あなたは 人目のお客様です
    過去の主な日記 ◎はおすすめルート
    山スキー 2017: ◎雪倉岳  2014: ◎横前倉山  2013: ◎剱沢 白馬周回 蒲原山 乙妻山 鍋倉山 ◎大渚山 小日向山  2012: 白馬岳 鍋倉山 ◎船越の頭~金山沢  2011: 黒姫山 妙高前山 北信佐渡山 ◎戸隠五地蔵山 雨飾山 白馬大雪渓 妙高涸沢 6月立山 11月立山  2010: 白馬乗鞍岳 小日向山 黒姫山 乙妻山 ◎針ノ木岳 ◎栂池~蓮華温泉 火打山  2009: 雨飾山 針ノ木雪渓 ◎火打山  2009北信五岳: ◎戸隠山(乙妻山) 妙高山(三田原山) 斑尾山 黒姫山 飯縄山  2008三大雪渓: 針ノ木大雪渓 ◎剱沢大雪渓 白馬大雪渓
    沢登り 2015: ◎黒部赤木沢  2014: ◎巻機山ヌクビ沢  2013: ◎雑魚川外ノ沢  2012: ◎草津白根某温泉沢  2011: ◎笛吹川ヌク沢左俣 荒城川、沢上谷 ◎雑魚川外ノ沢 ◎沢上谷三大滝巡り 裏妙義烏帽子沢  2010: 火打黒沢 裏妙義烏帽子沢 ◎中ア西横川  2009: 沢上谷 火打山黒沢
    アルパイン、岩登り 2015: ◎剱岳八ツ峰Ⅵ峰 立山龍王岳東尾根Ⅰ峰北壁 ◎明星山P6南壁左岩稜  2014: 小川山ガマルート  2013: ◎伊豆城山南西カンテ 妙義筆頭岩 ◎妙義山星穴岳 ◎海谷山塊船浦山東壁
    日帰り
    トレラン
    2012: 丹沢山(蛭ケ岳)  2011: 岩菅山 燕岳  2010: ◎奥穂高 ◎槍ヶ岳 鳳凰三山  2009: ◎剣岳 ◎白馬三山7月 ◎白馬三山8月 空木岳 蓼科山 ◎塩見岳  2008: ◎常念岳-蝶ケ岳  2008北信五岳: 斑尾山 妙高山 黒姫山 戸隠山 飯縄山
    百名山 2014: 大朝日岳  2013: 安達太良山、磐梯山、西吾妻山  2012: 間ノ岳  2011: 越後駒ケ岳 浅間山 ◎飯豊山  2009: 光岳  2008: 鹿島槍岳 焼岳 ◎甲斐駒ケ岳,仙丈ケ岳
    山道具 熊対策 ハンディGPS ミシン自作道具 チューブ食糧 衛生用品 心拍計 Jetboil個人輸入 Jetboil使用感 つめかえ君

    スポンサーサイト

    --------
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
    tag :

    立山室堂雪崩事故

    2010-11-30

    今日はアルペンルート運行の今季最終日である。今日は天気がいいし、昨日は雪が降っているので、立山は最高のコンディションだろうと想像しているところに、残念なニュースが入ってきた。


    NHKのHPより引用

    30日午前、富山県立山町の北アルプス・立山連峰で雪崩が発生し、スキーやスノーボードをしようと山を登っていた男性6人のグループが巻き込まれて、1人が死亡し、1人が意識不明の重体となっています。

    30日午前9時前、富山県立山町の北アルプス・立山連峰の標高およそ2400メートル付近で雪崩が発生し、スキーやスノーボードをしようと山を登っていた関東地方や長野県の28歳から38歳までの男性6人のグループが巻き込まれました。このうち、東京・世田谷区の会社員、xxxさん(32)が死亡し、長野県の33歳の会社員の男性が意識不明の重体となっています。また、3人が足などにけがをして病院で手当てを受けたということです。警察の調べによりますと、6人は山岳用の衣料品などを販売する会社に勤める同僚などのグループで、29日、現場近くにテントを張って1泊した後、30日は午前8時ごろに出発し、およそ1時間後に雪崩に巻き込まれたということです。警察によりますと、雪崩は2回発生し、このうち6人が巻き込まれたのは幅80メートル、高さ100メートルにわたって崩れた大きな雪崩で、一度は全員が雪に埋まったということです。現場は立山黒部アルペンルートの名所の1つ、室堂平の大谷と呼ばれる地域です。町の商工観光課によりますと、雪崩が起きたのは室堂のバスターミナルからおよそ500メートル離れた付近で、アルペンルートの中では最も雪が深い場所だということです。現場は雪が積もったばかりで、朝から晴れて気温が上がり、雪が不安定な状態だったということで、警察は、雪崩が起きたときの状況などを調べています。


