FC2ブログ
    あなたは 人目のお客様です
    過去の主な日記 ◎はおすすめルート
    山スキー 2017: ◎雪倉岳  2014: ◎横前倉山  2013: ◎剱沢 白馬周回 蒲原山 乙妻山 鍋倉山 ◎大渚山 小日向山  2012: 白馬岳 鍋倉山 ◎船越の頭~金山沢  2011: 黒姫山 妙高前山 北信佐渡山 ◎戸隠五地蔵山 雨飾山 白馬大雪渓 妙高涸沢 6月立山 11月立山  2010: 白馬乗鞍岳 小日向山 黒姫山 乙妻山 ◎針ノ木岳 ◎栂池~蓮華温泉 火打山  2009: 雨飾山 針ノ木雪渓 ◎火打山  2009北信五岳: ◎戸隠山(乙妻山) 妙高山(三田原山) 斑尾山 黒姫山 飯縄山  2008三大雪渓: 針ノ木大雪渓 ◎剱沢大雪渓 白馬大雪渓
    沢登り 2015: ◎黒部赤木沢  2014: ◎巻機山ヌクビ沢  2013: ◎雑魚川外ノ沢  2012: ◎草津白根某温泉沢  2011: ◎笛吹川ヌク沢左俣 荒城川、沢上谷 ◎雑魚川外ノ沢 ◎沢上谷三大滝巡り 裏妙義烏帽子沢  2010: 火打黒沢 裏妙義烏帽子沢 ◎中ア西横川  2009: 沢上谷 火打山黒沢
    アルパイン、岩登り 2015: ◎剱岳八ツ峰Ⅵ峰 立山龍王岳東尾根Ⅰ峰北壁 ◎明星山P6南壁左岩稜  2014: 小川山ガマルート  2013: ◎伊豆城山南西カンテ 妙義筆頭岩 ◎妙義山星穴岳 ◎海谷山塊船浦山東壁
    日帰り
    トレラン
    2012: 丹沢山(蛭ケ岳)  2011: 岩菅山 燕岳  2010: ◎奥穂高 ◎槍ヶ岳 鳳凰三山  2009: ◎剣岳 ◎白馬三山7月 ◎白馬三山8月 空木岳 蓼科山 ◎塩見岳  2008: ◎常念岳-蝶ケ岳  2008北信五岳: 斑尾山 妙高山 黒姫山 戸隠山 飯縄山
    百名山 2014: 大朝日岳  2013: 安達太良山、磐梯山、西吾妻山  2012: 間ノ岳  2011: 越後駒ケ岳 浅間山 ◎飯豊山  2009: 光岳  2008: 鹿島槍岳 焼岳 ◎甲斐駒ケ岳,仙丈ケ岳
    山道具 熊対策 ハンディGPS ミシン自作道具 チューブ食糧 衛生用品 心拍計 Jetboil個人輸入 Jetboil使用感 つめかえ君

    スポンサーサイト

    --------
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
    tag :

    トレランレースの問題点

    2014-05-25

    今日「噂の東京マガジン」でトレランの是非について特集されていた。トレランそのものではなく、トレランレースの問題として、以下の点があげられていた。

    • レース場所を占有して大会が行われるわけではないので、道の狭い場所で一般登山者とトレイルランナーが接触する可能性がある。
    • 時間を競うあまり、トレイルランナーが山のマナーを忘れ我が物顔で登山道を走り、一般登山者が遠慮したり、トレイルランナーが登り優先などのルールを守らない。
    • 土の柔らかい山域では、オーバーユースで登山道が荒れる。(かつて同じ問題が百名山ブームのときに言われたので、これはレースに限ったことではないが)

    出演していたコメンテーター・登山愛好家・国定公園国立公園を管理している環境庁担当者の意見としては、おおむねトレラン自体はいいが、トレランレースに疑問を呈する意見が大半であった。そのため、トレランレースのみならずトレラン自体にルールの制定が必要という意見もあった。周囲に多くのトレランレースに参加される方がいるし、私もかつてトレランレースには参加したこともあるため、声高に言うことはなかったが、私自身も、トレランそのものはいいが、トレランレースには疑問的だ。そのため、最近は登山の一環として山を走ることを個人の範囲ですることはあっても、集団的・組織的に行ったり、レースに参加することは避けてきた。

