あなたは 人目のお客様です
    過去の主な日記 ◎はおすすめルート
    山スキー 2017: ◎雪倉岳  2014: ◎横前倉山  2013: ◎剱沢 白馬周回 蒲原山 乙妻山 鍋倉山 ◎大渚山 小日向山  2012: 白馬岳 鍋倉山 ◎船越の頭~金山沢  2011: 黒姫山 妙高前山 北信佐渡山 ◎戸隠五地蔵山 雨飾山 白馬大雪渓 妙高涸沢 6月立山 11月立山  2010: 白馬乗鞍岳 小日向山 黒姫山 乙妻山 ◎針ノ木岳 ◎栂池~蓮華温泉 火打山  2009: 雨飾山 針ノ木雪渓 ◎火打山  2009北信五岳: ◎戸隠山(乙妻山) 妙高山(三田原山) 斑尾山 黒姫山 飯縄山  2008三大雪渓: 針ノ木大雪渓 ◎剱沢大雪渓 白馬大雪渓
    沢登り 2015: ◎黒部赤木沢  2014: ◎巻機山ヌクビ沢  2013: ◎雑魚川外ノ沢  2012: ◎草津白根某温泉沢  2011: ◎笛吹川ヌク沢左俣 荒城川、沢上谷 ◎雑魚川外ノ沢 ◎沢上谷三大滝巡り 裏妙義烏帽子沢  2010: 火打黒沢 裏妙義烏帽子沢 ◎中ア西横川  2009: 沢上谷 火打山黒沢
    アルパイン、岩登り 2015: ◎剱岳八ツ峰Ⅵ峰 立山龍王岳東尾根Ⅰ峰北壁 ◎明星山P6南壁左岩稜  2014: 小川山ガマルート  2013: ◎伊豆城山南西カンテ 妙義筆頭岩 ◎妙義山星穴岳 ◎海谷山塊船浦山東壁
    日帰り
    トレラン
    2012: 丹沢山(蛭ケ岳)  2011: 岩菅山 燕岳  2010: ◎奥穂高 ◎槍ヶ岳 鳳凰三山  2009: ◎剣岳 ◎白馬三山7月 ◎白馬三山8月 空木岳 蓼科山 ◎塩見岳  2008: ◎常念岳-蝶ケ岳  2008北信五岳: 斑尾山 妙高山 黒姫山 戸隠山 飯縄山
    百名山 2014: 大朝日岳  2013: 安達太良山、磐梯山、西吾妻山  2012: 間ノ岳  2011: 越後駒ケ岳 浅間山 ◎飯豊山  2009: 光岳  2008: 鹿島槍岳 焼岳 ◎甲斐駒ケ岳,仙丈ケ岳
    山道具 熊対策 ハンディGPS ミシン自作道具 チューブ食糧 衛生用品 心拍計 Jetboil個人輸入 Jetboil使用感 つめかえ君

    スポンサーサイト

    --------
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
    tag :

    一年の締めくくり

    2009-12-27

    今日は一年の締めくくりで山スキーだ!

    しかし、朝6時頃起きて外を見てみると雲が結構厚く垂れこめている。ガスの中の山スキーは修行になってしまうし、今日は同行者もいないし、年末の残務も残っているので、山スキーは中止だ。

    部屋の片づけ、山道具の整理・補修、家内の年賀状書きの手伝いなどをしていると、あっというまに14時になった。すると空がパーッと晴れてきた。やっぱり、今年の締めくくりで山スキーに行っとけばよかったかな。ちょっと悔しい。

    週間天気予報をみてみると、年末年始にかけてまた寒波がやってきそうなので、北信五岳あたりでも更に積雪が期待できそうだ。無理して北アルプスまで行かなくても、北信五岳周辺は風も少なくパフパフパウダーのいいフィールドがいっぱいある。北信五岳は今年山スキーで行ったが、他にも楽しそうな斜面やルートがあるので、来年は異なるルートで北信五岳にまた行ってみようかな。

