FC2ブログ
    あなたは 人目のお客様です
    過去の主な日記 ◎はおすすめルート
    山スキー 2017: ◎雪倉岳  2014: ◎横前倉山  2013: ◎剱沢 白馬周回 蒲原山 乙妻山 鍋倉山 ◎大渚山 小日向山  2012: 白馬岳 鍋倉山 ◎船越の頭~金山沢  2011: 黒姫山 妙高前山 北信佐渡山 ◎戸隠五地蔵山 雨飾山 白馬大雪渓 妙高涸沢 6月立山 11月立山  2010: 白馬乗鞍岳 小日向山 黒姫山 乙妻山 ◎針ノ木岳 ◎栂池~蓮華温泉 火打山  2009: 雨飾山 針ノ木雪渓 ◎火打山  2009北信五岳: ◎戸隠山(乙妻山) 妙高山(三田原山) 斑尾山 黒姫山 飯縄山  2008三大雪渓: 針ノ木大雪渓 ◎剱沢大雪渓 白馬大雪渓
    沢登り 2015: ◎黒部赤木沢  2014: ◎巻機山ヌクビ沢  2013: ◎雑魚川外ノ沢  2012: ◎草津白根某温泉沢  2011: ◎笛吹川ヌク沢左俣 荒城川、沢上谷 ◎雑魚川外ノ沢 ◎沢上谷三大滝巡り 裏妙義烏帽子沢  2010: 火打黒沢 裏妙義烏帽子沢 ◎中ア西横川  2009: 沢上谷 火打山黒沢
    アルパイン、岩登り 2015: ◎剱岳八ツ峰Ⅵ峰 立山龍王岳東尾根Ⅰ峰北壁 ◎明星山P6南壁左岩稜  2014: 小川山ガマルート  2013: ◎伊豆城山南西カンテ 妙義筆頭岩 ◎妙義山星穴岳 ◎海谷山塊船浦山東壁
    日帰り
    トレラン
    2012: 丹沢山(蛭ケ岳)  2011: 岩菅山 燕岳  2010: ◎奥穂高 ◎槍ヶ岳 鳳凰三山  2009: ◎剣岳 ◎白馬三山7月 ◎白馬三山8月 空木岳 蓼科山 ◎塩見岳  2008: ◎常念岳-蝶ケ岳  2008北信五岳: 斑尾山 妙高山 黒姫山 戸隠山 飯縄山
    百名山 2014: 大朝日岳  2013: 安達太良山、磐梯山、西吾妻山  2012: 間ノ岳  2011: 越後駒ケ岳 浅間山 ◎飯豊山  2009: 光岳  2008: 鹿島槍岳 焼岳 ◎甲斐駒ケ岳,仙丈ケ岳
    山道具 熊対策 ハンディGPS ミシン自作道具 チューブ食糧 衛生用品 心拍計 Jetboil個人輸入 Jetboil使用感 つめかえ君

    スポンサーサイト

    --------
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
    tag :

    飛騨沢上谷:観光沢登り

    2013-09-29

    飛騨の沢上谷(ソウレダニ)は、美しいナメや滝が広がり、初心者でも安心して行ける沢である。私も過去3度行っているが、何度行っても飽きることのない美しい沢だ。かねてより、Gさん・Tさんより沢上谷へのお伴を頼まれていたので、好天予報の本日決行である。

    朝5時に長野を出発し、8:20に飛騨沢上谷の入渓点に到着する。

    8:40 装備を整え、沢に入る。

    SANY0662_800

    まだ気温は低く、水に入って行く気がおきないので、できるだけ濡れないように歩く。

    SANY0663_800

    9:05 枝沢を登り、五郎七郎の滝に到着。水が不思議なカーブを描きながら落ちている。

    SANY0664_800

    10:10 本流に戻り、少し登った先の二俣を左に進むと、岩洞滝に到着する。ここはガレ場を登ると滝の裏側に入ることができる。

     

