこむと腰まで潜ってしまう。急斜面では一歩足を出しても次々と雪が崩れ、いつのまにか元のところに戻ってしまう。もう蟻地獄状態だ。

    雪の上に頭をだした手すりの一部や木の枝をつかみ、足が潜らないよう膝を使いながら、急斜面を登って行く。何度かもう止めて引き返そうかと思ったが、すぐ頂上が見えているだけについつい頑張ってしまう。雪の蟻地獄を過ぎて、鎖場もあるが、スキーブーツで岩角を捉えて何とか登る。

    SANY0052_800

    13:05 2075m たかだか標高差90mだったが1時間以上かかり、やっと頂上に着いた。しかしながら、晴れていた空はいつのまにか曇りに変わってしまい、風も強くなり、寒々としてきた。写真を撮り、すぐに下る。

    SANY0049_800

    下りは重力にまかせて降りるだけなので、20分たらずでスキーデポ地点まで戻ってきた。曇って日もささず風が強くなり、かなりの寒さだ。滑降準備にも手間取って体が完全に冷え切ってこわばってしまったせいか、いざ滑りだしても、体がいうことをきかない。ぎこちない滑りで笠岳の斜面と林道を滑り、ヤマボクゲレンデ上部を横切り、タコチコースの入口を目指す。

    14:30 1746m タコチコースの入口に到着。案内を見ると、タコチコースは1時間ほどかかるとのこと。早速滑りこむ。

    SANY0054_800

    斜度15度程度の幅広い斜面が延々と続く。確かに斜度が緩いが、広い斜面を好きなように滑ることができ気持ちいい。ただ多くの人が入り込んでいるので、雪面はボコボコだ。

    上部は林道をショートカットするための林間の切り開きがあり、下部は林道をトレースしていく。

    CI-74009059230420376

    CI-119724059230420376

    最後の600mは緩い登りとなるので、シールをつけて歩いて登る。

    15:20 900m 山田温泉スキー場に到着。ここからヤマボクに戻るにはシャトルバスに乗るのだが、次のバスは16:30とのことなので、レストハウスで休憩することにした。

    17:00 ヤマボク駐車場に戻ったころには、すっかり日も落ちて暗くなり、雪もドンドン降ってきた。

    ハイキング程度と思っていた笠岳だったが、締まってない雪で蟻地獄状態になり、かなり体力を消耗してしまった。「冬山がこんなに恐ろしいものだと。。。」。例の遭難を茶化すわけではないが、確かにそのとおりだ。

    tag :

    再び戸隠高デッキ山

    2015-01-03

    先週は単独で戸隠スキー場から高デッキ山に行ったが、本日は所属山岳会アスターク同人で戸隠スキー場の瑪瑙山から飯縄山を目指す予定である。集合時間である8:30に、戸隠スキー場のレストハウスに、私、M下さん、M田さん、T島さんが集合した。

    10:30 1748m リフトを二本乗り継ぎ、ゲレンデの最高点である瑪瑙山山頂に到着。

    SANY0026_800

    写真では分からないが、今日は風がやたらと強い。中止にしようか迷ったが、太陽が雲の間から時折顔だすし、天気予報では回復しそうなので、決行することにした。

    飯縄山への尾根にとりつくには、標高差100mを滑降して、鞍部に滑りこむ。今日もパウダーだ!おいしくいただく。今日は52歳の私が最年少というメンバー構成だが、みなさんお元気です。

    高デッキ

    1639mの鞍部に滑りこんだところで、シールをつけて登りだす。深いところでも膝下程度のラッセルで登って行くと、傾斜が25度を越えたあたりで、スキーで踏み込むたびに雪面にクラックが入るようになってきた。少し雪崩の心配があるし、相変わらず風が強く、稜線にでたら更に激しい風となるのは間違いない。ここは潔くコースを変更し、先週も行って安全なのを確認している高デッキ山に変更することにした。