    • 斑尾山:リフトを使って頂上へ。東面のオフピステを滑り下り、再びゲレンデへ戻る。
    • 妙高山(三田原山、火打山):三田原山から先に進み、高谷池ヒュッテで一泊。天候がよければ火打山まで。
    • 黒姫山:スキー場から東面をピストン。
    • 戸隠山(五地蔵山):数年前雑誌にもとりあげられたが、まだ行ったことがないので、戸隠大橋から行ってみよう。
    • 飯縄山:戸隠スキー場から瑪瑙山~頂上~南峰はいつもどおり。南峰からは西登山道には行かず、笠山と西登山道の間にいい斜面があるので、そば博物館(とんくるりん)まで滑り、スキーをデポして、そこからランニングもしくはバスで戸隠スキー場に戻る。
    スポンサーサイト
    tag :

    尼厳山、松代奇妙山:雪のトレラン

    2009-12-26

    本日のトレマン・ツアーは尼厳山+松代奇妙山だ。参加者は店長含め7名である。

    6:40 360m 集合場所の神社前はまだ暗い。

    P1020717_320.jpg 

    尼厳山を経て、松代奇妙山への稜線には10cmの積雪があり、雪が落ち葉の上にうっすらのっかっているだけなので、結構滑る。特に急斜面のトラバースはひやひやもんだ。

    P1020721_320.jpg

    途中でカモシカの足跡に混じり、明らかに熊の足跡が!こんな里山にもいるんだね。

    8:23 1099m 松代奇妙山に到着。

    P1020722_320.jpg

    9:28 尼厳山に再び上り返し、神社前に戻ってきた。今日は往復3時間ほどの軽ーい感じのピストンだった。

    家に帰ってから、年末の掃除やら年賀状作成をバタバタやりだした。というのも、明日は山スキーを目論んでいるからだ。家内の手前、やることもやらずに遊びに行くわけにもいかない。第一候補は白馬乗鞍岳、第二候補は鍋倉山、第三候補は飯縄山あたりだ。行くのは天気次第だが。

    tag :

    根子岳山スキー:笹薮パウダー

    2009-12-23

    白馬乗鞍岳に行く予定であったが、山スキーメーリングリストの情報によれば、太ももラッセルのようだ。一挙に2mも積もれば無理もない。同僚のW貫さんと二人で行こうと思っていたが、二人交代で太ももラッセルは辛すぎる。積雪が少ない根子岳に変更である。

    8:08 1435m 奥ダボススキー場の駐車場より出発。あと20分待てばリフトが動き出すが、歩きでも20分あればリフト降り場に着くと思われるので、ゲレンデを登って行く。

    P1020701_320.jpg

    リフト降り場に「カメラ台」と称する台が置いてある。写真撮れってことですね。今日は晴れ渡り北信五岳から北アルプスまでよく見える。

    P1020702_320.jpg

    快晴の根子岳を目指すぞ!

    P1020703_320.jpg

    9:06 1780m 途中の避難小屋で10分ほど休憩。避難小屋近くから記念撮影。

    P1020704_320.jpg

    以前は根子岳ではヘリスキーツアーが行われていたが、今シーズンの1月から雪上車での頂上まで運んでくれるツアーが始まるらしい。ツアー用のコースは木や笹が刈り払われており、ほとんどゲレンデのようになっているが、圧雪はされていない。積雪は30cmくらいで深いところでも60cmくらいだ。スキーで登れば深くてもスネ程度だ。ただ、上に行くと、ところどころ笹薮に雪がのっかっているだけのところがあり、ゴボッと踏みぬき、膝あたりまで埋まってしまう。しかし、うさぎは雪の深いところを知っているのか、埋まらなさそうなところに足跡が残っている。「うさぎの行くとおり~」と二人で言いながら、うさぎの足跡を辿って行く。

    P1020705_320.jpg

    ときどき迷走しているかな?

