FC2ブログ
    あなたは 人目のお客様です
    過去の主な日記 ◎はおすすめルート
    山スキー 2017: ◎雪倉岳  2014: ◎横前倉山  2013: ◎剱沢 白馬周回 蒲原山 乙妻山 鍋倉山 ◎大渚山 小日向山  2012: 白馬岳 鍋倉山 ◎船越の頭~金山沢  2011: 黒姫山 妙高前山 北信佐渡山 ◎戸隠五地蔵山 雨飾山 白馬大雪渓 妙高涸沢 6月立山 11月立山  2010: 白馬乗鞍岳 小日向山 黒姫山 乙妻山 ◎針ノ木岳 ◎栂池~蓮華温泉 火打山  2009: 雨飾山 針ノ木雪渓 ◎火打山  2009北信五岳: ◎戸隠山(乙妻山) 妙高山(三田原山) 斑尾山 黒姫山 飯縄山  2008三大雪渓: 針ノ木大雪渓 ◎剱沢大雪渓 白馬大雪渓
    沢登り 2015: ◎黒部赤木沢  2014: ◎巻機山ヌクビ沢  2013: ◎雑魚川外ノ沢  2012: ◎草津白根某温泉沢  2011: ◎笛吹川ヌク沢左俣 荒城川、沢上谷 ◎雑魚川外ノ沢 ◎沢上谷三大滝巡り 裏妙義烏帽子沢  2010: 火打黒沢 裏妙義烏帽子沢 ◎中ア西横川  2009: 沢上谷 火打山黒沢
    アルパイン、岩登り 2015: ◎剱岳八ツ峰Ⅵ峰 立山龍王岳東尾根Ⅰ峰北壁 ◎明星山P6南壁左岩稜  2014: 小川山ガマルート  2013: ◎伊豆城山南西カンテ 妙義筆頭岩 ◎妙義山星穴岳 ◎海谷山塊船浦山東壁
    日帰り
    トレラン
    2012: 丹沢山(蛭ケ岳)  2011: 岩菅山 燕岳  2010: ◎奥穂高 ◎槍ヶ岳 鳳凰三山  2009: ◎剣岳 ◎白馬三山7月 ◎白馬三山8月 空木岳 蓼科山 ◎塩見岳  2008: ◎常念岳-蝶ケ岳  2008北信五岳: 斑尾山 妙高山 黒姫山 戸隠山 飯縄山
    百名山 2014: 大朝日岳  2013: 安達太良山、磐梯山、西吾妻山  2012: 間ノ岳  2011: 越後駒ケ岳 浅間山 ◎飯豊山  2009: 光岳  2008: 鹿島槍岳 焼岳 ◎甲斐駒ケ岳,仙丈ケ岳
    山道具 熊対策 ハンディGPS ミシン自作道具 チューブ食糧 衛生用品 心拍計 Jetboil個人輸入 Jetboil使用感 つめかえ君

    スポンサーサイト

    --------
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
    tag :

    家でマルチピッチ練習

    2014-10-27

    11月に山岳会で小川山でマルチピッチ・クライミングをすることになった。久しくマルチピッチをやっていないので、支点の構築手順が怪しい。自分の不手際で人に怪我を負わせるわけにはいかないので、我が家のクライミングウォールを使って復習だ。

    リードで壁を登る。→ヌンチャクをかける→メインロープで自己確保→スリングで確保支点の構築→ルベルソにロープを通す→フォローを引き上げる→(フォロー到着し、リード交代)→確保支点のルベルソをはずし、ビレイをセット。これを2回ほど繰り返す。

    P1030955_800P1030957_800

    ちなみに、写真は自撮り棒の先にカメラをつけて撮っている。

    P1030959_800

    案外、覚えているもんだな。我が家のクライミングウォールは文字通り「ホーム・ゲレンデ」。すぐに復習できるのはありがたい。

    スポンサーサイト
    tag :

    上越南葉山登山道整備

    2014-10-26

    上越の里山である南葉山は、青田難波山、猿掛南葉山、籠町南葉山の三山から成る。私が所属している上越の山岳会では、毎年秋と春の2回、登山道整備をしている。また、整備した登山道を一般の方にも縦走してもらう公募登山も同じ日に行う。

    会員は6:00に妙高市西野谷砂防公園に集合だ。

    P1030925_800

    私は長野市からの出発であるため、4時起きだ。会員は、登山道整備班、公募登山班、慰労会準備班に別れる。私は登山道整備班であり、公募登山者が縦走する青田難波山から籠町南葉山の稜線の刈り払いを行う。