    ここから平原に向かって疎林になった斜面に滑りこむ。短い距離だが、きれいなシュプールが描け、気持ちいい斜面だ。そろそろみんなお腹が空いてきたので、平原の末端でツェルトを張って休憩だ。

    ツェルトの中で談笑しながら、それぞれ持参の行動食を食べたり、M田さんやT島さんの持ってきたおかずやおやつなどをいただく。気分はピクニックだ。30分ほど休憩し、高デッキ山を目指す。ときおり体勢を崩されるほどの強風が吹くが、空は雲が取れてきて、真っ青な空が広がっている。

    SANY0034_800

    SANY0037_800

    14:00 1717m 高デッキ山に到着。木の間から戸隠山の峻嶮な稜線がかいま見える。

    SANY0038_800

    相変わらず風が強いので長居は無用だ。先週は、ここまで来る途中で無くした流れ止めを探しながら下ったため、滑りを堪能できなかった。今日こそはパウダーを楽しむ気持ち満々で斜面に飛びこんだ。あまりの気持ちよさに、ウヒョー!とかヒャー!とか奇声を発してしまう。パウダーの良さを知らない人から見たら、精神的に異常をきたしたと思われかねない。スキー場にでるべく、樹林帯を平らになりスキーが滑らなくなるところまで滑り、シールをつけて歩く。

    14:45 戸隠スキー場のロマンチックコースにでた。回数券が余っているので、ゲレンデを滑ろうとメンバーを誘ったが、みんなもう満足したとのことなので、ゲレンデを滑り下り、帰途についた。

    先週に単独で行ったときは黙々と修行であったが、今回は仲間と一緒に、強風の中でのラッセル、疎林のパウダーの滑降、ピクニック気分での昼食休憩など山スキーの辛さ楽しさを共有することができた。一人のほうが気楽なときもあるが、仲間と時間を共有することは楽しいものだ。

    tag :

    2015山に向かって

    2015-01-01

    あけまして、おめでとうございます。

    年もあげ、新年の抱負です。

    年々体が動かなくなってくるし持久力もなくなってくるが、山を登り続けたいという気持ちは変わっていない。登山に対して「危険で困難であるがゆえ価値がある」という考えの人もいるが、私の価値観は「趣味である以上楽しくなければ意味がない」だ。しかし、「楽しい」ためには、余裕のある体力は必要だし、多少の緊張や自分の技術や能力を試す挑戦的な瞬間も欲しいところだ。

    アルパイン(無雪期):一作年初めてマルチピッチをやったが楽しい!去年は仕事の関係で控えていたので、ほとんどできなくて残念だった。アルパインはクライミング技術はもとより、精神力、体力、知識が必要である。歳はとったが、まだまだ鍛えるべきところはたくさんある。自分自身の能力の限界まで鍛え、次の世代に伝えられる程度にはなっておきたい。

    沢登り:こちらもリスクが高いので行くのを控えていたが、赤木沢など美渓の沢を中心に行きたい。

    山スキー:段々と、一度行って良かったところに何度も足を運びがちになってきている。まだ行っていない焼山北面台地、雪倉岳、火打山澄川など未体験の場所に行きたい。

    ランニング:フルマラソン・サブフォーを目指していたが、練習時間がとれない、故障を起こしがちなので、ハーフに専念することにした。もともと登山のトレーニングのためだったし、ランニング自体は登山に効果的なので、モチベーション維持のため継続的にハーフマラソンレースには出場するつもりだ。

    自身の能力の限界が分からない部分は多々あるが、目標をもって日々のトレーニングも欠かさないようにしたい。トレーニングは嫌いではないが、回復力が歳とともに遅くなってきている。効率的なトレーニングメニューを模索することも必要そうだ。

    いつもご指導やご一緒していただいている皆さん、今年もよろしくお願いします。

    tag :
    << topページへこのページの先頭へ >>
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。