    P1020706_320.jpg

    10:48 2207m 頂上に到着!いつもながら風が強い。

    P1020707_320.jpg

    気温は-5℃くらいで、休憩するにはかなり寒い。風避けのツェルトを張り、中でお湯を沸かし、カップラーメンやおやつを食べる。

    P1020708_320.jpg

    11:45 休憩したら、さあ滑りだ。笹薮地雷が気になるが、トップを上げてスピードをだして滑れば、踏みぬくことはなかった。雪はパウダーで、笹薮もところどころでているが、斜度もそれほどないので、軽く上下に動きながら快適に滑って行く。

    P1020712_320.jpg

    12:18 奥ダボスのゲレンデも滑り下り、あっという間に駐車場に到着だ。

    菅平はいつもは風が強くて寒いので、雪はモナカかカリカリになっていることが多いが、今日は雪が柔らかく快適に滑ることができた。実質行動時間は3時間なので少し物足りなかったかな。

    それでも、リフトに乗って圧雪整備されたゲレンデを滑るだけよりも、自分の足で登り、凸凹の多い自然の地形そのままの斜面を滑り下りるほうが楽しいね!

    tag :

    妙高杉ノ原スキー場:山スキーのトレーニング

    2009-12-20

    今日は白馬乗鞍岳への山スキーを予定していたが、天候が悪そうなのと、雪が短期間に降り雪崩の危険大なので、中止をして、杉ノ原スキー場でW貫さんと山スキー・トレーニングとなった。トレーニングは大袈裟かな。滑りの練習とビーコン訓練である。

    前売り4時間券があるので、一日を有効活用しようということで、8時にスキー場に到着。
    昨日にオープンしたてで、本日はゴンドラのみの運行である。

    私は昨日に戸隠スキー場に行ったが、息子も一緒だったので、それほどスピードをだすことはなかったが、今日は大人同士なので気がねなくスピードをだしていく。やはり、スキーはスピードにのればのるほど、安定した滑りになる。W貫さんは約十年ぶりのゲレンデスキーとのこと。昔の感を取り戻していったのか、徐々に安定した滑りになっていった。

    ゲレンデの端のパウダー・エリアはスノーボードですでにギタギタで凸凹が激しくなっていたが、その凸凹に板をバンバンあてながら滑って行く。これはこれで楽しい。

    ゴンドラ4本滑ったところで、中高年一歩手前の二人は疲れはじめて、「そろそろ休憩を」ということで、駐車場に戻りティータイムである。

    車のカーゴスペースで先日届いたJetboil Flashでお湯を沸かす。

    PIC_0001_320.jpg

    気温が低いものの500ml沸かすのに2.5分ほどであった。普通のコッヘルでどのくらいで沸くのか時間を計ったことはないが、感覚的には3-4割くらい短い時間で湧いていると思う。

    おやつを食べながら、のんびりしていると、ゲレンデの放送で、「ゴンドラ乗り場の横のイベント広場で、かんずり汁のふるまいがあります」とのこと。早速移動し、かんずり汁をいただく。ピリ辛で、体が温まる。

    お腹が満たされたところで、イベント広場の端でビーコンの練習である。本当は発信側ビーコンを雪に埋めて行うのがいいが、埋めた場所が分からなくなってしまってもいけないので、発信側ビーコンは人が持ったまま、もう一方のひとはビーコンだけをみて探す練習だ。広場の端には車が停まっており、車のような金属体は電磁波に影響があるせいか、とんでもない方向を探すことになることが分かった。

    その後、ゴンドラ2本滑り、12時を過ぎたため、本日の行動終了となった。

    今日中止した白馬乗鞍岳は天気の様子をみて23日(水)に挑戦しよう。

    tag :