    6:30 登山道整備班7名は南葉山キャンプ場に車で移動後、青田難波山頂上を目指す。

    P1030928_800

    今回、南葉山キャンプ場からの登山道を登るのは初めてだが、若干滑りやすい粘土質だがよく踏まれた登山道だ。数回休憩をはさみながら、ゆっくり登って行く。

    P1030929_800

    山頂手前の展望台から周囲の山並みや海を眺める。長野県内の山から海は見えないので、少しばかり目新しい。

    P1030935_800

    9:30 山頂に到着するが、残念ながら、周囲の木々が密生しているために、展望は利かない。

    P1030938_800

    少し休憩した後、刈り払い開始。カマやノコギリで登山道を覆う草木を切って行く。登山道に倒れ込んだ太い木は数人で交代しながら切って行く。

    P1030942_800P1030944_800

    ある程度刈り払った後に、公募登山班が一般参加者15名を引き連れ、通って行く。道の整備の様子も見てもらおうという趣旨だ。

    その後、刈り払いしながら稜線を進む。休憩の合間の世間話も楽しいひとときだ。

    P1030947_800

    籠町南葉山への分岐を経て、登山道入口の駐車場に到着する。以前は単なる草地だったが、市の協力もあり、きれいに砂利が敷き詰められている。

    P1030950_800

    14:00 林道を数十分下り、広い道で車でお迎えに来た仲間と合流し、西野谷砂防公園に戻ってきた。日頃デスクワークなので、「本日は肉体労働した!」という感じだ。会員での慰労会までには時間があったので、近くの「湯楽里館」でひと風呂浴びる。

    16:00 夕方から会員が採ってきたナメコやムキタケが入ったキノコ汁で、公民館での慰労会が始まる。天然ナメコの味は最高だ。

    私の思いの中では、普段は「山」を無償で遊び場として使う一方なので、その「お返し」として登山道整備に参加している。遊び場を提供してくれている「山」に感謝。これも「山の恵み」なのかもしれない。

    tag :

    山岳会の意義

    2014-10-20

    所属している上越の山岳会の会長が、『山岳会なので、勉強のために毎週山へ行きます』と言った会員へ贈った言葉である。

    以下、引用-----
    ”勉強しようという気持ちは大事です。
    考え違いをしてはいけないことは、質より量ではなく、毎週行くのが山岳会ではないこと。
    山岳会は質です。「より良い山」に行くことです。
    登山道を歩くだけなら百名山を踏破しても、毎日山に登っても「一般登山者」でしかありません。
    南葉山(注:上越の里山)を登山道からだけでなく、沢から上がってみて下さい。2月の南葉山稜線を歩いてみて下さい。
    道に縛られず、沢や薮、雪や岩壁と、自由に山を歩き回われることです。

    今のままではできませんよね。
    そのために道具を揃えましょう。
    岩登りの基礎技術、知識を学びましょう。
    雪山へも経験者と一緒に行きましょう。
    山菜取りを教えてもらいながら道の無い薮山も歩きましょう。
    そんな風に、質を高めることを考えながら今後も頑張ってください。”
    -----

    多くの人は、「観光、レジャー、健康維持、スポーツ。どんなスタイルで山と接するかは、人のそれぞれの勝手だ」と言うだろう。

    私は人と一緒に観光やレジャーとしての登山も好きではあるが、やはり「より良い山」を目指したい。
    大量の人が踏んだ登山道は舗装道路と同じ。
    山を始めたころに感動した北アルプスの稜線は数度見ればもう十分。
    登山はピークハントだけが目的ではなく、その過程が大事。

    登山に「非日常」を求めている以上、日常の延長をしているのではもったいない。
    山では、ケモノのように藪でも岩でも雪でも自由に駆け巡るのが、私の究極の目標。
    でも、所詮は生身の人間。道具や技術や知識が必要となる。
    同じレベルの同好の士が何人集まっても、ある程度以上の発展はない。
    目標に近づくには、山の先輩から直に学ぶのが一番の近道。
    高いレベルの山の先輩達が組織的に集まっているのが山岳会。
    山の仲間を得る以外にも、山の技術や知識を先輩より引き継ぎ、それを後輩に伝える。
    それが山岳会の価値であり役割のひとつである。

    縦走に飽きてしまった人、井の中の蛙状態から脱却したい人、「より良い山」を目指したい人は、山岳会の門を叩いてみてはどうだろう。

    と、偉そうにいってみたものの、一向にレベルが上がらない自分に今一番必要な技術は「山の技術を磨くための時間の捻出」かもしれないな。。。

    tag :

