あなたは 人目のお客様です
    過去の主な日記 ◎はおすすめルート
    山スキー 2017: ◎雪倉岳  2014: ◎横前倉山  2013: ◎剱沢 白馬周回 蒲原山 乙妻山 鍋倉山 ◎大渚山 小日向山  2012: 白馬岳 鍋倉山 ◎船越の頭~金山沢  2011: 黒姫山 妙高前山 北信佐渡山 ◎戸隠五地蔵山 雨飾山 白馬大雪渓 妙高涸沢 6月立山 11月立山  2010: 白馬乗鞍岳 小日向山 黒姫山 乙妻山 ◎針ノ木岳 ◎栂池~蓮華温泉 火打山  2009: 雨飾山 針ノ木雪渓 ◎火打山  2009北信五岳: ◎戸隠山(乙妻山) 妙高山(三田原山) 斑尾山 黒姫山 飯縄山  2008三大雪渓: 針ノ木大雪渓 ◎剱沢大雪渓 白馬大雪渓
    沢登り 2015: ◎黒部赤木沢  2014: ◎巻機山ヌクビ沢  2013: ◎雑魚川外ノ沢  2012: ◎草津白根某温泉沢  2011: ◎笛吹川ヌク沢左俣 荒城川、沢上谷 ◎雑魚川外ノ沢 ◎沢上谷三大滝巡り 裏妙義烏帽子沢  2010: 火打黒沢 裏妙義烏帽子沢 ◎中ア西横川  2009: 沢上谷 火打山黒沢
    アルパイン、岩登り 2015: ◎剱岳八ツ峰Ⅵ峰 立山龍王岳東尾根Ⅰ峰北壁 ◎明星山P6南壁左岩稜  2014: 小川山ガマルート  2013: ◎伊豆城山南西カンテ 妙義筆頭岩 ◎妙義山星穴岳 ◎海谷山塊船浦山東壁
    日帰り
    トレラン
    2012: 丹沢山(蛭ケ岳)  2011: 岩菅山 燕岳  2010: ◎奥穂高 ◎槍ヶ岳 鳳凰三山  2009: ◎剣岳 ◎白馬三山7月 ◎白馬三山8月 空木岳 蓼科山 ◎塩見岳  2008: ◎常念岳-蝶ケ岳  2008北信五岳: 斑尾山 妙高山 黒姫山 戸隠山 飯縄山
    百名山 2014: 大朝日岳  2013: 安達太良山、磐梯山、西吾妻山  2012: 間ノ岳  2011: 越後駒ケ岳 浅間山 ◎飯豊山  2009: 光岳  2008: 鹿島槍岳 焼岳 ◎甲斐駒ケ岳,仙丈ケ岳
    山道具 熊対策 ハンディGPS ミシン自作道具 チューブ食糧 衛生用品 心拍計 Jetboil個人輸入 Jetboil使用感 つめかえ君

    スポンサーサイト

    --------
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
    tag :

    火打山山スキー:サクラ谷

    2013-04-28

    今日は会社の同僚のW貫さんとT岡さんと3人で火打山へ山スキーである。

    4:30に長野市内に集合し、車1台で笹ヶ峰キャンプ場の駐車場に向かう。あまり天気はよくなく、時折小雨や雪が舞い散る天気だが、昼からよくなる予報なのでとりあえず行ってみよう。

    6:06 1270m 笹ヶ峰の駐車場から出発。昨日あたり雪が降ったのか10cmほど新雪が下の固いバーンの上にのっている。

    6:53 黒沢橋を渡る。黒沢が埋まっていれば、黒沢を詰めていくのだが、大きく割れているので無理そうだ。

    SANY0479_800

    黒沢橋を渡り、十二曲りの急斜面の直下に来た。シールのまま行けそうだが、最終的に上部の岩場でアイゼンに履き替えるので、ここでシートラーゲン(スキーを担ぐこと)して、アイゼンを装着して、急斜面を登る。