    私自身トレランそのものに賛同しているのは以下の理由がある。

    • そもそも「歩く」と「走る」の境界線は曖昧であり、昔から「カモシカ山行」と呼ばれるほとんど走るような行為はあった。
    • 個人で走る分には、人が少なく走れるところでは走って時間を短縮し、景色や自然を堪能できるところではゆっくりすればいいので、登山本来の楽しみを損なっていない。
    • 「山は本来歩くもので、山を走るべきでない」いう意見もあるが、『岩登りは危険』『沢登りは危険』と同じ意味であり、個々人の体力・技術が備わっていれば問題ない。

    しかし、トレランレース自体の意義については、つねづね疑問を持っていた。

    • トレランは走りながら自然を楽しむことが主目的であるはず。単に「走る速さを競う」ことが目的であればマラソンレースが適している。トレランレースでは時間を競うため、自然を楽しむという点が欠落してしまう。
    • トレランレースは「レース」ではなく同好の士の「お祭り」的な意味あいが多いと思われる。その分、『赤信号、みんなで渡れば怖くない』という意識が、レースの中で醸成されてしまい、一般登山者への配慮が欠落しがちである。

    トレランは、数年前までは「モノ好きの道楽」的な感じだったが、昨今普及してきて、テレビでその問題点がとりあげられるほど、世間からは厳しい目で見られはじめ、トレランのマナールールの制定が必要であるという流れが始まっている。部外者からルールを押しつけられるというのは、あまりにもみっともない。多くのトレラン愛好家は意識が高いと思われるが、マナーが欠如した一部の人のせいでトレランそのものが否定されてしまうことがないよう、トレランレースの主催者・参加者ともに自浄努力をしていかなければならない。まるっきりトレランレースを否定する気もないが、トレランレースの実施のしかたやマナーの徹底など、その運営方法については考えるべきことが多いのではないだろうか。

    スポンサーサイト
    tag :

    黒姫山で朝トレ

    2013-07-20

    今日は6:00から長野市トレランショップの信州トレイルマウンテンの黒姫山の無料ツアーだ。単なる登山であれば一人で行くが、参加しているのはランナーの人たちが多く、レースや日々のトレーニングの話も聞けるので、まだまだ認知度が低いトレランの情報交換ができる場となっている。

    4:30に起床し、朝食を食べ、戸隠大橋に6:00少し前に到着。今日の参加者は十数人程度である。

    古池~西新道コースを数人とおしゃべりしながら登って行く。2時間半ほどで頂上に到着。しゃべっているとあっという間だ。今日は空気が澄んでいるせいか、槍ヶ岳や富士山まで見ることができた。

    DSC_201307200001_800

    下りは西新道から大橋の林道を走る。林道ではしゃべりながら走り、頂上から1時間ほどで戸隠大橋に到着した。

    ここ数年具合が悪く、体力が落ちてしまったのを心配していたが、大丈夫そうだ。

    帰りに信濃町方面に下りていき、トウモロコシで有名な小林農園に行き、家族へのおみやげに焼きトウモロコシをゲット。夏になると、すぐそばのトウモロコシ畑で収穫された焼きトウモロコシが並び、楽しみにしている。

    長野市内に戻って、徳間のパン屋のテンスベア-(Tenth Bear)に行き、パンもゲット。私はパン好きで、あちこちのパンを食べているが、長野市内ではここが一番おいしい。店は小さくて便の悪い場所だがいつも繁盛している。

    本日の家族のランチ。3人分にしては量が少ないかな?と思ったが、結構満腹になる。おいしい食事は幸せな気分にしてくれる。

    DSC_201307200002_800

    tag :

    三登山トレランツアー

    2013-06-01

    ここ2年ほど体調が悪く、とてもじゃないが長時間のトレランをできるだけの元気が無かったが、最近は少しは調子が上がってきており、1日8時間以上の登山も大丈夫になってきた。トレランも再開できそうな状態になってきたので、およそ2年ぶりにトレランショップ「信州トレイルマウンテン」の無料ツアーに参加である。明日は新潟の高田城ロードレース(ハーフマラソン)があり、いきなりハードなツアーは心配だったので、初心者向けの講習がてらの三登山ツアーだ。

    蚊里田八幡宮の駐車場に6:30に集合。ショップができた5年くらい前は、蚊里田のサラダパークの駐車場に集合していたが、畑の使用料を払っているサラダパークの利用者から苦情がでて、集合場所として使用できなくなった。

    20人ほど集まったが、知っているのは数人で、ほとんどが初めてお会いする人ばかりである。知っている方も2年ぶりに久しぶりにお会いした。「痩せたので誰か分からなかった」と言われ、4年くらい前まではメタボだったので、ちょっとうれしいかな。

    店長から山での歩き方のレクチャーが始まる。今回の参加者はロード経験のある人が多いが、山経験が少ない方が多そうだったので、トレラン初心者の方にはとても分かりやすかったんじゃないだろうか。

