FC2ブログ
    あなたは 人目のお客様です
    過去の主な日記 ◎はおすすめルート
    山スキー 2017: ◎雪倉岳  2014: ◎横前倉山  2013: ◎剱沢 白馬周回 蒲原山 乙妻山 鍋倉山 ◎大渚山 小日向山  2012: 白馬岳 鍋倉山 ◎船越の頭~金山沢  2011: 黒姫山 妙高前山 北信佐渡山 ◎戸隠五地蔵山 雨飾山 白馬大雪渓 妙高涸沢 6月立山 11月立山  2010: 白馬乗鞍岳 小日向山 黒姫山 乙妻山 ◎針ノ木岳 ◎栂池~蓮華温泉 火打山  2009: 雨飾山 針ノ木雪渓 ◎火打山  2009北信五岳: ◎戸隠山(乙妻山) 妙高山(三田原山) 斑尾山 黒姫山 飯縄山  2008三大雪渓: 針ノ木大雪渓 ◎剱沢大雪渓 白馬大雪渓
    沢登り 2015: ◎黒部赤木沢  2014: ◎巻機山ヌクビ沢  2013: ◎雑魚川外ノ沢  2012: ◎草津白根某温泉沢  2011: ◎笛吹川ヌク沢左俣 荒城川、沢上谷 ◎雑魚川外ノ沢 ◎沢上谷三大滝巡り 裏妙義烏帽子沢  2010: 火打黒沢 裏妙義烏帽子沢 ◎中ア西横川  2009: 沢上谷 火打山黒沢
    アルパイン、岩登り 2015: ◎剱岳八ツ峰Ⅵ峰 立山龍王岳東尾根Ⅰ峰北壁 ◎明星山P6南壁左岩稜  2014: 小川山ガマルート  2013: ◎伊豆城山南西カンテ 妙義筆頭岩 ◎妙義山星穴岳 ◎海谷山塊船浦山東壁
    日帰り
    トレラン
    2012: 丹沢山(蛭ケ岳)  2011: 岩菅山 燕岳  2010: ◎奥穂高 ◎槍ヶ岳 鳳凰三山  2009: ◎剣岳 ◎白馬三山7月 ◎白馬三山8月 空木岳 蓼科山 ◎塩見岳  2008: ◎常念岳-蝶ケ岳  2008北信五岳: 斑尾山 妙高山 黒姫山 戸隠山 飯縄山
    百名山 2014: 大朝日岳  2013: 安達太良山、磐梯山、西吾妻山  2012: 間ノ岳  2011: 越後駒ケ岳 浅間山 ◎飯豊山  2009: 光岳  2008: 鹿島槍岳 焼岳 ◎甲斐駒ケ岳,仙丈ケ岳
    山道具 熊対策 ハンディGPS ミシン自作道具 チューブ食糧 衛生用品 心拍計 Jetboil個人輸入 Jetboil使用感 つめかえ君

    スポンサーサイト

    --------
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
    tag :

    白馬岳スキー・ピストン

    2012-04-30
    GW時期に過去数回白馬岳頂上まで行こうとしたが、暴風・吹雪・疲労・時間切れなどの理由から途中敗退になっていた。今日は何としてでもこのGW時期に頂上踏むぞ!

    当初予定は、昨日から知人と白馬山荘一泊の予定であったが、都合が悪くなり、一泊での白馬岳周回は流れてしまった。今日は猿倉から白馬岳ピストンを目指す。

    6:40に猿倉駐車場に到着。もっと混んでいるかと思いきや、まだまだ駐車スペースには余裕があった。
    SANY0259_400.jpg

    6:55 1230m 猿倉出発。かなり暖かいせいか雪は緩んでシールがしっかり利く。今日は天気予報では1日曇りだ。しかし、高曇りなので、白馬岳や周囲の山には雲はかかっていない。太陽熱で雪が腐らないので、ある意味絶好の山スキー日和だ。

    7:50 1600m 猿倉から1時間ほどで白馬大雪渓が見えてきた!でも、なんだか灰色がかっているぞ?
    SANY0260_400.jpg

    灰色に近づくと、それは膨大なデブリ。
    SANY0261_400.jpg
    ここ数年は毎年白馬大雪渓に来ているが、今年のデブリの量はものすごい。デブリのないところを探すのが難しいほどだ。デブリはかなり緩んでいるので、登るのにはそれほど支障はない。