    十二曲り上部の岩場は、岩が露出し、雪もガチガチに凍っており、アイゼンを食いこませながら登って行く。私のアイゼンはアルミなので、あまり強く蹴りこむと曲ってしまうので、気を使いながら、足を置いていく。

    SANY0481_800

    8:10 1990m 岩場を抜けると傾斜も緩くなり、再びシールで歩きだす。

    富士見平にでたが、ガスに覆われている。風が強く時折晴れ間が見えるので、天気が良くなるのを期待して進む。

    SANY0483_800

    9:30 2100m 高谷池ヒュッテに到着。こちら側はよく晴れている。

    SANY0484_800

    一方、火打山方面を見るとガスに覆われ、火打山本体は見えない。

    SANY0485_800

    ガスと強い風で登るモチベーションは下がり気味だったが、行けるところまで行ってみようということで火打山に進む。

    火打山は相変わらずガスに覆われているが、時折日が差し、何となく幻想的だ。

    SANY0487_800

    雪の状態はカリカリかと思ったが、氷化したバーンと新雪の吹きだまりともに温度が氷点下ではないせいか、柔らかくシールがよく食い込む。

    11:15 2461m 頂上に到着。風の強さと寒さを示すエビのシッポが道標にビッシリついている。

    CI-180350699230295026

    W貫さんもT岡さんもお疲れ様です。

    ガスに覆われたり、晴れたりして、周囲がよく見えない。当初の予定では影火打へ行き、そこから惣兵ェ落谷に滑りこむ予定だったが、視界が悪いため、惣兵ェ落谷は止めて、往路をピストンすることにした。

    さて、お待ちかねの滑降!

    あっという間に天狗の庭に到着。ガスもすっかり取れ、いかにも春スキー!という天気になってきた。数十分の違いだが、頂上でこの晴れ間に会えなかったのは残念。

    SANY0493_800

    天候もよくなり、往路ピストンも能がないので、行ったことのないサクラ谷に行くことになった。高谷池ヒュッテでサクラ谷の状態を聞くと、「穴は一部空いているが通過可能」とのこと。

    高谷池ヒュッテからサクラ谷に滑りこむまでの斜面は爽快!

    その後、沢の割れた部分を避け、沢の左岸を斜滑降で滑って行く。先行者のトレースがあり、うまく危険個所をかわしているので、そのトレースを追って行く。

    CI187247300830295027

    1570m付近で沢が大きく割れていたので、左岸台地に乗り上げ、そのまま滑っていく。温度が上がり雪がストップスノーになりだし、傾斜も緩くなり、スキーがなかなか進まない。進むうちに笹ヶ峰奥の林道にあたる。

    14:50 林道は板を担いで歩き、笹ヶ峰キャンプ場の駐車場に到着。

    ほんの数十分の差で好天の頂上を逃したのは残念だったが、当初予定ではなかったサクラ谷を楽しむことができた。命にかかわるアクシデントは困るが、登山ではちょっとした冒険的なところがあったほうがいい。

    スポンサーサイト
    tag :

    悔しさ、反省、開放感

    2013-04-22

    昨日の長野マラソンでは、20kmまでは快調で気持ちよかったが、それ以降は足首の捻挫の古傷が痛みだしリタイアとなり、悔しさいっぱいだ。

    今一度振り返って反省してみると、ソールの硬いトレランシューズでアスファルトを走ったことで古傷を刺激したのも一因だが、20km以上を走る走力はまだついていないことで、疲れから体勢が崩れて20km以降の走りが足先だけになってしまい、足の弱いところに負担がかかってしまったのも一因だ。そのせいか、右足首以外にも、家に帰ったら、足先だけで走った時に起こる長脛靭帯炎(ランナーズ二―)の痛みも左足にでてきた。42km完走した人たちは、よく練習していて月間200kmは走っている。自分は月間100km未満なので、半分の20kmの足しか出来上がっていないのだろう。やはり地道に月間200kmはこなさないといけなさそうだ。