    試練の雪の山道脱出

    2009-12-19

    朝起きると積雪20-30cmあり、朝7時から雪かきだ。1時間ほど雪と格闘すると汗でびっしょりとなった。8年前長野に移り住む以前はは地方を転々としていたが、雪かきが必要のない所ばかりだった。長野に来て最初の数年は、雪かきは体力的に辛かったが、やったことがなかった作業なのでそれなりに面白かったものだ。最近はさすがに飽きてしまい、できればやりたくない作業である。

    一仕事終わったので、息子と本日オープンの戸隠スキー場へでも行くか。出発は朝食やら準備やらで出発は9時半と遅くなってしまった。

    戸隠スキー場へ行くには、我が家からだと、道路に庇がついた七曲りという急坂を登り、バードラインという稜線をまっすぐ走る道を通って行くのが一番安全で近道である。七曲りを登り切ったところからは積雪が多く、運転に気をつけながら行くと、バードライン手前のカーブにさしかかった。

    すると、第1のアクシデント発生!大型トラックが2車線道路をふさぐように横向きに停まっているではないか!

    トラックの後ろは急な上りの崖、前は急な下りの崖だ。雪でスリップして、何とか止まったという感じだ。『ありゃー。スキー場行けないじゃないか。少し戻って脇道を探すか。バードラインは主要道路なのでどこかで合流できるだろう』と思い、少し戻って脇道に入って行った。先行車も1台おり、離合困難な細い雪の山道を進んでいくので、そのあとをついて行った。

    しかし、バードラインにぶつかりそうな道がなかなかなく、20分ほど進むと、やがて道が入り組んだ集落に入り込んでしまった。道が二又に分かれているところで先行車が停まり、中高年の女性が降りてきた。「すいません。私戸隠に行くんですが、どっちに行けばいいですかねー。カーナビないんです」とのこと。「カーナビで調べてみましょう」と私。私も現在地がいったいどこか分からない状態になっていた。カーナビでは、グネグネした山道を行けばよさそうなので、私の車が先導し、女性の車がついていくことになった。

    すると、第2のアクシデント発生!

    集落を離れ、雪の轍がない林道を進み、私がカーブを曲がったところで、かなり後方で女性が車のクラクションを鳴らしている。車を降り、女性の車のそばに行ってみると、山道の側溝に落ちてしまっていた。「雪で隠れていて、見えなかったんですー。」それほど深い側溝ではないので、「4WDなら抜け出せそうですけど、これ4WDですかね」と私。「多分4WDです」と彼女。しかし、彼女がアクセルを踏むと後輪が全く動いておらず、前輪は雪でスリップするばかりである。「FFですよ」と私。「知らなかったー。」と彼女。

    牽引ロープは持ち合わせていなかったので、私が後ろから押しても、前輪に毛布をかませてもビクともしない。「これはJAFを呼んで、引っ張りあげてもらうしかないですよ。」と私。彼女にJAFの電話番号を教えて彼女が電話をするが、現在地が分からない上に、杉林のど真ん中で目印が全くなく、場所を伝えようがない。私が携帯GPSで経度緯度を調べ、JAFに伝え、1時間後に何とか来てもらえそうな状況になった。「お子さんもスキー行くの待ってらっしゃるし、もう大丈夫なので行っていただいていいですよ」と彼女。息子も待っているので、「万が一、JAFが来なかったら私に電話をください」と彼女に私の電話番号を教えた。彼女を残すのはちょっと心配だったが、先に進んでいった。

    轍が全くない雪の山道を10分くらい進むと、第3のアクシデント発生!

