FC2ブログ
    あなたは 人目のお客様です
    過去の主な日記 ◎はおすすめルート
    山スキー 2017: ◎雪倉岳  2014: ◎横前倉山  2013: ◎剱沢 白馬周回 蒲原山 乙妻山 鍋倉山 ◎大渚山 小日向山  2012: 白馬岳 鍋倉山 ◎船越の頭~金山沢  2011: 黒姫山 妙高前山 北信佐渡山 ◎戸隠五地蔵山 雨飾山 白馬大雪渓 妙高涸沢 6月立山 11月立山  2010: 白馬乗鞍岳 小日向山 黒姫山 乙妻山 ◎針ノ木岳 ◎栂池~蓮華温泉 火打山  2009: 雨飾山 針ノ木雪渓 ◎火打山  2009北信五岳: ◎戸隠山(乙妻山) 妙高山(三田原山) 斑尾山 黒姫山 飯縄山  2008三大雪渓: 針ノ木大雪渓 ◎剱沢大雪渓 白馬大雪渓
    沢登り 2015: ◎黒部赤木沢  2014: ◎巻機山ヌクビ沢  2013: ◎雑魚川外ノ沢  2012: ◎草津白根某温泉沢  2011: ◎笛吹川ヌク沢左俣 荒城川、沢上谷 ◎雑魚川外ノ沢 ◎沢上谷三大滝巡り 裏妙義烏帽子沢  2010: 火打黒沢 裏妙義烏帽子沢 ◎中ア西横川  2009: 沢上谷 火打山黒沢
    アルパイン、岩登り 2015: ◎剱岳八ツ峰Ⅵ峰 立山龍王岳東尾根Ⅰ峰北壁 ◎明星山P6南壁左岩稜  2014: 小川山ガマルート  2013: ◎伊豆城山南西カンテ 妙義筆頭岩 ◎妙義山星穴岳 ◎海谷山塊船浦山東壁
    日帰り
    トレラン
    2012: 丹沢山(蛭ケ岳)  2011: 岩菅山 燕岳  2010: ◎奥穂高 ◎槍ヶ岳 鳳凰三山  2009: ◎剣岳 ◎白馬三山7月 ◎白馬三山8月 空木岳 蓼科山 ◎塩見岳  2008: ◎常念岳-蝶ケ岳  2008北信五岳: 斑尾山 妙高山 黒姫山 戸隠山 飯縄山
    百名山 2014: 大朝日岳  2013: 安達太良山、磐梯山、西吾妻山  2012: 間ノ岳  2011: 越後駒ケ岳 浅間山 ◎飯豊山  2009: 光岳  2008: 鹿島槍岳 焼岳 ◎甲斐駒ケ岳,仙丈ケ岳
    山道具 熊対策 ハンディGPS ミシン自作道具 チューブ食糧 衛生用品 心拍計 Jetboil個人輸入 Jetboil使用感 つめかえ君

    スポンサーサイト

    --------
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
    tag :

    飯綱山:お手軽山スキー

    2011-01-31

    今日は休日出勤の振替休日である。昨日のゲレンデスキーの疲れもあり、奥まった冬山へ単独で山スキーに行くほどの元気もない。

    そういえば、3週間ほど山スキーをしていない。山スキーにどうしても行きたいわけではないが、貧乏性のせいか、筋力・バランス・技術が低下してしまうのが不安になってしまう。今日は軽めの山スキーということで、お手軽な飯綱山へ行くことにした。

    何度もブログにのせているので、行程は簡単に。

    9:30 戸隠スキー場よりリフト2本を乗り継ぎ、瑪瑙山へ。
    10:17 1748m 瑪瑙山より滑降。わずか標高差100mだが、パウダーで満足。
    10:22 1639m 飯綱山との鞍部、シール準備。
    10:29 シール登行開始。終始スネラッセル。
    11:36 1917m 飯綱山山頂。今日は風が強く、ガスも少しでており視界が悪い。
    11:54 1909m 南峰着、食事と滑降準備。
    12:07 南方より滑降。最初はパウダー、次は激ヤブ、最後は樹林帯。
    13:01 1230m 戸隠中社への林道到着。

    何度も来ているが、なぜか飽きない。飯綱山の魅力を挙げてみた。
    ・戸隠スキー場のリフトが使える。
    ・家から1時間程度で到着する、
    ・シール登行は1時間ほどなので楽。
    ・晴れていれば頂上から遠く富士山まで見渡せる。
    ・登り斜面は緩急の変化があり、そこそこ技術が必要。
    ・下りは、パウダー、激ヤブ、樹林帯と、こちらも技術がそこそこ必要。