    急斜面の直下を通りかかったところで、前日降った新雪が表層雪崩になったらしい。数日前には行こうと思っていた場所だけに他人事ではない。

    深く埋まった者の救出のタイムリミットは15分であり、それを越えると急激に生存率が下がる。万が一雪崩が発生した場合は、残りのメンバーですぐに対応をするために、不安定そうな斜面を通る時は一人ずつお互い見守りながら通過するのが鉄則だ。しかしながら、今回のように幅80mで全員が巻き込まれてしまうと、深く埋まったメンバーの救出が遅れ、一人死亡・一人意識不明という状況になってしまう。

    今回の雪崩にあった方たちはビーコンなどの装備もしっかりしていたらしい。雪崩の危険を忘れさせる素晴らしい好天、雪慣れした仲間との安心感が、日頃の判断力を鈍らせたのかもしれない。

    ブログタイトルどおり、私は今まで雪崩に遭遇したことがない。シール登行で足を一歩踏みだすごとさらさらと足元の雪が斜面を落ちていくような雪の日はそれ以上に先に進まず、単独や初心者と一緒の場合は中止してしまうことが多いからかもしれない。しかし、ベテランの人と一緒の場合は、何とかなるだろうという気持ちと連れてっていってもらっているという気遅れもあり、先に進んでしまう可能性が高いのは確かである。

    登山は「引き返す勇気」が必要だとよく言われる。「引き返す」と「勇気」という言葉がミスマッチだが、どんな状況でも冷静な判断ができる肉体と精神力、先に進みたいという気持ちを抑えることができる自制心、一緒のメンバーがどんな人であろうと危険と判断したら中止してしまえる決断力、それらの強い気持ちが「勇気」という言葉に集約されているのだろう。

    自分自身も「引き返す勇気」を常に忘れないようにしておきたい。

    スポンサーサイト
    tag :

    黒姫山:山より新そば

    2010-11-27

    今日こそは立山でテント泊山スキー!と思っていたが、明日の天気が悪すぎである。富山は強風・雨・雷だ。テントの中で停滞ならなんとか我慢できるが、強風・雨・雷の中でのテントの撤収と移動は避けたい。自ら修行の道を選びたくないし、アルペンルート往復1万円かかることを考えるとなおさらだ。ということで、今年も中止だ。4月末になれば滑ることができるし、その頃であれば天候は安定しているので、その時にしよう。

    。。。と、あきらめたのが、本日の6時。どこかの山には行きたいが、それ以上に新そばが食べたくなってきた。そうだ、山に登った帰りに新そばを食べよう!

    そばは戸隠で食べると代金は高いし店は混んでいるので、信濃町のお得な「霧下そば 仁の蔵」に行こう。近くの山といえば、黒姫山だ。今年3月に山スキーで行ったのが最後だし、普通の登山をしておこう。

    10:20 車で黒姫山登山道口に到着。夏から秋にかけては5-6台停まっているが、今日は先行車1台のみである。

    10:30 1130m 登山口より出発。登山道はすっかり落ち葉に覆われて、木の根や岩が見えず歩きにくい。

    登り始めて30分過ぎたあたりから、左膝の外側がピリピリしてきた。また腸脛靭帯炎の前触れだ。走り気味に登っていたが、ひどくならないよう、普通の歩きに切り替える。

    1600mあたりから笹が多くなるが、数週間前に笹を刈り払ったらしく、登山道に刈った笹が落ち葉以上に根や岩を隠している。やたらと足に刈られた笹が引っ掛かる。

    P1030188_320.jpg

    11:42 1694m 休憩ポイントの「しなの木」だ。毎回ここにくるたびに、友人に久しぶりに会ったような気持ちになる。

    P1030183_320.jpg

    稜線の樹林帯にでると雪が数cmだが積もっている。雲がちょうど稜線にかかり、気温も0度近いこともありとても寒い。

    P1030185_320.jpg

    山頂方面を見ると、北側斜面の木には霧氷がついている。

    P1030186_320.jpg

    12:34 1121m 黒姫山山頂に到着。薄着で来たので寒く、少し立ち止まっただけで凍えてしまう。

    P1030187_320.jpg

    今日の目的は登山ではなく新そばだ。「仁の蔵」の営業時間は確か15時までだったはず。一気に駆け下りれば1時間ぐらいだが、腸脛靭帯炎も痛みだし一気に降りることはできないので、すぐに下山を開始した。

