あなたは 人目のお客様です
    過去の主な日記 ◎はおすすめルート
    山スキー 2017: ◎雪倉岳  2014: ◎横前倉山  2013: ◎剱沢 白馬周回 蒲原山 乙妻山 鍋倉山 ◎大渚山 小日向山  2012: 白馬岳 鍋倉山 ◎船越の頭~金山沢  2011: 黒姫山 妙高前山 北信佐渡山 ◎戸隠五地蔵山 雨飾山 白馬大雪渓 妙高涸沢 6月立山 11月立山  2010: 白馬乗鞍岳 小日向山 黒姫山 乙妻山 ◎針ノ木岳 ◎栂池~蓮華温泉 火打山  2009: 雨飾山 針ノ木雪渓 ◎火打山  2009北信五岳: ◎戸隠山(乙妻山) 妙高山(三田原山) 斑尾山 黒姫山 飯縄山  2008三大雪渓: 針ノ木大雪渓 ◎剱沢大雪渓 白馬大雪渓
    沢登り 2015: ◎黒部赤木沢  2014: ◎巻機山ヌクビ沢  2013: ◎雑魚川外ノ沢  2012: ◎草津白根某温泉沢  2011: ◎笛吹川ヌク沢左俣 荒城川、沢上谷 ◎雑魚川外ノ沢 ◎沢上谷三大滝巡り 裏妙義烏帽子沢  2010: 火打黒沢 裏妙義烏帽子沢 ◎中ア西横川  2009: 沢上谷 火打山黒沢
    アルパイン、岩登り 2015: ◎剱岳八ツ峰Ⅵ峰 立山龍王岳東尾根Ⅰ峰北壁 ◎明星山P6南壁左岩稜  2014: 小川山ガマルート  2013: ◎伊豆城山南西カンテ 妙義筆頭岩 ◎妙義山星穴岳 ◎海谷山塊船浦山東壁
    日帰り
    トレラン
    2012: 丹沢山(蛭ケ岳)  2011: 岩菅山 燕岳  2010: ◎奥穂高 ◎槍ヶ岳 鳳凰三山  2009: ◎剣岳 ◎白馬三山7月 ◎白馬三山8月 空木岳 蓼科山 ◎塩見岳  2008: ◎常念岳-蝶ケ岳  2008北信五岳: 斑尾山 妙高山 黒姫山 戸隠山 飯縄山
    百名山 2014: 大朝日岳  2013: 安達太良山、磐梯山、西吾妻山  2012: 間ノ岳  2011: 越後駒ケ岳 浅間山 ◎飯豊山  2009: 光岳  2008: 鹿島槍岳 焼岳 ◎甲斐駒ケ岳,仙丈ケ岳
    山道具 熊対策 ハンディGPS ミシン自作道具 チューブ食糧 衛生用品 心拍計 Jetboil個人輸入 Jetboil使用感 つめかえ君

    スポンサーサイト

    --------
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
    tag :

    パソコンとの格闘後は山でリフレッシュ

    2010-09-26

    撮りためたデジタルビデオのテープをファイルにして保管するために、HDDの1.5TBをPCデポの特売で5000円台で入手した。早々に我が家のパソコンに装着し、広大なファイル容量となった。久しぶりのハード追加だ。今のパソコンは3年前に買い替えてからマザーボードのBIOSやドライバーを最新状態にしていない。マザーボードメーカーのホームページを見てみると、いくつか最新のBIOSやドライバーがでているようだ。

    昨日最新のBIOSをダウンロードし、我が家のパソコンのBIOSをアップデートした。

    再起動すると。。。『あれ、RAID1構成が無くなっている。。。』。

    我が家のパソコンはマニアックなことにマザーボードの機能でハードウェアRAIDを構成しているのだが、BIOSの入れ替えでRAID1構成が消えてしまった。HDDが死んでしまったわけではないので、OSは無事に起動するが、何をやってもRAID1の再構成ができない。そういえば3年前RAID1構成にしたが、HDDの片方に障害があった場合、どうすれば再構成できるのか試していなかった。

