あなたは 人目のお客様です
    過去の主な日記 ◎はおすすめルート
    山スキー 2017: ◎雪倉岳  2014: ◎横前倉山  2013: ◎剱沢 白馬周回 蒲原山 乙妻山 鍋倉山 ◎大渚山 小日向山  2012: 白馬岳 鍋倉山 ◎船越の頭~金山沢  2011: 黒姫山 妙高前山 北信佐渡山 ◎戸隠五地蔵山 雨飾山 白馬大雪渓 妙高涸沢 6月立山 11月立山  2010: 白馬乗鞍岳 小日向山 黒姫山 乙妻山 ◎針ノ木岳 ◎栂池~蓮華温泉 火打山  2009: 雨飾山 針ノ木雪渓 ◎火打山  2009北信五岳: ◎戸隠山(乙妻山) 妙高山(三田原山) 斑尾山 黒姫山 飯縄山  2008三大雪渓: 針ノ木大雪渓 ◎剱沢大雪渓 白馬大雪渓
    沢登り 2015: ◎黒部赤木沢  2014: ◎巻機山ヌクビ沢  2013: ◎雑魚川外ノ沢  2012: ◎草津白根某温泉沢  2011: ◎笛吹川ヌク沢左俣 荒城川、沢上谷 ◎雑魚川外ノ沢 ◎沢上谷三大滝巡り 裏妙義烏帽子沢  2010: 火打黒沢 裏妙義烏帽子沢 ◎中ア西横川  2009: 沢上谷 火打山黒沢
    アルパイン、岩登り 2015: ◎剱岳八ツ峰Ⅵ峰 立山龍王岳東尾根Ⅰ峰北壁 ◎明星山P6南壁左岩稜  2014: 小川山ガマルート  2013: ◎伊豆城山南西カンテ 妙義筆頭岩 ◎妙義山星穴岳 ◎海谷山塊船浦山東壁
    日帰り
    トレラン
    2012: 丹沢山(蛭ケ岳)  2011: 岩菅山 燕岳  2010: ◎奥穂高 ◎槍ヶ岳 鳳凰三山  2009: ◎剣岳 ◎白馬三山7月 ◎白馬三山8月 空木岳 蓼科山 ◎塩見岳  2008: ◎常念岳-蝶ケ岳  2008北信五岳: 斑尾山 妙高山 黒姫山 戸隠山 飯縄山
    百名山 2014: 大朝日岳  2013: 安達太良山、磐梯山、西吾妻山  2012: 間ノ岳  2011: 越後駒ケ岳 浅間山 ◎飯豊山  2009: 光岳  2008: 鹿島槍岳 焼岳 ◎甲斐駒ケ岳,仙丈ケ岳
    山道具 熊対策 ハンディGPS ミシン自作道具 チューブ食糧 衛生用品 心拍計 Jetboil個人輸入 Jetboil使用感 つめかえ君

    スポンサーサイト

    --------
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
    tag :

    戸隠高デッキ山:気分はハイキング

    2014-12-23

    昨晩の本日の天気予報は「曇りときどき雪」。最近寒さが身にこたえるので、山スキーはやめておこうと思い、眠りについた。朝5時にふと目が覚め、スマホで天気予報を見てみると、「曇りのち晴れ」に変わっている。これは山スキーに行かなきゃ!でも、当日朝から用意するので、長い行程で時間のかかるところは、早朝出発が必要なので、すでに無理。単独なので万が一のことを考えて、スキー場から近くハイキング程度で行ける戸隠スキー場近くの高デッキ山に行くことにした。

    朝7時に車に荷物を放り込んで、すき家でエネルギー注入。8時前にスキー場に着き、8:30の稼動開始まで、車内で荷物の整理や、スキー場のサービスセンターでリフト代が割引になる「戸隠カード」を発行してもらったりして過ごす。ときおり強い風が吹き、太陽が雲に覆われたり出たりして、まだまだ寒い。

    8:30になり、リフトに乗り込み、体慣らしのためにゲレンデで1本滑る。

    スキー場最高点の瑪瑙山からスキー場外に滑りこむ予定だが、瑪瑙山の手前には「コース外滑走禁止。見つけたらリフト券没収します」の看板がある。うーん、私の行為は対象なのか?ここで言っている”コース外”とは”スキー場内のコース外”であって、私が行く場所はそもそも”スキー場外”なので、私の行為は対象外と勝手に解釈。

    9:50 瑪瑙山から東の飯縄山へ続く尾根手前まで滑りこむ。

    SANY0017_800

    少し重いがパウダー!ゾンデで測ると180cmくらいある。12月でこの積雪量はここ数年経験したことがない。

    高デッキ山に行くために北の平原まで滑りこむ。ここでシールをつけるため、スキーを脱ぐと腰まで埋まってしまう。今日はハイキング程度のつもりだったが、歩き始めると膝下のラッセルで平地を歩くにも体力を使う。

    SANY0019_800

    そういえば、1年半ぶりの単独での山スキーだ。まっ白な平原を一人で歩いていると、心細く不安な気持ちになってくる。しかし、登りが急になってくるとラッセルもきつくなり、俄然やる気が湧いてきて、不安は吹き飛んでしまった。

    11:40 高デッキ山に到着。

    CI47149548830416522

    (単独なのでビデオを固定し自分撮りし、キャプチャしたら、うつろな感じ。)

    ふと右足を見てみると流れ止めが無くなっている。どこかで落としてしまったようだ。転倒して板がはずれ、板が深い雪の中に潜りこんでしまうと探すのは一苦労だ。万が一スキーが埋没し見つからなければ、この雪ではスキー無しでは戻れない。高デッキ山からパウダー滑降!のつもりだったが、落とした流れ止めを探しながら、かつ、転倒しないよう慎重に下ることになってしまった。松阪牛のステーキを目の前にして、パンだけ食べてる気分。。。結局、流れ止めは見つからなかった。

    ゲレンデに戻るには緩い下りの平原を進むのだが、雪が深くなかなか前に進まず、下りラッセルだ。仕方ないので、シールを装着し歩く。すぐにゲレンデに戻るのも名残惜しいので、うっすら日が差す森の中で、深い雪の中でスキーに腰かけて、パンとテルモスのコーヒーを飲みながら、20分ほどのんびりと休憩する。気温は-1℃ではあるが、寒さを感じないのは不思議だ。

    13:00 ゲレンデに到着し、圧雪されたゲレンデを滑り、駐車場まで一気に滑り下りる。

    その後、蕎麦屋の「たんぼ」でざるとおやきをいただく。体はかなり冷え切っていたが、やはり蕎麦はざるに限る。

    DSC_20141223_0003_800

    12月にしては雪が多く、予想外のラッセルとなったが、シーズン初めのいいトレーニングになった。

    takadekki_map

    スポンサーサイト
    tag :
    << topページへこのページの先頭へ >>
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。