FC2ブログ
    あなたは 人目のお客様です
    過去の主な日記 ◎はおすすめルート
    山スキー 2017: ◎雪倉岳  2014: ◎横前倉山  2013: ◎剱沢 白馬周回 蒲原山 乙妻山 鍋倉山 ◎大渚山 小日向山  2012: 白馬岳 鍋倉山 ◎船越の頭~金山沢  2011: 黒姫山 妙高前山 北信佐渡山 ◎戸隠五地蔵山 雨飾山 白馬大雪渓 妙高涸沢 6月立山 11月立山  2010: 白馬乗鞍岳 小日向山 黒姫山 乙妻山 ◎針ノ木岳 ◎栂池~蓮華温泉 火打山  2009: 雨飾山 針ノ木雪渓 ◎火打山  2009北信五岳: ◎戸隠山(乙妻山) 妙高山(三田原山) 斑尾山 黒姫山 飯縄山  2008三大雪渓: 針ノ木大雪渓 ◎剱沢大雪渓 白馬大雪渓
    沢登り 2015: ◎黒部赤木沢  2014: ◎巻機山ヌクビ沢  2013: ◎雑魚川外ノ沢  2012: ◎草津白根某温泉沢  2011: ◎笛吹川ヌク沢左俣 荒城川、沢上谷 ◎雑魚川外ノ沢 ◎沢上谷三大滝巡り 裏妙義烏帽子沢  2010: 火打黒沢 裏妙義烏帽子沢 ◎中ア西横川  2009: 沢上谷 火打山黒沢
    アルパイン、岩登り 2015: ◎剱岳八ツ峰Ⅵ峰 立山龍王岳東尾根Ⅰ峰北壁 ◎明星山P6南壁左岩稜  2014: 小川山ガマルート  2013: ◎伊豆城山南西カンテ 妙義筆頭岩 ◎妙義山星穴岳 ◎海谷山塊船浦山東壁
    日帰り
    トレラン
    2012: 丹沢山(蛭ケ岳)  2011: 岩菅山 燕岳  2010: ◎奥穂高 ◎槍ヶ岳 鳳凰三山  2009: ◎剣岳 ◎白馬三山7月 ◎白馬三山8月 空木岳 蓼科山 ◎塩見岳  2008: ◎常念岳-蝶ケ岳  2008北信五岳: 斑尾山 妙高山 黒姫山 戸隠山 飯縄山
    百名山 2014: 大朝日岳  2013: 安達太良山、磐梯山、西吾妻山  2012: 間ノ岳  2011: 越後駒ケ岳 浅間山 ◎飯豊山  2009: 光岳  2008: 鹿島槍岳 焼岳 ◎甲斐駒ケ岳,仙丈ケ岳
    山道具 熊対策 ハンディGPS ミシン自作道具 チューブ食糧 衛生用品 心拍計 Jetboil個人輸入 Jetboil使用感 つめかえ君

    スポンサーサイト

    --------
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
    tag :

    衝撃荷重

    2016-09-19

    クライミングを始めたころ、衝撃荷重について理解しておらず勘違いもあり、ロープによる確保技術について「なぜこんなシステムになっているのだろう?」と疑問であった。また、所属山岳会では懸垂下降の捨て縄として某ホームセンターで販売されている切り売りのナイロンロープを使用しており、それが不安であった。物理は文系高校生レベルで専門でも何でもないが、隠れ理系の私が最近調べとりあえず理解できた範囲でクライミングにおける衝撃荷重について、自分自身の整理のためにも、書き留めておきたい。

    1.勘違い

    クライミングを始めたころは、「グラウンドフォール(地面に叩きつけられること)しないように、ロープでつるすか、マットが下に敷いてあれば大丈夫」とか「ロープにつながれた60Kgの人間が落ちたら、60Kgの重さが支点にかかるんでしょ。だから60Kgに耐えられる支点やハーネスがあればいいでしょ」と思っていた。

    しかし、これらが間違いなのは少し考えればわかること。

    例えば、高さ1mの台の上から飛び降りても死なないが、高さ30mのビルの上から飛び降りれば死に至ることも容易に想像できる。また、長さ1mのロープ10gに100gのおもりをつけて、それをバネばかりでソーッとつりさげれば100gという数値になる。しかし、おもりを1m上から落とした場合、落下しているわずかな時間は0gだが、一番下まで落ち切った瞬間、はかりの数値は100gをはるかに上回るのは容易に想像できる。