    ここから3年ぶりにパソコンとの格闘である。

    今朝から、テスト用のHDD3台をパソコンに突っ込み、2時間かけてRAID1の再構成をテストするが、うまくいかない。

    RAID1が再構成できないとなると、バックアップを万全にするしかない。5-6千円だせばOS起動をサポートするディスクイメージ・バックアップツールはあるが、もったいない。探すと、英語版であるがフリーのツールがあったので、それをインストールして使ってみる。3時間ほどかけ、いろんな方法でバックアップとリストアを繰り返し、これで大丈夫という方法にこぎつけた。

    気がつくともう15時だ。あー!頭と目が疲れた。ひさしぶりのパソコンとの格闘は精神的にもまいるな。ちょっと気晴らしに山へ走りに行くかな。

    ランニングスタイルに着替え、トレランシューズを履き、近所の地附山を目指す。もうすっかり秋になり、走っていても肌寒いくらいだ。地附山公園をぬけて、山頂をめざす。

    地附山って山頂がどこだか以前は分らなかったが、いつのまにか山頂を示す道標が立てられていた。周囲も刈り払われて、飯縄山方面がよく見える。

    100926_152826_320.jpg

    来週に沢登りに行く予定なので、岩の感触を思い出すため、岩場ゲレンデの「物見の岩」に行く。ロープで確保されていないし、クライミングシューズではないので、きびしいところは避けて20分ほど遊んだ。岩はやっぱり楽しい!

    下りの登山道の脇に目をやると、真白できれいなキノコが大量発生している。匂いをかいでみると、まあまあいい匂いだが、誰もとっていないということは毒キノコかな。(家に帰って調べると、猛毒のドクツルダケであった。危ない、危ない。)

    雲上殿方面へ下ると、なぜか津軽三味線の音が聞こえる。ふと雲上殿の階段を見ると、黒いジャケットを着た男性が座ってひいている。なかなかうまいので、数分聞きいってしまった。

    100926_161833_320.jpg

    そこから急な舗装道路を下り家に戻った。

    近所の山ではあるが、走って1.5時間ほどウロウロしただけで、新しい発見がある。「きつい」「苦しい」と言う人がいるが、私にはお手軽なリフレッシュだ。やはり、山はやめられません。

    【今回は、マニアック、かつ、ローカルなネタですいません】

    スポンサーサイト
    tag :

    上州武尊山

    2010-09-20

    日本の政府系・金融系サイトをメインに、某隣国の団体がサイバーテロを18日夜にしかけるとの情報が前日にあった。私の勤務先は直接標的になっていないが、私は勤務先のホームページ・サーバーの運営に携わっているため、万が一サイバーテロが飛び火したときの対応のため、18日は自宅待機することになった。18-19日の予定で同僚のH田さんと飯豊山へ行く予定だったが、急遽中止である。

    しかたないので、19-20日で、あまり行く機会がない群馬の山であり日本百名山の武尊山(ほたかやま)と皇海山(すかいさん)に行くことにした。1日で2山は難しいので、19日武尊山、その日は車中泊し、20日皇海山の予定だ。

    6:30 H田さん宅の千曲市より出発する。

    9:00 高速道路経由で関越自動車道水上ICより、武尊山の西側の「裏見の滝」のそばの登山口に到着。高速道路の休日1000円はありがたい。駐車場には県外ナンバーが多く、遠くは室蘭ナンバーの車がある。

    9:40 1100m 支度を整え出発。

    SANY0002_320.jpg

    途中に武尊神社がある。ここから2kmほど林道が続いたあと、緩やかな登山道になる。

    SANY0003_320.jpg

    分岐から急登となる。季節はもう秋だ。キノコがあちこちに生えてきている。ひたすら急な樹林帯を登ると稜線にでる。

    SANY0005_320.jpg

    鎖場やはしごがここからでてくるが、ホールドが多い岩場なので鎖やはしごに頼らずとも登っていける。最後の鎖場を登ると武尊山が見えてきた。

    SANY0006_320.jpg

    12:12 2158m 頂上に到着!狭い頂上に20人くらいが座って休んでいる。久しぶりに頂上でお湯を沸かし、カップラーメンを食べる。汗をいっぱいかいて塩分不足にはラーメンが一番だ。