    悔しいという気持ちもあるが、これでしばらくマラソン練習を気にせず山スキーに行けるという開放感もある。

    早速、今週末の28日は山友と火打山である。写真は4月18日のライブカメラより拝借。

    20130420100058

    よっしゃ、登るぞ!滑るぞー!

    tag :

    雪の長野マラソン

    2013-04-21

    今日は長野マラソン。朝6時に起床し、外を見てみると、なんと雪!1cmほど積もり、まだまだ降っている。冷え込む予報ではあったが、雪になるとは。マラソンはこの程度では中止にはならない。いつもの普通の登山であれば即中止しているので、棄権を考えたが、知人のFBへの投稿を見ると、みんな出場するようだ。これくらいは大丈夫なんだ。出場するか。

    予報では、午前から昼にかけて、雪→みぞれ→小雨→強風と天気が変わる。日頃のマラソンシューズやウェアでは、ずぶ濡れになり、後半走るペースが遅くなり、強風に吹かれたら低体温症になってしまうんでは?トレランや山スキーで雪が降る状況での装備は熟知しているが、マラソン経験の少ない私はこんな状況でのシューズやウェアをどうすればいいかよく分からない。悩んだ末にトレランシューズと山用ウェアで出場だ。

    荷物預け終了時間ギリギリの8時前に到着し、荷物を預けて、スタートラインに着く。トレラン姿なのは私くらいで場違いな感じだ。

    DSC_0005_800

    8:30 よく聞こえないスタートだったが、とりあえずスタート!雪が融けだしてあちこち水たまりができており、みんなそれを避けるためにときおり渋滞となってしまう。

    みぞれが降り続き、上半身にはビニール合羽を羽織っていたので、汗が逃げず、体はずっと濡れたままで少し気持ち悪い。10km、20kmは練習の甲斐あって、気持ちよく走って行く。何度か沿道の応援の中に知人を見つけ、声をかけながら走る。

    しかし、22kmあたりのところで、昨年夏に捻挫した右の足首が重い感覚になってきた。走っているとだんだん痛み出し、ペースダウンしていく。23-30kmあたりまでゆっくり走ったり歩いたりしていたが、歩くだけでも痛みがひどい。おまけに風も強くなってきて、ペースダウンして体から熱がでないため、濡れたウェアの乾きが悪く、とても寒くなってきた。もうこれ以上歩くことも無理になってきた。とうとう31kmの救護所でリタイアとなった。

    簡易テントの救護所には、暖房器具はなく、汗とみぞれで濡れた衣類は冷たくなり、毛布を羽織るものの、とてつもなく寒い。40分ほどガタガタ震えていると、暖房のきいた回収バスがやってきてひと安心だ。回収バスに乗り、ゴール地点にたどり着いた。

    マラソンシューズで練習していたときには、全く足首に違和感を感じたことは全くなかったが、今回固いソールのトレランシューズでアスファルトを長時間走ったせいで古傷が痛みだしたのかもしれない。おまけに山用ウェアが思いのほか乾きが悪く、とても寒い思いをした。やはり、マラソンはマラソン用の装備で走るべきであると反省しきりのマラソン出場となってしまった。この反省は次回の出場に活かそう!(また出るつもり?)

    tag :

    補給食

    2013-04-19

    長野マラソンはいよいよあさってだ。もう、すがるのは食事くらいだ。昨日より毎食炭水化物を多目にしてカーボローディングも始めた。

    長野マラソンでは、エードステーションにはバナナとまんじゅうが用意される。でも、両方ともお腹にもたれて私にとって効率があまりよくない気がする。そこで自前の補給食の準備だ。

    P1030737_800

    パワージェルは20kmと30kmで摂取。

    タブレットは、「塩熱サプリ」という商品で、ブドウ糖と塩とミネラルを固めたものだ。これは5kmごとに摂取。

    白いカプセルは「秘密の粉」。。。。。。なーんて、実は単なる「塩」。汗を多くかいたときの足攣り防止だ。

    このセットで、30kmあたりの壁を克服できればいいなー。

    tag :