    SANY0669_800

    11:00 再び本流に戻り進むと、蓑谷大滝が現れる。落差20mのナメ滝は圧巻だ。

    SANY0672_800

    30分ほど休憩し、大滝の右側の急登を高巻く。

    SANY0674_800

    SANY0675_800

    斜面を詰めていくと立派な巡視道にあたる。この先を進むと、フィックスロープが張ってあり、そこを下って行くと、滝の落ち口にでる。

    滝の落ち口から下を覗くため、20mロープを木に固定し、懸垂下降気味に落ち口まで下りていく。SANY0676_800

    下りていく本人よりも、その様子を見ているこちらのほうがドキドキしてしまう。

    12:30 ここからは2車線の舗装道路のような大ナメだ。自然の造形は不思議だ。

    SANY0677_800

    大ナメを進むと高さ10mのスラブにあたる。フィックスロープを頼りに登って行く。

    SANY0679_800

    13:10 流れが細くなった沢を詰めていくと橋にあたり沢旅も終了だ。橋の横の広場で下山の準備をする。

    SANY0680_800

    沢靴をトレランシューズに履きかえ下山し、1時間ほどで入渓点に到着する。

    飛騨に入ってから、あちこちに飛騨牛の看板をみてきたため、せっかくだから食べるしかない!ということで、道の駅にて飛騨牛串焼きをいただく。口の中にジューシーな肉汁と脂が広がる。

    DSC_20130929_0012_800

    帰りは松本IC手前や高速道路のトンネル工事の渋滞につかまってしまう。渋滞の中で、「猟銃・ガスマスク・ビキニ姿の山ガール」の話で盛り上がっているうちに、19:00少し前に長野に到着した。

    今日は女性2人に美しい沢上谷には十分満足してもらえたようだ。人に喜んでもらえる沢を紹介できて、私自身も大満足だ。

    スポンサーサイト
    tag :

    息子と立山テント泊:2日目

    2013-09-22

    息子と雷鳥沢でのテント泊の2日目だ。昨晩23時ころに寒さで目が覚めた。気温はすでに0℃近くまで下がっている。頭はかなり発熱が大きく、毛糸帽を被らず眠ってしまったので、寒さで目が覚めてしまったようだ。起きたついでにトイレに行くために外にでると、ほぼ満月の好天のため、満月がライト並みに明るく、ヘッドランプなしで歩くことができる。

    翌朝は4時ころ目が覚めた。息子も同じころ目が覚めたようで、落着かなく隣でゴロゴロしている。活動するにはまだ暗いので、うっすら明るくなるまでシュラフの中でウトウトする。5時半ころに明るくなってきたので、活動開始だ。体を温めるために、お湯を沸かし、甘いカフェオレを飲む。それから、食事の準備にとりかかる。朝食は、ミートソーススパゲッティとハムと野菜の炒め物だ。

    DSC_20130922_0011_800

    今日は、雷鳥沢キャンプ場から大走り(真砂岳と富士ノ折立の中間にでる登山道)を経て、立山三山を周り、一ノ越から雷鳥沢に戻る予定だ。

    7時に出発し、大走りを登る。

    SANY0646_800

    今日は曇り気味で少し肌寒い。稜線に近づいてくると風が強く、休憩しているとあっという間に冷えてしまう。大走りの北面の谷にはしっかりと雪が残っている。

    SANY0647_800

    2時間ほどで真砂岳と富士ノ折立の中間にでた。これからの富士ノ折立方面は急峻な岩場だ。息子は少しへばり気味なので、大丈夫かたずねると、「心が折れそうだけど大丈夫」とのこと。

    SANY0648_800

    実際登ってみると大したことはないが、浮き石が多くて、落石に気を使う。息子は疲れから歩き方が雑になり落石を起こしながら歩いているので、「下の人に当たると危険なので、石を落とさないようにして歩け!」と注意する。

    大汝山に到着すると、頂上にボルダリングに適した大岩が鎮座している。他の登山者はこの岩の前で記念写真を撮っているだけだ。これは登るしかない!『何とかは高いところに登りたがる』の典型だな。

    DSC_20130922_0012_800

    全く恐怖を感じないのは、プライベートウォールの成果か?

    30分ほど歩き、雄山に到着。ここは一番高い場所に小さな祠がある。参拝は有料だが、神主さんの丁寧な祈祷とお神酒のふるまいがある。安全登山と家族の健康を願う。

    SANY0653_800

    DSC_20130922_0016_800

    ここから脆い岩場の下りである。登りの登山者も多く渋滞する。落石を起こしてはいけないので、普段より慎重に下る。

    SANY0656_800

    ルート中もっとも気を使う場所であったが、無事に一ノ越まで下りてきた。少し下ったところにある分岐点で雷鳥沢に向かう。

    雷鳥沢に到着すると12時前だったので、ラーメンを作って食べる。お腹もいっぱいなったところで、テントを撤収だ。天気もいいし、食料さえあればもう一泊したいところだが、帰宅後の片付けのことを考えると、今日帰るしかなさそうだ。