    ゆっくり登三登山頂上に到着。ここでも店長から山での走り方のレクチャー。5年前と比べると、店長の説明は格段にうまくなっている。

    DSC_0002 (3)_800

    その後、稜線を走って髻山(もとどりやま)まで行き、下って山の麓の水平道を走り、駐車場まで戻る。

    ロードでは自分を追い詰めて速さを意識して走ることが多いが、山では時間を気にせずリラックスして走るので気分がリフレッシュされる。明日のハーフマラソンに向けていいウォーミングアップとなった。

    tag :

    地附山でトレーニング

    2012-11-25

    有休休暇5連休+3連休の前半に立山にテント泊で入るつもりだったが、テント場のトイレと水場が閉鎖・テント場が大混み・3連休でアルペンルートが大混みなどの条件を考えて、とりあえず後半の27日あたりから入山するよう日程を変更した。

    日程がぽっかり空いてしまい体力をもてあまし気味なので、久しぶりに近所の地附山をトレランしてランニングのトレーニングだ。14時に家から直接出発だ。

    トレランとは言えないのんびりペースで、1時間ほどで稜線に着く。稜線には1960年代に営業していたスキー場跡地にリフトの残骸が残っている。

    P1030668_800

    最近の温暖化では700mそこそこの標高でスキーのできるほどの積雪がある日なんて少ないが、温暖化以前ではそれなりにスキーが楽しめたんだろう。

    頂上に行くと、飯綱山が見える方向に真新しい看板が設置されている。ヤッホー!

    P1030669_800

    下る途中で長野市街全域と菅平が見渡せる。

    P1030670_800

    下山し、帰宅途中のマックにてホットコーヒーとチョコパイで10分ほど休憩。16時には帰宅。

    昔埼玉に住んでいたときは、周囲が平地で登山のボッカ訓練(重い荷物を背負って歩く訓練)する場所がなく、しかたなくマンションの階段を使っており、「山で実地訓練ができたらなー」と常日頃思っていたので、今の状況はぜいたくに感じてしまう。

    tag :

    虫倉山周回

    2012-11-03

    今日は雨飾山へ所属山岳会で登山の予定だったが、雨天予報のため昨日中止が決まった。予定が空いてしまったので、どこか近くの山で体をほぐそうと思い、長野市の隣の中条村にあり、北アルプスの展望台と言われる虫倉山に行くことにした。

    山道を車で走り虫倉山の麓に来た。いつも燃えるような赤と黄色になるのだが、紅葉は今ひとつ。

    P1030641_800

    9:42 985m 不動滝の奥の駐車場に車を停めて出発。

    P1030642_800

    涸れた谷を横切り、急登のさるすべりコースに向かう。頂上からは緩やかな不動の滝コースを周回する予定だ。捻挫も回復し、走れるようになったので、緩やかなところは走って行く。

    キノコも少しだがでている。毒のツキヨタケ?割ってみると、根元に黒いシミがないので食用のムキタケっぽいが、よく分からないキノコはやはり口にできない。

    P1030643_800

    さるすべりコースは、鎖が連続し一部岩がかぶっているところもある。落ち葉が深く、ときどき落ち葉雪崩が起こる。

    P1030645_800

    9月に女性が道迷いから滑落して亡くなっており、その慰霊のためか、途中で花束が手向けてあった。急な登りで呼吸が荒くなっているところで、さらに心臓がバクバクしてしまう。

    10:26 1378m 虫倉山山頂に到着。北アルプスの展望台と言われる虫倉山だが、北アルプスはガスに覆われて見えない。過去3回来ているが、一回もここから北アルプスを見たことがない。相性が悪いのかな?菅平方面は何とか晴れている。

    P1030646_800

    5分ほど休憩していると、次々と登山者が到着し、狭い頂上は10人以上でゆっくり座ってもいられなくなってきた。

    10:34 下山開始。ここからは落ち葉に覆われた緩やかな道だ。足の捻挫も回復したので、気持ちよく走って下る。

    11:02 駐車場に戻る。

    不動の滝をしっかりと見たことがなかったので、林道を少し歩いて戻り、不動の滝を見る。高さ10mくらいの滝だ。そういえば、今年は体調不良と捻挫のせいで、あまり沢登りに行けなかったなー。

    P1030649_800

    久しぶりに山を走ったが、樹林帯を走ると、山スキーで樹林帯を滑っている感覚と似ているので、至極爽快!11月ともなると「雪よ来い、早く来い」という気分だ。

    tag :
    << topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。