あなたは 人目のお客様です
    過去の主な日記 ◎はおすすめルート
    山スキー 2017: ◎雪倉岳  2014: ◎横前倉山  2013: ◎剱沢 白馬周回 蒲原山 乙妻山 鍋倉山 ◎大渚山 小日向山  2012: 白馬岳 鍋倉山 ◎船越の頭~金山沢  2011: 黒姫山 妙高前山 北信佐渡山 ◎戸隠五地蔵山 雨飾山 白馬大雪渓 妙高涸沢 6月立山 11月立山  2010: 白馬乗鞍岳 小日向山 黒姫山 乙妻山 ◎針ノ木岳 ◎栂池~蓮華温泉 火打山  2009: 雨飾山 針ノ木雪渓 ◎火打山  2009北信五岳: ◎戸隠山(乙妻山) 妙高山(三田原山) 斑尾山 黒姫山 飯縄山  2008三大雪渓: 針ノ木大雪渓 ◎剱沢大雪渓 白馬大雪渓
    沢登り 2015: ◎黒部赤木沢  2014: ◎巻機山ヌクビ沢  2013: ◎雑魚川外ノ沢  2012: ◎草津白根某温泉沢  2011: ◎笛吹川ヌク沢左俣 荒城川、沢上谷 ◎雑魚川外ノ沢 ◎沢上谷三大滝巡り 裏妙義烏帽子沢  2010: 火打黒沢 裏妙義烏帽子沢 ◎中ア西横川  2009: 沢上谷 火打山黒沢
    アルパイン、岩登り 2015: ◎剱岳八ツ峰Ⅵ峰 立山龍王岳東尾根Ⅰ峰北壁 ◎明星山P6南壁左岩稜  2014: 小川山ガマルート  2013: ◎伊豆城山南西カンテ 妙義筆頭岩 ◎妙義山星穴岳 ◎海谷山塊船浦山東壁
    日帰り
    トレラン
    2012: 丹沢山(蛭ケ岳)  2011: 岩菅山 燕岳  2010: ◎奥穂高 ◎槍ヶ岳 鳳凰三山  2009: ◎剣岳 ◎白馬三山7月 ◎白馬三山8月 空木岳 蓼科山 ◎塩見岳  2008: ◎常念岳-蝶ケ岳  2008北信五岳: 斑尾山 妙高山 黒姫山 戸隠山 飯縄山
    百名山 2014: 大朝日岳  2013: 安達太良山、磐梯山、西吾妻山  2012: 間ノ岳  2011: 越後駒ケ岳 浅間山 ◎飯豊山  2009: 光岳  2008: 鹿島槍岳 焼岳 ◎甲斐駒ケ岳,仙丈ケ岳
    山道具 熊対策 ハンディGPS ミシン自作道具 チューブ食糧 衛生用品 心拍計 Jetboil個人輸入 Jetboil使用感 つめかえ君

    スポンサーサイト

    --------
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
    tag :

    自作スロー・ロープ・バッグ

    2012-01-31

    登山や沢登りで、メンバーがガケからずり落ちそうになったり、滝登りにてこずっているときに、10m程度のお助けロープをだすときがある。山スキーでも、ちょっとした沢のそばを渡るとき、『ロープをだしといたほうがいいかな?』と思うときがある。

    たいていは、束ねてたすきがけにして肩にかけていたり、ザックの底にしまっているが、いざ使おうと思ってもからまったり、投げてもうまく相手に到達しないことが多い。一刻を争うような状況にでくわしたことがないが、沢の急流に流されるなどした場合は、数秒の差で助けられなかったという結果にもなりかねない。

    そんなときにはスロー・ロープ・バッグがあると便利だ。スローはslowではなくてthrow(投げる)だ。バッグにロープを詰めておいて、バッグを投げるとロープが繰り出されるという物だ。メーカー品でもでているが、少々お高いので自作した。

    P1030477_320.jpg

    もとはRoll Paper Bagという犬の散歩時にトイレットペーパーを突っ込んでおくバッグだ。それに、圧縮用のベルトをハトメでとりつけた。このバッグは長野のホームセンター「D2」で見つけた。インターネットで検索しても売っていないようだ。