    SANY0009_320.jpg

    頂上からは赤城山、至仏山、燧ケ岳、谷川岳など長野からはあまり見ることができない名山が見渡せる。30分くらいのんびりした後、登ってきた道の反対側に行き、とんがった山容が目立つ西側の剣ケ峰山まで行く(なお、東にも同名の山がある)。アップダウンはあるものの快適な稜線だ。

    SANY0007_320.jpg

    13:33 2020m 剣ケ峰山に到着。川場スキー場からの通過地点になっているだけの特に何もないピークであった。

    SANY0010_320.jpg

    ここから駐車場まで下って行くが、急斜面の上、粘土質の黒土が湿ってネットリとして、靴のソールの凸凹を埋めて張りつき、とても滑りやすい。慎重に下ったため、標高差300mを下るのに1時間以上かかってしまう。

    1700mあたりから歩きやすい道に変わってきた。何度か小さな沢を越えていくと、もときた林道にあたる。

    15:55 駐車場に到着。下りの粘土質の登山道にはてこずった。

    駐車場からさらに50m下ると、立派な「裏見の滝」がある。その名の通り、裏側から見ることができるようで、断層のところで窪んでいるが、そこに至るまでの道が見あたらない。対岸に手すりと道らしきものが見えるが、薮におおわれてはっきりしない。(あとで調べたら、武尊神社の前あたりで降りていけるらしい。)

    SANY0011_320.jpg

    この後、翌日の皇海山に備えて、車中泊するために、沼田IC近くの道の駅「白沢」へ行く。温泉「望郷の湯」が併設されており、尾瀬帰りの人たちで大混雑である。最近、車中泊がはやっていることもあり、22時閉館前の21時時点では駐車場は満杯だ。バイクツーリングの人たちも芝生にテントを3張りほど張っていた。

    翌20日の朝5時ころ起きてみると、雨が降っている。駐車場には車中泊したと思われる車が30台ほど残っている。

    SANY0012_320.jpg

    そんなに強い雨ではないが、雨の日に登山してもつまらない。H田さんも同じ考えだし、決して遠いところでもないので、またの機会とすることにして、長野に帰ることになった。

    車中泊は雨とか気にしなくていいが、シートの凸凹になれていないせいか、よく眠ることはできなかった。テントで寝るのに慣れているので、道の駅とかでもテントで寝た方がよさそうだ。

    tag :

    クライミングジム・デビュー!

    2010-09-12

    デビューといっても、私ではない息子である。小5の息子は以前よりクライミングに興味があったのだが、土日はたいてい少年野球の練習や試合がはいり、なかなか行く機会がなかった。本日は雨天で息子は野球がないし、私も昨日から1泊2日で予定していた沢登りへ用事で行けなくなったので、一緒にクライミングジムへ行くことになった。

    お昼を食べ、長野市内のクライミングジム「アートウォール」に到着。同じ山岳会のT田さんやT澤さんも来ていた。

    通常はレベルに応じて使ってもいいホールドを選ぶが、小5の子供にそんなことしたら全く登れなくなるので、「どれ使ってのぼってもいいぞ」ということで登り始める。

    最初の3-4手までは調子よくスルスル登って行くが、ガバ(しっかり握れるホールドのこと)がいい場所に無いと、腕が耐え切れず落ちてしまう。まだ、足で立ちこむことができておらず、手で登ろうとしているので、すぐに腕が疲れてしまうようだ。大人の初心者でも最初はだいたい似たようなものだから、仕方がない。

    ryoclimbing_320.jpg

    私はT田さんにビレイをお願いして、オヤジの面子をかけて、息子が見守る中5.9のルートを最後まで登る。岩場の5.9と比べると、ジムの5.9はなんて簡単なんだ。

    昨日も新品の靴で練習に来たのだが、10分ほどで足の親指の第1関節があたって痛くなり、足のふんばりが利かなくなっていた。今日は朝から、そのあたる部分をドライバのお尻部分で少し伸ばしてみたせいか、少しは痛みが和らいだ。でも、まだ足ができていないし、シューズも伸び切っていないので、まだ少し痛い。もう少しシューズがなじむまで我慢するか。

