あなたは 人目のお客様です
    過去の主な日記 ◎はおすすめルート
    山スキー 2017: ◎雪倉岳  2014: ◎横前倉山  2013: ◎剱沢 白馬周回 蒲原山 乙妻山 鍋倉山 ◎大渚山 小日向山  2012: 白馬岳 鍋倉山 ◎船越の頭~金山沢  2011: 黒姫山 妙高前山 北信佐渡山 ◎戸隠五地蔵山 雨飾山 白馬大雪渓 妙高涸沢 6月立山 11月立山  2010: 白馬乗鞍岳 小日向山 黒姫山 乙妻山 ◎針ノ木岳 ◎栂池~蓮華温泉 火打山  2009: 雨飾山 針ノ木雪渓 ◎火打山  2009北信五岳: ◎戸隠山(乙妻山) 妙高山(三田原山) 斑尾山 黒姫山 飯縄山  2008三大雪渓: 針ノ木大雪渓 ◎剱沢大雪渓 白馬大雪渓
    沢登り 2015: ◎黒部赤木沢  2014: ◎巻機山ヌクビ沢  2013: ◎雑魚川外ノ沢  2012: ◎草津白根某温泉沢  2011: ◎笛吹川ヌク沢左俣 荒城川、沢上谷 ◎雑魚川外ノ沢 ◎沢上谷三大滝巡り 裏妙義烏帽子沢  2010: 火打黒沢 裏妙義烏帽子沢 ◎中ア西横川  2009: 沢上谷 火打山黒沢
    アルパイン、岩登り 2015: ◎剱岳八ツ峰Ⅵ峰 立山龍王岳東尾根Ⅰ峰北壁 ◎明星山P6南壁左岩稜  2014: 小川山ガマルート  2013: ◎伊豆城山南西カンテ 妙義筆頭岩 ◎妙義山星穴岳 ◎海谷山塊船浦山東壁
    日帰り
    トレラン
    2012: 丹沢山(蛭ケ岳)  2011: 岩菅山 燕岳  2010: ◎奥穂高 ◎槍ヶ岳 鳳凰三山  2009: ◎剣岳 ◎白馬三山7月 ◎白馬三山8月 空木岳 蓼科山 ◎塩見岳  2008: ◎常念岳-蝶ケ岳  2008北信五岳: 斑尾山 妙高山 黒姫山 戸隠山 飯縄山
    百名山 2014: 大朝日岳  2013: 安達太良山、磐梯山、西吾妻山  2012: 間ノ岳  2011: 越後駒ケ岳 浅間山 ◎飯豊山  2009: 光岳  2008: 鹿島槍岳 焼岳 ◎甲斐駒ケ岳,仙丈ケ岳
    山道具 熊対策 ハンディGPS ミシン自作道具 チューブ食糧 衛生用品 心拍計 Jetboil個人輸入 Jetboil使用感 つめかえ君

    スポンサーサイト

    --------
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
    tag :

    妙高山(一部トレイルランニング)

    2008-08-31

    8月は子供のイベント、家族サービス、週末の天候不順などで、なかなか山らしい山へ行く機会がなかった。今日は朝6時に起き、外を見ると雲が立ち込めているので、今日も天気はよくないかなと思い、天気予報を確認すると昼あたりから晴れの予報だ。西の空を見ると少し晴れ間が見える。これは、山へ行くしかないと思い、北信五岳かつ百名山の妙高山(みょうこうさん)へ行くことにした。

    過去に2回ほど登っているので、今日はトレイルランニングスタイルで行き、日頃の鍛練の成果を確認してみることにした。

    9:00に登山口の燕温泉駐車場に到着。この時間だと休日はいつも駐車場は満員だが、今日は様子見の人が多いのか、駐車場もまばらである。

    P1010208_320.jpg

    今日は一番時間が短く行ける北地獄谷コースをとることとした。(あとで分ったことだが、このコースは崖崩れが頻発するとのことで、現在立ち入り禁止です。ただ、立ち入り禁止の案内が分かりにくく、立ち入り禁止になっていることを知らないとついつい入ってしまいますので、行かれる方は気をつけてください。)