    2.衝撃を吸収する

    ボルダリングジムでは分厚いマットが敷かれているし、外岩ではボルダリングマットを敷き、落下したときの衝撃を吸収している。ボルダリングジムのマットに生卵を落とした場合はどうだろう。50cm上からだったら大丈夫だが、3mくらいの高さだと割れてしまうだろう。これはなぜか。それは重力による加速度がつき落下距離が長いほど、スピードがつくためだ。例えば、自動車が5km/hで壁に当たってもそれほど損傷はないが100km/hで壁に当たれば車は大破してしまうのと、同じことだ。3mくらいから卵を落とした場合の衝撃を吸収するために厚く柔らかいマットを用意し衝撃を吸収すれば割れることはないだろう。

    では、ロープの場合はどうだろう。伸び方によるロープの分類で、伸びないスタティックロープと伸びるダイナミックロープの2種類があり、クライミングで使用するのはダイナミックロープであり、人が落下した際に伸びることで衝撃を吸収する、ということは知っていたが、グラウンドフォールしないことが大切で、伸びて衝撃を吸収するということが重要とは考えていなかった。

    しかし、いろいろ本を読むうちに、「昔はいいダイナミックロープがないから、人が落ちて最下点に着く瞬間に、確保者は少しロープを流して衝撃を和らげた」とか「シットハーネスは落ちた際の衝撃が腰にだけかかるのでフリークライミングでは使用しない」とか目にするようになり、ロープが伸びて落下衝撃を吸収することが大事なのかと気になりだした。

    3.人間どれくらいの衝撃に耐えられるのか

    バンジージャンプで足首にくくりつけるのが伸びるゴムロープではなくスタティックロープだったら、最下点に達した瞬間とんでもない力が足首にかかり、すっぽ抜ける・ロープが切れる・両方避けられても人間の体に強い力が働くのは想像に難くない。

    物が急に停止する際に発生する重さのことを衝撃荷重といい、衝撃荷重の単位は”gf”もしくは”g重”(ぐらむじゅう)”もしく”N(ニュートン)”で表す。9.8gf=1Nである。私は面倒なので1N≒10g重と覚えている。

    では、人間が生物として耐えられる荷重はどれくらいなのだろう。どうやら1200kg重≒12kNとのことらしい。

    だから、ロープの性能として、12kNを超えないように伸びることで徐々にスピードを抑え止めることが必要になってくる。

    4.衝撃荷重の式を探す

    考え方の基本が分かったので、衝撃荷重の求め方が分かれば、どのくらいだったら落ちても大丈夫か、支点の強度がどれくらい必要かを求められる。

    衝撃荷重の式が、東京新聞社「大人の山岳部」に「ウェクスラーの公式」としてしっかり記載してあった。

    F=w-k*S/L+root(1+2H/L*k/w+(S/L*k/w)^2)

    w:クライマーの体重 k:ロープ係数 (ロープを2倍の長さに伸ばすのに必要な荷重) H:落ちた高さ L:ロープの長さ S:墜落から停止までに送り出されたロープの長さ

    ただし、ロープに関する性能の一部であるk:ロープ係数がメーカーから公表されていないので、残念ながらこの式は使用できない。

    ほかにないかインターネットで探したところ、固定確保が前提の少々簡略化された式ではあるが、概算値を算出するには十分と思われる式を見つけた。

    F(N)=2mgh/r/L

    m:クライマーの体重(Kg) g:重力加速度=9.8 h:墜落距離(m) r:ロープの伸び率 L:ロープの繰り出し長(m)

    ロープの伸び率はメーカーから公表されており、35%前後である。50mロープであれば、プラス17.5m伸びることになる。結構伸びるものである。

    5.実例にあてはめてみよう

    (1)62kgの私が15m登り、そこの支点からさらにランアウト(支点をとらないこと)して5m登った。そこで落ちた場合、どのくらいの衝撃荷重になるのか。実際は途中の支点の摩擦やビレイヤーが引かれることでの衝撃吸収により和らげられるが、それは考慮に入れないこととする。

    F=2mgh/r/L=2 x 62(体重)x 9.8 x 10(墜落距離 5m x 2)/0.35 / 20 (ロープ繰り出し長 15m + 5m) = 1736N = 177kgf

    (2)62kgの私が40m登り、そこの支点からさらにランアウトして5m登った。そこで落ちた場合、どのくらいの衝撃荷重になるのか。

    F=2mgh/rL=2 x 62(体重)x 9.8 x 10(墜落距離 5m x 2)/0.35 /45 (ロープ繰り出し長 40m + 5m) = 772N = 79kgf