    飯綱山での山スキーは、短時間で周れて、いろんな要素が詰まっているので、山スキーにはいい練習場だ。

    スポンサーサイト
    tag :

    ゲレ食

    2011-01-30

    ここ数年ゲレンデに併設のレストランで食事をしていない。それほどおいしいわけでもないのに、値段が市街地の2倍くらいするからだ。

    寒いゲレンデでレストラン以外で暖かい食べ物をとるためには、車の中で食べるしかない。家から水やらコッヘルやらバーナーを持って行って、お湯を沸かしてカップラーメンにしたり、おでんなどを温めて食べたりすることが多い。バーナーを車の中で使用するときは、酸欠や内装に燃え移ることを懸念して、車の後部ハッチバックを開けて、荷台で使用している。天気がよければ車の荷台でお湯を沸かすのはそれほど苦ではないが、雪が降ったり風が強かったりすると、寒さが身にしみて苦痛だ。

    今日は息子と約束していたゲレンデスキーだ。予報では、今日は一日雪で気温も低い。雪が降る中でお湯を沸かすのは苦痛なので、ゲレ食を利用するつもりで、妙高杉ノ原スキー場に行った。

    昼になり、レストランに入る。暖房がしっかりきいているので、雪の日にはありがたい。しかし、値段は醤油ラーメンが800円、オムカレーが1000円と市街地の倍である。車の中ですぐに暖かい醤油ラーメンやオムカレーが食べれるわけではない。他に選択肢がない以上しょうがなく、市場原理に従うしかない。車用の電子レンジは3万円以上することを考えれば安いのかもしれない。

    tag :

    深雪でのシール登行技術

    2011-01-25

    例年「岳人」2月号には、ツアー場所を紹介する記事が載っていたのだが、さすがにもう出尽くした感があるのか、今回は「山スキー登る技術・滑る技術」という特集があった。記事の中でも「ツアーに一緒についていくだけの人は、登る技術・滑る技術がおざなりである」との趣旨が書いてあった。

    そこで、私も僭越ながら、記事になっていない「登る技術」を少し紹介。それは「深雪でのシール登行技術」。

    1.花魁ラッセル
    これは前にも紹介したが、深い雪ではとても有効だ。欠点は、上側のスキー板のトップで下側のスキー板のシールの留め金を時々はずしてしまうことだ。

    2.高い位置から低い位置へのキックターン
    以前の日記で高い位置から低い位置へのキックターンを紹介した。これは今回の岳人2月号にも載っていた。常識なのかな。筋力が弱った中高年には最適だ。

    3.先行者が作った足場を崩さない
    キックターンの際に初心者は低い位置から行うために、せっかく先行者が作った低い位置の足場を崩してしまい、複数人で踏み固めるうちにターンする場所を広いツルツルの面にしてしまいがちである。そうならないためには意識して一歩上に登っておいてからキックターンすることが必要だ。

    4.登り角度は20度に抑える
    シール登行でスネ程度の新雪だと30度くらいの斜面でも後ろにスリップせず直登できてしまう。単独や2-3人のパーティで行く分には問題ないが、4人くらいが踏み固めるうちにツルツルになってきて、後ろの人ほどスリップしやすくなってしまう。気の利いたトップであれば、直登30度の斜面でも20度くらいになるようにジグザグで進むものである。

    5.ツルツルのトレースやターンポイントをはずす
    踏み固められた急傾斜のトレースやツルツルになったターンポイントで、滑って苦労しているのをよく見かける。初心者はどうしても先行者のトレースを使ってしまうのだが、そんなときはあえて別のトレースをつけたり、ターンの場所を変えることだ。

    6.深雪では谷足を引き抜きキックターン
    深雪では山足をもとの高い位置から低い位置にドスンと置いたほうが楽だ。しかし、そのあと谷足も前方向に持ち上げキックターンしようとすると、バランスを崩しやすい。そんなときは、谷足は後ろに引き抜きキックターンをする。谷足を後ろに引き抜いたまま向きを変え、引き抜いたスキーの先端を山足の下あたりに置き、そのまま前に滑らすと楽である。

    7.バランス力を鍛える
    深雪のキックターンでは、片方の足でバランスを保ちながら、雪にひっかからないように、もう片方の足を大きく上げなければいけない。バランス力は、単に平衡感覚だけではなく筋力と柔軟性も大事である。日頃からジョギングすることで、平衡感覚と筋力はかなり鍛えられる。また、ストレッチを毎日行い柔軟性を維持するのも重要だ。