    道はコンクリートで固めた細い登山道が続く。歩きやすいが土のふかふかの感触が楽しめず少し残念だ。

    P1010209_320.jpg

    標高1380Mあたりに、源泉の管理小屋があった。生活できるように水場や物干し場も整備されている。中はお風呂もありそうな雰囲気だ。中を覗こうかと思ったが、不法侵入になってもいけないので、写真を撮るだけに留めた。

    P1010210_320.jpg

    1490Mあたりで二段の滝が現れる。下が光明滝(こうみょうだき)、上が称明滝(しょうみょうだき)だ。

    P1010212_320.jpg

    称明滝にはすぐそばまで行ける。下山後、登山者から聞いたが、滝壺の横に野湯があるらしい。つかるには、かなり熱かったとのことでした。

    P1010213_320.jpg

    ここからはコンクリート道もなくなり、崖にへばりつく細いつづら折りがつづく。崖くずれで道が細くなり下は絶壁になった気の抜けない所が何箇所かあった。それほど危険ではないと思ったが、白馬雪渓の災害もあったので、通行禁止もやむなしかな。しばらく行くと沢を渡り、急坂の「胸つき八丁」にとりつく。

    P1010215_320.jpg

    この「胸つき八丁」はいつもながら苦しいが、標高1930Mの天狗平に到着し、やっと一息いれる。出だし飛ばし過ぎたせいと昨日2時間近所を走ったので、少しバテ気味である。

    P1010218_320.jpg

    標高2270Mの鎖場に到着。ステップがきってあるので、鎖は軽く握る程度で登っていける。ここから先は岩場が多く、手を使って登ることが多くなる。

    P1010219_320.jpg

    11時50分、山頂に到着。雲もとれはじめ、野尻湖方面、火打山・焼山方面が見渡せる。一息入れ、食事したり、ストレッチしたりして、ゆっくり過ごした。

    P1010221_320.jpg

    P1010226_320.jpgP1010224_320.jpg

    このままここに居付きたかったが、そんなわけにもいかないので、12時20分下山開始だ。ただ、上部は岩場、中間部の道も石が多く、走るのは少し危険なので、ほとんどは歩き、なだらかな部分だけ走って行った。

    本来であれば、途中で麻平方面に行かなければいけないのだが、そのまま登りに利用した北地獄谷コースを下る。途中のコンクリート道からは走りやすいが、衝撃が足に結構くる。14時にあっというまに駐車場に到着。

    到着後、無料の黄金の湯に行ったが、湯温がかなり熱く、ゆっくり入っていられない。もうひとつの無料の温泉である河原の湯のほうがぬるーいので、そちらのほうがよかったかな。 

    標高差1380Mの登りは2時間50分かかったが、下りは1時間40分だ。登りの時間はもう少し短縮したいなー。往復の下りはつまらないので、走ることで下りの時間がかなり短縮されるのはありがたい。

    なお、私は通ってしまいましたが、北地獄谷コースは現在立ち入り禁止ですので、くれぐれもご注意ください。

    スポンサーサイト
    tag :

    毎日食べても飽きずに簡単な少人数テント山行の食事

    2008-08-28

    私は、テント山行にはほとんど一人または二人で行っている。テント山行では食事も楽しみのひとつだが、食事メニューに凝りだすと食材や調味料の種類が増え、少人数だと無駄になる量をもっていくことになり、結果的に荷物が多くなる。

    テント山行をやり始めたころは数キロの追加は気にしなかったが、最近トレランをやりはじめて、軽量化=行動範囲の拡大、ということに気づいた。

    軽量化のためには食材の種類を減らす必要があるが、毎回同じ食事を食べることになるので、飽きない食事メニューが重要となる。かつ、少人数だと食事の用意も面倒なのでできるだけ簡単なほうがいい。そこで飽きずに簡単な山の食事メニューを挙げてみよう。