    普段は腰にぶらさげておく。ベルトをはずし、カラビナを掴んでバッグを投げると。。。

    P1030478_320.jpg

    ロープが出ながら、バッグが飛んでいく。

    P1030479_320.jpg

    使ったら、チャックを開けて、ロープを押し込む。

    P1030480_320.jpg

    我ながら、なかなかいい出来。ニッチな道具は自分で作るしかない。これを使うような状況にならないのを願っているけどね。

    スポンサーサイト
    tag :

    タングラム斑尾:激パウと板探し

    2012-01-29

    今日は所属山岳会で小谷村の大渚山で山スキーを予定したが、あまりの降雪のため中止となった。昨日には白馬のスキー場近くで山スキーヤーの雪崩事故があり、1名亡くなられたようだ。スキーエリア外での事故がこのところ連続しているので、世間の目は冷たい。私たちも何か事故を起こして世間を騒がして、懲りない奴らだと思われないためにも、悪条件のときは自重するに限る。

    私が山スキーを始めた10数年前は、真冬の山スキーはあまり一般的ではなく、天候も雪も安定したころの春先ツアーが普通だった。しかし、7-8年前くらいから、真冬のパウダー信仰が高まり、山雑誌の山スキー特集では、「パウダーこそが真骨頂!」というくらいの勢いだった。山雑誌は、あおりすぎたのを反省してか、最近はパウダー特集はおとなしめだが、逆に一般スキー誌やスノーボード誌のほうがパウダーやら不整地特集とかしている。ヤマヤでも危険なのに、山素人の一般スキーヤーやボーダーをあおって、どうするつもりだろう。最近の一連の遭難や事故もヤマヤというより、山素人の一般スキーヤーやボーダーが多いと思われる。

    ぽっかり予定がなくなったのと、先週タングラム斑尾の激安割引券を入手していたので、息子とゲレンデ・スキーしにいくことにした。

    朝7:30に長野市から出発。北上し信濃町に入ったあたりで、途端に雪の量が半端ではない。少し国道を離れた山道に入っただけで、両脇は高さ2.5mの壁がずっと続く。途中の集落の家々も除雪が追いつかないのか、玄関先が背丈ほどの壁ができあがっている。

    8:30にタングラムに着くと、泊まりのお客さんも多いのか、駐車場が混んでいる。スキー場からかなり離れた場所に駐車することになった。

    息子と足慣らしで初級コースを数本滑る。次に中級コースに行くと、途中で無圧雪の上級急斜面がでてくる。迂回コースもあったが、息子に「無圧雪コースに行ってみるか?」と聞くと、「うん、行く!」ということで、そろりそろりと滑りだした。

    息子がある程度下に行ったのを見計らって、私もとびこむ。朝一番で雪面があまり荒れていないので、舞い上がった雪が顔までかかってくる。

    しかし、途中で息子が転倒してしまった。板が片方はずれてしまったようだ。すぐに息子のもとにかけつけたが、板が雪に埋もれ見当たらない。転倒した近辺をストックで丹念に突いて探したところ、すぐに見つかった。

    再びリフトに乗り、同じ中級コースに行くと、息子が「また無圧雪コースに挑戦する!」といいだした。止めたほうがいいとは思ったが、息子のチャレンジ精神をそいでもいけないので、行かせることにした。しかし、再び転倒してしまい、今度は両方板がはずれてしまったようだ。

    片方はすぐにみつかったが、その後20分くらい周辺をくまなくストックで探すが、もう片方はなかなかでてこない。

    そうこうしているうちに、様子を見ていたと思われるスキーヤーの方が、「パトロール呼びましたから、そのうちスコップ持って駆け付けてくれますよ」と声をかけてくれた。親切にパトロールを呼んでくれたようだ。

    数分してパトロールの方1名がスコップ2丁持ってやってきた。息子と3人で10分以上探すが、なかなか見つからない。そのうち、パトロールの方に無線連絡が入り、「ケガ人がでたので、そちらのほうへ一旦行きます」とのこと。『春まで、でてこないか?』と思ったところ、停止したところから10mほど上部を探していた息子が「あっ!あった」と叫んだ。