    ここからの戻りは登り気味のアップダウンだ。マラソンの練習も兼ねて、重荷を背負い目いっぱい心拍数を上げて、室堂駅に進む。

    帰りのアルペンルートは大混雑だ。黒部ダムと扇沢間のトロリーバスは、今まで同時に出発する台数は3台程度しか見たことがなかったが、今日は7台同時に出発だ。それだけの台数を保有していたとは知らなかった。16時に、無事に扇沢駅に到着し、帰途についた。

    SANY0661_800

    今回は息子に私の趣味に付き合ってもらった形になった。他に楽しいことや誘惑が多い思春期の子供にとっては、山でのキャンプはそれほど刺激のある楽しいイベントではないだろう。しかし、これから一人立ちする上で、自然の中でも何とか生活できるというのを身をもって体験して、何かの糧になってくれればいいと願うまでだ。

    tag :

    息子と立山テント泊:1日目

    2013-09-21

    夏山の稜線歩きは、暑さと渇きとの戦いになり、今一つ楽しめない。春山や冬山はスキーがいいので、そもそも稜線歩きという発想がない。そういう理由で、秋は稜線歩きをすることにしている。秋山へ行くなら温泉に入りたい!小屋は混雑すると苦痛なのでテント泊!水がジャブジャブ使えるテント場がいい!とかなんとか考えると、立山の雷鳥沢が一番だ。今回は息子にも一度体験してもらおうと思い、「星空がきれいで、流れ星も見えるぞー」「晩飯はジンキスカンだ!」「近くに温泉もある」「9月でも強烈な寒さを体験できる」とか、うまい話を並べたて、一緒に行くことになった。

    扇沢6:30始発のアルペンルートに乗るべく、息子と扇沢に到着すると、今まで見たことがないほど駐車場が混雑している。市の無料駐車場は満杯で、近隣の林道の路肩にまで車を停めている。私の車もしかたないので、林道の路肩だ。扇沢の駅に着くと、構内に人が入りきれず、外階段まで人が並んでいる。

    トロリーバスに乗り、黒部ダムに着くと、観光放水していた。ゆっくり見たかったが、ロープウェイの順番待ちがあるので、写真だけ撮って先に進む。

    SANY0632_800

    その後、ケーブルカー、ロープウェイ、トロリーバスと乗り継ぎ、予定時刻どおり室堂に到着。重さ20kg以上のザックでの乗り継ぎはかなり疲れる。

    室堂からミクリガ池あたりまでは観光客が多い。

    SANY0636_800

    室堂から30分ほどで、雷鳥沢のテン場に到着し、息子に説明しながらテントを設営する。

    DSC_20130921_0003_800

    今日は奥大日岳までピストンだ。まず、テント場の近くの川を渡る。

    SANY0638_800

    息子を先頭にして歩かせたところ、汗がでるほどのペースだ。最近息子の体力がついているので、『もうおれも抜かされたかな』と思い、「そんなに速いペースだと汗がでるので、もう少しペースを落とせ」と注意した。しかし、それは最初の1時間ほどで、息子のペースがだんだんと落ちてきてしまった。逆に私のペースが上がってきた。

    奥大日岳に到着。コースタイム2.5時間のところを1.5時間で登ってきた。息子に「あれが剱岳だ!」と教えても、山にそれほど興味のない息子は「ふーん。聞いたことがある」という程度。そんな程度でも、よくここまで登ってきたものだ。

    DSC_20130921_0005_800

    下山し、テント場に到着すると、まだ13時。今日は天気がよく、外にいると秋風が心地いいが、日差しが強いせいか、テントの中は暑くてゆっくりできない。少し時間は早いが、近くの雷鳥沢ヒュッテで温泉に入ることにした。

    雷鳥沢ヒュッテは過去何度か利用している。ここの内湯はかなり熱いが、外湯はぬるくてゆっくり入っていられるのだが、なぜか今日は外湯もかなり熱い。私は熱い湯は不得意だが、息子も熱い湯がだめで、「熱い!熱い!」といい、のんびり入ることもできず、早々に切り上げた。混雑時の対策だろうか?