    デブリは延々と続き、斜度が30度以上になる岩室のあたりまで、デブリが埋まっている。

    今回の目標のひとつが、シートラーゲン(Schi Tragen【独】:スキーをかつぐこと)せず、シールで登りきることである。いつも2150mあたりの標高差300mつづく30度以上の斜面にビビって、ツボ足に切り替えてシートラーゲンしてしまうが、結局は余計な時間がかかってしまっていた。

    10:57 2436m すでに4時間登っており、疲労のピークだったが、急斜面の岩室までシールで何とか登りきった。杓子岳がかっこいいね!すると、いきなり雨が降り出したが、20分ほどでやんだ。
    SANY0262_400.jpg

    その30分後、村営頂上宿舎前で休憩していたら、今度は雪が降り出した。
    SANY0266_400.jpg
    強烈な風で吹雪になりそうだったので、引き返すべきか迷ったが、5分ほどでやんでしまった。うーん、これは早く行けということか?

    頂上まで標高差80mほどの白馬山荘の少し上までシールで登るが、雪が切れてしまった。スキーを脱ぎ、スキー・ブーツで登る。

    途中で周囲を見渡すと、高曇りのもと周囲の山々がくっきり見える。
    パノラマ 1_512

    12:55 2932m 白馬岳頂上に到着。風は強いが暖かく、しばらく頂上で休み、数人と少し話をする。
    CI-195131036830222007_400.jpg

    さあ、下山だ。白馬山荘まで歩いて下る。

    白馬山荘の下あたりでスキーの準備をして、滑降開始!雪が適度に締まっていて気持ちいい!景色も最高!

    しかし、気持ちよかったのは、2300mあたりまで。それ以降はデブリだらけだ。デブリが柔らかいので何とか滑れるが、あまりスピードをだしすぎると、デブリのデコボコに飛ばされてしまう。

    14:20 猿倉に到着。

    デブリだらけの斜面は、スキーとしては今ひとつだった。山荘に一泊して周辺を滑るというのがよかったかな。しかし、今日は白馬岳頂上まで行き、長年の宿題をかたづけた気分だ。
    スポンサーサイト
    tag :

    鍋倉山残雪スキー

    2012-04-28
    今日は会社のTさんの企画で、4人は歩き、私ともう一人はスキーで、計6人で鍋倉山に行くことになった。歩きメンバーは初めての人ばかりで、同じ会社にこんなに山好きの人がいるとは思ってもみなかった。

    7:30に道の駅ふるさと豊田で待ち合わせするが、スキーで行くはずのもう一人が都合が悪くなり、スキーは私一人になった。メンバー5人で登山口を目指す。

    ゲートは林道のゲートは閉まっているかと予想していたが、すでに除雪され開通していた。雪は道路沿いにまだ2m以上あり十分スキーが楽しめる。

    8:15 林道の脇の除雪したスペースに車を停め出発。もうすぐ5月とはいえ、暑いほどだ。私だけスキーで、他の4人はツボ足で登る。私は、他のメンバーは初めてなので、山の話をしながら登っていく。

    斜度30度程度の壁はジグを切るしかないので、直登ツボ足メンバーとは離れて、黙々と登る。一人で黙々と登っているとどうしてもペースが上がり、一足先に稜線に到着した。
    SANY0255_320.jpg


    ここからはゆるやかな稜線だ。風が暖かくて気持ちいい。再びツボ足メンバーと一緒に稜線を登る。

    9:45 頂上に到着。快晴で越後・頚城の周囲の山々が見渡せる。

    早速テーブルを掘り、腰かけて、各自でお湯を沸かし、カップラーメンを食べながら、山の話で盛り上がる。
    CI-176511038430221578_320.jpg


