FC2ブログ
    あなたは 人目のお客様です
    過去の主な日記 ◎はおすすめルート
    山スキー 2017: ◎雪倉岳  2014: ◎横前倉山  2013: ◎剱沢 白馬周回 蒲原山 乙妻山 鍋倉山 ◎大渚山 小日向山  2012: 白馬岳 鍋倉山 ◎船越の頭~金山沢  2011: 黒姫山 妙高前山 北信佐渡山 ◎戸隠五地蔵山 雨飾山 白馬大雪渓 妙高涸沢 6月立山 11月立山  2010: 白馬乗鞍岳 小日向山 黒姫山 乙妻山 ◎針ノ木岳 ◎栂池~蓮華温泉 火打山  2009: 雨飾山 針ノ木雪渓 ◎火打山  2009北信五岳: ◎戸隠山(乙妻山) 妙高山(三田原山) 斑尾山 黒姫山 飯縄山  2008三大雪渓: 針ノ木大雪渓 ◎剱沢大雪渓 白馬大雪渓
    沢登り 2015: ◎黒部赤木沢  2014: ◎巻機山ヌクビ沢  2013: ◎雑魚川外ノ沢  2012: ◎草津白根某温泉沢  2011: ◎笛吹川ヌク沢左俣 荒城川、沢上谷 ◎雑魚川外ノ沢 ◎沢上谷三大滝巡り 裏妙義烏帽子沢  2010: 火打黒沢 裏妙義烏帽子沢 ◎中ア西横川  2009: 沢上谷 火打山黒沢
    アルパイン、岩登り 2015: ◎剱岳八ツ峰Ⅵ峰 立山龍王岳東尾根Ⅰ峰北壁 ◎明星山P6南壁左岩稜  2014: 小川山ガマルート  2013: ◎伊豆城山南西カンテ 妙義筆頭岩 ◎妙義山星穴岳 ◎海谷山塊船浦山東壁
    日帰り
    トレラン
    2012: 丹沢山(蛭ケ岳)  2011: 岩菅山 燕岳  2010: ◎奥穂高 ◎槍ヶ岳 鳳凰三山  2009: ◎剣岳 ◎白馬三山7月 ◎白馬三山8月 空木岳 蓼科山 ◎塩見岳  2008: ◎常念岳-蝶ケ岳  2008北信五岳: 斑尾山 妙高山 黒姫山 戸隠山 飯縄山
    百名山 2014: 大朝日岳  2013: 安達太良山、磐梯山、西吾妻山  2012: 間ノ岳  2011: 越後駒ケ岳 浅間山 ◎飯豊山  2009: 光岳  2008: 鹿島槍岳 焼岳 ◎甲斐駒ケ岳,仙丈ケ岳
    山道具 熊対策 ハンディGPS ミシン自作道具 チューブ食糧 衛生用品 心拍計 Jetboil個人輸入 Jetboil使用感 つめかえ君

    初めてのシーズン券

    2013-12-28

    51歳にして初めてのスキーリフトシーズン券を購入した。戸隠スキー場50周年記念のファミリー割引で大人15,000円、子ども(中学生含む)6,000円という破格値だ。

    積雪が十分ありそうなので、息子と戸隠スキー場へ行き、シーズン券を受け取ったあと、今シーズン初スキーだ。

    朝9時に到着し、リフトに乗るが、雪がチラチラと降る曇り空で気温が低く、まだ寒さに体が慣れておらず、手足が冷たくなり、やたらと寒い。

    SANY0787_800

    しかし、滑りだせば体が温まってくるし、寒いだけあって雪質はとてもいい。無圧雪のコースもいくつかあり、山スキーの滑りの練習にはもってこいだ。息子は最初ぎこちない滑りだったが、なかなか安定した滑りになってきた。

    14時半になるまで、昼食休憩をはさみ、15本くらい滑ったが、雪が軽いのでそれほど疲れない。15時近くになってくると急に温度が下がってきたので、帰ることにした。

    前シーズンはめまいの後遺症で平衡感覚がおかしく、滑っていても板が足についていないような違和感があったが、今年はかなり回復し、滑りは快調だ。さあ、山スキーはどこに行こうかな?