    刈った笹で埋まった登山道はひどく歩きにくいし、おまけに腸脛靭帯炎の痛みが本格化してきたので、ゆっくりとしたペースで下る。

    14:30 登山口に到着。とりあえず靴だけ履き替え「仁の蔵」に向かう。

    15時5分前に「仁の蔵」に到着し、営業時間を聞いてみると15:30までとのこと。何とか間に合った。

    寒いが、そばの味を味わうには、やはりザルである。天ぷらも追加で注文。

    P1030189_320.jpg

    うん、新そばはやっぱりおいしい!

    tag :

    すいとん

    2010-11-26

    今日から立山でテント泊山スキーの予定であったが、ライブカメラを見てみると、室堂はガス(雲)でまっ白!

    muro_50_320.jpg

    普段はバックに立山と手前に誘導用のポールが10本ほど見えているのだが、ポールさえも見えない。この状況で行って滑っても楽しくないので、明日・明後日に期待しよう。

    明後日は長野の平地でも雪の予報だ。扇沢(標高1400m)の駐車場に車をおいてアルペンルートに乗る予定だが、帰りは雪かもしれない。まだノーマルタイヤだったし、ちょうど時間が空いたので、1時間ほどかけてスタッドレスに履き替えた。

    時間はまだまだある。そういえば、テントでの夕食に食べる予定のすいとんを自分で作ったことがない。食べるに耐えられないものができてしまって、しっかり山で食べられないと、翌日にシャリバテになり行動に支障をきたしてしまう。そこで事前練習のため作ってみた。

    ダシは前日の鍋の残りだ。それをシェラカップにいれ沸騰させる。その間にすいとんの粉を水で練り上げる。沸騰したところに、少しずつすいとんをちぎって、シェラカップに放り込み5分ほど煮る。

    P1030182_320.jpg

    食べてみると、うまいというほどではないが、ダシしだいで食がすすみそうだ。

    そういえば、テント泊山行が中止になると、山メシの調理練習をすることが多いな。明日こそは現地で実践したいところだ。

    tag :

    山ゴハン

    2010-11-23

    11月26日(金)から立山でテント2泊で山スキーを計画している。毎年計画しているが天候や仕事の都合で行けたことがない。

    ほとんどの小屋が25日で営業終了なので、テント泊せざるをえない。ひさしぶりのテント泊だが、いつも悩むのは食事である。

    昔は山のテント泊で食事をつくるのが楽しかったので、朝はホットケーキ、トースト+目玉焼き、夜はお好み焼き、スパゲッティ、ジンギスカン、チャーハンなど、日頃食べているような料理を作ったこともあった。料理をしたいがために、テント泊をしているという勢いであった。

    でも、凝ったものを作ろうとするとやたらと食材が多くなり、ザックを担ぐのにヒーヒー言ってしまう。ゴミも多くでてしまうので、簡単な料理で済ませたいところだ。

    一方、1日中動き続けるので、カロリーを十分にとる必要があることを考えると、食事量は減らせない。エネルギー源である炭水化物を中心とした食事にしたいところだ。

    冬の夜の寒さをしのぐには、タンパク質を多く摂る必要がある。タンパク質は消化の際に内臓がよく動き、体の発熱量が増えるそうだ。

    料理の種類を減らすことで、食材の無駄と手間を減らすことができるので、こんなメニューに。

    26日昼 カップ麺+もち
    26日夜 肉鍋+すいとん
    27日朝 肉鍋の残り汁で雑炊
    27日昼 カップ麺+もち
    27日夜 肉鍋+すいとん
    28日朝 雑炊

    冬から春のテント泊でいいのは、生肉などの生の食材を雪に突っ込んでおけば腐る心配がない。水がなければ雪を溶かせばいい(立山の雷鳥平テント場には水場があるので今回必要はないけど)。雪は天然の冷蔵庫兼水道だ。

    「そこまでして11月にスキーをやる必要があるのか。12月中旬に近所でやればいいじゃないか。」と言われそうだが、山スキー愛好家の間では「11月立山スキー」というひとつのジャンルとして確立されている(ホント?)ので、やはり体験してみないとね。