    SANY0642_800

    テント場に戻ると、テントがかなり増えてきた。しかし、ここは敷地が広いため、テント間をかなり広くとることができるので、混雑感が全くない。

    DSC_20130921_0007_800

    夕食はジンギスカン。登山テントでの夕食に、肉があると何だか幸せな気分になってしまう。

    DSC_20130921_0009_800

    夕食を食べ終わると、7時になり、すっかり外は暗い。朝が早くて移動で疲れたので、シュラフにくるまって横になることにした。『流れ星は30分に1個程度は見ることができる』という天文学者の話を息子にしていたので、「流れ星を見る」ということで、息子はテントの出入り口から頭をだして星空を眺めている。私も10年以上前テントを始めたころ同じことをしたのを思い出した。その時は私は5分ほどで流れ星を見たが、今回息子は30分ほど眺めていたが、流れ星を見ることができなかったようだ。流れ星はあきらめ、テントの入口を閉じ、眠りについた。

    tag :

    温泉の湧く沢へ再び

    2013-09-14

    ブログが縁でお知り合いになったT島さんと沢登りである。T島さんのリクエストでは初心者向けの沢がいいとのことなので、草津白根山麓の温泉の湧く沢に行くことになった。

    8:30 長野市から草津白根に到着。台風で平地は暑かったが、ここは肌寒い。ガスっており天気はいまひとつだ。

    SANY0610_800

    身支度を整え、芳ケ平経由で沢の出合まで下って行く。

    9:00 途中の芳ケ平ヒュッテでは名物の草の犬がお出迎え。ちょっと不気味か?

    SANY0611_800

    ここから沢の出合まで下っていく。登山道の脇には立派なイグチらしきキノコがあちこち生えている。このあたりは、そろそろ秋の気配だ。

    9:30 沢出合の木道に到着する。しかし、沢装備を装着していると、霧雨が降り出した。台風も近付いているので、ここで中止するかどうか悩んだが、20mの滝まで行ってみて、ひどくなるようであれば、引き返すことにした。

    SANY0613_800

    9:50 20m滝に到着。雨は止み、晴れ間は見えないが少し雲も薄くなってきたので、続行だ。

    SANY0615_800

    7月に来たときは強烈なヤブ漕ぎだったので、再びヤブ漕ぎを覚悟していたが、滝の手前に立派な踏み跡がついている。踏み跡をたどりスイスイ登って行く。

    滝の上で一本いれることとなった。T島さん持参のコーヒー豆でコーヒーをごちそうになる。いつもは数分で休憩は切り上げるのだが、T島さんとの話は尽きず、のんびりと過ごす。

    SANY0619_800

    さあ、ここからは楽しい小滝登りが連続する。

    私の靴は今回はフェルトソールではなく、最近並行輸入で入手したファイブ・テンのアクア・ステルス・ソールの沢靴だ。これが岩にびったりグリップし、前回来た時よりも楽に滝を登ることができる。

    CI9558929630322999_800

    T島さんは滝の登りにだんだんと慣れてきたのか、スムーズになってきた。ところどころ段差の大きな場所では、お助けスリングをさしだして、乗り切ってもらう。

    11:50 沢をどんどん遡行すると、今回の目的である温泉淵にやってきた。しかし、淵はかなり土砂に埋まり浸かる水深がほとんどなく、前日降った雨のせいでかなり温度が低めだ。しかたないので、温泉の混じった生ぬるい沢水に打たれる。水責めの刑に処せられているわけではないので、悪しからず。

    CI94669929630322999_800

    打たれている間は暖かいが、気温が低く打たれていないとあっという間に冷えてしまう。寒くなり、ゆっくり休憩もできず、再び歩きだし、ハイキングの人たちが行きかう登山道にでる。沢筋から濡れネズミの中高年がでてきたので、ハイカーから奇異な視線を浴びる。

    12:30 登山道をT島さんと話をしながら駐車場まで戻る。

    T島さんは初めての場所だったので緊張していたとのことだったが、私は靴の調子もよく、おしゃべりしながらのリラックスした楽しい沢旅であった。ストイックな岩や沢もいいが、癒し系の沢もいいね。

    tag :

    クライミングの靴下

    2013-09-08

    クライミングシューズを履くときは通常素足だ。素足で履くと決まっているわけではないが、みんな靴下を履かないようだ。しかし、靴下を履いていないと以下のようなことが起こる。

    • 足が汗で湿ってくると、靴が脱ぎにくくなってくる。逆も同じで、夏場だと汗で足が湿ったままなので、靴が履きにくくなる。
    • 休憩時は足がきついのでシューズを脱ぐことが多いが、足裏にゴミやら土が付着し、シューズの中が汚れてくる。
    • 足の皮脂が靴内に付着し、臭いの元となる。

