FC2ブログ
    あなたは 人目のお客様です
    過去の主な日記 ◎はおすすめルート
    山スキー 2017: ◎雪倉岳  2014: ◎横前倉山  2013: ◎剱沢 白馬周回 蒲原山 乙妻山 鍋倉山 ◎大渚山 小日向山  2012: 白馬岳 鍋倉山 ◎船越の頭~金山沢  2011: 黒姫山 妙高前山 北信佐渡山 ◎戸隠五地蔵山 雨飾山 白馬大雪渓 妙高涸沢 6月立山 11月立山  2010: 白馬乗鞍岳 小日向山 黒姫山 乙妻山 ◎針ノ木岳 ◎栂池~蓮華温泉 火打山  2009: 雨飾山 針ノ木雪渓 ◎火打山  2009北信五岳: ◎戸隠山(乙妻山) 妙高山(三田原山) 斑尾山 黒姫山 飯縄山  2008三大雪渓: 針ノ木大雪渓 ◎剱沢大雪渓 白馬大雪渓
    沢登り 2015: ◎黒部赤木沢  2014: ◎巻機山ヌクビ沢  2013: ◎雑魚川外ノ沢  2012: ◎草津白根某温泉沢  2011: ◎笛吹川ヌク沢左俣 荒城川、沢上谷 ◎雑魚川外ノ沢 ◎沢上谷三大滝巡り 裏妙義烏帽子沢  2010: 火打黒沢 裏妙義烏帽子沢 ◎中ア西横川  2009: 沢上谷 火打山黒沢
    アルパイン、岩登り 2015: ◎剱岳八ツ峰Ⅵ峰 立山龍王岳東尾根Ⅰ峰北壁 ◎明星山P6南壁左岩稜  2014: 小川山ガマルート  2013: ◎伊豆城山南西カンテ 妙義筆頭岩 ◎妙義山星穴岳 ◎海谷山塊船浦山東壁
    日帰り
    トレラン
    2012: 丹沢山(蛭ケ岳)  2011: 岩菅山 燕岳  2010: ◎奥穂高 ◎槍ヶ岳 鳳凰三山  2009: ◎剣岳 ◎白馬三山7月 ◎白馬三山8月 空木岳 蓼科山 ◎塩見岳  2008: ◎常念岳-蝶ケ岳  2008北信五岳: 斑尾山 妙高山 黒姫山 戸隠山 飯縄山
    百名山 2014: 大朝日岳  2013: 安達太良山、磐梯山、西吾妻山  2012: 間ノ岳  2011: 越後駒ケ岳 浅間山 ◎飯豊山  2009: 光岳  2008: 鹿島槍岳 焼岳 ◎甲斐駒ケ岳,仙丈ケ岳
    山道具 熊対策 ハンディGPS ミシン自作道具 チューブ食糧 衛生用品 心拍計 Jetboil個人輸入 Jetboil使用感 つめかえ君

    スポンサーサイト

    --------
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
    tag :

    黒姫山西面シュート

    2014-01-25

    山岳会アスターク同人の山行企画で、私、T田さん、Y越さんの三人で、黒姫山頂上から西方の七ツ池につながる無木立(むこだち)のシュート(細いスロープ)を滑降する。

    夏の航空写真で見ると、黒姫山の西方にくっきりとそのシュートを見ることができる。なぜかここだけ崩壊して、木が生えていない。

    kurohime_koukuu2

    一般登山道では、七ツ池やしらたま平から黒姫山頂上に向かう外輪山からも見ることができる。

    5:00に長野市内で集合し、戸隠大橋に到着。いつもであればこの時間帯は凍えるような寒さだが今日は暖かい。

    6:40 1437m 戸隠大橋から長い林道を進む。昨日のトレースがしっかりついており歩きやすい。雪の状態はあまり良くなく、クラストし表面がかなり固くなっている。

    DSC_20140125_0001_800

    林道から夏道沿いに登って行く。今日はうっすらと高曇りなので、稜線に近くなると、近隣の山や北アルプスが見渡せ、とても景色がいい。風もなく暖かく、冬なのにハイキング気分だ。