    細い山道に直径20cmの幹の木が根っこから崩れ横倒しになり、道をふさいでしまっている。その先の雪道には轍がついているので、逆から来た車はあきらめて、バックで戻ったようだ。「前は木でふさがれ、後ろは側溝に落ちた車にふさがれ、JAFが来るまで閉じ込められてしまうなー、ワハハ」と息子に笑いながら話す。こんなときはもう笑うしかない。

    どうしようかとしばらく考え、木を動かしてみようと思い、車から降り、枝をひっぱると割と簡単に枝が折れる。『おっ、これは何とかなるか』と思い、枝をバキバキ折りまくった。さすがに幹は動かないし折れなかったが、20本くらい枝を折ると、なんとか車が通れるくらいにはなった。慎重に車を運転して、幹に引っかからないよう、山道を踏み外さないようにして、なんとか通過できた。

    10分ほど走ると、意外にも戸隠方面への幹線道路のひとつであるループラインにでた。いつのまにか、バードラインの下をくぐってしまって、門沢、中曽根という集落を通っていたようだ。

    戸隠スキー場に着いたのは11:30になってしまった。まだ全面オープンはしておらず、ゲレンデの一部を圧雪しているだけだ。圧雪しているエリアは最高のコンディションだが、未圧雪のエリアに入ると、思っていた以上に雪が湿っていて重く、なかなか抜け出せない。戸隠はいつもパウダーなのにめずらしい。

    休憩のときに携帯電話をみてみると、先ほどの女性から留守電に「無事脱出しました」との伝言が入っていた。とりあえず、よかった、よかった。

    私は度重なるアクシデントで疲れていたし、息子も寒いといいだしたので、2時半で切り上げ帰途についた。帰りは遠回りだが当然ループライン経由である。

    調べもせずに、もう二度と脇道には入りません。

    tag :

    Jetboilが届いた

    2009-12-18

    今日、雪が降りしきる中、家に帰ると、海外から荷物が届いている。???数日前ebay経由で落札注文したJetboilはUS発の船便のはずなので、まだ届くわけがないのだが???でも、差出人はUSのショップだ。

    中を空けると、やはりJetboilだ!手紙が入っており、手書きで、”We added airmail handling at no extra charge "(追加料金なしで航空便扱いにしました)とある。親切なショップだ。

    早速20日予定している白馬乗鞍岳での山スキーツアーで使ってみよう!でも、ちょっと雪が降り過ぎか?スキー場のHPをみると、1日で+60cmで積雪が141cmになっている。19日も降り続くようであれば、雪崩の危険大なので中止だ。その時は、格安前売券を購入した妙高杉ノ原スキー場でパウダー三昧かな。

    tag :

    Jetboil Flash 個人輸入

    2009-12-15

    登山中に食事やコーヒータイムでお湯を沸かす機会は結構多い。山スキーやトレランでは体が冷えるのでお湯を沸かさないで済ますことも多いが、普通の登山の場合、ちょっと長めの休憩をとって暖かい飲み物や食べ物を楽しみたいものだ。でも、お湯が沸くのが遅いとイライラしてしまうし、待っている間に体が冷え切ってしまう。それで素早くお湯を沸かす道具を探していたところJetboilが目についた。


    JETBOIL(ジェットボイル) ジェットボイルPCS BK

    通常のコッヘルとストーブだと250mlの水を沸かすのに3分くらいかかるが、Jetboilはポッドとバーナーがセットになっており半分程度のガスで1.5分で沸かすことができるらしい。

    以前から知ってはいたが、山で鍋料理をすることもあるので専用のポッドしか使用できないのでは使い物にならないと思っていたため、食指が伸びなかったが、ゴトクをつければ熱効率は悪くなるが他のコッヘルでも使えると判り、早速欲しくなった。

    インターネットで調べてみると、改良が加えられ最新版はJetboil Flashという名前になっている。日本での正規代理店であるモンベルからはまだ発売していないようだ。やはり最新版のFlashがいいよなー。

    ヤフオクではJetboil Flash Java kit(コーヒープレス付き)は送料込で1万5千円くらいになっているようだ。USでは本体のみで80$なので、商品+送料込で1万円くらいで収まりそうだな。個人輸入しちゃえ!ということで、ハンディGPSを入手したときと同じ海外オークションサイトeBayで入手することにした。

    個人輸入はちょっと不安があるが、トラブルが起こったとしても、その解消も楽しみの一つということで割り切ろう。

    GPSのときと同じ手続きでeBayで落札した。輸送手段は配送料が10$ほど安いサービスを選択したが、Tracking Service(輸送の途中経過がWebで検索できるサービス)は無し、保険は無しで、しかも船便になってしまうせいか到着まで1ヵ月くらいかかる。配送料はケチらない方がよかったかな?