    tag :

    伊豆城山クライミングキャンプ

    2013-12-22

    所属している山岳会アスターク同人で、伊豆城山へ1泊2日でクライミングキャンプ企画がY越さんからあがった。これは行かねば!と思い参加表明。そこにM木代表、S原さんが参加することとなった。

    12月20日(金)

    21日(土)を丸1日クライミングにあてるため、長野から前夜出発だ。新潟からのM木代表とS原さんとは長野ICで23:00に落ち合い、車1台で伊豆城山に向かって出発だ。車の運転を交代しながら夜の高速を走る。運転の順序が終わった人からアルコールが入る。この時間帯は全く渋滞はなくスイスイと走る。

    深夜3:00に城山の近くを流れる川の堤防に到着する。堤防はウォーキング・ランニングができるよう整備されており、トイレも設置されている。風は少々強いが、ここでテントを張り、就寝。

    12月21日(土)

    7:00 起床。天気予報どおり快晴で、絶好のクライミング日和だ。一晩中風が強く熟睡ができなかったが、この青空で多少の寝不足はふっとんでしまう。

    DSC_2031221_0008_800

    お湯を沸かし、朝食を食べて、テントを撤収して、車で登山口に移動する。

    8:25 城山は市民のハイキングコースとなっており、登山口には立派な看板がある。登山道はよく踏まれて歩きやすく、走りたくなるほどだ。長野の里山だと広葉樹は全て葉がおちて寒々しいが、ここ伊豆はやはり暖かいので、常緑樹が青々している。

    SANY0763_800

    8:40 15分ほどの歩きで南壁に到着。横に幅広な壁は何本でもルートがとれる。

    SANY0764_800

    今日は私とY越さんは南西カンテ(5.7)、M木代表とS原さんはエキスカーション(5.10c)に向かう。

    9:10 南西ルートに向かうには、南壁をクライミングし、斜上バンドを伝って西に100mほど進まないといけない。一番簡単そうなトントン拍子(5.8)にとりつく。下から見ると簡単そうだったが、リードのY越さんから「しょっぺー!」との言葉が漏れる。ホールドが少ないので、フリクションを利かせて登る必要があるようだ。私はセカンドで取り付くが、フリクションがうまく利かせられずに最初はズリズリ落ちてしまう。

    DSC05143_800

    足も手もフリクションがかなり利く岩質なのが分かり、何とか斜上バンドに到着する。ここからスラブ状のバンドを20mほどトラバースをしなければいけない。確保してもらっているが、落ちたら思いっきり振られてしまうので、慎重にトラバースをする。

    SANY0766_800

    スラブ状のバンドを過ぎると、灌木が生えた歩きやすい道となり、100mほど進むと、南西カンテに到着する。

    DSC05150_800

    10:30 1ピッチ目は、ホールドが豊富なⅢ級程度のルートだ。快晴で12月でもポカポカしているので、スポーツシャツ1枚で十分だ。

    DSC05155_800

    2ピッチ目は灌木の生えた緩いルートだ。3ピッチ目は、ハングを乗り越えたあと、崩れやすい草付きを越える。足元の乾いた草付きが根っこごとボトっと落ちヒヤヒヤしながら登る。

    DSC05156_800

    4ピッチ目は凹角を登る。張りだした岩の間をかがみながら、バランスに気をつけて抜けていくと、稜線だ。

    SANY0768_800

    12:30 稜線に着き、二人で「お疲れ様!」と労をねぎらい、休憩する。

    しばらくすると、後続パーティのリードの方がきた。お話をすると埼玉の山岳ガイドさんで、「稜線をたどれば、南壁への登山道にあたりますよ」とのこと。下降は懸垂するつもりでいたが、後続パーティもいるし、そこそこ灌木があり懸垂下降しづらい。登山靴は持ってこなかったが、登山道を行ったほうが楽そうなので、クライミングシューズのまま登山道に向かう。