    深雪の場合、フワフワしていて、板がはずれても、はずれた感覚がないので、えてしてとんでもない場所で発見される。

    それから、パトロールの方に丁寧にお礼をいい、慎重に下まで下った。

    11時に昼食を食べると、板探しで疲れていたし、かなり吹雪いてきたので、息子はめずらしく「もう帰ろう」と言ったので、今日はこれで帰ることにした。

    またまた息子には試練だったようだが、私は最高のパウダーを味った。雑誌がパウダーを大々的にあおるのは感心しないが、やはりパウダーは楽しい。私は密やかにパウダーを楽しむことにしよう。

    tag :

    ランチパックおとりよせ

    2012-01-24

    楽天内をブラブラ見ていたら、ランチパックのおとりよせを発見!

    ≪送料無料≫ランチパック福袋セブンパック

    27種類あるランチパックから好きなものを選べる。特定地方限定のランチパックも含まれている。

    私が見たときはキャンペーンで少し安い値段で販売していたので、早々に注文した。

    ランチパック

    賞味期限が短く届いてから残り数日なので、その数日間に食べなければいけないのが少し難点か。

    全部袋から開けて、少し中身の具が見えるようにパンに切れ込みをいれて、ランチパック神経衰弱とかランチパック・ババヌキすると、楽しいかもしれない。(よい子は食べ物をオモチャにしてはいけません。)

    tag :

    映画「127時間」:クライマックスは凝視できません

    2012-01-22

    実話をもとにした映画「127時間」をDVDレンタルで観た。


    【送料無料】127時間

    あらすじは以下のとおり。(ネタバレなので、核心部分の文字は白色にしています。マウスで選択して反転させれば見ることができます。)

    登山家の青年が、行き先を誰にも告げずに、ユタ州のキャニオンランズ国立公園にキャニオニングにでかける。途中の岩場で巨岩とともに滑落し、巨岩に右腕の先をはさまれてしまった。数日間経過し、疲労と混迷の中、死を覚悟するが、生きる気力を奮い起し、脱出を決断する。自ら腕の骨を折り、切れない安物ナイフで皮膚と肉を破り、神経を切り、渾身の力でひきちぎって、最期は脱出する(書いているだけで気絶しそう。)

    クライマックスは凝視できず、早送りしようかと思った映画は初めてだ。映画館で気絶者が続出したというのもうなずける。

    あらすじだけ書くと、興味本位のB級映画っぽいんだけど、周囲の人々に感謝しながら前向きに生きることの大切さが伝わってくる素晴らしい映画だ。

    そうそう、他にも教訓。

    「山に行くときは、行き先は誰かに言っておこう」

    「切れない安物ナイフはやめて、よく切れるいいナイフを携行しよう」

    tag :

    妙高前山:お手軽山スキー

    2012-01-21

    先日、所属山岳会のTさんから上越の重倉山へのお誘いがあったが、雪がかなり深そうで登りも下りも大変そうと情報を得て、妙高前山に急きょ変更となった。

    9:17 1500m ゴンドラとリフト1本を乗り継いで赤倉観光リゾートスキー場トップから出発。朝一番は私たち2人と柏崎から来たという単独の方1名だけである。

    今日は温度が高く、すぐに汗が噴き出してくる。細い尾根をつめるが、前日以前に多くの人が通り、雪がそれほど降らなかったせいか、スリップしやすくなっている。

    SANY0197_400.jpg

    10:47 1932m 頂上に到着。柏崎の方と周辺の雪の状況や道具についてお話をする。

    11:17 エネルギー補給を終え、滑降開始。前日以前の滑った跡が残り、それに少しクラストしており、滑りにくい。

    SANY0199_400.jpg

    樹林帯に入ると少し雪が柔らかくなってきたが、重く湿っておりパウダーにはほど遠い。スキーの先端がクラスト層の下に入りときどき転倒してしまう。

    12:17 1000m 尾根の末端で沢を渡り、スキー場にでる。

    12:22 730m ゲレンデを滑り、スキー場の駐車場に到着。

    実質行動時間2時間半だったせいか、Tさんも私も「少し物足りないねー」という意見だった。しかし、私の髪はビショビショになるほど汗をかいており、運動量が多かったのを物語っている。「少し物足りない」くらいが、ちょうどいいのかもしれない。

    maeyama_map_512.jpg

    tag :