    ライブカメラを見ると、20日と21日は最高の天気だったようだ。(室堂山荘ライブカメラから拝借)

    pro1_img_320.jpg

    こんないい天気にいけた人がうらやましい。今週末は残念ながら、あまり天気はよくなさそうだ。吹雪とガスさえなければいいのだが。

    tag :

    インフルエンザワクチン

    2010-11-21

    昨日、近所の医療施設でインフルエンザワクチンを打ってもらった。毎年打っているのだが、今年からは自治体ごとに値段が固定化され、長野市では3600円であった。インフルエンザにかかれば1週間は出勤できず、仕事に大穴をあけることになるので、勤務先では補助金をだして接種を勧めている。

    今年は、「3価ワクチン」といって、新型インフルエンザ(A/H1N1)、季節性インフルエンザ(A/H3N2とB型)の3つに効果があるワクチンである。いつも1価ワクチンなので、なんだかお得感がある。

    昨日の午前中に打ち、夜になると強烈に眠くなってきたので、早めに寝た。本日朝起きると頭がガンガン痛く体もだるく、吐き気がする。喉も少し痛い。副作用だろうか?毎年打った翌日はだるくなるが、ここまでひどくなることはない。

    3価なので、副作用も3倍か。

    tag :

    宇都宮餃子

    2010-11-16

    本日は会社の出張で同僚5名とともに栃木県宇都宮市にやってきた。

    宇都宮といえば餃子。仕事を早々に時間どおりに終わらせ、宇都宮から歩いて15分のところにあるドンキホーテの地下の「来らっせ」に直行した。

    「来らっせ」はひとつの店舗でなく、市内餃子店が加盟する餃子組合のアンテナショップである。ここで市内の27餃子店の餃子を一か所で楽しめるのだ。常設店と日替わり店舗で今日は14店舗分が食べられる。

    まずはそれぞれの店より1皿ずつ餃子を注文する。

    DVC00009 (2)_320.jpg

    各人ひとつずつ食べて、その味についてそれなりの感想を述べていく。それぞれの餃子はずばぬけた特徴があるわけではないが、奇をてらっておらず、あっさりしており飽きがこないので、いくつでも食べられそうだ。結局1時間ほどで14店舗の餃子を食べた。まだまだ、みんないけそうだったが、きりがないし、電車の時間もあるので切り上げた。

    宇都宮餃子は、すごくおいしい!というわけではないが、また来たときに食べてみようかなと、思わせるB級グルメの代表格だ。

    tag :

    いびがわマラソン

    2010-11-14

    本日は岐阜県揖斐川市で開催される「いびがわマラソン」だ。私は3:30未明に起床し、同僚4人で会場に向かった。

    田園が広がる中にある公民館の会場に9時に到着した。日頃はのんびりした町なんだろうが、選手・スタッフで1万人以上が集まり、慌ただしい。

    10時にスタート!ちょっと高い場所からゲストの高橋尚子と西田ひかるが手を振っている。最初の1kmは人が多く、ほとんど歩きである。

    揖斐川の渓谷と紅葉を見ながら、気持ちよく走って行く。ところどころアップダウンがあるが、日頃のトレランを考えれば、大したことはない。左膝の腸脛靭帯炎が再発しないよう、1kmあたり5.5分~6分で快調に走る。ひょっとして完走できるかな?

    しかし、1時間35分走り続け17km越えたあたりで、左膝の腸脛靭帯炎がとうとう痛みだした。そこからは、走りと歩きが半分くらいであったが、25kmあたりでは左足をひきずりながらの歩きになってしまった。周囲にも歩きになってしまった人が多くいる。

    29kmのエイドステーション兼救護所に来たところで、もうまったく歩くことができなくなってしまったし、その時点で4時間を越えてゴールの制限時間である5時間半には間に合わないため、スタッフさんに棄権を申し入れる。

    ということで、予想はしていたが、今回は棄権になってしまった。

    言い訳をするつもりはないが、やはり反省し次回に活かさなくてはいけない。

    今回の敗因は、事前の腸脛靭帯炎に対するケアが足らなかったことである。夏に過激なトレランを多くやったことでダメージが蓄積していたが、ストレッチやアイシングを怠っていた。腸脛靭帯炎は発症したら休養するのが一番だが、1ヶ月前に発症した後も、休養することに不安があり走ってしまい、完治していなかった。

    次回は4月の長野マラソンである。冬の間は走りから遠ざかりがちであるが、今回の悔しさをバネに地道にトレーニングするぞ!

    tag :

    スキーのトレーニングはどこで?