    SANY0769_800

    クライミングシューズなので、下りは若干爪先があたって少し痛いが、私のはアルパイン向シューズなのでそれほど苦ではなかったが、Y越さんはダウントゥのシューズのため、かなり痛いようであまり早いペースでは下れないとのこと。途中の樹林の切れ間から南壁が臨め、M木代表がトラバースしている姿がよく見える。

    SANY0772_800

    20分ほどの歩きで、もとの南壁に到着した。M木代表とS原さんは戻ってきていないので、5.8~10a程度の数ルートをクライミングする。

    SANY0773_800

    15時を過ぎてみんな合流し下山。

    下山後、修善寺温泉の共同浴場の筥湯(はこゆ)350円で汗を流し、スーパーアピタで夜の宴会用の焼肉食材やアルコールを買出しする。

    すっかり暗くなった18時から再び堤防の駐車場にテントを張り、その横で焼肉宴会開始!

    DSC_2031221_0010_800DSC_2031221_0011_800

    0℃近くでかなり寒いけど、話をしながら、おいしい焼肉や海鮮を食べながら、ビールやワインを飲み、21時まで楽しい時間を過ごす。

    その後、テントに入り、シュラフにくるまり、就寝。寝不足・クライミング疲れ・満腹・アルコールですぐにZzzz…..

    12月22日(日)

    7時に目覚めると、少し雲がでているが、晴れそうな感じだ。テントにはびっしり霜がついていて、かなり冷え込んだようだ。

    今日は、フリークライミングをしに、城山の南東面のクッキングワールドに向かう。城山の南東側の登山口に車で移動する。

    8:30 登山口からまずは頂上を目指す。

    8:45 頂上到着。眼下に伊豆の町が広がる。

    DSC05168_800

    残念ながら富士山の頭には雲が覆いかぶさっている。

    DSC05170_800

    頂上から10分ほど下ると、クッキングワールドに到着。5.8から5.10程度のルートをみんなでワイワイ言いながら登って遊ぶ。

    SANY0780_800SANY0783_800

    私は5.10aのルートをリードをしていたら、頭を下にしてフォールし、逆さ宙づりとなってしまった。どこにも打ちつけられなくて良かったが、初めて逆さになってしまい少々ビビってしまった。しかし、このままだと恐怖感が残るので、少し休んだあと、トップロープでフォールした箇所をリトライし、何とかクリアし、恐怖感を克服だ。抜けた壁の上からの眺めは格別だ。

    SANY0781_800

    昨日の疲れもあり、13時を過ぎると手足の力もなくなってきたので、14時くらいに下山を開始だ。

    下山後は、大仁温泉の一二三荘で格安300円で入浴し、帰途についた。途中の山梨の双葉SAで熱々のほうとうをみんなで食べポカポカ。

    DSC_2031222_0015_800

    長野には21時に到着。

    丸二日間、同じ目的を持ったメンバーと一緒に行動し、クライミング・温泉・焼肉を堪能した。私はクライミングの技量は大したことないが、他のメンバーからサポートしてもらい、楽しい時間を過ごすことができた。一人で同じことをしても楽しくないが、仲間と一緒だと楽しくなる。そんな仲間に感謝!

    tag :

    山スキーのギア準備

    2013-12-15

    今日はかなり冷え込んできて、雪も山沿いではそこそこ降っていそうだ。おととい、息子と「15日は戸隠にスキーに行く」と話をしていたので、本日6:30起床時に息子に「スキー行くぞ」と言ったところ、『何のこと?』という顔をしたので、「覚えてないのか?」の私の問いに、息子は「うーん、覚えていない」と返答。「どうする行くか」と聞いたところ、行くかどうか迷いながらも、「今日は宿題をやらなきゃいけないので、行けない」とつれない返事。親としては『宿題なんて、いいから行こう』とも言えないので、「そうか、しょうがない」と少しばかり寂しく引きさがる。

    一人でも行こうかと思ったが、スキーの用意もしていなかったので、実際行くとなるとバタバタしてしまうし、早朝時点の戸隠スキー場のHPではリフトは3本程度しか動いていないようで、それほどコースも周れないようなので、本日はゲレンデ・スキーはあきらめ、道具の点検も兼ねて、今シーズンに向けた山スキーのギアの準備だ。