    ぶらさがり健康法

    2012-01-17

    昨年の8月から肩コリに悩まされ続けてきた。昔から肩コリなんて経験したことがなかったのだが、雑魚川外の沢での強烈な藪漕ぎを経験したあたりから、肩コリが出始めて、毎日朝5:30ころに肩が痛くて目が覚めるような状態だった。

    スポーツ外科に行き、マッサージをしてもらったが、やった直後は気持ちいいが、改善に至らなかった。肩周辺のストレッチとかもしてみたが、一向によくならない。

    さらに、12月のクリスマスあたりに、ナマ岩でビレイを久しぶりにやったのが引き金になったのか、肩だけではなく右腕から首にかけて痛み出した。デスクワークで、それほど腕を動かしていないのに、仕事中にズキズキ痛み、仕事にならない日が数日続いた。

    そこで、近所のほとんど整体師の整形外科に行き、レントゲンを撮ってもらうと、「背骨の一部が若干ずれていて、加齢とともに筋力が落ち、そのゆがみが痛みの原因」という診断であった。そういえば、中学生のころに何かの拍子に階段で背中から落ちて、1か月くらい背中が痛かったことがあった。

    先生は「じゃあ、ずれを直すのでベッドに腰掛けて」といい、ベッドに座ると、看護婦さんが私の足をおさえ、先生が私をはがいじめにして私の背中に膝をあてて、思いきっり背骨のずれている部分を押さえ始めた。私は「うーっ!!」と思わず苦しみの声をあげてしまうほどだった。

    先生から「一時的にはこれで少しおさまるけど、ゆがみを治すには『ぶらさがり健康法』がいいよ。1日10秒を10回やるといい。」とアドバイスがあった。1970年代に一時ブームになって、あっという間に下火になり、多くの家庭で粗大ごみとなった「ぶらさがり健康器」だが、背に腹は代えられない。早速、年末にインターネットで安いぶらさがり健康器を注文した。


    【お買い得商品】ALINCO(アルインコ) バランス、ストレッチ系トレーニング用品ALINCO(アルインコ) ぶらさがりくん

    新年早々届き、ぶらさがり開始!当初はあまり効果が感じられなかったが、「信じる者は救われる」の気持ちで続けた。すると、10日ほどたったころから、肩コリと腕の痛みが和らいできた。

    いまはまだ少し腕の痛みと肩コリは残っているが、かなり改善してきた。過去のブームと思っていたが、それなりの効果はあるようだ。

    tag :

    赤倉観光リゾートスキー場:深雪は親切?

    2012-01-15

    今日は第3日曜で「スキーこどもの日」である。近所のスキー場はほとんど小学生以下は無料となる。これは息子とどこかに行くしかない。昨シーズン妙高山麓のスキー場共通前売り券を数枚買い、3月に行こうと思い、1枚だけ残しておいたが、昨年3月の震災に伴い、早目の営業終了となってしまった。しかし、赤倉観光リゾートスキー場は次のシーズンも前売り券も使用可能ということだったので、今回使用することにした。

    朝7時に家をでて、近くの24時間営業の西友で昼食用のカップ麺やおいなりやおやつを買いこむ。

    8:30のリフト営業開始とともにゴンドラに乗りこみ、滑り始める。朝から雪がひっきりなしに降っており、それが滑って固められて、時間が経つにつれ、ゲレンデがだんだんボコボコになってきた。息子もかなり滑りにくそうだ。

    CI136185683230200683_400.jpg

    このスキー場には長い急なコースのいくつかには圧雪していないコースがある。昼を過ぎたころには、ゲレンデはどこに行ってもボコボコで滑りにくくなってきたので、山スキーでの深雪の練習も兼ね、無圧雪の深雪コースへ行くことにした。