    DSC_20140125_0004_800

    DSC_20140125_0008_800

    やがて外輪山の稜線に着く。

    DSC_20140125_0012_800

    外輪山の登山道は、夏であればトレランするには景色がよく走りやすい道だが、冬は雪がうねって積もり藪だらけでスキーで進むのに苦労する。

    DSC_20140125_0013_800

    9:50 2053m 頂上に到着。ここで少し休憩する。真冬であればいつも強烈に寒いのだが、今日はやはり暖かくのんびりと過ごせる。

    DSC_20140125_0015_800

    頂上直下にあるはずの西面シュートであるが、頂上からは藪に阻まれその姿は見えない。藪にからまりながら数十メートルほど下ると、まっすぐ下に伸びる無木立斜面が見えてきた。遠くから見ると斜度があるように見えたが、それほど斜度はなく25度~30度程度だろうか。登ってきた南面はクラストして表面が固かったが、シュートの雪は日が当たりにくいせいか、クラストしておらず、やや重のパウダーだ。

    まずはT田さんが飛び込む。気持ちよさそうにシュプールを描き、滑降していく。お次は私。体がうまくついていかないが、あまりのパウダーの気持ちよさに、ターンのたびに「ヒョー!」とか「ヒュー!」とか奇声をあげてしまう。そのあとY越さんが滑降。高度差170mを滑り降りるのにはわずかな時間しかかからないが、あまりの気持ちよさにみんな大満足だ。

    DSC_20140125_0020_800

    DSC_20140125_0021_800

    黒姫山の南面無木立斜面を滑るために、ここから七ツ池と大池を過ぎ、トラバース気味に登っていく。

    12:10 1920m 再び黒姫山外輪山の稜線に到着。クラストしているのは分かってはいたが、固くクラストした斜面は手強く、まともなターンはできないので、斜滑降+キックターンを繰り返しながら高度を下げる。

    樹林帯に入ると、クラストも柔らかくなり、快適とはいえないまでも、そこそこターンをしながら滑り下りる。

    DSC_20140125_0032_800

    やがて、もと来た林道にでて、あとはトレースを滑っていく。

    13:10 出発地点の戸隠大橋に到着。

    南面がクラストしていたので西面シュートもクラストしているかと思いきや、実際に滑ったのは数分程度だが、気持ちのいいパウダーであった。しかし、ここに来るまでの道程が長く、外輪山の藪漕ぎを強いられるため、また来るかと問われると、喜んで「はい」とは言い難い。でも、行ったことがない方は、話のタネに一度行ってみてもいいのではないだろうか。

    kurohime_map

    スポンサーサイト
    tag :

    物語力

    2014-01-24

    数日前のTVの朝番組で、センター試験の国語の平均点が悪かったことについて、流行語『今でしょ』の林先生が「最近の学生は物語力(ものがたりりょく)が落ちてきているせいではないか。」と言っていた。

    「物語力」とは「文を読み、その『結構』*1を想像できる能力」と林先生は解説していた。

    *1:『結構』とは「全体の構造や組み立てを考えること。また、その構造や組み立て。構成。」という意味である。「結構です」は「ッコウ」で”ケ”にアクセントがあるが、名詞の「結構」は「ケッウ」で”コ”にアクセントがある。

    今回のセンター試験の国語の漢文が、正に、その「物語力」を問われる問題であり、最近の学生の「物語力」が落ちてきている理由については、「本を読まなくなったことが大きな原因」と林先生は述べていた。

    私が思うに、さらに、携帯のショートメッセージ、およびFacebookやTwitterに代表される短文・絵文字・名詞のみのやりとりが溢れているSNSの影響が大きいのではないだろうか。