    ちなみに、私が飽きないだけで、他の方が飽きないかどうかは保証いたしません。

     

    その1.むさしや食品ジンギスカン(パック入り)

    むさしやジンギスカン

    ラム肉は匂いがいやだという人もいるが、長野の「むさしや食品のジンギスカン」は絶妙な味付けで、臭みも少なく何度食べても飽きることがない。(食材がローカルなのはご勘弁。)

    保存温度は10度以下なので、家から持っていくときはカチカチに凍らせておく。春先であれば残雪に埋めとけば数日間は問題ない。夏や秋でも定着型で近くに雪渓があればOKだ。

    調理は簡単。キャベツ、玉ねぎ、人参を切って、一緒に炒めるだけだ。白いご飯によくあう。炒めたときにでる汁をご飯にかけながら食べると最高だ。私はあまり飲酒はしないが、ビールにもよく合いそうだ。

     

    その2.「ロン龍」棒ラーメン

    ロン龍棒ラーメンは、ザックでかさばらず重宝する。そういえば、棒状の食べ物はザックに収まりがいい。フランスパン、きゅうり、魚肉ソーセージ、ういろう、などなど。好物のスイカが棒状であれば、山にかつぎあげるのだが。

    棒ラーメンはマルタイが有名だが、私のお勧めは「ロン龍」だ。太めのしっかりした麺と液体とんこつスープが味わい深い。

    作り方は、麺をゆで、スープを入れるだけ。ここに生キャベツを手でちぎり、豚の角煮をいれれば、熊本風とんこつラーメンだ。え、豚の角煮なんて持っていけるかいって?じゃ、魚肉ソーセージでもOK。少しボリュームが欲しい場合は、もちをいれるか、残り汁にアルファ米をいれて雑炊だ。短い時間でできるので朝向けだ。

     

    その3.S&Bケララカレー(レトルト)

    S&Bケララカレーが最高だ。でも、レトルトって結局重くなってしまうので趣旨に合わないかな?ケララカレーについては、この日の日記をご覧ください。

    水が貴重なテン場では、アルファ米が温かければ、レトルトは温めずにそのままかけてしまう。温めたお湯がもったいないので、レトルトを温めたお湯を飲んじゃうっていう人がいるけど、表面の塗料かなんか溶け出しているような気がして私は飲めないなー。レトルトパック表面の毒性についてご存じの方がいらっしゃれば、教えてください。

    その4.さんまのかば焼き丼

    よく100円くらいで売ってるさんまのかば焼き缶詰めを使います。アルファ米を炊いて、熱いうちに生卵を割りいれ、その上にさんまのかば焼き缶詰めを汁ごとかける。付け合わせの野菜は、きゅうりに味噌をつけてまるかじり。ちなみに生玉子は、卵持ち運び用の容器が若干かさばるけど、日持ちがするし、まったり感がでるので、よく持っていく。食材費が安くつくのが魅力です。

     

    テント山行に不向きな食材

    なお、今までテント山行で試した結果、不向きな食材を挙げてみました。

    • カップ麺:ひたすらかさばる。食べたあともかさばる容器ゴミを持って歩くことになる。あまり腹もちがよくない。
    • ホットケーキやお好み焼きなど粉物:後片付けが面倒。テフロンフライパンが必要。食材の種類が多くなる。
    • 焼き肉:コッヘルやフライパンで焼くとそれほどおいしくない。家での下ごしらえが面倒。
    • フリーズドライやアルファ米加工食品:そもそもおいしくない。高額。量も足らない。
    • スパゲッティ:ゆでたお湯が他の料理に転用できない。時間がかかる。

    この日記を読んだ方でお勧めの少人数テント山行に向いた食事メニューがあれば、参考にしたいので教えてください。

    tag :