    守門岳、大朝日岳

    2014-10-13

    この3連休には、日本百名山を目指している同僚H田さんと南アルプス南部縦走を考えていたが、台風が近づきつつあり、3連休後半の天候が悪そうだ。台風の影響が遅くなりそうな東北方面に切り替え、車で行ける距離にある朝日連峰に行くことになった。当初は山頂避難小屋で一泊を計画したが、夜中に天候が急変してしまうと、山から出られなくなる可能性が高い。マラソンもやるH田さんと私であれば休憩しながら行っても日帰りできそうなので、悪天候時撤退しやすいよう前夜泊で大朝日岳をピストン日帰りすることになった。せっかく遠出するので、途中でもう一山ということで、山スキーでも有名な守門(すもん)岳にも立ち寄ることになった。

    10月11日

    5:30に長野から出発する。台風の状況を確認すると、11日12日であれば東北方面への影響はなさそうだ。遠方の山は土地勘が無いため、登山口に至る効率的な道路やその道路状況が掴みにくい。守門岳の二口(ふたくち)登山口を目指し、カーナビで設定しようとしても、そもそもの登山口がカーナビの地図上では分かりづらく、道路の案内標識をたよりに車を走らせる。

    8:30に、車が10台ほど停まっている登山口に着いた。準備をしている人に聞いたところ、ここは保久礼(ほっきゅうれ)登山口であり、二口登山口への車道は工事しているとのこと。地図でコースを再確認し、保久礼コースを登り、頂上に着いたあと、二口コースを下って周回することにした。

    8:55 785m 駐車場を出発して、数分で保久礼小屋に着く。無雪期は登山口からあまりにも近いので、避難小屋としての役割は薄いが、春先はここをベースに滑りまくるのも楽しいかもしれない。

    DSC_20141011_0004_800

    保久礼コースは、ブナの樹林帯でほとんど展望がなく、急かつ粘土質で滑りやすい。H田さんと世間話をしながら登る。久しぶりにひたすら登る登山のせいか、最初のうちは息があがってしまうが、体が温まってくるとともに調子もあがってくる。

    10:00 1432m 大岳に到着。ここからは稜線歩きとなり、ところどころ細い稜線を130mほど下り、再び登り返す。

    DSC_20141011_0006_800

    長野近辺でこの標高だと、樹木が背丈以上に生い茂り、眺望はよくないのだが、守門岳の稜線は腰程度の灌木と草しか生えておらず、周囲の景色を見ながらの稜線歩きを楽しめる。

    DSC_20141011_0011_800

    11:06 1537m 青雲(あおくも)岳を経て、最高峰の袴岳に到着する。山頂は10数名の人たちで賑わっている。 上空は天気がいいのだが、周囲はガスがでてきて、遠方の山は見え隠れしている。秋とはいえ太陽の日が温かく、汗で濡れた背中を乾かしながら休憩する。

    DSC_20141011_0015_800

    11:18 下山開始。稜線を青雲岳まで戻り、青雲岳より少しくだった分岐より二口コースに入る。二口コースは緩く歩きやすい道である。

    13:23 480m 二口登山口の駐車場に到着する。ここから車道を1kmと沢沿いの登山道を1kmの標高差300mを登り返す。

    14:00 最後の登り返しがきつかったが、保久礼登山口に到着。

    ここから車で、朝日連峰の麓の古寺鉱泉を目指す。日本海東北自動車道を通り、胎内ICより東を進む。「道の駅関川」の温泉施設「ゆーむ」で汗を流したあと、更に東に進んだところで、当初予定の道路が通行止めになっているのが分かり、少し迷ってウロウロしながら、21:30に古寺鉱泉駐車場に到着する。路肩を含め50台以上の車が停まっている。H田さんは車中、私は車の後にテントを張り就寝。

    10月12日

    朝4:00ころ、駐車場に車が入ってくる音で目が覚める。外は4℃程度だろう。ここは標高660m程度だがかなり冷え込む。起きて湯を沸かし食事をとり、テントを撤収する。

    DSC_20141012_0022_800

    6:00に一旦、古寺鉱泉から出発したものの、裏の斜面を15分ほど登ったところで、昼食を車においてきたことに気づき、取りに行くため再び下る。

    DSC_20141012_0024_800

    6:25 660m 再び古寺鉱泉から登り始める。最初はゆったりとしたアップダウンのある尾根道だが徐々に急になってきて、前日の疲れがあるせいか足が重い。

    8:00 1501m 古寺山に到着すると、左に子朝日岳と右の奥に大朝日岳が現れる。遥か遠くに見える大朝日岳へ続くたおやかな稜線を見ると、気持ちよさそうな稜線歩きの期待と本当に日帰りできるのか?という不安が入り混じる。子朝日岳を巻く道もあるのだが、せっかくなので、子朝日岳を目指す。