    10:50 さて、下山だ。私だけスキーで滑る。気温が高いがそれほど雪は腐っておらず、ターンのしやすいいい雪だ。

    11:02 駐車場に到着。
    SANY0258_320.jpg

    ツボ足のメンバーが来る方向を眺めていると、遠くでみんな尻セードで下ってくる。あれもなかなかおもしろそうだ。30分ほど待っているとツボ足メンバーが到着。

    スキーとツボ足ではペースが合わず、歩きながら話はしにくかったが、稜線や休憩時には話ができて、短い山行だったが、楽しく有意義だった。それに、残雪期の鍋倉山でこんなに快適なスキーができるとは思っていなかった。企画してくれたTさんに感謝!である。
    nabekura_map_400.jpg
    tag :

    動画で山スキー道具を紹介

    2012-04-24
    同僚や友人から「山スキーって、スキー担いで山を登るの?」と聞かれることが多い。言葉で説明しても、理解してもらっているのか、いまいち不安だ。ということで、動画で山スキーの道具を紹介である。

    まず「シール」。
    シールはsealでアザラシのことだ。アザラシの毛皮は一方向に毛が生えていて、それをスキーに貼りつけるのだ。いまはアザラシではなくナイロン製だ。裏側にはポストイットのようなすぐにはがせるグルー(glue:糊)がついている。それをスキー板に貼り付ける。


    つぎに「ビンディング」。
    山スキー用のビンディングは歩くときは踵が上がり、滑るときは踵を固定できる。


    こんな風に歩く。シールの毛が一方向なので後ろにはずれない。


    便利な「クライミングサポート」。
    急傾斜だとふくらはぎが伸びて力がはいらないので、傾斜に応じてクライミングサポートを立てる。


    あらためて見ると、何だか不思議な道具だ。
    tag :

    白馬乗鞍岳(船越の頭~金山沢)周回山スキー

    2012-04-21
    予定ではWさんと蓮華温泉1泊で雪倉岳の予定だったが、明日が天気が悪そうなので中止だ。しかし、今日は高気圧におおわれて好天そうなので、栂池高原スキー場~白馬乗鞍岳~船越の頭(ふなこしのかしら)~金山沢と周回することにした。入山口と下山口が異なるので、私とWさんの車2台で長野から白馬に向かう。

    8:30 猿倉林道の入り口の二股に私の車をデポし、Wさんの車で栂池高原スキー場に到着。まだまだゲレンデスキーも楽しめるし、アルプスのバックカントリー(BC)は最盛期とあって、朝一番のゴンドラ乗り場は混んでいる。
    SANY0238_320.jpg

    9:43 1823m ゴンドラとロープウェイを乗り継ぎ、自然園駅から歩き始める。
    SANY0239_320.jpg

    日差しはきつく暑い。シャツ1枚でちょうどいいくらいだ。白馬乗鞍岳から頚城(妙高)方面がくっきり見える。
    SANY0241_320.jpg

    11:30 2456m 白馬乗鞍岳のケルン到着。
    SANY0243_320.jpg

    一旦下り船越の頭へ登る。先週のマラソンの疲れと標高が高く空気が薄いせいか体が重い。
    SANY0244_320.jpg

    12:30 2590m 稜線上の船越の頭手前到着。栂池自然園からもBCスキーヤー・ボーダーが続々登ってくる。

    12:40 滑降の準備を整え、40°はある斜面におそるおそる滑りおりる。南面で雪が腐っており、急斜面ではズルズルとスラフごと流されてしまう。安全そうな場所まで斜滑降気味に滑る。

    斜面が30°くらいなってからはWさんと交代でビデオや写真を撮りながら下っていく。雪は重いが、天気はよく、広い斜面は最高!
    CI-19389568030220204_320.jpg

    2301m台地で小休止後、吸い込まれそうな金山沢に突入。
    IMGP1124_320.jpg

    両壁からのデブリも多く、雪が緩く自分が滑ったあとからスラフがズルズル追っかけてくる。
    SANY0250_320.jpg

    14:00 1370m 白馬雪渓の末端に到着。
    CI18760432030220205_320.jpg

    14:20 1214m 猿倉から白馬尻間の登山道は雪に埋まっており、そこを伝って猿倉に行く。

    猿倉に到着すると、林道はすっかり除雪されている。猿倉から二股までは6kmほどあるので、足元はトレランシューズに履き替え、スキーとブーツをザックにくっつけ、歩いていく。
    SANY0253_320.jpg