    自慢するわけではないが、岳人2月号に載っていた「登る技術」自体は、今まで何かの本で読んだり、自分で発見したり、山岳会の人に教えてもらったりしたことばかりで、自分にとって目新しいものではなかった。しかし、山スキーの道具も技術もまだ完成形とはいえず日々進化しており、「登る技術」自体は語り継がれる「個人の知恵」に近い状態だ。それら活字としてまとめてるのは、より多くの人が山スキーを楽しむという点では意義があることだ。

    ツアー記録とかではなく、このようなちょっとした技術を、ブログ、ホームページ、メーリングリストに載せることで、多くの人に楽に登る技術を広めて、山スキーをより楽しいものにするのではないだろうか。

    tag :

    夜勤

    2011-01-23

    昨日19時から本日朝5時まで夜勤だった。

    数年前に突発性難聴になってからは、寝不足が慢性的になると、耳鳴りやめまいを発症するので、徹夜は厳禁である。屋内工事の立会なので、ときどき仮眠をとりながら、なんとか朝までもたせた。

    若いころは夜更かしして昼ごろ起きても何ということもなかった。48時間連続して仕事をし続けたこともあった。今では、日の出とともに眠れなくなってしまうので、夜更かしは、とても体にこたえる。100kmくらいの山岳マラソンともなると24時間近く走るレースもあるが、とてもじゃないが考えられない。

    「年寄りは早寝早起き」というやつだろうか。夜20時ころ寝て未明3時ころ起きるのは、全然平気なので不思議なものだ。

    tag :

    椎名林檎と東京事変

    2011-01-19

    長い間、日本のアーティスト(シンガー&ソングライター)を聞いていなかった。90年代以降のアーティストの楽曲は、70年代・80年代の楽曲の焼き直しにしか聞こえなくなってしまったせいもある。最近の音楽を聞き始めた若い人であれば、何を聞いても新鮮なのであろうが、40代後半の私からすると、『これって、昔のxxのパクリ』と思ってしまう曲が多く、『この人歌うまいなー』と思っても、楽曲自体に新鮮さがないのである。

    しかし、ふとYouTubeで椎名林檎や彼女のバンドである東京事変のPVやライブ映像を数編見た。

    「ガーン!すごい!今まで知らんかった!」というくらい衝撃を受けた。

    椎名林檎は少し知っていたが、声がキイキイしていて、巻き舌で歌う、奇をてらった小娘(ファンの方許して)くらいにしか昔は思っていなかった。東京事変もバンド名は知っていたが、椎名林檎がボーカルであることもYouTubeで見て初めて知った次第である。

    日頃ゆっくりYouTubeを見る暇がなかったが、年末年始は割と時間がとれたので、YouTubeにアップされた椎名林檎と東京事変の映像を見まくった。

    椎名林檎は声質は決していいほうではない。Amazonのコメントでは「ヤギ声」という酷評もあった。しかし、曲によって声色を変える器用さ、音の高低が激しい曲でも音程がぶれない正確さ、すごい美人ではないのだが何となくエロティックな雰囲気、謎解きのような難解な歌詞など魅力たっぷりである。東京事変の演奏メンバーは全員テクニシャンで、細かい音を正確に演奏している。

    他の椎名林檎ソロ時代の曲や東京事変の曲の中には、ひねりすぎたり、安っぽいアレンジの曲や昭和レトロを意識しすぎた曲もあり、全てがいいというわけではないが、私が椎名林檎の天才ぶりを感じたのは以下の曲だ。(YouTubeのリンクつけました)

    椎名林檎ソロ:ギブス丸の内サディスティック茜さす復路照らされど本能

    東京事変:能動的三分間絶対絶命Osca修羅場

    最近自分自身が音楽を演っていないので、将来どうなるか楽しみなアーティストに出会えると、わくわくしてうれしいものだ。

    tag :

    大雪の飯綱高原スキー場で板探し

    2011-01-16

    朝起きたら長野市平地でも30cmの積雪だ。今日は朝から息子と新潟の妙高に滑りに行く予定であった。しかし、こんなに積雪があると、雪が固まらないうちに、雪かきをしなければならない。遠い妙高は中止して、雪かきしたあとに、家から30分で到着する飯綱高原スキー場に行くことにした。飯綱高原スキー場はここ5-6年は小雪・温暖化であまり雪がよくないのだが、平地でこれだけ降るとパウダー間違いなしである。