    2010-11-13

    毎シーズン妙高杉ノ原スキー場の4時間券4枚1万円の前売回数券を2セット買って、スキーのトレーニングや妙高三田原山へのバックカントリーなどに利用していた。最近は丸1日スキーし続ける元気はなく4時間で十分なので、4時間1250円という値段はかなり助かっていた。

    ところが、今シーズンはその前売り回数券は販売しないとのこと。1日中スキーをやる体力もなく、扶養家族が多く自由に使える小遣いが少ない「私をスキーに連れてって」世代を切り捨ててしまうんだろうか。経営悪化につながらなければいいが(余計なお世話か。。。)。

    今年はゲレンデを利用しないバックカントリー率が高くなりそうだ。近場の戸隠スキー場で回数券を利用して、飯綱山で遊ぶのがよさそうだ。

    と、もうすでに気持ちは山スキーなのだが、明日はいびがわマラソンだ。未明3時半起床なので、そろそろ寝るかな。。。

    tag :

    立山室堂積雪145cm

    2010-11-11

    この時期になると、アルペンルートのホームページから目が離せない。

    本日チェックすると室堂積雪が145cmだ。あちこち岩が出ているが、滑るには十分だ。

    日帰りはもったいないので、11月末に泊まりで行く予定だが、最近めっきり寒さには弱くなったので、テント泊は辛いかな?

    夜には-10℃くらいの寒さになる。体がまだ寒さに慣れていないのに、トイレしにテントの外へ出るのが特に億劫だ。となると、小屋泊がいいかな?うーん。でも宿泊代高いし。それに軟弱かなとも思う。

    今週末は「いびがわマラソン」だが、気持ちはマラソンより既に山スキーに向かっている。

    tag :

    飯綱山トレラン:トレランが楽しい理由

    2010-11-06

    勤務先のプロジェクトで大規模な飲み会があると、意図せず登山やトレランを趣味としている人と出合うことがある。たまたま飲み会で話が盛り上がり、常駐していただいているコンピュータ会社の技術者のY田さんとK藤さんのお二人と一緒に飯綱山へトレランに行くことになった。

    Y田さんはトライアスロンはやるがトレランは初めて、K藤さんはトレランを始めたばかりで登山はほとんど経験がないとのこと。ちょっと心配だったが、日頃のトレマンツアーに参加している人をみていると、日頃から走っている人であれば、登山自体はそれほど辛そうではなさそうだ。

    9時に一の鳥居駐車場に集合し、出発だ。今日は快晴で雲ひとつなく登山日和だ。南登山道を登って行く。

    あまりにものんびりペースは30台のお二人には悪いかなと思い、少し走り気味にペースを早くした。自分自身も結構辛いペースだが、お二人も辛そうだ。とりあえず中間地点の「駒つなぎの場」までは走って登ったが、自分も辛いためその後はほとんど歩いて山頂に到着。

    二人とも初めての飯綱山だが、快晴で北アルプスも見え、景色を存分に楽しんだ。

    下りはピストンにするか西登山道~戸隠古道へ行くか迷ったが、お二人とも元気そうだし、私の左膝の腸脛靭帯炎もおとなしくしてそうなので、少し遠回りの西登山道を行く。

    西登山道をいきおいよく下って行く。気持ちよく走っていたが、西登山道が終わるあたりで徐々に私の左膝の腸脛靭帯炎がぶりかえしてきた。

    ここから一の鳥居駐車場までの戸隠古道は私の不得意な平坦な道だが、左膝がピリピリ痛みだしたので、基本的には走り屋のお二人には悪いが、歩いては走り、走っては歩きを繰り返し、一の鳥居駐車場に到着した。

    トレラン初のY田さんは「山を下って走るのは楽しい。はまりそう」との感想。やったことがない人からみると、辛そうにしか見えないので、よく「きつくない?」と聞かれるが、実際やってみると楽しいと感じる人が多いようだ。

    そういえば私の息子や同僚のお子さんも山の下りになると、なぜか走りだす。山を走って下るのが楽しいのは、本能みたいなものなのかな。

    ところで、一週間後に初マラソンである「いびがわマラソン」に参加するが、腸脛靭帯炎が治らない。もうジタバタしてもどうにもならないので、運を天にまかせて、走ることにしよう。10kmくらいで棄権となりそうだ。

    tag :