    深雪コースも多くの人が滑りボコボコだが、雪が軽いままで板を当てれば崩れてしまうので、滑るのはまだこちらのほうが楽だ。しかし、息子は深雪に慣れていないので、こけては板がはずれ、起き上がるのに手が埋まり、起きても足が埋まり、板を履こうにも深雪ですぐにずれて、疲労困憊になってしまった。

    その後は、息子の希望で、深雪コースは避けて16時まで滑り、私も疲労困憊だ。

    tag :

    リンレイ換気扇リパック:印刷地図の防水処理その2

    2012-01-14

    以前、衣類に使う防水スプレーによる印刷地図の撥水処理を紹介した。更に強力な方法を紹介。

    使うのは、台所清掃用品なのだが、「リンレイ換気扇リパック」。


    リンレイ 換気扇リパック 165ml

    少し粘性のある液を蓋に装着された刷毛で塗ると数分で乾き、紙に合成樹脂の被膜をしっかり作ってくれる。昔は、国土地理院2万5千分の1地図は書店で買っていたが、少し紙が弱く水に濡れるとヨレヨレになってくるので、こいつを塗っていた。

    紙が安売りコピー用紙だと、塗った後乾いても透けたような感じになってしまうので、よろしくない。少し厚手のインクジェット専用用紙がお薦めだ。

    今回はA4インクジェット専用用紙に印刷し、上半分のみにリンレイ換気扇リパックを塗る。乾いた後、それを1分間ほど水につけておいた。

    IMG_400.jpg

    インクジェット専用用紙は、安価なコピー用紙よりも滲みはでないが、防水処理をしていない下半分の色の落ち具合は一目了然である。

    塗るのはちょっと手間だが、両面に塗れば完璧だ。

    tag :

    「悪人」と「罪と罰」

    2012-01-13

    昨年末に邦画「悪人」をレンタルDVDで観た。最近観た日本映画では一番感動した映画だった。正直泣けちゃいました。


    第34回日本アカデミー賞最優秀賞最多5部門受賞!吉田修一のベストセラー小説を、妻夫木聡&深津絵里主演で映画化!【中古】◆DVD◆悪人◆

    この映画の一幕に、いきおい余って女性を殺した主人公祐一が、一緒に逃避行を続ける光代に、「(自分が殺した)あの女が悪かけん、(死んだのは)当然と思っとった。けど、光代とおればおるほど苦しゅうなる」と自分の後悔の気持ちを吐き出す場面がある(ちなみに、九州弁って素朴で嫌味がなくて、いいよね)。

    そういえば、似たような場面を何かで読んだことがあるのを思い出した。高校性のときに読んだドストエフスキーの「罪と罰」だ。計画殺人を犯した主人公ラスコーリニコフが家族のために身を売る娼婦ソーニャに罪を告白する場面だ。


    【送料無料】 罪と罰 上 岩波文庫 / Fyodor Mikhailovich Dostoevskii ドストエフスキー 【文庫】

    高校生の自分には、主人公の計画殺人の動機や心理描写や登場人物の思想を中心とした会話が難解だったため、この長編を我慢しながら最後まで読んだものの、なんとなく未消化だった。というより、何が主題だったのか、まったく掴みどころがなかった。背伸びして我慢して読んだという感じだ。

    『よし!また挑戦するつもりで読むぞ!』と思い立ち、ヤフオクで入手した。文庫本3分冊で1200ページと長い小説だ。しかし、読み始めると、高校生の頃とは違い、かつて難解だと思っていた文章もすんなり入ってくる。文章が平易になったわけではない。思うに、あれから30年以上経ち、自分の経験や思想の引き出しが増えて、小説でてくる難解な文章も、自分の経験や思想の引き出しにあてはまる度合いが増えたせいだろう。あらすじを忘れてしまっていたせいか、この次はどうなるんだろうとワクワクしながら、数日間で読み終えてしまった。

    読み終えたものの、やはり『この小説は何を主張しようとしているのか』を明確に語ることはできない。それでも、罪とは?罰とは?愛とは?憎しみとは?悪とは?正義とは?と、哲学的なことを考えさせられた。日頃は、実用的なことと目の前の生活のことしか考えていないので、頭のリフレッシュにはいい刺激だった。「罪と罰」が名作と言われるゆえんは、読んだ人の経験や意識により、何通りにでも理解できるからだろう。

