FC2ブログ
    あなたは 人目のお客様です
    過去の主な日記 ◎はおすすめルート
    山スキー 2017: ◎雪倉岳  2014: ◎横前倉山  2013: ◎剱沢 白馬周回 蒲原山 乙妻山 鍋倉山 ◎大渚山 小日向山  2012: 白馬岳 鍋倉山 ◎船越の頭~金山沢  2011: 黒姫山 妙高前山 北信佐渡山 ◎戸隠五地蔵山 雨飾山 白馬大雪渓 妙高涸沢 6月立山 11月立山  2010: 白馬乗鞍岳 小日向山 黒姫山 乙妻山 ◎針ノ木岳 ◎栂池~蓮華温泉 火打山  2009: 雨飾山 針ノ木雪渓 ◎火打山  2009北信五岳: ◎戸隠山(乙妻山) 妙高山(三田原山) 斑尾山 黒姫山 飯縄山  2008三大雪渓: 針ノ木大雪渓 ◎剱沢大雪渓 白馬大雪渓
    沢登り 2015: ◎黒部赤木沢  2014: ◎巻機山ヌクビ沢  2013: ◎雑魚川外ノ沢  2012: ◎草津白根某温泉沢  2011: ◎笛吹川ヌク沢左俣 荒城川、沢上谷 ◎雑魚川外ノ沢 ◎沢上谷三大滝巡り 裏妙義烏帽子沢  2010: 火打黒沢 裏妙義烏帽子沢 ◎中ア西横川  2009: 沢上谷 火打山黒沢
    アルパイン、岩登り 2015: ◎剱岳八ツ峰Ⅵ峰 立山龍王岳東尾根Ⅰ峰北壁 ◎明星山P6南壁左岩稜  2014: 小川山ガマルート  2013: ◎伊豆城山南西カンテ 妙義筆頭岩 ◎妙義山星穴岳 ◎海谷山塊船浦山東壁
    日帰り
    トレラン
    2012: 丹沢山(蛭ケ岳)  2011: 岩菅山 燕岳  2010: ◎奥穂高 ◎槍ヶ岳 鳳凰三山  2009: ◎剣岳 ◎白馬三山7月 ◎白馬三山8月 空木岳 蓼科山 ◎塩見岳  2008: ◎常念岳-蝶ケ岳  2008北信五岳: 斑尾山 妙高山 黒姫山 戸隠山 飯縄山
    百名山 2014: 大朝日岳  2013: 安達太良山、磐梯山、西吾妻山  2012: 間ノ岳  2011: 越後駒ケ岳 浅間山 ◎飯豊山  2009: 光岳  2008: 鹿島槍岳 焼岳 ◎甲斐駒ケ岳,仙丈ケ岳
    山道具 熊対策 ハンディGPS ミシン自作道具 チューブ食糧 衛生用品 心拍計 Jetboil個人輸入 Jetboil使用感 つめかえ君

    スポンサーサイト

    --------
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
    tag :

    山での食事 チューブ編

    2008-05-27

    下界での食事とは異なり、山の食事は以下の要素が求められる。

    • 携帯しやすい
    • 日持ちがする
    • 高カロリー
    • 疲れていても喉に通る

    まあ、味なんて後回しである。上の条件を満たす食べ物でチューブものをあげてみよう。

    加糖練乳

    かき氷とかいちごにかけるやつだ。特にブランドにはこだわりはないが、いつもなぜか森永になってしまう。

    20080528練乳

    しかし、パッケージをよく見ると変な牛である。目の切れあがり具合と、花をつけているので若いメスであろう。立派な角が生えており、ちょっと凛々しい。パッケージについてはこれくらいにしてと。以下のような状況で利用している。

    • 朝起きて、カップにインスタントコーヒーと練乳を混ぜてお湯を注いでカフェオレ。
    • ちょっと疲れて休憩のときに、チューブからそのまま口に流し込み。
    • パンケーキなどの小麦粉焼き物系のシロップ代わり。
    • 暑いときに雪渓の氷に直接かけてかき氷。

    チューブ一本あれば結構使える。日持ちはするし、どんなに疲れていても口に入り、高カロリーである。

    ツナマヨ

    マヨネーズはなんといってもキューピーである。キューピーのきりっとした酸っぱさが好きである。他社のマヨネーズは、妙にまろやかすぎる。ツナマヨもやはりキューピーに限る。


    QP パン工房 ツナ&マヨ 150g X12本入 

    ザックにいれてもつぶれにくいフランスパンにツナマヨをドテッとのっけて食べるのだが、雪斜面の休憩時での食べ方にちょっとこだわりがある。長いフランスパンを左手に、右手には折りたたみナイフをもち、1.5CM程度の厚さにフランスパンをサクッと切る。切ったフランスパンにツナマヨをつけるために、折りたたみナイフは、雪上を滑っていかないように、さっと雪に突き刺すのである。なんだかワイルドな自分に酔いしれてしまう。(でもないか。)

