FC2ブログ
    あなたは 人目のお客様です
    過去の主な日記 ◎はおすすめルート
    山スキー 2017: ◎雪倉岳  2014: ◎横前倉山  2013: ◎剱沢 白馬周回 蒲原山 乙妻山 鍋倉山 ◎大渚山 小日向山  2012: 白馬岳 鍋倉山 ◎船越の頭~金山沢  2011: 黒姫山 妙高前山 北信佐渡山 ◎戸隠五地蔵山 雨飾山 白馬大雪渓 妙高涸沢 6月立山 11月立山  2010: 白馬乗鞍岳 小日向山 黒姫山 乙妻山 ◎針ノ木岳 ◎栂池~蓮華温泉 火打山  2009: 雨飾山 針ノ木雪渓 ◎火打山  2009北信五岳: ◎戸隠山(乙妻山) 妙高山(三田原山) 斑尾山 黒姫山 飯縄山  2008三大雪渓: 針ノ木大雪渓 ◎剱沢大雪渓 白馬大雪渓
    沢登り 2015: ◎黒部赤木沢  2014: ◎巻機山ヌクビ沢  2013: ◎雑魚川外ノ沢  2012: ◎草津白根某温泉沢  2011: ◎笛吹川ヌク沢左俣 荒城川、沢上谷 ◎雑魚川外ノ沢 ◎沢上谷三大滝巡り 裏妙義烏帽子沢  2010: 火打黒沢 裏妙義烏帽子沢 ◎中ア西横川  2009: 沢上谷 火打山黒沢
    アルパイン、岩登り 2015: ◎剱岳八ツ峰Ⅵ峰 立山龍王岳東尾根Ⅰ峰北壁 ◎明星山P6南壁左岩稜  2014: 小川山ガマルート  2013: ◎伊豆城山南西カンテ 妙義筆頭岩 ◎妙義山星穴岳 ◎海谷山塊船浦山東壁
    日帰り
    トレラン
    2012: 丹沢山(蛭ケ岳)  2011: 岩菅山 燕岳  2010: ◎奥穂高 ◎槍ヶ岳 鳳凰三山  2009: ◎剣岳 ◎白馬三山7月 ◎白馬三山8月 空木岳 蓼科山 ◎塩見岳  2008: ◎常念岳-蝶ケ岳  2008北信五岳: 斑尾山 妙高山 黒姫山 戸隠山 飯縄山
    百名山 2014: 大朝日岳  2013: 安達太良山、磐梯山、西吾妻山  2012: 間ノ岳  2011: 越後駒ケ岳 浅間山 ◎飯豊山  2009: 光岳  2008: 鹿島槍岳 焼岳 ◎甲斐駒ケ岳,仙丈ケ岳
    山道具 熊対策 ハンディGPS ミシン自作道具 チューブ食糧 衛生用品 心拍計 Jetboil個人輸入 Jetboil使用感 つめかえ君

    スポンサーサイト

    --------
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
    tag :

    上半身はギアだらけ:チェストベルト自作

    2012-02-28


    山スキーのギア類は背中のザックにほとんど収納するが、頻繁に使用する道具はすぐにとりだせるよう、体の前にあったほうが便利である。例えば、ハンディGPS、地図、カメラ、無線機(トランシーバー)などである。

    以前は大きめのウェストポーチに入れていたが、上下に揺れてしまい、落ち着かない。それにウェストポーチが重さでダランと垂れ下がり、なんだか締まりがない。

    上着のポケットに入れればいいのだが、登りとかでは上着は着ていない時が多く、アンダーウェアはポケットがなく収納できない。

    そこでよく使うギア類は上半身につける工夫をした。

    上半身ギア類

    ビーコンは専用のベルトがあるので、一番体に近いところにつけている。
    ザックのショルダーベルトには、マジックテープとミニポーチでGPSを、ゴム紐とコード止めで地図をつけている。
    カメラと無線機は、以下のようなチェストベルトを自作して、身につけた。

    チェストベルト


    なんだか、サイボーグ(ひょっとして死語?)になった気分。
    スポンサーサイト
    tag :

    桂花ラーメンの太肉麺(ターローメン)

    2012-02-24
    昨日から研修のため東京1泊の出張に行ってきた。東京は相変わらず、モノは豊富で、街並みがおしゃれで、人が多い。しかし、最近あまり物欲も無く、おしゃれと言えば山で着るウェアーくらいの自分にはあまり関係ない。私は歩くのが割と速いので、人混みをよけながら、さっさか歩いていく。人の多さには辟易するかなとも思ったが、北アでのトレランで多くの登山者を追い抜く感覚、はたまた、山スキーで樹林の間を抜けていく感覚で、それほど苦でもなかった。

    東京はおいしいものが多いので、食事が楽しみなのだが、朝はホテルのバイキング、昼は弁当が出されることになっていた。好きに食べることができるのは、昨晩の夕飯のみであった。何を食べようかと思案していたが、十数年前まで東京に居たころ、よく食べた桂花ラーメンに行くことにした。本店は熊本で、新宿や渋谷に数店舗ある。

    しかし、おととし民事再生法適用になってしまい、味が変わってしまったんじゃないかと心配だった。

    新宿には2店舗あるのだが、比較的広かった店舗は数軒隣りの地下に店を移していた。

    店に入り、券売機で太肉麺950円の食券を買う。席に座り、店員さんに食券を渡す。待つこと5-6分ほどでやってきました!