    長野市里山プチ縦走

    2008-08-23

    今日は天気がよければ立山へ行く予定であったが、同行者の都合が悪くなってしまったのと、天候も思わしくないため、中止となった。残念であるが気持ちを切り替え、トレーニングがてら妙高山か戸隠山を走ろうかと思っていたが、今にも雨が降りそうな空模様であったので、すぐに家に戻れる近所の山の葛山(かつらやま)と大峰山(おおみねさん)に行くこととした。

    近所の葛山と大峰山を地図で調べると、登山口は家から2km程度なので家から走っていくこととした。家が標高380Mで両山ともに820Mくらいの山である。

    家から出発だが、ジョギング姿にザックを背負い、腰にウォーターボトルもつけているので、近所の人と会うのは少し恥ずかしい。街の中では見かけることはない格好をしており不審者と思われてもいけないので、そそくさと家から走りだした。善光寺脇の駐車場から眺めた葛山と大峰山だ。

    20080823葛山20080823大峰山

    葛山へは往生寺(おうじょうじ)の境内をぬけていくのだが、 善光寺から往生寺までが結構な坂だ。善光寺を下に見下ろす立地のせいか、住宅が結構立ち並んでいる。立派な家も多いが古いい空家も目立つ。車がないと生活できなさそうだし、冬に雪が降ったら歩くのは大変そうなので、高齢者はここから離れてしまうんだろう。

    20080823往生寺入り口

    往生寺の境内に入り、正面の階段をのぼり、右手の「遊歩道」と書かれた道標に従い進むと、つづら折りの登山道となる。石仏、石碑が無数にあるなかをすすんでいくと観音山に到着する。山名のとおり、観音様の石碑が祭られている。

    20080823観音山

    ここから葛山頂上へと続く道を走る。観音山から葛山へのコースのいくつかの木に白いペンキがついてる。それほど斜度はなく、踏み跡もしっかりしているので、滑る心配もなく走りやすい道だ。葛山の頂上は、いかにも城跡だったという感じの広場になっており、東屋とイスが設置されている。ハイキングで弁当を広げるにはちょうどいい感じだ。

    20080823葛山山頂

    ここから下りだ。大峰山へ行くには北側の「荒安経由大峰」の道標から下る。落ち葉がつもって柔らかい登山道を一気にくだった。

    しばらくすると、集落があらわれ、その中を通る舗装道路を走っていく。大峰山へは舗装道路が続いているが、足への衝撃があり舗装道路は避けたいので、山道を探した。草に覆われてわかりにくかったが、七曲りからくる車道とぶつかる大峰城・飯綱方面への分岐点あたりに、舗装道路をショートカットする山道をみつけた。

    20080823大峰山登山口

    大峰山に到着。今年に閉鎖されてしまったが、城を模した「チョウと自然の博物館」が頂上に建っている。

    20080823大峰城

    山頂からの下り口はわかりにくく、この博物館の入口の正面右手(北側)にある。山頂から下り、物見の岩に着いた。ここはやはり見晴らしがいいねー。

    20080823物見の岩

    ここからであれば適当に降りて行っても迷って困ることもないので、適当に道なりに下り、車道を横切り、私有地かと思われる急坂をおり、善光寺の裏手の桜坂にでた。ここは名前のとおり桜並木で春の満開時はとても美しいところだ。ここから、善光寺脇を通り、帰途についた。

    20080823桜坂

    地図ソフトのカシミールで今日の行程を調べると、我家からは累積標高700M、距離10kmである。葛山は初めてのため迷いながら走ったので、door to doorで2時間ほどかかったが、土日少しトレーニングするにはいい山だ。

    20080823葛山MAP_400.jpg

    tag :

    善光寺ナイトランニング

    2008-08-16

    8月に入ってから、毎週土日は天候不順や子供の行事の関係でなかなか山へ行けない。トレイルランニングも少しご無沙汰している。日中行ける時間が数時間あるが、とてつもなく暑く普通に歩いていても熱中症になりそうなので、近所の里山で登山やトレランなんてとんでもない。