    沢はもうシーズン終わりなので、沢靴や沢用ザイルなどロフトに仕舞う道具を整理し、ヘルメット、スコップ、ビーコン、ゾンデ、アイゼンなどの山スキーのギアをロフトから下ろしてくる。不具合がないかひとつひとつチェックする。

    P1030811_800

    次に、6年目となる板をひっぱりだし、昨シーズンに滑走面にかけたワックスを剥がし、丁寧にブラシで滑走面を磨く。多少石を踏んで滑走面に大きな傷があるが、ブラシで磨くと、濡れたようにツヤツヤに光ってくる。まだまだ滑れるぞ!ビンディングにも異常がないかを確かめる。

    P1030812_800

    海外並行輸入で購入した新しいバッグに、ギア類を入れヘルメットも装着し、ギアの出し入れ具合や担ぎ具合を確かめる。こちらも具合OK!

    P1030813_800

    これでギアの確認完了だ。

    そういえば、数年前、有名な某男子フィギュアスケーターが、本番中にスケートの靴紐が切れて、滑れなくなり、悔し泣きをしていた姿がTVニュースで報道された。大半は同情的なコメントがなされていたが、それを見た私は『プロなのに何やっているんだ』と、薄情かもしれないが、思ってしまった。

    山スキーは遊びでやっているが、ギアの不具合は、「遊び」を「苦痛」に変えてしまい、果ては命にかかわることもある。快適な遊びと生きて帰ってくるためには、事前の入念なチェックは必須だ。

    山スキーを快適に行うには、藪や沢が雪で埋まる必要があるが、まだまだ積雪が足らない。もう一降りしたら、出動だ!

    tag :

    マラソン・トレーニング・メニュー

    2013-12-09

    10月の柏崎マラソンで何とかサブフォー(4時間切り)が目前に見えてきた。サブフォーを達成すべく、4月20日の長野マラソンに向けてトレーニングメニューつくりだ。

    参考にした本は「誰でも4時間を切れる!効率的マラソンメソッド 」。昨年も参考にしてメニューを作ったが、捻挫の回復や体調が万全ではなく、メニューどおりの練習がほとんどできなかった。しかし、今年は故障もないし体調もいいので、メニューをこなせそうだ。グーグルカレンダーにトレーニング・スケジュールを入力していく。

    training_calendar

    j40mはジョギング40分、j2k i5はジョギング2km+インターバル走(1km)x5、p20kはペース走20km、といった具合だ。

    よく見ると、50代には結構きびしそう。それに、マラソントレーニングの期間は、山スキーのピークシーズンなんだよなー。どちらを優先すべきか悩ましい。。。

    tag :

    山岳会納会

    2013-12-08

    今日は所属山岳会のアスターク同人での納会。新潟県上越市の新井が本拠地の会なので、長野市の私は電車に乗り、会場に到着。

    DSC_20131207_0011_800

    18時に乾杯し、一人ずつ今年の振り返りを発表していく。縦走、山スキー、沢、岩、藪と様々な活動の振り返りが続く。私は8月に入会したばかりなので、面識の無い方も多い。会の古参の方と岩登りに始まり藪漕ぎの哲学を拝聴する。

    料理は、ふぐ鍋、ふぐ刺しなどのふぐ料理である。ふぐを食べるのは10年以上ぶりだ。

    DSC_20131207_0012_800DSC_20131207_0013_800

    古参の方はそれぞれに極めた方が多く、自分にとって未知の世界が目の前に広がっていく。残念ながら私は電車の時間もあるので中座して20時にお暇させてもらったため、お話できた人は少ないが、山を通じて新しい出合があるのはうれしいことだ。

    tag :

    82の法則

    2013-12-05

    どこぞの銀行の話ではなく、「パレートの法則」というやつだ。

    例えば、

    • 全所得の8割は、人口の2割の富裕層が持つ
    • 売上の80%を占めているのは、20%の製品、20%の顧客である
    • 文章で使われる単語の8割は、全単語数の2割に当たる頻出単語である