    バター

    テント泊で、焼き肉とかパンケーキなどを焼くときには油が必要である。ナルゲンボトル(ふた付きのプラスチックボトル)にサラダ油をいれていくこともあるが、入れる手間と帰ってからの油の処理が面倒くさい。そこでチューブバター。

    20080528バター

    バター自体にサラダ油には無い風味があるので、そのままだとあまりおいしくないアルファ米にかけて、バターライスにすると俄然食欲をそそる風味になる。ただし、チューブバターの保存は10度以下のようなので、常温での長期保存は難しそうだ。

    下界ではおいしくない食べ方でも、山ではなんとか食べれてしまうのは不思議なものである。

    スポンサーサイト
    tag :

    立山でテント泊だー!

    2008-05-18

    GWに普通のオートキャンプをしたら、山でテント泊がしたくなった。それで以下の条件を満たす立山の雷鳥平に行くことにした。

    • 山スキーができること
    • 温泉があること
    • 水が豊富なこと
    • 荷揚げが楽なこと

    ただし、交通手段であるアルペンルートは往復料金と手荷物持ち込み代で約1万円かかるので、1泊はもったいないので、金曜に休みをとって2泊することにした。

    5月16日(金) アルペンルート出発地点の扇沢駅の駐車場にて。2泊とはいえ、大荷物になり、ザックだけで20Kgになった。

    20080516室堂

    金曜日で平日なのに、観光客がやたらと多い。どうも言葉を聞いていると、韓国や中国からの団体さんのようだ。空いているのを期待していたのだが残念。

    アルペンルート目的地の室堂までは、トロリーバス、ケーブルカー、ロープウェイ、トロリーバスと3回乗り換えがある。他のお客さんに迷惑にならないように、ザックをかついだり、おろしたりがこたえる。室堂に着いたころにはすでにヘトヘトの状態になってしまった。

    室堂から雷鳥平まではスキーで下るだけだ。でも、重荷のため、スキーのコントロールがむずかしい。転倒したら起き上がるのが大変なので、慎重に下る。途中で雷鳥がお出迎え。

    20080516雷鳥

    30分ほどで、雷鳥平に到着し、テントを設営して、しばし休憩。

    20080516テント

    今日は足慣らしで浄土山直下の立山カルデラ展望台まで行くことにした。雷鳥平の斜面にTバーリフトがあり、ちょうど動いていたので、約50M程度の登りであるが1回200円を支払い利用した。

    1時間半後に展望台についた途端、ガスにみるみる包まれ、見通し5M程度になってしまった。しばらく待ったが、状況は変わりそうになかったので、来たルートを下ることにした。立山カルデラを見ることはできなかったが、斜度は20度程度で、雪もザラメで滑降は快適だった。

    20080516浄土山

    5月17日(土) 今日は遠距離移動するつもりであったが、もたもたして出発が遅れてしまったので、雷鳥沢を登り、その向こうの剣沢を滑降することにした。

    雷鳥平より約2時間で稜線にでた。稜線は両側が切れ落ちていてちょっとスリリング。

    20080517雷鳥沢稜線

    剣沢を下まで下ると、戻るのに4-5時間かかるので、途中のきりのいいところまで下ることとした。剣沢は北面なので、雪はとてもよく、気持ちよく約400Mほど滑降した。あまり下りすぎると帰りが大変なので、剣岳が間近に見えるところで休憩した。5分おきに剣岳直下で雪崩が発生し雷のような音が響いている。

    20080517剣沢

    ここから、また2時間ほど登り、もときた南面の雷鳥沢を滑降するが、日当たりがよすぎて雪は腐り、滑ったところからどんどん雪が崩れ落ちていく。

    2日間汗をかきっぱなしでお風呂にはいっていないので、テントに戻った後、雷鳥平のすぐそばの雷鳥沢ヒュッテで日帰り入浴(¥500)することとした。キャンプで温泉なんて極楽だー。

    20080517雷鳥沢ヒュッテ

    温泉からの帰る途中、雷鳥平の脇で50代くらいの人が倒れてふるえており、その仲間の3人が介抱しているのにでくわした。様子を聞くと、急に倒れたらしい。救助は呼んであるとのことで、しばらくすると富山県警の雪上車がやってきて、全員を乗せていった。自分が今ああなった場合、救助されるのだろうかと一抹の不安を感じた。

    この日は夜も天気がよく、放射冷却のため寒く、明け方は零下5度まで下がった。頭を防寒していなかったので、キンキンに冷えたせいか頭痛がしてきた。夕飯で焼肉を食べ過ぎたせいか吐き気もしてきた。夕方見た急病の方を思い出したら、ますます具合が悪くなってきた。頭の防寒をし、寝袋でまるまっていたら、治まってきた。やっぱり単独行は少し怖いかな。

    5月18日(日) 今日は帰る日だ。テント泊だとテント設営・撤収や食事の用意などで時間がとられ、2泊したが少し滑り足りなかったが、のんびりとした3日間であった。

    tag :

    テント泊だー!