    DSC_20141012_0025_800

    8:29 1647m 子朝日岳到着。大朝日岳が少し近くなったものの、周囲が見渡せて、さらに朝日連峰の大きさを感じる。

    子朝日岳からの急斜面をくだり、大朝日岳への稜線を進む。標高1600mの稜線は、ちょうど森林限界を越えているせいか展望が開け、気持ちのいい稜線歩きが楽しめる。

    DSC_20141012_0032_800

    秋とはいえ日差しが暑く、水がなくなりそうだったが、途中の銀玉水で水を補給する。10℃前後の水温のおいしい水に生き返る。

    DSC_20141012_0031_800

    10:08 1870m 頂上に到着。H田さんとがっちり握手だ。頂上は、ツアー客、山ガール、トレイルランナーで賑わっている。登山道以外はいっさい人工物はない連峰を形成している山々を見ると、次回来る機会があれば連泊して歩きたいという気持ちにさせられる。東北の山々を山座同定しながら20分ほど休憩する。

    DSC_20141012_0035_800

    10:30 今日は長野に帰らなければいけないので、残念ながら下山開始だ。帰りに銀玉水でもう一度水を補給し、子朝日岳は巻いて下っていく。

    13:05 古寺鉱泉に到着。

    帰りに大江町の柳川温泉の日帰り温泉施設で汗を流し、車で400kmを走り、長野市には22:00に到着した。

    2年前に行った飯豊山と同様に、今回の朝日連峰も人の手垢がついていない「山深さ」を感じた。何かのついでがない限り、車を6時間以上運転して飯豊山や朝日連峰に再び行くことはないだろう。近辺で、森林限界を越えた1800m程度の稜線をゆったり歩くことができ、自然の真っただ中を実感できる場所があれば、連泊で縦走を楽しみたいものだ。

    tag :

    山での『ご飯』

    2014-10-06

    登山のキャンプでの楽しみのひとつは食事である。長期縦走や沢登り・山スキーなど他の装備が重い山行では、カロリー量を重視して味は二の次になり、ご飯は軽量かつ調理は簡単なアルファ米を使用している。しかし、アルファ米は元は当然米なのだが、普段食べている『ご飯』とは似て非なるものである。一言でいえば、『おいしくない』。歯ごたえ、甘み、粘り気、湯気の出方など、体が長年感覚で覚えている『ご飯』の特徴が微妙に違っている。オカズも山では食材や調味料に制限があり、それほどおいしいものが作れるわけではないので、主食であるご飯がおいしくないと、一気に食欲が減退してしまう。

    山用コッヘルでも米からご飯は炊けるが、やはり普段食べている『ご飯』とは微妙に違い、おいしくない。圧力や水の量が関係しているのだろう。それにコッヘルだと底が焦げることが多く、水が少ない山では、その処理も面倒だ。炊飯に特化した軽量の鍋がないかを、インターネットで検索したところ、ユニフレームの「ごはんクッカー」を見つけた。寄せられたコメントを見ると、評判がいいようだ。

    少々嵩張り、360gと若干重い。しかし、中に食材や調理道具を詰め込めば大きさは許容範囲だし、360gという重さも『おいしさ』が保証されるのであれば、我慢できる。

    夏の立山テント泊の際に使ってみた。使い方は以下のとおり。

    1. 水と米を投入し30分ほどおく。
    2. 最初は強火で熱し、フタがカタカタいうまで、沸騰させる。
    3. フタの動きが止まらない程度まで弱火にする。
    4. フタの動きが止まり、湯気がでなくなったら、火をとめる。
    5. シュラフなどに鍋をつっこみ、5分ほど蒸らす。

    コッヘルでの炊飯は、心配性なので火を止めるタイミングが気になってしまうが、この鍋だとそのタイミングが明確である。食べるまでには全体で1時間ほどかかるが、夜の長い山のテント泊だし、オカズを準備している間に炊けてしまうので、時間はそれほど気にならない。この日のオカズはジンギスカンと野菜炒め。

    ricecooker

    この日は疲れてて、あまり食欲が無く、『せっかく持ってきたのだから、使ってみなくては』という思いだったので、炊いてみたものの箸をつける直前まで食欲が湧かなかったのだが、一口食べたら、おいしさのあまり食欲がでてきた。普段の『ご飯』よりも、おいしいかもしれない。一膳分を食べ、翌朝の雑炊分を残し、夜食用のおにぎりも作った。夜食のおにぎりも、普段の『ご飯』のおにぎりと変わらずおいしかった。アルファ米だと、こうはいかない。この鍋の重いフタと大きなたちあがりを持った鍋本体のフチが、圧力をかけ水分を逃がさず、おいしい『ご飯』を炊ける秘訣になっているようだ。

    『ご飯』がおいしければオカズが少なくても我慢ができる。山行の数日であれば多少の栄養バランスが崩れても影響はない。白米を多目に持っていき、佃煮のようなちょっとしたオカズと汁モノだけでも何とかなるので、結果的に食材の荷物を減らすことができそうだ。

    tag :
    << topページへこのページの先頭へ >>
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。