FC2ブログ
    あなたは 人目のお客様です
    過去の主な日記 ◎はおすすめルート
    山スキー 2017: ◎雪倉岳  2014: ◎横前倉山  2013: ◎剱沢 白馬周回 蒲原山 乙妻山 鍋倉山 ◎大渚山 小日向山  2012: 白馬岳 鍋倉山 ◎船越の頭~金山沢  2011: 黒姫山 妙高前山 北信佐渡山 ◎戸隠五地蔵山 雨飾山 白馬大雪渓 妙高涸沢 6月立山 11月立山  2010: 白馬乗鞍岳 小日向山 黒姫山 乙妻山 ◎針ノ木岳 ◎栂池~蓮華温泉 火打山  2009: 雨飾山 針ノ木雪渓 ◎火打山  2009北信五岳: ◎戸隠山(乙妻山) 妙高山(三田原山) 斑尾山 黒姫山 飯縄山  2008三大雪渓: 針ノ木大雪渓 ◎剱沢大雪渓 白馬大雪渓
    沢登り 2015: ◎黒部赤木沢  2014: ◎巻機山ヌクビ沢  2013: ◎雑魚川外ノ沢  2012: ◎草津白根某温泉沢  2011: ◎笛吹川ヌク沢左俣 荒城川、沢上谷 ◎雑魚川外ノ沢 ◎沢上谷三大滝巡り 裏妙義烏帽子沢  2010: 火打黒沢 裏妙義烏帽子沢 ◎中ア西横川  2009: 沢上谷 火打山黒沢
    アルパイン、岩登り 2015: ◎剱岳八ツ峰Ⅵ峰 立山龍王岳東尾根Ⅰ峰北壁 ◎明星山P6南壁左岩稜  2014: 小川山ガマルート  2013: ◎伊豆城山南西カンテ 妙義筆頭岩 ◎妙義山星穴岳 ◎海谷山塊船浦山東壁
    日帰り
    トレラン
    2012: 丹沢山(蛭ケ岳)  2011: 岩菅山 燕岳  2010: ◎奥穂高 ◎槍ヶ岳 鳳凰三山  2009: ◎剣岳 ◎白馬三山7月 ◎白馬三山8月 空木岳 蓼科山 ◎塩見岳  2008: ◎常念岳-蝶ケ岳  2008北信五岳: 斑尾山 妙高山 黒姫山 戸隠山 飯縄山
    百名山 2014: 大朝日岳  2013: 安達太良山、磐梯山、西吾妻山  2012: 間ノ岳  2011: 越後駒ケ岳 浅間山 ◎飯豊山  2009: 光岳  2008: 鹿島槍岳 焼岳 ◎甲斐駒ケ岳,仙丈ケ岳
    山道具 熊対策 ハンディGPS ミシン自作道具 チューブ食糧 衛生用品 心拍計 Jetboil個人輸入 Jetboil使用感 つめかえ君

    スポンサーサイト

    --------
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
    tag :

    鍋倉山:山スキーガールデビュー

    2014-04-26

    本日は、私の山友のW貫さんT岡さんT島さんと今回山スキー初挑戦のT内さんとで鍋倉山で山スキーだ。T内さんはシールをまだ入手していないため、スキーを担いでツボ足で登ることとなった。真冬だと林道は通行止めで標高の低い温井集落から歩き始めるが、この時期は鍋倉山登山口の駐車場まで除雪されており山頂はグッと近くなる。

    9:25 890m 駐車場に車を停め出発。

    SANY0879_800

    数十分登ったところで、山登り自体に不慣れなT内さんはきつそうな感じだ。雪は固いとは言え、ツボ足でスキーを担いで登るのは、山慣れしている人でも疲れる。ましてやT内さんは初めてなので尚更だ。T岡さんがスキーを、W貫さんがザックを担いであげることになった。

    CI-207502764830368062

    登って行くにつれ、ブナの樹間は広がり、滑りやすそうな斜面が目の前に広がってくる。登りは辛いが、ブナ樹林の斜面の美しさに心が癒される。

    稜線に出ると、青く晴れ渡った空のもと、少し霞がかっているが、周囲の山々が見渡せる。

    SANY0882_800

    11:00 1288m 頂上に到着し、本日のメーンイベントである焼肉パーティだ。丸テーブルをスコップを掘って作り、持ってきたストーブとフライパンで焼肉をする。

    SANY0885_800

    たっぷりの焼肉や野菜炒めを食べながら、話をして楽しいひとときを過ごす。T内さんの発言どおり、「肉を食べると幸せな気分になる」のであった。

    12:40 頂上で長い休憩をとったあと、滑降開始!みんなそれぞれの滑りを楽しみながら滑って行く。

    CI-136172035230368061CI-128246035230368061

    CI-89073035230368061CI-58550035230368061

    12:56 あっという間に駐車場に到着。

    T内さんは、帰りに早速シールを購入して、次回の山スキーに備えるとのこと。パワフルな男衆のサポートもあり、少しは山を楽しんでもらえたかな。山仲間が増えるのは嬉しいことだ。


    nabekura_map

    スポンサーサイト
    tag :