    で、しょうがないので、夜近所を走ってトレーニングだ。陽がおちれば、長野は盆地なので、結構涼しくなる。

    2か月ほど前、小3の息子は運動不足で太ってきたので、一緒に行かないかと誘ったら、夜に出歩くのが楽しいのか、一緒に行くと答えた。私と一緒に足で走るのは無理なので、息子は自転車で伴走ということになった。それ以来、週に2回ほど、私はランニング、息子は自転車で家の周辺を夜走るのが、日課になった。

    善光寺は家から近く、周辺は夜になると車通りが少なく、善光寺はライトアップされて明るいのでよく走るコースだ。しかし、善光寺周辺は結構坂がある。自転車の登りはかなりきつそうで、私が自転車を後ろから押してやらないと登りきれないようだ。自転車は下りは楽々で、私が全速力で走っても追いつかない。ときどき車と遭遇するので、息子を誘導するのに気を使う。

    息子と一緒だと、5kmを30分ほどかかってしまう。登り下りで自転車に合わせてペースが乱れるのと、息子が事故にあわないように気を使うので、一人で走るより結構疲れてしまう。しかし、私も一人で走るより楽しいし、息子も喜んでついてくるので、しばらく善光寺ナイトランニングは続きそうだ。

    tag :

    南信州でアウトドア

    2008-08-09

    8月7,8,9日の2泊3日で、長野県売木村(うるぎむら)の「うるぎ星の森オートキャンプ場」(以下、うるぎキャンプ場)に行ってきた。長野市から結構遠いが、南信には来る機会があまりないので、子供の夏休み中に会社の休みをとり、妻と息子と3人で行ってきた。

    8月7日(木) 晴れのち雷雨のちくもり

    長野市を10時に出発、12時に駒ヶ根市で昼食にソースかつ丼と少々買い物、14時に飯田ICをおり山道を走り、15時半にキャンプ場についた。

     トイレ・洗面・シャワー・洗濯の施設も整い、なかなかきれなキャンプ場だ。オートキャンプサイトはしっかり区画されている。普通区画されているのはあたりまえだが、近所の戸隠キャンプ場のフリーサイトに慣れていたので、少々窮屈な感じだ。防犯上の理由から、ゲートオープン時間は8時から20時までとのこと。9日は早立ちを考えていたので、予定を若干変更だ。防犯上の理由というより職員の勤務時間が理由としか思えない。

    テント設営を始めたころから、雷が鳴り始めた。テントにフライをかけ、さてタープを張ろうかというところで数十m先からバタバタという雨音が聞こえた。急いで車の中に逃げ込み、間一髪のところで大雨が降り出した。30分ほど車の中で待っていると、雷も遠ざかり小雨になり始めた。レインウェアを着こみ、設営を再開し、17時に設営を完了した。

    今回は2泊なので、七輪にゆっくり炭火をおこして、焼き肉バーベキューだ。お昼に食べたソースかつ丼の量が多かったので、あまりお腹に入らなかったが、それでも屋外の炭火焼肉は最高だ!

    20080807うるぎキャンプサイト

    すっかり日も落ちたので、キャンプ恒例の花火だ。手持ち花火を20分ほど楽しみ、そのあとシャワーを浴びて、就寝した。

    20080807うるぎ花火

    なお、キャンプ場は標高1200mなのだが、結構やぶ蚊が多く、3人とも刺されまくってしまった。北信であれば、この標高で蚊にさされた覚えはないので、虫除けは必携だ。

    8月8日(金) 晴れのち雷雨のち晴れ

    朝周囲を散歩していたら、草むらにクワガタがいるのを発見。小さいがミヤマクワガタかな?