    ハクノリ:長蛇の列

    2013-04-13

    今日は、いつもの山友W貫さん、T田さんと、今回初めてご一緒するT岡さん、O井さんの5人で、クラシックツアーコース栂池スキー場~北野集落に行く計画だ。

    朝6:30に中条道の駅に集合後、入山口は栂池、下山口は北野となるので、下山口である北野に車をデポしにいったら、林道が雪崩で塞がれている。かなり長い林道歩きになりそうなので、栂池スキー場~白馬乗鞍岳(ハクノリ)~船越の頭に予定を変更だ。

    8時ころに栂池に着くと、チケット売り場には長蛇の列だ。今日は好天予報なので、多くのBC愛好家で混雑している。ゴンドラのあとロープウェイに乗り継ぐのだが、ロープウェイ乗り場も長蛇の列だ。

    10:04 1830m ロープウェイの栂の森駅から歩き始める。気温はそれほど高くないが、無風で快晴のため、やたらと暑い。体が暑さに慣れていないせいか、一歩一歩が重く感じられる。しかし、ここ数日の寒さで15cmほど新雪が降ったようだ。

    天狗原の祠には立ち寄らず、直接ハクノリを目指す。白い斜面に蟻のように長蛇の列だ。

    SANY0476_800

    11:55 2440m ハクノリの頂上付近に出ると、天気はいいが風が強くかなり寒い。とりあえず記念写真。

    SANY0478_800

    船越の頭を眺めてみると雪煙が舞うほどの強風も吹いていて、かなり寒い。寒さでモチベーションが下がり気味だし、メンバーの一人の足が攣ってしまったので、無理はせず、往路を滑ることにした。

    ハクノリ東面の上部はやや重のパウダーで滑りやすく、気持ちがいい。天狗原は無風状態で日差しが暖かいので少し長い休憩をとる。

    再び滑りだすが、標高が下るにつれ、重く湿ったストップスノーになってくる。ワックスを塗らなかったので、やたらと滑りが悪い。

    13:50 ゲレンデは一部途切れていたが、何とか雪をつないで、ゴンドラ乗り場まで戻ってこれた。

    今回はくるくると予定を変更せざるをえなかったが、雪があればそれなりに臨機応変に仲間と一緒に楽しめるのは、山スキーのいいところだ。

    tag :

    「さよなら渓谷」

    2013-04-08

    「さよなら渓谷」は、「悪人」を書いた吉田修一著の小説で、6月に真木よう子主演で映画化される。題名を見た時は山に関係している本?と思ったが、Amazonで説明を見ると、吉田修一が得意とする男女間の三面記事的な犯罪をベースとした内容だ。

    519pWnRhE2L__SL500_AA300_

    さよなら渓谷 (新潮文庫)

    登場人物たちは、自分自身も一歩間違えば同じような境遇になってしまいそうな人間ばかりで、感情移入してしまう。「悪人」もそうだったけど、全体に重苦しい雰囲気だし、ハッピーエンドではない。しかし、人間の良心や愛が垣間見えて、ホッとする瞬間がある。

    先週木曜にAmazonから届き、寝る前に数日かけてゆっくり読むつもりで、22時から読み始めた。サクセスストーリーやハッピーエンドの話は「現実はそんなにうまくいくわけない」と日頃思っているので、白けてしまい途中で飽きてしまうが、この本は読み始めると止まらなくなってしまった。

    3時間で読み終わって、気がつくと1時だ。読み終わったあとも、「切なすぎる。何とかならないのか。。。」という思いが、創作だと分かっていても、頭の中で反復してしまい、なかなか寝付けない。

    おかけで、金曜日は寝不足でフラフラだった。読まれる方は昼に読みましょう。

    tag :

    東信へランニング

    2013-04-06

    今日明日は山友3人で蓮華温泉泊で雪倉岳の予定だったが、暴風雨の天気予報のため中止となった。長野マラソンも近いが、ここのところ練習で長距離を走っていない。家の近所を周回するのもつまらないので、遠出をすることにした。青春18きっぷが1回分余っているので、「しなの鉄道」沿いに走り、いけるところまで行って、疲れたら「しなの鉄道」で帰ってくることにした。

