FC2ブログ
    あなたは 人目のお客様です
    過去の主な日記 ◎はおすすめルート
    山スキー 2017: ◎雪倉岳  2014: ◎横前倉山  2013: ◎剱沢 白馬周回 蒲原山 乙妻山 鍋倉山 ◎大渚山 小日向山  2012: 白馬岳 鍋倉山 ◎船越の頭~金山沢  2011: 黒姫山 妙高前山 北信佐渡山 ◎戸隠五地蔵山 雨飾山 白馬大雪渓 妙高涸沢 6月立山 11月立山  2010: 白馬乗鞍岳 小日向山 黒姫山 乙妻山 ◎針ノ木岳 ◎栂池~蓮華温泉 火打山  2009: 雨飾山 針ノ木雪渓 ◎火打山  2009北信五岳: ◎戸隠山(乙妻山) 妙高山(三田原山) 斑尾山 黒姫山 飯縄山  2008三大雪渓: 針ノ木大雪渓 ◎剱沢大雪渓 白馬大雪渓
    沢登り 2015: ◎黒部赤木沢  2014: ◎巻機山ヌクビ沢  2013: ◎雑魚川外ノ沢  2012: ◎草津白根某温泉沢  2011: ◎笛吹川ヌク沢左俣 荒城川、沢上谷 ◎雑魚川外ノ沢 ◎沢上谷三大滝巡り 裏妙義烏帽子沢  2010: 火打黒沢 裏妙義烏帽子沢 ◎中ア西横川  2009: 沢上谷 火打山黒沢
    アルパイン、岩登り 2015: ◎剱岳八ツ峰Ⅵ峰 立山龍王岳東尾根Ⅰ峰北壁 ◎明星山P6南壁左岩稜  2014: 小川山ガマルート  2013: ◎伊豆城山南西カンテ 妙義筆頭岩 ◎妙義山星穴岳 ◎海谷山塊船浦山東壁
    日帰り
    トレラン
    2012: 丹沢山(蛭ケ岳)  2011: 岩菅山 燕岳  2010: ◎奥穂高 ◎槍ヶ岳 鳳凰三山  2009: ◎剣岳 ◎白馬三山7月 ◎白馬三山8月 空木岳 蓼科山 ◎塩見岳  2008: ◎常念岳-蝶ケ岳  2008北信五岳: 斑尾山 妙高山 黒姫山 戸隠山 飯縄山
    百名山 2014: 大朝日岳  2013: 安達太良山、磐梯山、西吾妻山  2012: 間ノ岳  2011: 越後駒ケ岳 浅間山 ◎飯豊山  2009: 光岳  2008: 鹿島槍岳 焼岳 ◎甲斐駒ケ岳,仙丈ケ岳
    山道具 熊対策 ハンディGPS ミシン自作道具 チューブ食糧 衛生用品 心拍計 Jetboil個人輸入 Jetboil使用感 つめかえ君

    スポンサーサイト

    --------
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
    tag :

    再び高瀬川大白沢

    2012-07-28
    沢仲間に声をかけたところ、昨シーズン沢デビューを果たしたG沢さんが行けるとのこと。G沢さんは今シーズン初沢ということなので、トレーニングのために2週前に行った大白沢に行くことにした。

    7:30 大白沢上橋から入渓。

    朝まだ早いので、水に入ると冷たいが、水流の中を登る。


    途中の10m大滝は前回は高巻いたが、今回は水流脇を登って行く。私はフリーで先に登り、ロープを出してG沢さんを上から確保する。

    次の8mの滝はルートファインディングの練習のため、G沢さんに先行してもらう。

    完登!

    私も続く。
    2012-07-28_08_400.jpg


    9:00 両壁が立った二俣に到着。前回は1時間で着いてしまったが、今回はロープをだしたりして、のんびり進んだので、1.5時間かかった。ここから引き返す。

    9:30 少し降りて沢幅が広がったところで、食事休憩だ。まだ9:30なのでそれほどお腹は空いていないが、大町市内の西友で買ったそうめんを沢水で作り、ウィンナーやプチトマトをいただく。
    SANY0291_400.jpg
    調理と食べるのに一生懸命で、片付け後の写真になってしまった。

    10:50 お次は10mの滝で懸垂下降の練習だ。去年G沢さんにエイト環やプルージックでのバックアップの方法を覚えてもらったが、今回復習してもらい、懸垂下降のチャレンジだ。

    こちらも無事下降完了!