    20080808うるぎクワガタ

    ちなみに2泊サイトの全景です。1LDK+駐車場+庭付です。

    20080808うるぎキャンプサイト全景

    本日はうるぎキャンプ場から車で一時間ほどの和知野川(わちのがわ)へ水遊びに行った。和知野川には上流の和知野二瀬キャンプ場と下流の和知野川キャンプ場があるが、浅瀬で流れが穏やかな和知野川キャンプ場で遊ぶこととした。

    子供と一緒に水に入るが、うー、冷たい。水温を測ると22度くらいだ。思い返すと、私は川で泳ぐのは生まれて初めてだ。登山で沢登りもやってみようと思っていたところなので、慣れておこう。ここでシュノーケルをしたり、釣りのまねごとをしたりして、のんびり過ごした。

    20080808和知野川

    3時間も遊ぶと、お腹がすいてきたし、体も冷えたので、ゆうゆ~阿南かじかの湯に行った。地元野菜をふんだんに使用したバイキングレストラン「しゅふふ」も併設されている。ランチの時間が終わりかけで料理がほとんど残っていなかったので、残念だが別の食道で食事をした。温泉は無味無臭のアルカリ単純泉で、洗い場と浴槽はとても広い。平日の昼間というこもあり、男湯は私と息子の貸し切り状態であった。

    また、うるぎキャンプ場へ戻り、夕食の準備を始め出したところで、再び雷とともに雨が降り始めた。しょうがないので、天気が回復するまでセンターハウスに行き、本やテレビをみてやり過ごした。

    クーラーボックスの冷却材が溶けてしまうのは予想されたので、夕食は腐ることはないレトルトカレーだ。私はなんとなくケララカレーにしたのだが、一口食べてみて驚いた。大学時代に好きでよく通った東京新宿区のカレー専門店の味であった。当時はカレーの種類や名前なんて気にしたこともなく、一味違うのはその店オリジナルなんだろうとしか思ってなかったが、長らく大学時代に好きだったカレーの種類がこんなところで分ってうれしかった。ちなみに商品自体はS&Bのケララカレーです。買いだめしとかなくっちゃ。


    エスビー ケララカレー (中辛) 210g

    8月9日(土) 晴れときどき雷雨のち晴れ

    今日はうるぎキャンプ場を撤収し、赤沢自然休養林に行った。鉄道好きの息子にあわせて、トロッコ電車がお目当てだ。うるぎキャンプ場からは3時間ほどかかり、上松町で赤沢沿いの車道に入っていった。赤沢は美しいナメがつづき、歩くと気持ちよさそうだ。途中の淵で子供たちが遊んでいた。

    20080809赤沢自然休養林淵

    13時に赤沢自然休養林に着き、すぐにトロッコの整理券をとりにいった。それほど混雑はしておらず13:30の整理券だった。トロッコ電車にのってのんびり赤沢上流をすすむ。往復30分と短いが、沢沿いを進みマイナスイオンの効果だろうか、リラックスする。

    20080809赤沢自然休養林トロッコ

    ところが、トロッコ電車の復路でまたまた雷とともに大雨がふりだした。駅到着後、センターハウスに逃げ込み、30分ほど雨の止むのを待った。赤沢の水を少しせき止めて、プール状になっている遊び場があるが、息子は木工工作体験のあと、水場にはいるというので、雨がやんでから、駐車場の車に水着をとりにいった。

    駐車場に着いたところで先ほど以上の大雨が降り出した。傘をさしてもずぶ濡れになってしまうほどだ。気温が急降下し、気温が22度まで下がり、水遊びするような気温ではなくなってしまったので、妻に携帯で連絡し、木工工作が終わるまで車で待機することとした。

    木工工作を終わったところで、駐車場から工作体験場入口に2人を迎えに行き、帰路についた。

    今回は南信州で行きたいところが離れており、あちこち回り結構疲れた。それと大気が不安定で毎日雷雨に会ってしまい、待機を余儀なくされた。しかし、長野市近郊とは違う美しい自然を見ることができたし、子供もあちこちでいろんな体験ができて楽しかったようだ。

     

    tag :
    << topページへこのページの先頭へ >>
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。