    道の脇にはフキノトウがあちこちにでており、採りながら、二股まで戻る。
    SANY0252_320.jpg

    15:50 車をデポした二股に到着。その後、露天のみの「おびなたの湯」に行き、汗を流す。

    雪質はいまひとつだったが、斜面が広いせいか急斜面の割にゆったりとした感じだった。それに、山菜を採ったり、露天風呂に入ったりと充実した一日だった。
    kana_map_400.jpg
    tag :

    GW山スキー計画

    2012-04-18
    いよいよ春山スキーの季節!真冬のパウダーもいいけど、ザラメ雪も滑りやすい。最近は脂肪が落ちたのと歳をとったせいか、真冬の-10°ともなると寒くてしょうがないが、春山は好天に恵まれれば、残雪たっぷりでもシャツ一枚で過ごせるくらいの暖かさになるのでありがたい。

    GW前後はこんな計画。(赤文字は、4/19夜時点の変更点です)

    4/21-22 友人と蓮華温泉に一泊して雪倉岳→4/22天候悪そうなため、4/21に白馬金山沢日帰りの可能性大
    4/28 鍋倉山に会社の仲間同士で日帰りハイキングもしくは山スキー
    4/29-30 火打山もしくは白馬岳で小屋かテント泊で山スキー(いまのところ単独)→友人と白馬山荘泊まりで白馬岳~白馬鑓を周回
    5/3-5 息子と立山雷鳥平で小屋かテント泊し周辺をスキー

    遊びすぎ!と言われそうだが、天候が安定してないと行けないので、実現できるのは半分くらいかな。
    一緒に行けそうな方ご連絡ください。
    tag :

    長野マラソン

    2012-04-15
    今日は長野マラソン。2回目のマラソン出場だが、2年前に出場した「いびがわマラソン」は膝の故障で25kmで途中リタイアという結果だったので、完走に至らなかった。2月~3月は体調が思わしくなく、月60kmぐらいしか走っておらず、練習していないのに等しい状態だ。体調もやっと戻ったばかりなので棄権も考えたが、今日は何とか完走をめざしたいところだ。

    8:30とともにスタートだが、1万人の参加者がおり私は後ろのほうなので、スタート地点まで6分かかってしまう。
    長野マラソン・スタート

    今日は天気も良く、暑くもなく寒くもなく気持ちがいい。完走を目指し楽なペースで走る。

    25kmまでは調子良かったのだが、自分自信にとって未知の領域である25km過ぎたあたりから、ハムストリングが痛み出してきた。みるみるペースが落ちていく。

    30kmを越えたあたりから、走ったり歩いたりの状態になってきた。周囲からは『最後の関門の時間制限まであとx分』と聞くたびに気があせってくる。足も攣る寸前だ。

    ふと遠くの山々をみると、まだ雪がたっぷりだ。『今日は山スキー日和だなー。肉体的な辛さは同じだけど、山スキーのほうがずっと楽しいなー』と思うにつけ、登山のトレーニングのために始めたランニングが高じてマラソンに参加したが、苦しすぎる。

    最後の関門である39.9kmは制限時間前に通過したので、これ以降は時間切れで収容されることはなくなった。

    13:32にゴール。グロスタイムは5時間オーバーで、胸を張って言える記録ではないけど、ネットタイムはとりあえず4時間台と言える時間で完走できた。

    『今日は完走したので、これから記録更新を目指し、がんばろう!』と前向きなことを言いたいが、大会ごとに約1万円を払い、記録更新を目指すために多くの時間を走る練習に費やさないといけないし、膝の故障が起きれば登山ができなくなるのを考えると、登山をメインにしている自分としては割に合わない。

    年齢や生活状況を考えるとあれこれあまり欲張ったこともできないし、お金は山への交通費・山道具や小屋泊の資金にしたいし、マラソンの練習時間はスキーやクライミングの練習時間に振り向けたい。それに同じ走るにしても時間制約がないトレランのほうがずっと楽しい。生半可な気持ちでフルマラソンに参加したが、フルマラソンを極めるにはそれなりの努力が必要だというのがよく分かった。