    桂花ラーメン太肉麺

    一口食べる。歯ごたえのある太い麺と濃い目のトンコツスープは昔のままであった。太肉は少し小ぶりになってしまったかな?でも、口に入れるとトロリと溶けるように柔らかい。味はこちらも昔のままであった。生のザク切りキャベツは、こってりした麺とスープと太肉には、絶妙なつけ合わせだ。

    10分にも満たない食事だが、若いころの記憶も蘇り、味も気持も大満足だ。

    このあと新宿の登山ショップを数軒ハシゴすると、少しお腹がすいてきた。そこで、行列のできる有名なドーナツ店クリスピー・クリームに行った。夜7時ころだったので、10人ほどしか並んでいなかった。

    以前おみやげでいただいたことがあったが、あまり味を覚えていなかった。シンプルで定番のオリジナル・グレーズドとブレンドコーヒーを注文。ドーナツはかなり甘い。コーヒーを飲むが、苦くて後味も悪い。どうも、口に合わないので、覚えていなかったようである。

    食べ物にはうるさいほうなので、食べ物が豊富な東京に来ると、どうしても食べ歩きになってしまうな。
    tag :

    ブログデザインをリフレッシュ

    2012-02-19
    10日前にめまいがあって以来、朝起きるとフラツキがあり体調が悪い。今日は息子と志賀高原へスキーに行く約束をしていたが、今日5:30に起きて行く用意をしたが、やはり体調は悪く、息子には謝って中止にした。

    週末は山に行って、気分を晴れやかにして、翌週の仕事に臨みたいところだが、更に体調が悪くなってもいけないので、少しおとなしくしておこう。

    時間がとれたので、引越したばかりのブログの懸案であったブログデザインをリフレッシュすることにした。楽天ブログのころは色使いが多く、ゴチャゴチャした印象だった(ちなみに、楽天ブログのせいではなく、私のセンスが悪かった)。今回は雪山の「白」を基調としたデザインにしようと思い、当初は白が基調のテンプレートを使ってみた。しかし、シンプルだがどうもパッとしない。

    ふと「雪山がきれいなのは、どういうときだろう?」と考えてみた。自分が撮った写真やビデオを眺めてみて、美しいと思う雪山の画像を並べてみた。

    そこで気がついたのは、美しいのは雪山自身ではなく、雪山の後ろにある空の青さだった。当然、まっ白な雪山自身も美しいのだが、それは空の青があってのことだと分かった。

    そこで白と青を基調としたテンプレートを探し、トップの写真も昨年の晴天の立山にした。CSSもだいぶ理解できてきたので、いろいろと手を入れた。

    手前味噌だが、なかなかいいデザインになったと思う。

    それにしても、早く回復して、山に行った日記を書きたいものだ。
    tag :

    やっぱり「岳人」の山スキー特集!

    2012-02-15


    先の12月号の山スキーの記事が少しおとなしめだったので、ちょっと残念だったが、今日発売の3月号はいつもの「岳人」ぶりが戻ってきたようだ。
    初っ端に紹介されているのは私もホームグラウンドにしている飯綱山だ。写真の撮り方がうまく、おいしそうな斜面が延々と続くと錯覚しそうな編集になっているが、実際は少々ヤブが多く、スキーの楽しみは少ない山である。しかし、アプローチが簡単であることとコースの状況がころころ変わるので飽きることはない。
    北アルプスのオートルートも紹介されている。5月上旬にやってみようかな。
    tag :

    CSSって。。。

    2012-02-14
    こちらのブログサイトに移ってから、とりあえずすっきりとしたデザインの既存のテンプレートでブログを開設した。スタイルやオプションの自由度は高まっているので、もう少し凝ったデザインにしたいと思い、テンプレートを変更しようとしたところ、CSSをいじれるようだ。

    しかし、今までCSSはしっかりと勉強しようとしたことがなく、実際変更しようにも、どこをどういじればいいか皆目見当がつかない。とりあえず、理解しているHTMLで無理矢理テーブルを突っ込んでみたものの、ちょっといまひとつ納得がいかない。

    私はIT技術者で、コンピュータ言語は、BASICに始まり、インテル系マシン語、モトローラ系マシン語、C、COBOL、PL/I、IBM系マシン語、SQL、VB、C++、PERL、HTML、JAVAなど主な言語は習得してきた。外国語は英語ぐらいしかできないが、コンピュータ言語についてはマルチリンガルと自負している。

    しかし、今まで覚えてきたコンピュータ言語と違い、CSSは手続き言語ではないので、ちょっととっつきにくい。CSSの入門サイトを見てみるが、なかなか頭に入らない。

    これは言語の難しさというより、加齢のせいで理解力が落ちてきたせいなのかな?