    2008-05-07

    GWの最終の2日間(5月5日6日)は、テント泊だー!

    といっても、オートキャンプだ。ここのところ、息子と嫁をほったらかしで、山スキーに行っていたので、せめてもの罪滅ぼしだ。

    いつも長野市街地の自宅から近場の戸隠キャンプ場(今や合併で長野市となった)に行っているが、今回は遠出して駒ヶ根市郊外にある「アルプスの丘」キャンプ場だ。6年前に一度、子供が2歳のとき、キャビンに泊って以来だ。

    ここは、駒ヶ根市郊外のスーパーなどが近いので、何か足らないものがあるときはすぐに買出しにいけるし、場内には有料だが温泉施設や子供向けの遊び場(ゴーカート、マレットゴルフ、スライダーなど)があり、家族連れで行くには安心だ。

    天気予報から、ある程度の雨は想定していたが、昼ごろ到着したら雨が降り出した。レインウェアを着てテントとタープを設営した。

    しかし、夕方になるにつれ、小雨は本降りになってきた。食事時にはかなりの雨になってきたが、ここは根性で、タープの下で焼き肉やらパエリアなどを作って食事をした。8歳の息子は雨のキャンプに文句をいうわけでもなく、食事をうまいうまいと楽しんでいた。

    20080505アルプスの丘

    翌日はすっかり晴れて、息子は昨日のうさをはらすように、スライダーやら自転車で飛び回り、楽しそうであった。とりあえず、満足してもえらたかな。

    20080506アルプスの丘

    でも、オートキャンプはやたらと荷物は多いし、設営・撤収が大変なので、家に帰ったら力尽きてグッタリとしてしまった。山でのテント泊はそれなりに荷物だが、設営・撤収は簡単なので楽だ。

    山テントを考えだしたら、テント山行したくなってきたぞ。ということで、次の週末あたりは、息子と嫁をほったらかしで、テント泊で山スキーに行く決心をした。(結局、罪滅ぼしになっていないか。)

    tag :

    ミシンで作る山道具

    2008-05-03

    今シーズン、ヘルメットを買った。スノースポーツ用のGIRO10である。ザックの中に収まりきらないので、裸でザックにぶら下げていたのだが、パウダー時期だとザックを下ろしたときや降雪とかで中が雪まみれになってしまう。外付けのヘルメットカバーを探したが、いいものがなく自作を決断した。

    で、作ったのが以下の写真。

    20080504A

    ザックにつけると、見た感じ違和感があるが、後ろ方向に出っ張るだけなので、大して邪魔にならない。ゴーグルも一緒に入れられるし、滑降時は空になり、かさばるシールを入れておけるので、重宝している。

    20080504B

    20080504C

    作り方は以下のとおり。

    1. ヘルメットが収まるよう、新聞紙で型紙をとる。新聞紙を切り抜き、ホッチキスでとめ、収まり具合がよくなるまで、調整する。
    2. 型紙から生地を切る。数年前に通販で入手したザック生地に、1の型紙を合わせ切っていく。
    3. ミシンで縫う。嫁さん用に買ったミシンだが、ほとんど使われず放置されていた。ミシンを使ったのは小学校高学年の家庭科で足踏み式のミシンでぞうきんを作って以来だが、ミシンを駆使しザック生地を縫い合わせ、ファスナーなども取り付ける。

    総費用は1000円も使っていない。出来上がってみて、我ながら自分の器用さに少し感心したのだが、それ以上に感心したのは電動式ミシンのすごさである。私は裁縫については何の技術もない。でも、電動式ミシンならばそのパワーとスピードで、素人でも分厚い生地を重ねても高速にきれいに縫えてしまう。

    それで、気をよくして次に作ったのが、スキーパスケース。

    20080504E

    ゲレンデで売っているケースは安いのだが、2シーズンも使うと破れてきてしまうので、ザック生地、ゴムベルト、透明テーブルクロスで頑丈なものを自作した。費用的には数百円かと思う。

    で、さらに気をよくして作ったのが、流れ止め。

    20080504D

    転倒してスキーがはずれて、流れていかないように足にまいておく道具だが、BlackDiamondの既製品を片方なくしてしまったので、100円ショップでナイロンベルト、マジックテープ、カラビナなどを買って総費用片方400円で自作した。 

    今までミシンの便利さを知らなかったが、こんなのがあればいいなと思うものを簡単に作れてしまう。天候不良で山にいけない日は、ミシンと戯れるのも楽しいもんだ。

    tag :
    << topページへこのページの先頭へ >>
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。