    長野マラソン一人反省会

    2014-04-23

    撃沈したのはひとえに練習不足だ。直近3ヶ月間で平均走行距離は約70km。これではいくらなんでもサブフォーは無理だよね。

    練習不足の理由を分析してみた。長野の1月~3月は、以下のとおり、私にとってランニング練習の時間がとれない時期だ。

    • 休日に、いい雪が降れば、山スキーが最優先。
    • 大雪ともなれば、雪で近所は数日走れない。それ以前に雪掻きで消耗。
    • 年度末で目標達成のため、仕事の忙しい日々が続き、夜は残業。
    • 朝走ろうにも、歳をとったせいか、眠っている間に強烈な寒さで血流が悪くなり、朝起きた直後は体調最悪。

    冬の間の練習が難しいとなると、春先のマラソンは時期が悪いので、夏から秋に練習して、秋または初冬のマラソンレースに望みを託すしかないか。でも、夏場は、暑くて走れないし、沢登りが最優先になってしまう。結局は同じか?

    tag :

    長野マラソン2014

    2014-04-20

    「サブフォーになったら、マラソンは止めて、ハーフに専念する!」と心に誓い、本日の長野マラソンに臨んだ。昨年10月の柏崎マラソンで4時間8分だったので、サブフォーいけるかなと目論んでいたが、あえなく30kmあたりで撃沈し、以降ほとんど歩き。完走(完歩?)はしたものの、4時間41分と惨憺たる結果。

    コースの主なポイントでマラソン川柳が張り出されていたが、30kmあたりで「30km 言い訳 そろそろ考える」という趣旨の川柳があり、ナットク。言い訳ではなく、今回しっかり反省して、また来年挑戦だ。

    家に帰ったら腸脛靭帯炎(ランナー膝)が再発し、歩行困難状態に。明日出勤できるか?

    tag :

    草津芳ヶ平へ山スキー

    2014-04-12

    芳ヶ平は古くから山スキーのツアーコースがあるが、今まで山スキーで行ったことがなかった。行程はそれほど大変そうではないので、山スキー初心者Tさんと一緒に志賀高原の渋峠から行くことになった。

    9:23 横手山の中腹までは除雪されており、そこまで車で行き、リフトに乗る。今日は高気圧に覆われ、雲ひとつない、好天だ。

    SANY0852_800

    横手山頂上から渋峠に滑り降りると、渋峠から草津に延びる道路で重機数台での除雪が始まっていた。

    9:26 渋峠から登山道でもあるツアーコースを滑降し、芳ヶ平ヒュッテを目指す。ほどほど切り開かれており、滑るには支障ないが、気温が低いためか雪が固い。スキー1級の足前を持つTさんはカッコよく滑って行く。

    CI114948814430365236

    10:03 芳ヶ平ヒュッテの手前の谷まで滑り、暖かい日差しの中30分ほど休憩。ここでシールを貼り登り返す。

    芳ヶ平ヒュッテに着くと、ビアデットコリー4匹がお出迎えだ。犬好きの私は人懐っこい数匹と少しだけたわむれる。

    SANY0859_800

    芳ヶ平ヒュッテから見える芳ヶ平南西の尾根を眺めると、適度な斜面で疎林だ。そこを上まで登り、少し滑って、また登り返すことにした。

    SANY0861_800

    芳ヶ平を横切り、南西の尾根に着くと、出だしは急だが、気温も上がって雪が柔らかくなり、シールもよく利き、快適な登りだ。しかし、まだ山スキーの登りに慣れないTさんは少しばかり辛そうだ。

    SANY0863_800

    12:00 芳ヶ平から標高差300mほど登ったところで、40分ほど休憩する。コースが短く、気温が暖いと、ついついのんびりとして、休憩が長くなる。

    十分休憩し滑降開始。ほどよく締まったザラメ雪でターンが気持ちいい。

    再び尾根を登り返すと、おいしそうなカール状の斜面が北に広がる。また来る機会があれば、ここでの滑降も気持ちよさそうだ。

    SANY0871_800

    重機数台で除雪作業が行われている志賀草津道路を渋峠に向かい歩いていく。

    14:15 渋峠からリフトに乗り、横手山山頂にある「日本で一番高いところにあるスターバックス」に入る。ちょっと贅沢な気分だ。

    SANY0878_800

    小腹が空いたが、スターバックス横手山山頂店には食べ物は販売していないので、横手山ヒュッテにも行き、少々値段が高いが、くるみパンを食べた。これが結構、美味。

    その後、ところどころ氷化している横手山ゲレンデを滑り、15:50に駐車場に到着。

    あまりの天気の良さにのんびりとする時間が長く、散歩のような山スキーだったが、たまにはこういう気楽な山スキーも楽しいものだ。

    yoshigataira_map

    tag :
    << topページへこのページの先頭へ >>
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。