    などなど。。。

    この考えは、自分の仕事である業務のシステム化とその費用の見極めのために使っている。

    ある業務の全ての工程を洗い上げて、それぞれの発生頻度を数えると、工程種類の2割に全発生頻度の8割が集中していることが多い。工程をシステム化する際には、発生頻度100の工程も発生頻度1の工程もほぼ同じ工数がかかる。そうなると、発生頻度1の工程をシステム化しても、あまりメリットが得られないので、その工程はシステム化せず、手作業のままでいいということになる。

    工程全てをシステム化するのに1億円かかるという仮定のもと、発生頻度の上位8割分(工程の2割)をシステム化し、残り2割分(工程の8割)はシステム化しないとした場合、1億円x2割=2千万円のシステム化費用で済むこととなる。

    やるべきかやらざるべきかで悩んでしまう場合には、数字化して割り切ってしまうのも一つの手段である。

    tag :

    妙義筆頭岩

    2013-12-01

    妙義山辺りへ行くと、妙義山と金鶏山の間にポツンと離れて尖ってそびえたつ岩が目にとまる。それが筆頭岩だ。別名、ろうそく岩。ある方向からみると細く尖り、筆の頭もしくはろうそくのように見えることから、その名がついた。

    SANY0760_800

    岩登りをやっている人であれば、ついつい登ってみたくなる山容である。今日は先々週妙義の星穴岳へ行った山岳会のY越さんと一緒に再び妙義を目指す。

    8:00に長野IC近くで待ち合わせをし、筆頭岩近くの「サクラの里」の駐車場に9:10に到着する。

    9:30 サクラの里から道路沿いを歩くと階段があり、ここが入山口だ。

    SANY0745_800

    踏み跡はしっかりしているが、すぐ下が道路なので落石しないように、注意して歩く。ところどころ岩が張り出し、石ではなく自分自身が落ちそうな場所もあり、ヒヤヒヤする。

    すぐに取り付きとなる岩の斜面に来る。

    SANY0747_800

    私のアルパインクライミングのリードの手順の練習も兼ねて、最初からダブルロープで登り始める。きれいに晴れ渡り、12月とは思えない暖かい日差しの中での岩登りは快適だ。

    SANY0750_800

    練習のため、数ピッチに分けて登って行く。

    それほど困難なところもなく登って行くと、戸隠の蟻の塔渡りを彷彿とさせる幅50cmのナイフリッジに到達。長さは10mもないが、少々緊張する。

    P1010005_800

    次に高さ20mほどの60度程度の壁。鎖がかかっているので、鎖で支点をとって、登る。

    SANY0752_800

    快晴で暖かくて、気持ちよさのため、頭の中は真っ白になり、岩と青い空に融け込んでいく気分だ。

    P1010002_800

    次の最終ピッチは私がリードで登る。

    12:10 ここを過ぎると傾斜も緩くなり、頂上に到着する。

    SANY0754_800

    頂上は細い岩に立つような狭い場所かと思いきや、7-8人がゆっくりできるくらいの広さだ。周囲の山々を眺めながら、休憩と昼食をとる。

    ここから南東面に懸垂下降で下りていく。1ピッチで下りることもできそうだが、灌木が多いので、ザイルが引っかかってザイルの回収が困難にならないように、3ピッチに分けて下って行く。最終ピッチは空中懸垂。

    SANY0756_800P1010008_800

    下り終わった岩壁には古いボルトが打たれており、昔はクライミングゲレンデとして使っていたようだ。

    SANY0758_800

    岩の南面に踏み跡があり、そこをたどって行くと、筆頭岩の取り付きに到着し、そこから登ってきた道を下って行く。

    12:50 サクラの里の駐車場に到着。

    Y越さんと「少し物足りない」「この倍くらいの距離はほしい」などと、本日の感想を述べあう。怖いもので、人間慣れてくると、さらなる刺激を求めてしまうものらしい。

    tag :
    << topページへこのページの先頭へ >>