    11:20 最後は2人ともウォータースライダー。


    2人とも最後でお尻を打ってしまう。水流でよく見えなかったが、トイ状の水流の末端に近づいて触ってみると、段になっていた。どうやったってお尻を打つはずだ。

    11:30 大白沢上橋に戻る。

    帰りにすぐ近くの高瀬館で日帰り入浴をした。湯の温度はかなり熱い。源泉が90℃もあるので、やむなしか。

    ロープワークの練習をしたり、そうめんを作ったり、スライダーで遊んだりで、4時間たっぷり楽しんだ。ちょっと遊んだり練習するにはいい沢なので、長野市内にもひとつ欲しいところだ。
    スポンサーサイト

    高瀬川大白沢:沢登りの練習場

    2012-07-16
    梅雨の晴れ間に、近場で沢の練習ができる場所がないかと、インターネットを探していると、大町市の高瀬川の支流である大白沢(たいはくざわ)の情報が目にとまった。某山岳会が、沢の練習場として使っているようだ。

    長野市からすぐ近くというわけではないが、一般道を使って1.5時間くらいで着く。基本的にピストンするようなので、嫌になったら途中で引き返せばいい。

    他の方を昨日お誘いしたが、急だったため、私一人となってしまった。お誘いした方すいません!

    9:15 入渓ポイントである大白沢上橋の路肩に車を停める。ちなみに、下流に大白沢下橋、大白沢中橋とあり、間違うと堰堤を越えるのが大変そうなので、行く方は気をつけてください。
    CI-78387300830237472_400.jpg

    9:35 支度を整え、いざ突入。橋の右側には、入りやすいように足場が組んである。沢登り用?かと思いきや、取水口がすぐに下にあるので、取水口の保守用の足場と思われる。
    CI-68184300830237472_400.jpg

    沢に降り立つとすぐに、ウォータースライダーにお誂え向きなトイ状の流れと淵がある。帰りにスライダーしてみよう。
    CI20442240030237475_400.jpg

    3m程度の小滝やトイ状の流れがいくつか現れる。全体的に白い岩肌が多く、夏の日差しが照り返してくる。

    急なトイ状の流れは流れに入ると足をとられる。足が短いせいか両足を踏ん張っても足らないので、体全身で突っ張って、この体勢のまま5mほど進む。
    CI39927699230237473_400.jpg
    ちなみに、写真を横向きにしたわけではありません。

    10:00 急なトイ状の流れを過ぎると10mの滝が現れる。ここは滝の水流を直登したいところだが、人は誰も来ないし、携帯の電波も届かないため、ケガをした場合助けを呼べないので、安全策をとり、少し手前から高巻いた。
    CI21530780830237477_400.jpg

    この上から、沢は倒木や崖崩れの跡が多くなり、荒れ気味になってくる。

    10:15 8mほどの滝が現れる。この滝は簡単に登れる。
    CI109323699230237473_400.jpg

    10:30 大きな二俣となるが、この先は両壁が険しい上に、倒木や崖崩れも多く危険そうだ。ここで引き返すことにする。
    SANY0282_400.jpg

    沢の風は涼しいとはいえ、気温は30℃を超えているのだろうか、暑くて熱中症になりそうだ。体を冷やすために休憩しながら下る。

    11:30 入渓ポイントにあった、お待ちかねのウォータースライダーだ!
    CI-161446571230237471_400.jpg
    CI-171668571230237471_400.jpg
    CI-154295571230237471_400.jpg
    ちょうどいい冷たさで気持ちいい!熱中症気味だったので生き返った、しかし、お尻を最後のところで打ってしまい、少し痛い。

    11:40 入渓ポイントである大白沢上橋に戻る。

    2時間足らずであっという間に往復してしまい、少し物足りないが、車から降りてすぐにウォータースライダーや10mの滝があるので沢の練習にはもってこいの場所だ。
    taihakusawa_map_400.jpg
    tag :
    << topページへこのページの先頭へ >>
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。