    コンテキスト*2を共有している者同志であれば、短文・絵文字・名詞のみで意思疎通が可能であるが、コンテキストを共有していない者同志では意思疎通をするには、論理的な文章による説明が必要である。

    *2:コンテキストとはコンピュータ用語でもあり、「前後関係, 文脈, 背景, 状況, 場面」という意味である。

    例えば、山スキーを趣味とする者同士が「私のシールの利き、最高!」と言えば、「シール」は紙に糊がついたシールではなく、山スキー道具のシールスキンを意味する。また、「利き、最高!」は、本当に最高ではなく、「非常にいい」という程度の意味である。これは「山スキー」というコンテキストを両者が共有しているからこそ成り立っている。

    FacebookやTwitterを批判するわけではないが、スマホの普及によりSNS依存症になっている学生もかなり多いと予想される。コンテキストを共有している友人同士でのやりとりが中心であろうから、自ずと論理的な文章ではなく、短文・絵文字・名詞でのやりとりが中心になり、論理的な文章を読み書きする機会が減ってきて、「物語力」の低下があるのではなかろうか。

    私自身の仕事はシステムの企画という、コンテキストを文章で正確に表し、それを具現化することが中心であるため、それなりの「物語力」を必要とされる。この歳になっても満足できるその能力が備わってきてはいないが、できるだけブログで『結構』を正確に表現することにこころがけ、「物語力」の向上をしていきたい。

    なーんて、固い文章って、やっぱり疲れちゃうねー!

    tag :

    自分を追い込む

    2014-01-20

    長野マラソンまであと3ヶ月。山スキーもやりたい、仕事も忙しい、あれもこれもやりたい。。。という状況だと、日頃の地道なトレーニングの優先順位が下がってしまい、先月立てたトレーニング計画の半分も消化できていない。『うーん、これはいかん。。。』と思っていたところに、間近で近隣の大会を紹介したランネットのメルマガが送られてきた。

    『3月21日「春の松本ランニングフェスティバル2014 in 信州スカイパーク 」。。。ハーフかあ。。。長野マラソン1ヶ月前だし、ちょうどいいかも。自分を追い込むしかない!』

    早速、ポチッ!とエントリー。

    しかし、今週末の土日はもう山スキーの予定を入れてしまっているぞ。

    マラソンのトレーニングする気あるのか?私。

    tag :

    山スキービンディングの潮流

    2014-01-19
    私が山スキーを始めた10数年前はビンディングといえば、ディアミール(Diamir)社のフリッチ(Fritchi)だったが、数年前からはディナフィット(Dynafit)社のTLTが隆盛を極めている。フリッチはアルペンスキーと同様のビンディングでブーツの脱着が簡単でいいが、いかんせん重い。TLTと比較すると両足で1.2kgの差がある。

    最近では重いディアミール社のフリッチを買う人は皆無に等しい状況の中、ディアミール社はどうするの?と思っていたら、ピンタイプのビンディングを出していました。Diamir Vipec 12。

    DIAMIR_VIPEC_thumb.jpg

    ディナフィット社の持っていた特許の一部が切れ、他のメーカーでも出せるようになったらしい。

    調べるとG3社からもでていました。G3 Ruby。



    TLTは商品名なので、これらのピンタイプのビンディングを、総称して、”Tech (System) Binding”と、言うそうな。

    世の中流れているのね。山スキー道具を買い替える気がないと、アンテナが低くなってしまう。

    とにかく、ユーザーにとって、メーカーの選択肢が増えるのはありがたい。でも、裕福ではない山スキーヤーは我慢、我慢。
    tag :

    栂池鵯峰西ピーク山スキー

    2014-01-04

    今日は、山岳会アスターク同人の私・T田さん・Y越さん・K林さんで、小谷の真那板山に山スキーに行こうとしたところ、雪がちらつく白馬を過ぎ、7時半ころ小谷村に入ったところで、雪は雨に変わってしまった。そこそこ濡れてしまう雨のため、相談した結果、真那板山は断念し、栂池スキー場から鵯(ひよどり)峰付近で遊ぶこととなった。