    8:30から雪かきを家内と息子と3人でやり始めたが、かなりの積雪でなかなか片付かない。1.5時間ほどかかり、やっと雪かきが終わると、雪を積む場所である庭の真ん中に高さ1mくらいの雪の小山ができた。息子はそれをそり台にして遊び始めた。

    しばらく休憩し、息子にスキーに行くかどうか聞いてみると、『もういい』とのこと。雪かきで疲れ、ソリ遊びで満足したようだ。息子は1か月前に捻挫した足もまだ少し痛いようなので、私一人で行くことになった。

    12時に飯綱高原スキー場に到着し、ゲレンデに行ってみると、気温は-8℃で十分な雪もあり、予想通りパウダーだ。

    30度前後の上級コースは雪面はかなり荒れて凸凹であるが、コブに板をバンバンあてても、雪が柔らかく量が多いので、快適に滑っていける。

    ヘルメット・ゴーグル・フェイスマスクで防寒していても、スピードをだすと、頭がキンキンに冷えて痛くなってしまう。数分滑り頭が痛くなると、頭が暖まるまで休む。これを何度も繰り返した。

    ひとりで行くとどうしても黙々とひたすら滑ってしまうのと、終始雪が降り続き寒かったせいか、3時間ほど滑ると疲れてきた。『そろそろ帰るか。最後の一本に景気よく30度斜面を思いっきり飛ばそう!』と突っ込んでいった。しかし、疲れのせいか、途中のふきだまりにスキーがささり、ビンディングが両足ともにはずれて、体が前に吹っ飛んでしまった。

    一回転したが雪が柔らかいので痛くない。起きあがり、スキーはどこ?と、上をみてみるとスキーが見当たらない。流れ止めをつけていなかったので、深い雪の中に潜ってしまったようだ。少しずつ進んでは、ストックで雪の中を探る。数分探すがなかなか見つからない。『春にならないと、でてこないかな。。。』とあきらめかけたとき、雪の中深さ40cmのところで片方が見つかった。結構潜るもんだ。もう片方を見つけるべく、周辺をストックで探る。数分後にもう片方も見つかった。

    スキー場とはいえ、油断は禁物。スキー場でも深い雪のときは、スキーの流れ止めは必要だ。

    tag :

    寒い!黒姫山ヤブスキー

    2011-01-10

    長野マラソンも近いし、持病のめまいにも効果的な有酸素運動トレーニングをしたいが、1時間ほど走ると腸脛靭帯炎(ランナー膝)が再発してしまうので、ろくに走ることもできない。普通の登山でも下山時に痛くなってしまう。同じ足を使っても動きが異なるせいか、山スキーであれば長時間行動しても痛むことがない。山スキー仲間のお誘いもあり、今日は黒姫山だ。

    朝5:30に起きたら、いつになく寒い。気温は-4℃。雪が車に3cmほど積もっているので、山では数10cm程度降っていることだろう。気温も低いのでパウダーが期待できそうだ。

    8:00 3人で車に相乗りし戸隠大橋に到着。戸隠大橋のいつもの駐車スペースは、工事車両のスペースのため、関係のない車に停められないよう柵が設けられている。その脇でブルドーザーが雪掻きをしている。

    少し先の登山道の入口あたりに停められないか行ってみたが、全く停められるスペースがない。道路脇に駐車しようにも雪壁ができており不可能だ。

    ダメモトでブルドーザーの運転手さんに「車、停められませんかね?」と訊いてみると、「工事車両が入るからねー。入口付近であれば、今から雪を掻くから停めていいよ」とのこと。ラッキー。ブルで入口付近の雪を掻いてくれて、駐車スペースを作ってくれた。

    8:30 1140m 支度を整え、戸隠大橋を出発。ゆるい登りの林道を進んでいく。昨日のトレースが残っており、そこに20cm程度の新雪が積もっている。

    9:07 1290m 林道から黒姫山登山口にとりつく。まだ笹が埋まりきっていないので、積雪は1.2mくらいだろう。前日のトレースがあるので、ありがたく使わせてもらう。しかし、1400mあたりからトレースが消えてしまい、脛程度のラッセルだ。

    夏道である尾根にとりつくが、強い風のせいで雪の薄いところと吹きだまりが交互にでてきて歩きにくいことこの上ない。

    SANY0005 (2)_320.jpg

    10:46 1680m 夏にはいつも休憩している「しなの木」に到着。ここで休憩をとるが、気温は-14℃で、ときおり風速10m程度の風雪も吹き、じっとしていられない。風速1mにつき体感温度は1℃下がるので体感温度は-25℃くらいだろうか。温かい飲み物を飲むため、息で湿ったフェイスマスクを顔からはずすと寒さであっという間に凍ってしまった。再度装着する際には揉みほぐさなければならないほどだ。ビデオカメラも寒さのために電池不足に陥り動作しない。