    普通の靴下だと、厚くて足感覚が鈍くなるし、そもそも靴がピッチリなので足が入らなくなる。クライミング専用の靴下もあるようだが、1足1千円弱して少し高い。そこで、当初履いていたのは、女性用のくるぶしまでのストッキング。

    P1030780_800

    結構丈夫でいつもサラサラで気持ちいいのだが、クライミングシューズを履くと、何だか女性っぽい感じが漂い、足元だけ女装している気分になり、今ひとつだ。「どこのオバサン?」と、山友にも笑われてしまった。

    P1030781_800

    それに洗濯後干していたら、家内にいつのまにか捨てられていた。「使わなくなった古い私のストッキングが紛れたかと思い、捨てちゃった」とのこと。

    そこで、ストッキング再入手のため「しまむら」で物色していると、素足っぽく靴を履くための男用の靴下を見つけた。

    P1030779_800

    これだと足の出し入れがスムーズだし、靴を履いた際に見えない。びしっと決まったビジネススーツで登山していれば違和感があるように、スポーツにおけるファッションというのもスポーツの大事な要素だ。というよりも、私の場合は「実力が伴っていないので、格好から入っている」というのが正しいか。

    tag :

    転送代行で海外登山用品入手

    2013-09-07

    アメリカのショッピングサイトで登山用品を見ていると、海外ブランドの登山用品は日本で買うより2-3割安い値段になっていることが多い。というより、輸送費や関税や人件費などで日本では2-3割高くなってしまっているのだろう。USのAmzan.comで購入して、輸送費+関税を追加で支払っても、日本で買うより安くなる場合が多い。1年ほど前の円高のときに、クライミングのカムを買った際は日本で買うより2-3割程度安くなった。

    しかし、各国に代理店がある有名ブランドメーカーの場合は、ブランドメーカーが海外輸出を認めておらず、ショッピングサイト自体が日本に対して発送してくれない。ブラックダイアモンドとかペツルなどの有名ブランドはまず無理だ。私が買ったカムのブランドはそこまで制限はしてなかったので、たまたま並行輸入ができた。

    今は円安なので、日本で買っても大して値段的には変わらないのだが、日本の代理店に在庫がなく、仕入れも予定がない品物もある。沢靴のFive-TenのWater Tennieや山スキー用ザックのDeuterのFreerider Pro 30が欲しかったのだが、日本の代理店に在庫がなくあきらめていたのだが、USのAmzon.comをのぞいてみると、Saleをしていた。早速購入しようとしたが、両ブランドともに日本への発送は認めておらず、US内の住所にしか送品を認めていない。

    そんなときに便利なのが、転送代行業者だ。仕組みは以下のとおり。

    • 転送代行業者のサイトで氏名や日本の住所を入力し会員登録。
    • 会員登録の際に、代行業者の住所内に下線のような私書箱をつくってくれる。Tarou Yamada, 123 xxx street, #JP1234, Los Angeles
    • Amazon.comなどのUSのショッピングサイトで購入。支払いはクレジットカードを指定し、発送先に上記の住所を指定して、Check Out。
    • 転送代行業者のマイページで購入した品物の製品番号やURLをコピペする。
    • 荷物が転送代行業者に届くと検品。輸送料や代行手数料をクレジットカードで支払うか、代行業者の日本の銀行口座に振込すると、日本に発送してくれる。

    Amazonでの購入から13日かかり、本日我が家に荷物が届いた。

    P1030778_800

    Amazonのショップの発送元が東海岸で、転送代行業者が西海岸だったので、US国内で10日ほど輸送にかかったが、転送代行業者から日本までは3日ほどで到着した。荷物の動きは、Amazon.comのマイページ、転送代行業者のマイページ、宅配便のサイトでそれぞれ見ることができるので、『今、私の買った商品はどこにあるの?』という不安は全くない。

    製品に欠陥があった場合、USのメーカーと直接交渉しなければならないという難点はあるものの、転送代行業者がある程度の検品をしてくれているので、登山用品は最初の検品がそれなりにされていれば、問題になることは少ない。

    日本の代理店からでは入手不可能であきらめていたが、円安であっても、日本で買うより関税・手数料・輸送料込みで1割程度安く入手できた。これからもちょくちょく海外サイトのsale情報をチェックするぞ!

    tag :
    << topページへこのページの先頭へ >>
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。