    9:00 栂池のゴンドラ乗り場に着くと、正月休み終盤のためか、多くの人で賑わっている。

    DSC_20140104_0007_800

    9:30 ゴンドラ降り場に到着。ここでシールをつけて、ゲレンデ脇を登り始める。

    DSC05222_800

    急遽場所を変更したので地形図を持っていない。栂池は何度か来ているので概ね地形は頭に入っているが、正しい位置関係は分からない。ロープウェイ駅に延びる林道に着き、スマホで地形図をダウンロードしようとしたが、電波状況が悪くダウンロードできない。しかたがないので、頭の中の地図をたよりに林道を歩き始める。

    DSC05224_800

    途中で林道をショートカットすると、早稲田小屋に到着する。

    DSC_20140104_0018_800

    ここから早稲田小屋の北側の南向斜面を登り始める。表面に20cmほど雪が積もっているが、その下はモナカ雪っぽい。

    DSC05225_800

    10:50 この斜面を登りつめると、ピークにでた。これが鵯峰かどうか不明だが、記念写真(あとで地形図で確認すると、鵯峰よりさらに高い西側のピークであった)。雪が降り風が吹きまくっている。

    DSC_20140104_0019_800

    ここから滑りだす。しかし、新雪の下がおもいっきりモナカのため、スキーのコントロ-ルが利かない。ほとんどスキーとはいえない滑りで早稲田小屋まで滑り下りる。

    DSC05229_800

    いい雪だったら、2-3度滑るつもりだったが、あまりにもモナカでスキーを楽しめないため、今日はこれで打ち切りである。林道とゲレンデを滑りおり、ゲレンデ内のレストハウスで休憩である。

    DSC_20140104_0023_800

    その後、「白馬塩の道温泉 ガーデンの湯」で温泉に浸る。みんな不完全燃焼のせいか、次はどこへ行こうかと相談し始めた。たまに悪い状態であっても、いい状態のときを知っているだけに、山スキーヤーは懲りない。

    tag :

    2014新年の抱負

    2014-01-01

    あけまして、おめでとうございます。今朝、善光寺に初詣に行ったら、駐車違反のキップ切りをバンバンやっていた。去年以前は取り締まりをやっているのを見たことがなかったけど、『景気がよくなっているので、罰金ちょっと徴収しても大丈夫』という思惑の現れか?

    まずは、遊びの抱負から。

    • 一昨年と昨年は「アルパインクライミングをやる」と言い続け、昨年念願かなって、アルパインを開始できた。厳しいコースのリードをするには技術が足らないので、50代とはいえ継続的に技術を磨き、次の世代に継承していきたい。
    • 山スキーはちょっとダレ気味なので、少しピリッとしたところへ。といっても、危険な場所や行為で遭難騒ぎを起こして他人様に迷惑をかけないように慎重に行動しよう。
    • 沢登りは昨年はほとんど行っていないので、美渓中心にのんびりと行きたい。
    • 縦走テント泊も長らくしていないので、年齢的に限界が来る前にまたやっておきたい。
    • マラソンは今年はサブフォーを!今のところ故障もないし体調も万全なので、練習に励むぞ!

    例年、遊びの抱負の半分くらいしか達成できていないが、それくらいがちょうどいい。

    仕事の抱負は、そろそろ次の世代にバトンタッチの時期なので、自分が今までしてきた仕事の後始末と継承を始めよう!

    自己啓発では、第二の人生(?)に向けて、英語力。TOEICxxx点を目指すぞ!

    遊びや仕事につきあってくださっている皆さん、今年もよろしくお願いします。

    tag :
    << topページへこのページの先頭へ >>
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。