    ちなみに、映画「悪人」で光代を演じる深津絵里は最高!何となく癒されてしまうのは私だけだろうか?

    tag :

    鍋倉山山スキー:大人数で楽勝ラッセル

    2012-01-07

    所属山岳会のM会長、Tさん、同僚のWさんとで、本日は鍋倉山である。昨年暮れに敗退しているので、今日は何としても頂上に到達したいところだ。

    8:00 552m 温井集落の登り口に車を停めて、出発。積雪は2mを越えており、新雪部分は4-50cmはありそうだ。すでにトレースがついている。これはありがたい。

    M会長を先頭に林道にでると、鍋倉山が見えてきた。

    SANY0193_320.jpg

    トレースをたどり、林道から田茂木池の平原をラッセル無しで進む。平原の末端の小屋あたりのところで先行していたパーティの4人組に追いつく。お話をすると群馬からお越しとのこと。

    ここから稜線への急斜面を登る。総勢8人となり、交代でラッセルして進む。本日は膝程度のラッセルである。だんだんと雪が激しく降り出してきて、気温は-10℃くらいになってきたが、北信の山は風があまり吹かないので、それほど寒くはない。とはいえ、8人で交代しながらのラッセルなので、ラッセルしていないときは、体がそれほど温まらず、体が冷えてしまう。

    10:53 1288m 頂上に到着。頂上は風が吹き、ガクガク震えだしてしまう。ツェルトを張り、中で食事をしていると、連休初日ということもあり、続々と山スキーヤーが登ってくる。

    11:40 休憩を終え、滑降開始である。斜度が20度以上あれば、全く底つきしないパウダーで空中浮遊しているようで気持ちいい。しかし、斜度が少なくなると全く進まなくなる。トレースをたどれば、下りラッセルをせずにすむ。M会長と相談しトレースの近くをたどって戻ることにした。

    鍋倉山はブナの巨木で有名な山である。ブナは木の間が適度に空いているので、ツリーランにはもってこいだ。今日はあいにく雪も降り少しガスっており視界が悪い。無木立斜面であれば、ホワイトアウトで雪酔いするところだが、ブナが目印になるので雪酔いもない。

    ふと気がつくとTさんがいない。Wさんが見たところによると、私たちとは違う方向の気持ちよさそうな斜面にとびこんでいってしまったそうだ。TさんはGPSとトランシーバーを持っていたので、Tさんと交信し、GPSで確認してもらったところ、私たちがいる場所とは違う尾根に入りこんでしまったとのこと。Tさんからは「トランシーバーとGPSを持っているので、何とかなりそうだ」ということで、そのまま滑り下りる。

    途中でTさんから、トレースに合流したとの連絡があり、ひと安心である。

    12:36 登り口に到着。30分後、無事にTさんも下りてきた。

    初対面でも目的が同じなので、すぐに協力しあい、深い雪も大人数でラッセルして楽勝だった。こういうふれあいも山の楽しみのひとつだ。

    nabekura_map_512.jpg

    tag :

    アウトドア・B級ホラー映画

    2012-01-06

    クライミングや沢登をしていると、高所から転落しそうになったり、沢で溺れそうになったりと、ヒヤリとすることがある。アウトドアにつきものの恐怖体験を見事に映像化しているのが、この2つの映画だ。

    「デッドクリフ」はヨーロッパのvia ferrataが舞台だ。


    期間限定 厳選DVD 25%OFFデッドクリフ 【DVD】

    via ferrata(ビア・フェラッタ)という言葉をこの映画で初めて知った。ワイヤーとシンプルな足場がとりつけられた急峻な岩場を歩きまわる山行形態である。イメージとしては、剣岳の「カニのヨコバイ」のような鎖場がひたすら続く感じだ。

    高所恐怖症のメンバーがめまい寸前で岩場で落ちそうになったり、ワイヤーの吊り橋がいきなり切れたりで、アウトドアそのものの怖さでハラハラドキドキだ。

    しかし、途中から、人間狩りの魔の手が忍び寄ってくる。今までのアウトドアそのものの恐怖ではなく、B級ホラーの代表作「悪魔のいけにえ」並みのパワーが炸裂する。これはこれでハラハラドキドキだが、前半が趣味のいい恐怖だったのが、後半はアウトドア関係なしの展開だ。