    コルトプラス車中泊計画

    2010-11-03

    一日の行動時間が10時間を超えるような山に行く場合、途中の疲労やアクシデントにより日没後に行動することがないよう、早朝からの行動が基本である。日の出前で白み始めてヘッドランプなしで行動できる時間に、登山口より出発することがしばしばある。夏だと朝4時、冬だと6時くらいだ。

    そんな山行で、かつ、車で3-4時間かかるような遠方の山に登山にいく場合、眠い中真夜中に起きて家を出発して登山口に着く必要がある。睡眠時間をしっかり確保しようと思うと、20時くらいに就寝し、夜中の2時や3時に起きて家を出発する必要があるが、日頃23時頃に就寝なので、なかなか寝付けなくなり、結果的に寝不足になってしまう。

    若い時は寝不足でも何ともなかったが、最近では寝不足が続くとめまいを誘発するので、寝不足にならないよう細心の注意をしているので、できれば夜中の家出発は避けたいものである。

    となると、前夜のうちに登山口に車で着いておいて、車中泊という手段が一番である。以前乗っていたレガシーワゴンであれば、全長が長くリアシートを倒せば、荷室にフルフラットの空間ができて、身長170cm弱の私であれば十分寝ることができたので、荷室でときどき車中泊をした。

    しかし、最近買い換えたコルトプラスはリアシートを倒しても、140cmくらいの長さしかとれない。11月末に立山へ富山側から行く予定だが、車中泊をしようと思っているので、どうしよう。テントという手段もありえるが、テントは雨など降ったりすると設営や撤収が面倒だし、周囲の騒音が気になる。車中泊すべく、いろいろシートを倒したり、ヘッドレストをはずしたりして試してみた。

    フロントシートを倒せば、2m近い長さがとれる。頭をフロントシート側にして寝てみると、首が落ち込んでしまい、とても寝れない。逆に足をフロントシート側にすると、足が極端に下がり寝返りとかできない。これでは安眠できない。

    P1030170_320.jpg

    あと40cmほどフラットな面を作り出せばなんとかなりそうなので、べニア板を渡してみた。お!これはいけるぞ。

    P1030171_320.jpg

    板のままでは背中が痛いので、板の上に長野地方特有の長座布団を敷いてみた。

    P1030172_320.jpg

    頭をフロントシート側にして横になってみると、快適に寝れそうだ。寝返りもうてる。少しばかり頭が高く足が低くなるのが気になるが、枕も低くてすむし、逆だと頭に血がのぼり頭がいたくなるので、許容範囲だ。

    これで車中泊の準備は整った。車は、登山口へのアプローチの道具でもあり、宿泊するための道具にもなる。あとは降雪・仕事の片づけ・体調の全てが整えば決行あるのみだ!

    tag :

    熊本ラーメン:「桂花」が民事再生法申請

    2010-11-02

    私は東京の大学入学とともに早稲田で下宿を始めた。そんな貧乏学生がたまに隣の新宿で食べていたのが熊本ラーメンの「桂花ラーメン」である。

    私はラーメン好きなので、就職後転勤先のあちこちでラーメンを食べてきたが、今まで食べたラーメンの中で、ここの太肉麺(ターローメン)が最高である。濃厚な豚骨スープ、太い麺、分厚い煮豚、生のキャベツ、どれをとっても最高だ。

    友人が遊びに来た時は、よく桂花ラーメンに連れて行ったものだ。

    しかし、残念なニュースが。。。


    熊本ラーメン:「桂花」が民事再生法申請(毎日JPより)

     熊本、東京など13カ所でラーメン店を展開する「桂花(けいか)」(熊本市)は1日、熊本地裁に民事再生法の適用を申請した。負債総額は12億5800万円。「味千ラーメン」の重光産業(同)が経営再建を支援する方向で調整中で、既存の店舗は従来通り「桂花」として営業を続ける。桂花は1955年創業した「熊本ラーメン」の人気店。東京を中心に関東地方にも出店し、ピーク時の05年ごろには12億円を売り上げた。だが、ラーメンブームで競争が激化し、09年度は9億6600万円に減少。97年に熊本市に新設した工場の維持も経営を圧迫した。


    全くなくなってしまうわけではないので、ひと安心である。

    まだ食べたことがない人はぜひ食べて、桂花ラーメンを応援してあげてください。

    tag :
    << topページへこのページの先頭へ >>
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。