    まあ、急いでいるわけではないので、ゆっくり待つことにしよう。

    tag :

    「劒岳<点の記>」DVD

    2009-12-14


    劔岳 点の記 メモリアル・エディション(初回生産限定)

    映画館で見ようと思っていたがついつい見そこなってしまった。DVDがレンタル店に並んだのを知って早々借りてきた。で、観た感想を思いつくままに。

    • うーん!CG無しの本物にこだわった映像は美しい!映画館で見なかったのは本当に残念だ。
    • 感心してしまうのは役者の根性だ。よくまあ、45度くらいの雪の斜面をワラ靴となんちゃってアイゼンで登っているもんだ。シーンとしては短いが、雪の坂を人を背負って歩くシーンがあるが、これも結構きつそうだ。
    • 私は山スキーはやっても雪山登攀はしないので、お恥ずかしい話だがグリセードをまともに見たことがなかった。この映画で何度か見事なグリセードが披露されており、こうやるのかと参考になった。
    • 原作にはなかったが、ラストの日本山岳会小島烏水との手旗でのコミュニケーションはいかにも嘘っぽく、ちょっといただけない。
    • 主人公のどんな状況でもどんな相手に対しても常に丁寧な態度と言葉使いだったのが強く印象に残った。自分もこうありたいものだ。

    映画を楽しんでおいて何だが、やはり本物を見るのが一番。春になったら、山スキー担いで、立山詣でだ!

    tag :

    インド料理、ついでに上田太郎山(信州百名山)トレラン

    2009-12-12

    私はインド料理が大好きだ。カレーが好きというより、ナンが好きなのだ。タンドールでふんわり焼かれ、まわりがバリッとしたナンが大好物だ。急に食べたくなってきたぞ。長野市内にもナンを食べることができるインド料理店はあるが、上田市にもジャイプールというインド料理屋もあるので、未踏である信州百名山の上田太郎山もついでに登ってみよう。

    12時に上田駅前近くのジャイプールに着いた。そういえば最後に来たのは、7-8年前に家族で小諸に遊びに行く途中で食べたのが最後だ。

    P1020688_320.jpg

    あつあつのキーマカレーとパリッとした焼きたてナンはおいしかった。あまりにもお腹が空いていたので、料理の写真撮り忘れてしまったぞ。

    お腹がいっぱいになったところで、登山口に移動。太郎山への登山道はいくつかあるが、山口から始まる表登山道から登る。

    13:00 583m 上田市民の山だけあって、すでに車が路肩に5-6台停まっていた。話は変わるが、『ランニングの作法』という本に「走る前にストレッチをしないほうがいい」ということが書かれていた。ここでいうストレッチとは、筋肉や筋をゆっくり伸ばすスタティックストレッチのことで、筋肉の温度が上がっていないうちにやると逆に筋肉が固くなってしまうそうだ。「軽くジョギングか、ラジオ体操のような動的ストレッチがいい」とあったので、軽く準備体操をしてゆっくり歩きだす。

    P1020689_320.jpg 

    急な斜面にジグザグの道が続くが、適度に幅があるし斜度もゆるやかな道なので歩きやすい。ただ、ナンとカレーがお腹に溜まり、あまりペースはあがらない。先行する登山者を何人か追い越し、鳥居を2つほど過ぎ、頂上手前の本殿に到着する。