    息子は何度かトライするが、すぐに腕が耐えられず、落ちてしまう。1時間経ったところで「もう腕が疲れた。帰る」と言い出した。自分も始めたころは1時間で腕が終わってしまったので、しょうがないかな。

    息子は一番上まで行けなかったので気落ちしているかなと思ったが、自分の名前が入ったクライミングジムのメンバーズカードをもらったのがうれしいのか、帰りの車中でメンバーズカードをしげしげ眺めて満足そうであった。

    このクラミングジムはエアコンがなく扇風機だけなので、真夏は強烈に暑い。最近やっと涼しくなってきたので、これから親子でクラミング精進するかな。

    tag :

    妙高山:暑い、熱い、でも、すっきり

    2010-09-05

    おととい「どこかトレラン行きませんか」と所属山岳会のT田さんからお誘いがあり、近場・行動時間5時間程度・涼しい・すぐに温泉がある、と条件が揃っているところを考えて、燕温泉から妙高山に行くことにした。

    燕温泉には無料の露天風呂「黄金の湯」と「川原の湯」がある。「黄金の湯」はかなり熱く、「川原の湯」はかなりぬるい。今日は暑そうなので「川原の湯」にゆっくりつかろう。

    7:00 燕温泉の駐車場に到着すると9割程度すでに埋まっている。車のナンバーを見てみると、遠くは大阪から全国各地の車が並んでいる。

    7:15 1077m 燕温泉の駐車場より出発。温泉街を抜け、登りルートは、「黄金の湯」の脇をとおり、コンクリートで1mほどの幅で舗装された妙高山の南側の燕登山道を進む。

    100905_071604_320.jpg 

    数年前は土砂崩れがあり、しばらく通行止めであったが、工事も終わり開通したようだ。今日はトレランのつもりできたが、登山道は急だし、晴天で気温も高くなりだし、10日前のめまいで体を休め運動不足のせいか、体がだるく走れない。

    7:51 1507m 称明滝に到着。以前来たときは滝の下に簡素な野天風呂があった。見に行ってみると、立派な露天風呂になっていた。手を入れると少し熱い。入りたいが、まだまだ先が長い。今度来たときは下りでこの道を使って、そのときに入ろう。

    100905_074651_320.jpg

    急坂「胸突き八丁」に来たが、やはり調子が上がらない。「胸突き八丁」を登り切った天狗原のあたりで、遅れているT田さんを待つついでに10分ほど休憩する。

    頂上直下の岩場に来ると、『岩場楽しー!』という感じで、元気がでてきた。よくみると頂上付近にはボルダリングに適した大岩がゴロゴロしている。

    9:42 2445m 頂上に到着。陽射しが強く暑いので、岩影に隠れ、休憩する。人気の百名山なので、入れ替わり立ち替わり人が来て、いつも2-30人いる。

    100905_094738_320.jpg

    10:16 長い休憩をとり、頂上より出発。下りは妙高山の北側の長助池方面のルートをとおる。

    途中、水場である「黄金清水」で10分ほど休んだ以外は、一気に走り降りて行く。

    12:24 1142m 今日入る予定だった「川原の湯」の近くに行くと「崖崩れのため、使用禁止」という看板がでている。あれ。。。残念。熱いけど「黄金の湯」にするか。

    12:30 駐車場に到着。着替えを持って行き「黄金の湯」で汗を流す。湯船を撮りたかったが、裸の男性が多かったので、外からのみです。

    100905_134508_320.jpg

    男女別で簡素な脱衣所がある。やはりお湯の温度は暑く1分も入っていられない。1分ほど湯船に入っては、岩の上にあがり3分ほど体を冷ます、というのを数度繰り返す。雲も出始め涼しい風が吹き、気持ちいい。

    9月とはいえ残暑がきびしくトレランは快適ではなかったが、久しぶりに山で走り、熱い温泉に入ったら、体の末端まで血液がまわり、体の不純物が汗とともに流されたような感覚で、頭もすっきり、体もすっきりである。

    tag :
    << topページへこのページの先頭へ >>
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。