    繰り出し長が長いほど、ザイルの伸び量が多くなりその分、衝撃荷重は軽減されるのが分かる。

    6.最大衝撃荷重とクライミング道具の耐荷重と比較

    体重62kgの私がロープの伸び率が35%の50mロープを使った場合に受ける最大衝撃荷重を計算してみる。伸び率を考慮してスタート地点にグラウンドフォールしない場所を支点にしてそこから最大ランアウトすることを前提とした。つまり、11mの支点のところでさらに5mランアウトした場合、衝撃で伸びるロープの長さは16mx1.35=21.6mとなり、11m x 2=22m以下となりグラウンドフォールしない。この考えをもとに計算すると、私にかかる可能性がある最大衝撃荷重は2257N=2.26kN=230kgfである。(式は割愛。計算式を考えてみて!)

    この2.26kNと、私の持っているクライミング道具のカタログ上の耐荷重と比べてみよう。

    • べアールのダブルロープ:4.9kN まあまあセーフ!
    • カラビナ:22kN 余裕でセーフ!
    • ダイニーマ素材のスリング:22kN これも余裕でセーフ!
    • ペツルのハンガー:25kN トップロープ時にはビレイヤー側が引く力も加わりハンガーにかかる力は1.6倍になるとのこと。2.26kNx1.6=3.62kN。これも余裕でセーフ。
    • 某ホームセンターのナイロンロープ:85kgf わわわ!かなり危ない!やはり懸垂下降の捨て縄専用でスリングには使えないな。
    • 人間そのもの:12kN 余裕でセーフ!ああ、これが一番心配だった

    7.最後に

    私自身は物理は素人なので、考え違いや誤りがあるかもしれないが、根本的な考え方は正しいかと思う。クライミング道具の性能をあらためて調べたり計算したりすることで、クライミング道具を正しく使えば安全であることも証明され、安心して使うことができる。

    スポンサーサイト
    tag :

    自作ポケットベルト

    2016-04-14

    昔の登山用チェック柄のボタンシャツだと、だいたい全面の胸部分にポケットがついていたが、最近のファッショナブルな登山用のミドルウェアにはポケットが全くついておらず、カメラ、スマホ、コンパスなどのような頻繁に取り出す小物を入れる場所がない。

    ウェストポーチは稜線歩きにはいいが、クライミングでは岩にへばりつくような動きをする際にウェストポーチがひっかかり邪魔になったり、山スキーでは滑走の際に揺れて気が散ってしまう。トレッキングベストも考えたが、暑苦しく、お腹のポケットはウェストポーチ同様に物を入れると邪魔になる。

    やはり、胸周辺に小物をいれるポケットが欲しい。最近はトランシーバーも持つことが多くなり小物だらけとなり、何かいい製品がないかネットで探したが案外ないものである。こうなるともう自作しかない!

    DSCF0740x

    ということで、最近の山行中に頻繁に使用する小物をすべて収納できるポケットベルトを自作した。

    以下のとおりの工夫をした。

    • ポケット:ザック用生地で縫い、蓋はマジックテープをとりつける。
    • ベルト:ナイロンベルトを縫い合わせ、ベルトはバックルで脱着できるようにした。これにポケットを縫い付る。
    • ワイヤーリール:スマホ、ホイッスル、ナイフ、カメラは手が滑って落としやすいので、ワイヤーリールのリングにストラップなどをかけて、落ちていってしまわないようにした。
    • マップケース:地図は丸めることができるマップケースにいれ、脇の下あたりにぶら下げ、ベルトに挟みこむ。見た目邪魔になりそうだが、脇の下は案外邪魔にならない。

    見た目は手作り感満載で少々スポーティな感じではなくなるが、小物取り出しの時間ロスや手が滑っての紛失や破壊が防げる。自画自賛だが、実用性は十分だ。どこかのメーカーでおしゃれなモノ作ってないかなー。

    tag :

    ヘルメット

    2015-03-18

    今までは、スキー用ヘルメットと、沢登り用に水切れのいいカヤック用ヘルメット(写真の左ヘルメット)を使っていた。アルパイン・クライミングの際にもカヤック用ヘルメットを使っていたのだが、少し深めで視界が悪い、アジャスターがないので安定しない、ヘッドランプ・クリップがないためヘッドランプを装着できない、という不具合があった。アルパイン用ではないのでいたしかたないが、所属山岳会アスターク同人でクライマー養成教室が始まることもあり、アルパイン用ヘルメットとしてモンベルのアルパインヘルメット#250(写真の左のヘルメット)を購入した。