    P1020690_320.jpg

    P1020691_320.jpg

    本殿の前にミニ鳥居がある。「厄除け」と書かれているぞ。これはくぐれということかな?最近家内がトラブル続きということもあり、一家を代表しくぐっておいた。

    P1020692_320.jpg

    13:43 1164m いったん本殿の裏の鞍部をくだり、頂上に到着。想像していたより広い頂上だ。お地蔵さんがかわいらしい。

    P1020693_320.jpg

    晴れていれば八ヶ岳~北アルプスまで見渡せるようだが、遠くの高い山は雲にさえぎられている。先日行った近くの子檀嶺岳や独鈷山は眺めはいまひとつだったが、上田太郎山は眺めがいいので人気があるのだろう。

    P1020694_320.jpg

    この先の虚空蔵山まで足をのばそうか?でも、雲もたちこめて天気がくずれそうだし、往復2時間くらいかかり、下山時は薄暗くなっていそうなので、やはり虚空蔵山はやめることにした。

    14:48 体は十分温まっているので、5-6分軽くストレッチをして、走りだした。

    14:09 一気にくだり、駐車した場所に到着。ストレッチを入念に行い、帰途についた。

    インド料理はおいしいが、少し脂っこいので登山前に食べるとお腹にもたれてしまう。脂っこいものはやはり登山後に食べることにしよう。

    20091212上田太郎山map_320.jpg

    tag :

    菅平スノー・トレラン:フカフカランニング

    2009-12-05

    いつもお世話になっているトレマンさんの本日のツアーは菅平スノー・トレランである。雪に埋もれた菅平トレランレース15kmを走るツアーだ。同僚のH田さんも誘っての参加だ。

    H田さんとの待ち合わせに時間をとり、ぎりぎり集合時間の6:30に菅平高原国際リゾートセンターに到着。今日の参加者は、店長、私、H田さん、やまとうまさん、T中さん、K沢さんの6人とちょっと少なめである。少し天気が悪いのもあり雪中行軍は人気がないのかな?

    6:40 太郎山を目指しクラストした日の出ゲレンデを登って行く。積雪は10-20cmといったところでスキー場オープンにはまだ雪が足らなさそうだ。それほどの積雪ではないが、今シーズン初めて雪を踏み、体が慣れておらず歩きにくい。

    P1020684_320.jpg

    ゲレンデトップに着いたが、雲が厚くかかり、眺望は得られない。しかし、ゲレンデ北面は雪がふかふかで気持ちいい下りを楽しめる。スキーもいいけど、走りも楽しい。

    P1020685_320.jpg

    樹林帯に入ると雪は更にふかふかである。雪は深くもなく浅くもなく走るにはちょうどいいコンディションだ。

    P1020686_320.jpg

    その後、石戸山、つばくろ山を経て、大松山に着く。レースコースどおり行くと、この先は薮が濃いとのことなので、おおまつゲレンデを下って行く。やまとうまさん、T中さん、K沢さんはフカフカの雪を思いっきり飛ばして行く。みんな速い速い!私は以前は右膝がランナー膝になっていたが、調子に乗って雪で変な走りをしたせいか、今度は左膝が痛みだした。ちょっとペースを落として下って行く。

    P1020687_320.jpg

    9:50 ゲレンデをくだり、ロードを走り、菅平高原国際リゾートセンターに到着。

    駐車場でやまとうまさんのブドウ農園からブドウの差し入れがあり、とっても甘く、おいしくいただく。おまけに大量の洋ナシのお持ち帰りもいただいた。こちらも家に帰ってから食べたが、家族に好評であった。やまとうまさん、ありがとう!

    3時間あまりのツアーであったが、雪の上を走ると、なぜか時間が経つのが早い。雪遊びはいくつになっても楽しいせいだろうか?

    tag :
    << topページへこのページの先頭へ >>
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。