    稜線を目指して登っていると晴れ間がでてきた。日があたり風も止み少しは暖かい。

    SANY0008 (2)_320.jpg

    11:47 1890m 黒姫山稜線に到着。山頂に行くには雪でうねった外輪山の稜線をさらに1時間くらい行く必要があるので、本日はここまでとし、おまちかねの滑降だ。

    12:08 滑りの装備を整え、パウダーの斜面に飛び込む。

    3人とも快調に滑って行く。登りに使った尾根のルートは雪がうねっているため、尾根の東側の谷を下って行く。なかなかのパウダーが続き快適だ。

    しかし、やがて濃い薮があらわれてきて、「ヤマスキー」ならぬ「ヤブスキー」になってきた。それでも薮を手で払いのけながら滑って行く。もときた林道に戻るため、濃い薮をトラバースしたり、斜度がゆるくなり下りラッセルを強いられる。やがて林道に到着。

    林道は斜度が緩いので積雪が多いと全く進まないが、自分たちで作ったトレースがあるので、高速道路状態で立っているだけで下っていける。

    13:08 あっという間に出発地点の戸隠大橋に到着。

    寒かったのでお腹が強烈に空いてしまった。信濃町の蕎麦処「仁の蔵」でざるそば・天ぷら・コーンスープでお腹を満たし帰途についた。

    長野市平地に戻ると気温は-1℃であったが、体感温度-25℃を体験したせいか、暖かく感じるくらいだ。

    tag :

    新年は寒中水泳

    2011-01-02

    新年のスポーツ開始はやはり寒中水泳から始めないと!

    。。。などということはない。今日は息子と長野市の温水プールのサンマリーン長野に行くことになった。ここはゴミ焼却場の隣にあり、ゴミ焼却時の熱で温水プールにしている。

    いつもであればこの時期はスキーに行っているが、息子は12月中旬に足をねんざしてしまい、ブーツを履かせたら痛くて踏みこめないのでNG。他の遊びも足の踏ん張りがきかないのでNG。息子は2週間以上運動ができず鬱憤がたまってそうなので、あまり足に負担がかからないプールとなった。

    外は朝から雪がちらついている。そういえば真冬にプールに行くのは生まれて初めてだ。

    プールの駐車場に着くと、車は20台ほどしか駐車しておらず、とても空いている。夏の暑ーい日に行くと100台以上駐車しており、大変な混みようだが、冬にわざわざ来る人はあまりいないようだ。

    息子と波の起きるプールの中で水のかけあいをしたり、流水プールで追っかけっこしたり、ウォータースライダーで滑ったりで2時間たっぷり遊んだ。

    pool_320.jpg

    私が疲れて休んでいると、息子は一人で波の起きるプールで波に揉まれて遊んでいる。それはそれで楽しそうだ。

    外に出ると雪がときおり舞い散るような気温の低さなのだが、全身運動で体全体がほてっていてポカポカだ。私も左膝の腸脛靭帯炎が完治しておらず、長時間のランニングで再発してしまうので、プールでの息子との水遊びは足に負担がかからずいい運動だ。

    tag :

    新年の抱負:10歳若く

    2011-01-01

    今読んでいる人生の指南本に「40代の人は自分が実際より10歳若いと思って行動してみるといい」ということが書いてあった。

    四十ウン歳という実際の年齢を意識してしまうと、ついつい守りにはいってしまうという趣旨だ。

    確かに、『体力的には若い人と同じことはできないので、無理しないでおこう』とか『この年齢で失敗するとみっともないので、こんな冒険はやめておこう』とか、年齢を意識すると運動や仕事の面でも抑制の方向にいってしまいがちだ。

    私は今40代後半だが、『もう一度10年前20年前の自分に戻って、あの時ああしとけばよかった』などと、しばしば思うことがあった。

    人生のやりなおしは無理だが、『私は今30代後半だ。まだまだいける。いろんなことにチャレンジするぞ!』と自分に暗示をかけるのは簡単だ。そう思えば、いろんなことに前向きになれそうだ。

    登山においても無茶は禁物だが、老けこむのだけは避けたいものだ。

    tag :
    << topページへこのページの先頭へ >>
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。