    「ディセント」は、こちらはケービング(洞窟探検)が舞台だ。


    【エントリーで12/19(月)10:00~12/27(火)9:59までポイント10倍以上】買いまわりセール中【中古】洋画DVD ディセント(’06米) 2枚組【10P20Dec11】【画】

    こちらも洞窟自体の圧迫感や闇の中の恐怖がひしひし伝わってくる。しかし、こちらも同様に、人間狩りの魔の手が忍び寄ってくる。おまけにちょっとチープな感じの魔の手だ。

    両映画ともに前半は景観の美しさとアウトドアにつきものの恐怖体験を見事に映像化している。しかしながら、後半は一変し、笑っちゃうくらいのB級ホラーになってしまう。

    それにしては、B級ホラーでは、女性は強い。血みどろになりながら、敵を殴る蹴るして、難を逃れていく。

    一味違うアウトドアの恐怖を味わいたい人はご覧ください。ただし、元気なときに見たほうがいいかと。。。かなり疲れます。

    tag :

    戸隠ゲレンデスキー

    2012-01-03

    今日は小6の息子と戸隠スキー場でゲレンデスキーである。息子の板を今年新調したので、その試し履きでもある。

    9時にスキー場の駐車場に到着。正月三が日だけあって、県内外からの車が停まっている。お客さんはそこそこいるので、リフトは数分待ちである。バブル期のように数十分から1時間も待つのは論外だが、ある程度混んでいないと、スキー場運営のほうが心配になってしまう。

    今年は少雪で、普段埋まっている林の中の笹は出まくっているし、ゲレンデもところどころ枯れ草が頭をだしている。日当たりのいいコースでは小石がゴロゴロしている。ゲレンデとしてコンディションがいいとはいえない。標高はそこそこ高いので雪質はまあまあだ。

    戸隠スキー場の最高所である瑪瑙山で飯綱山をバックに記念撮影。

    DVC00014_320.jpg

    2時間半ひたすら滑り、11:30より30分食事休憩をとる。私はそろそろくたびれ気味だ。以前の息子なら、2-3時間滑ると疲れて「帰る!」とか言っていたので、「まだ滑るか?」と聞くと、体力がついたせいか、「うん!滑る!」と意気揚々である。

    私は疲れた体にムチ打って、再び12時から滑りだした。午前中は20度以下の斜度を滑り、息子はそれなりに滑っていたので、30度斜面くらい大丈夫かと思い、最大斜度31度あるチャンピオンコースに連れて行った。ところが、滑りだしのコースの上部で息子は恐怖のために固まりだしてしまった。

    「斜滑降してターン!斜滑降してターン!」と声をかけながら、何とか下まで滑り下りた。急斜面に連れて行ったのを怒っているのか、うまく滑れず自信喪失したのか、息子はかなりご機嫌斜めになり、ふてくされ状態になってしまった。甘やかすのは厳禁。「ふてくされて滑ったら注意散漫になってケガするぞ!そんな風にふくてされているんだったら帰るぞ!」とどやしつけると、「まだ滑る!」と根性をみせてきたので、自信回復のため、再び20度以下の斜面で滑る。

    14時になり12時から連続して2時間滑っていると、私もそろそろ限界である。息子に「パパ疲れたよ。もう帰ろうか」と言うと、「僕は大丈夫、まだ滑る!」と元気である。「じゃあ、パパがお前の後ろからチンタラチンタラついて行くから、好きなところ行ってくれ」と言うと、主導権を握りうれしいのか、「さっきの30度斜面に行く」と言いだした。『大丈夫か。。。?』と少し心配になってしまったが、「よし!じゃあ行こう」とチャンピオンコースに向かう。

    息子はコース上部でちょっと躊躇していたが、滑りだすとドンドン滑り下りていく。息子は決してきれいなフォームではないがスピードが速く、私は懸命に追うが追いつかない。前の固まり状態がウソのようである。心底「滑れたな。お前速いなー」と褒めてやると、「うん」とぶっきらぼうである。男の子はこうじゃないとね。