    P1040001_800

    「#250」とは重さを表しており、重さ250gである。カヤック用ヘルメットは350gであり、わずか100gほどの違いであるが、実際に被ってみると、かたや羽毛帽子!かたや鉄兜!というほどの大きな差である。

    山仲間からは「ブログの写真で普通の帽子を被っているのを見るのは珍しい」と言われるほど、ヘルメットばかり被っているが、あまりヘルメットに気を使っていなかった。

    新しいヘルメットはデザインもまあまあ。デザインとその機能性は比例するわけではないが、カッコだけの「なんちゃってクライマー」としては身に着ける装備のカッコ良さは重視したいものだ。

    tag :

    山道具のメンテ道具「ミシン」

    2014-11-09

    複数人での山スキー・ツアーの休憩時にはツェルトを使っている。全員が座れるよう穴を掘り、その両側にスキー板をさしてポールにし、その上にツェルトを被せ、インナーポールを張って中の空間がを広く取れるようにしている。今使っているツェルトは20年ほど前に買ったものだが、ウレタンコーティングが経年劣化のため数年前より少しべとつきだしたし、最近のツェルトに比べると重くてかさばるので、ツェルトを新調することにした。

    インナーポールが使用できて収納時にあまり大きくないし、知人のつてで安く買えるため、モンベル製を購入した。

    zeltsack

    モンベル(mont-bell) ライトツェルト SPGN [1~2人用] 1122272

    重さ・軽さ・収納時の大きさ・ツェルト自体の機能性には十分満足だが、寒い雪山の中で素早く設営するためには、一部改良点がでてきた。改良点の詳細は少々細かい話なので説明は割愛するが、ツェルトの下部の補強テープ部分に2箇所マジックテープをとりつけるというものである。

    針と糸で縫いつけようとしたが、マジックテープと補強テープが固くて厚くて、針を押し通すのが一苦労だ。3回ほど針を通したところでギブアップ。そこで「ミシン」の登場だ。ミシンでマジックテープをガンガン縫いつけていく。

    P1030962_800

    もともとこのミシンは山用に買ったわけではなく、家内が子供の幼稚園入園とともに手提げ袋などの作成のために買ったものだ。最初のうちは物珍しさもあり家内はよく使っていたが、だんだんと面倒になってきたのか、いつしか押入れの肥しと化してしまった。既婚の男性の知人とミシンの話題になるときがあるが、ミシンの運命はどこの家庭も似たり寄ったりらしい。

    山道具は様々なメーカーから便利な商品が次々とでてくるが、かゆいところに手が届いておらず、そんなときはミシンを使って自分で自作したり改良したりするようになってきた。過去の作品は、ヘルメットカバーやスキーの流れ止めチェストベルトハンマーホルダーマップホルダーなどなど。手縫いでは何時間もかかる作業が数分で終わる。

    「ミシン」は、最強の山道具のメンテ道具だ。

    tag :

    トランシーバー新調!

    2014-11-07

    私が今まで使っていたトランシーバーは、20年以上前に購入したケンウッド製の430MHz帯モノバンドだ。当時は山を本格的にやっておらず、携帯電話も普及していない中、「私をスキーにつれてって」の影響もあり、ゲレンデスキー用に欲しいと思っていたので、カナダのウィスラーへスキーに行くのを機会に購入した。

    一昨年まで所属していた長野の山岳会では430MHz帯が主流であったので、特に疑問もなく使っていたが、去年から入会した上越の山岳会は144MHz帯が主流であり、私のトランシーバーではメンバー同士では交信できなくなってしまった。購入当時、144MHzではなく、なぜ430MHzにしたのかは全く覚えていない。おそらく、ゲレンデであれば交信距離が短くても問題ない、混信の少ないほうがいい、モノバンドが安価、という理由で430MHzモノバンドにしたのだと思う。

    山では交信距離が長い144MHzが当然いいが、すでに持っている430Mhzも無駄にしたくないので、デュアルバンドのトランシーバーを購入することにした。5万円台のトランシーバーは、デジタルだのGPSだの新機能がついているが、とにかく山岳会のメンバーと話ができればいいので、防水で軽めの2万円台のシンプルそうな機種を探した。

    それで、購入したのが、アルインコ製のDJ-S57。ハンドマイクは別売り。

    P1030961_800

    DJ-S57 アルインコ(ALINCO) 144/430MHz 5W ハンディトランシーバー JIS保護等級7相当の防滴設計

    小さくて、軽いし、音もクリアーだ。山でも携帯電波がよく入るようになりスマホも重宝するが、谷間や頻繁な交信にはやはりトランシーバーがまだまだ必要だ。

    tag :
    << topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。