    ということで、登山トレーニングとしてランニングは続けるが、この長野マラソンが最初で最後のフルマラソン完走になりそうだ。

    と言いつつ、スキーやクライミングやトレランに飽きたら、またマラソンに手を出すかもしれないけどね。
    tag :

    妙高山外輪山の神奈山の藤巻尾根

    2012-04-08
    今日は好天間違いなしなので、山スキーに行きたいが、来週は長野マラソンがあり、体をあまり疲れさせたくない。どこかいいところがないか物色していると、妙高山の外輪山である神奈山に伸びる藤巻尾根がよさそうだ。
    神奈山
    1909mの神奈山頂上までの最後の400mは細く急で、あまりスキー向きではなさそうなので、1500mあたりまでとすることにした。

    車で出発地点である休暇村妙高に向かう。妙高周辺は雪がたっぷりだ。休暇村妙高への道の両脇はまだ3mほどの積雪がある。
    SANY0233_320.jpg

    9:00 780m 休暇村妙高の駐車場に車を停めて、スキーを履いて出発。
    SANY0222_320.jpg

    少し林道を歩き、尾根に上がる少し急な斜面を登る。
    SANY0223_320.jpg

    尾根はブナ林だ。尾根は傾斜があっても20°程度。雪は前日降ったようだが、今日は暖かく雪が重い。
    SANY0224_320.jpg

    標高が上がるにつれて雪がダンゴになってシールにベタッとくっつくようになってきた。どうやら、駐車場でスキーを履いて歩いたときに、濡らしてしまったようだ。足が重い。。。

    10:57 1450m 森林限界を越え、見晴らしのいい場所に来た。間近に神奈山が見える。
    SANY0225_320.jpg
    降雪直後で温度が高く雪崩が心配なので、ここを終了点とした。

    11:24 暖かいのでゆっくり休憩をして、滑りだす。温度が高いので雪が重く板がずれにくくコントロールしにくい。こんなときのツリーランは、木に激突しそうでちょっと怖い。
    SANY0229_320.jpg

    12:00 最後に少しだけ登り返して駐車場に到着。

    kannayama_map_400.jpg


    斜度はあまりなくブナの疎林が気持ちいい尾根だった。あちらこちらから桜開花の便りが届くなか、暖かくなったとはいえ山はまだまだスキーシーズンだ。
    tag :

    佐渡山で山スキーリハビリ

    2012-04-01
    この2ヶ月間体調が思わしくなく入山は差し控えていたが、最近やっと調子が戻ってきた。山スキーに行きたいが、急にハードな行動もできないし、もうすぐ長野マラソンもあるので、お気楽な山がいい。同行のWさんも夕方用事があるということなので、黒姫山西方の佐渡山をピストンすることになった。

    6:50 1130m 戸隠大橋より出発。大橋林道を進む。固いバーンの上に10cmほど昨日降った新雪が載っている。

    大橋林道を進むと、黒姫山への分岐を佐渡山方面に進み、橋を越える。

    7:30 1300m 佐渡山のコルに行くには、橋を越えてから3つめの尾根を登るが、佐渡山が目的であれば、1番最初の尾根が広くてヤブも少ないので、この尾根を進む。
    佐渡山 尾根

    8:30 1672m 斜度のある尾根を登りきると、黒姫山が現れる。
    佐渡山 黒姫山

    ここから佐渡山までは斜度が緩くなる。このときは天気は良かったが、徐々に雲と風がでてきて、雪が降り出した。

    9:10 1827m 佐渡山頂上に到着。周囲は雲に覆われてしまった。あまり長居はせず、すぐに滑りだす。
    佐渡山 頂上

    固く凍ったバーンに10cmほど雪が載っているが、雪崩がおきるほどではない。木の間が狭く雪面もデコボコしているが、久しぶりの山スキーはやはり気持ちいい!
    佐渡山滑降

    大橋林道にでてからは、トレースに乗っかり、駐車場まで滑って行く。

    10:15 駐車場に到着。

    体調に不安があったが、久しぶりの山スキーはそんな不安を吹き飛ばすほど気分がいい。往復3.5時間の短い山行だが、帰りに霧下の「仁の倉」で蕎麦を食べ、身も心もお腹も大満足の半日だ。
    tag :
    << topページへこのページの先頭へ >>
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。