    15時になり、日も陰り気味になり、気温が下がり寒くなってきたので、息子もやっと帰る気になり、帰途についた。

    ここのところ、息子に何か教えると、自分が苦労したことでも、あっさりやってしまう。親である自分を越されるのはちょっと寂しいが、息子が成長するのはやはりうれしい。

    tag :

    防水スプレー:印刷地図の防水処理

    2012-01-02

    山に持っていく地図は、フリーソフトの「カシミール3D」で国土地理院の「ウォッちず」を表示させ、そこから必要な部分のみを自宅のプリンターで印刷している。地図自体は書店で販売している国土地理院の地図と全く同じものである。

    kashmir_320.jpg

    縮尺も自分の好きなように調節できる。紙の25000分の1地図に慣れていたので、大抵は25000分の1で印刷している。しかし、最近は老眼になってきたせいか、山の中で地図の小さな文字や等高線が見えないときがあるので、沢や雪山で地形を丹念に確認するようなときは、倍の12500分の1にしている。

    私の持っているプリンターは染料インクを使用しているのだが、染料インクは水濡れに弱いのと、通常のA4コピー用紙は水の吸い込みがよく、少しでも濡れるとあっという間に滲んでしまう。なので、山に持っていくときは防水のマップケースにいれておく。そのため、汚れないので、帰ってきた後、利用した地図はクリアファイルに保存しておき、再度行くときに利用している。

    日帰りだと行動範囲はA4サイズ1枚に収まるのだが、複数日で行動範囲が広いと1枚に収まらず地図が複数枚になってしまう。沢や雨の中で地図の入れ替えをせざるをえないときがあり、水が入ってしまい、肝心の場所がインクが滲んでしまうときがある。

    防水処理でいい方法がないか調べていると、衣類用の防水スプレーがいいらしいので、早速やってみた。

    A4用紙に印刷した地図両面に防水スプレーを満遍なく吹きつける。乾かしてから、防水スプレーを施していない地図とで比較である。

    水を適当にかけ1分ほど放置すると、防水していない地図(右)は水を吸い込んでしまっているが、防水した地図(左)は水をはじいている。

    P1030471_320.jpg

    水分をタオルでとり、滲み具合を確認。

    防水していない地図は、タオルをあてても紙が水分を含んだままで紙がボコボコになったままである。それにインクが滲みまくっている。

    P1030473_320.jpg

    防水した地図は、タオルで水分がサッととれた。水滴が乗っていたところが少し変色しているが、地図として使えない状態ではない。水の影響は若干あるが、水を吸い込まないので被害は少ないようだ。

    P1030472_320.jpg

    ホームセンターで防水スプレーは安価で手に入る。ちょっとした手間なので、毎回行うことにしよう。

    tag :

    新年の抱負:「何にでも順応」

    2012-01-01

    昨年の新年の抱負は「10歳若く」だった。10歳若いつもりでいろいろ挑戦したが、50歳目前であることを思い知らさせることが多いのが現実だ。

    • 完全に老眼になり、小さい文字が読めないので老眼鏡を購入。
    • 夏はあまりの暑さのために軽いめまいで、7月から9月にかけて少しフラフラ。
    • 今までなったことが無かった肩こりに9月頃から悩まされる。年末年始は悪化して、右腕に痛みが走っている次第だ。これはクライミングのやりすぎか?

    体の具合が悪くなると、「10歳若く」ではなく、「歳相応に」と弱気になってしまいそうだ。しかし、人間どんなことにでも大抵順応してしまうものだ。「克服」などと大それたことを考えると無理があるが、体の衰えを含め「何にでも順応」しながら新しいことにもチャレンジしていきたい。

    ということで、冬から春はやっぱり山スキー。夏から秋は、暑ければ沢登だけど、クライミングにも精をだして、アルパイン(岩稜登攀)に手をだすつもりだ。スキーもクライミングも上手くはないけど、下手は下手なりに楽しめるところを選べるのが、山のいいところだ。

    tag :
    << topページへこのページの先頭へ >>
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。