    あせらず地道にコンピュータ言語をひさしぶりに勉強してみるかな!
    tag :

    引越完了

    2012-02-12
    楽天ブログより引越しました。
    今後もよろしくね!
    tag :

    良性発作性頭位めまい症とエプリー法

    2012-02-07

    今朝目が覚め、寝返りをうって頭の方向を変えると、寝室の風景がぐるぐる回りだした。『うわっ。また、めまいだ。。。』。めまいは数秒でおさまるが、頭の方向を変えるとまためまいが起きる。車酔いと同じ状態になり、吐き気がしてくる。

    6年前に突発性難聴になって、強烈なめまいと耳鳴りに悩まされ、2カ月間闘病生活をした。回復してから、数年は何ともなかったが、一昨年前から何の前触れもなしにときどき回転性のめまいが起こる。一昨年発症したときは、歩くこともできなかたったので、救急車で運ばれたが、病院で半日ほどCTスキャンの聴力検査やら眼震運動(めまいが起きているときに眼球が細かく震える運動)の検査をして頭を動かされているうちに、治ってしまった。そのときの診断は、「良性発作性頭位めまい症」。「良性」とついており、特に命に別条がある病気ではない。しかし、めまいが起きている間は気持ち悪く、座っているのがやっとだ。

    「たけしの家庭の医学」によると、原因として有力なのは「耳石」説。内耳には、重力や速度を感知する耳石器と三方向の傾きを検知する三半規管がある。耳石器には神経の束の上に無数の小さな耳石がひっついてのっている状態だ。三半規管は、頭の向きが変わると、神経が感知して、平衡感覚を保っている。両者はつながっており、リンパ液で満たされている。しかし、耳石のいくつかが何らかの原因でとれ、三半規管内にころがっていってしまい、そのため平衡感覚が狂い、頭を動かすたびに、めまいが起きるとのことだ。レントゲンやCTスキャンで見えるものでもないし、発症している人の三半規管を開いて見たわけではないので、『原因はおそらくそうだろう』とのことだ。

    じゃあ、治すにはどうすればいいかというと、耳石を耳石器のところまで戻せば、ころがった耳石を処理してくれる器官があるということだ。手術で三半規管を開くわけにもいかない。そこで、エプリー法だ。エプリー法は、三半規管の管の方向にあわせて、数分かけて頭を決まった手順で動かして、石を元の位置に戻す方法だ。

    朝に少しめまいがおさまるのを待ってから、やり始めた。やりだすとめまいが起きるので、吐き気がしてきて、かなり辛い。また、やったからといってすぐに元通りというわけではなく、めまいが起きないまでもフラフラする。

    安静にするのは逆効果らしいが、デスクワークができる状態ではないので、今日は病欠し、辛くない程度の家の用事を行って過ごした。10時間以上経ってもまだ少しフラフラするが、頭を傾けてもめまいは起きなくなった。

    発症すると辛いが、とりあえず有効な対処法はあるので、安心だ。予防策としては、床の上でゴロゴロ回転したり、カルシウムを摂取することらしい。それにしても、ちっぽけな耳の中の石でめまいが起きるなんて、人間の体は不思議だ。

    tag :

    根子岳山スキー

    2012-02-04

    この数日は北信地方は記録的な大雪だ。当初、TさんWさん私の3人で、戸隠の奥の乙妻山を予定していたが、これだけ降ると雪崩の危険性や下りでもラッセルをしなければならない状況が考えられるので、避けたほうが無難だ。

    ということで、比較的小雪と思われる菅平スキー場上部の根子岳に行くことにした。

    往復4時間程度なので、朝はのんびり長野市を出発し、8:30に菅平の奥ダボスの駐車場に到着した。

    8:55 リフト1本乗れば高度を稼げるのだが、時間はたっぷりあるので、駐車場から歩きだす。

    雪は締まった雪の上に20cmくらいのパウダーがのっており、なかなかいい雪質だ。あまり斜度がないため、キックターンは一切ない。逆にこれが思った以上に足にくる。

    頂上が近くなってくると、気温は-10°の上に風が吹き、かなり寒くなってくる。頂上付近では樹氷ができかかっている。

    SANY0204_320.jpg

    11:15 頂上に到着。ここは冬はいつも強風が吹き荒れている。

    SANY0205_320.jpg

    風を避けるため、木の影でツェルト(簡易テント)を張って、食事をとる。外よりは暖かいが、-10°くらいだとじっとしていると寒い。

    SANY0206_320.jpg

    12:00 ツェルトを撤収し、滑降開始である。

    根子岳は山スキーの入門コースで危険箇所はないので安心で、山スキーを始めたころ過去何度か滑ったが、いい雪にあたったことがなかった。今日は上部は少しクラストしていたが、少し下ると、パウダーになり、3人とも気持ちよく下っていく。

    CI-3257956830204707_320.jpg

    12:41 途中藪を避けるため少し登り返したが、あっという間に駐車場に到着。

    山スキーの満足度は雪質により大きく変わる。4時間程度の山スキーだったが、雪質がよかったので、満足満足。

    tag :
    << topページへこのページの先頭へ >>
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。