    8:30 雨予報なので傘とレインウェア、途中での補給のための水とミネラルのタブレットをザックにいれて出発。長野駅前を通り、ひたすら南下する。前日飲み会で食べ過ぎたのとザックを担いでいるため、なんだか体が重い。

    10:00 1時間半ほどで国道18号線にでて、更埴IC付近にやってきた。千曲市方面に行くため東に向かう。この辺りまでは歩道があったのだが、ここから歩道が少なくなり、大型トラックがぎりぎりかすめるように通って行くので、ちょっと怖い。

    10:30 千曲駅付近でふくらはぎあたりがピリピリしてきた。無理をするとつってしまいそうだ。

    11:00 坂城駅手前で25kmとなった。

    DSC_0007_800

    今日は30kmを目標に家をでてきたが、これ以上無理をすると、ふくらはぎにダメージが残りそうだ。少し敗北感があるが、今日はここで終了することにした。

    坂城駅に行くと、100人くらいの人が列に並んでいる。どうやら新急行の運転を記念してイベントをやっているらしい。多くの鉄ちゃんが鉄道グッズを買うために列になっていたようだ。坂城駅から電車に乗り、長野駅で食事をして自宅まで戻った。

    本番は42.195km。25km程度でこんな状態になるとは。。。あと2週間しかないが、故障しない程度に鍛えておこう。

    tag :

    「銃・病原菌・鉄」

    2013-04-03

    私が中学生のとき、社会の授業で、世界史のコロンブスのアメリカ大陸発見からヨーロッパ諸国による他の大陸を征服するあたりにさしかかったとき、先生がみんなに質問をした。

    「なぜ、ヨーロッパが他の大陸を植民地化できたのかな?」

    先生の質問を深読みして、『「ヨーロッパ諸国の文明が他より進んでいたから」なんていうのはあたりまえなので、なぜそうなったのか質問しているのかな?』と思い、私は手を挙げ発言。

    「植民地化された地域は、気候がよく自然の植物や動物が豊富で、狩猟採集で生活がなりたっていたので文明の発達が遅れた。反面、ヨーロッパ諸国は自然の植物や動物が少なく自分たちで努力が必要だったので文明の発達が進んだ」という趣旨の発言をした。

    先生の反応はというと、「そういう考えもあるかも知れないな」と肯定も否定もしない。しばらく間をおいて、「ヨーロッパ諸国の文明が進んで、航海術や軍隊や武器が発達していたからだ」との説明。

    『そんなの分かっているよ!』と思ったが、自分の思いつき発言にも根拠があるわけでもない。『そもそも同じ人間でありながら文明の差があるのはなぜ?特にアフリカは人類発祥の地なのにどうして?』という疑問はモヤモヤしたままだった。

    特に生きていくのに支障になるわけではないので、そのモヤモヤを放置したまま、30年以上の月日が経った。

    先日、本屋であてもなく本を物色していたら、「銃・病原菌・鉄」という本を見つけた。

    1005

    文庫 銃・病原菌・鉄 (上) 1万3000年にわたる人類史の謎 (草思社文庫)

    この本の説明として『少数のスペイン軍がインカ帝国の大軍勢を相手に勝利できたのはなぜか?病理学、地理学、地質学、生物学など広範な知識を動員しその謎を解いて行きます。』とある。『おお、これだ!中学以来からのモヤモヤが解決するかも!』と思い、即購入。

    文字びっしりの上下巻800ページは読みごたえがあったが、金沢旅行の普通列車の中で読破した。おかげで、なぜ「地域によって文明の差があるのか」という長年のモヤモヤは解消された。ネタばれになってもいけないが、ヒントは「大陸の東西の広さ」である。

    同じモヤモヤをかかえる人はぜひ読んでほしい! うーん。。。でも、そんな人いないか。。。

    tag :
    << topページへこのページの先頭へ >>
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。